大阪医科大学入試科目別対策
大阪医科大学の科目別の入試傾向・勉強法・受験対策
について説明します。

大阪医科大学の英語の出題傾向と対策は以下の通りです。

傾向
試験時間80分で大問3題
大阪医科大の英語の試験時間は80分。大問は3題となっています。

出題パターンは固定化
大阪医科大の出題パターンは毎年大問1が和訳、大問2が和訳と理由説明、大問3が英訳です。

対策
過去問を解く事が最優先
大阪医科大の英語の出題パターンは特徴的なので、まずは1度過去問を解いてみましょう。

実際に書き、誰かに添削してもらうこと
大阪医科大の英語はすべて記述です。記述対策としては、練習において、和訳にしても英訳にしてもとにかく手を動かすことが大切です。また、記述の場合、自ら正解かどうかを判断することが困難であるため、その解答を先生などに添削してもらいましょう。

じゅけラボの大学受験対策講座の特徴
大阪医科大学の学部別受験対策へ

大阪医科大学の数学の出題傾向と対策は以下の通りです。

傾向
出題形式
大阪医科の数学は、大問5題の出題で、全問記述形式です。試験時間は100分で時間的には少し余裕があり、じっくり考えることができます。

頻出単元
頻出は「微分・積分」「確率」です。ついで「数列」「ベクトル」からの出題も多いです。
2017年度はこれまで見られなかった複素数平面からの出題がありました。

対策
記述の練習が必須
大阪医科の数学は、記述形式で、解答を導き出した途中式や考え方を詳しく書くことが求められます。上位国公立の2次試験に似た形式・難易度であるため、参考にするとよいでしょう。

大阪医科大学の物理の出題傾向と対策は以下の通りです。

傾向
時間を要する難問が多い。問題の取捨選択のコツも身につけましょう
出題範囲・内容・難易度
物理の全分野から広く出題されています。力学、波動、電磁気がメインで出題されます。

出題量・形式
大問数は4題です。時間のかかる問題、難度の高い問題も多く、時間内に解き終わるのは難しいと言えます。解答形式は記述式・穴埋め式です。

対策
時間のかかる問題、難度の高い問題が多いため、時間内に解き終わるのはかなり厳しいです。そのため、問題の取捨選択が必要になってきます。過去問演習を重ね、時間配分を考えるとともに、問題の取捨選択のコツを身につけるようにしてください。試験では、どの問題を飛ばすのかを、すばやく判断できるようにしておかなくてはいけません。解ける問題から解き、難しい問題は後回しにする術を身につけておきましょう。また、全分野から出題されるため、苦手な分野などを残さないようにすることが大切です。難度の高い問題の演習の際には、答えが合っているから良しとするのではなく、考え方が合っていたかも必ず確認するようにしてください。

大阪医科大学の化学の出題傾向と対策は以下の通りです。

傾向
出題範囲・内容・難易度
例年、論述問題が出題されます。内容としては、実験問題や化学の現象に関する考察が必要な問題などが出題されています。計算問題もバランスよく出題されます。

出題量・形式
大問4題の出題です。解答形式は、記述式・穴埋め式です。試験時間に対し、問題量は適切です。難易度はやや難しくなっています。

対策
受験の定番問題が多いものの、難易度はやや高めです。論述問題、計算問題がバランスよく出題されるため、どちらの問題にも対応できるように対策しておくことが必要です。計算問題では、時間をかけずにスピーディに解くことが求められます。正確に早く方程式を組み立て、計算できるように、毎日少しずつでいいので、計算練習は積んでおきましょう。また、全体的には教科書レベルの学習で基礎を固めることが必要です。基礎を固めた後に、それ以上のレベルの学習をするようにしてください。受験用の問題集や予備校のテキストなどを最低一冊は完璧に解けるようにしましょう。定番問題は確実に解けるようにすることが求められます。

大阪医科大学の生物の出題傾向と対策は以下の通りです。

傾向
出題範囲・内容・難易度
生物のほぼすべての分野からまんべんなく出題されます。遺伝はとくに頻出分野です。実験に対する内容説明など、少々答えにくい問題も出題されます。

出題量・形式
大問数4題です。解答形式はすべて記述式。出題形式は、空所補充のものが目立ちます。難易度はそれほど高くありませんが、文章量が多く、計算問題も多いので、時間配分に注意しましょう。

対策
全般的に、生物用語の意味や使い方を問う内容が多いです。基礎的・基本的な内容が多いので、まずはしっかり基本を固めることが重要です。記述式なので、語句は正確に覚えておくことが必要です。漢字の間違いなどでの失点は、かなり合否に影響を及ぼすので気をつけて下さい。生物用語などは、頭だけで覚えるのではなく、実際に紙に書き出して、手でも覚えるようにしてください。問われる生物用語は一般的に頻出なものだけではありません。何を聞かれても答えられるように、普段は問題文に書かれるような生物用語にも注意を払って下さい。また、遺伝や核酸の分野は最頻出なので、とくに重点的に対策するようにしましょう。

じゅけラボの大学受験対策講座の特徴
大阪医科大学の学部別受験対策へ

大阪医科大学医学部の面接の出題傾向と対策は以下の通りです。

面接の形式は集団面接で1グループ3人時間は15分、面接官は3名。

面接の内容
・志望理由(大学、医師)
・本学の志望順位
・国立大学に合格したらどうするか
・本学のアドミッションポリシーに共感する点
・部活動について
・これまでの経歴について
・小論文の内容について

対策
一般的な質問に対する答えを準備することができていれば特に問題はないと思います。
大学志望動機、医師志望動機、長所短所、高校生活について等、典型的な質問に対する回答を準備しておけば十分です。

大阪医科大学医学部の小論文の出題傾向と対策は以下の通りです。

小論文の形式はテーマ型
※時事的・社会的テーマと医学・医療テーマの2題から1題を選択する

大阪医科大学の学部別の受験対策はこちらです。

大阪医科大学合格のための受験対策カリキュラム・学習計画を提供します

大阪医科大学合格を目指す受験生のあなたへ。ただがむしゃらに勉強をしても大阪医科大学に合格することはできません。大阪医科大学合格のためには、今の学力から大阪医科大学に合格するために必要な学習、教科・入試科目ごとの入試傾向と対策を踏まえた学習をする必要があります。

実は多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。また、受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強方法で勉強を進めることが重要です。

じゅけラボの受験対策では、まず学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合った学習内容からスタートして大阪医科大学に合格するために必要な学習内容と学習計画でカリキュラムを作成し、入試科目別に正しい勉強法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。また、入試科目ごとに正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。

「大阪医科大学に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ

模試の結果が悪かった、E判定だったことで「大阪医科大学に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の学力から大阪医科大学に合格するための最短のカリキュラムを提供します。また、「高3の8月から勉強を始める場合」「高3の9月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

科目別の受験対策を始めるのが遅くても大阪医科大学に合格できる?

大阪医科大学を目指す受験生から、「夏休みや8月、9月から勉強に本気で取り組んだら大阪医科大学に合格できますか? 「10月、11月、12月の模試で大阪医科大学がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

勉強を始める時期が10月以降になると、現状の偏差値や学力からあまりにもかけ離れた大学を志望する場合は難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

仮に受験直前の10月、11月、12月でE判定が出ても、大阪医科大学に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、大阪医科大学合格に向けて全力でサポートします。

大阪医科大学を受験するあなた、合格を目指すなら今すぐ行動です!

大阪医科大学の科目別受験対策ならじゅけラボ予備校

大学別の対策については
こちらから検索できます。



地域別大学一覧はこちら


北海道・東北
関東
東海・甲信越
近畿
中国・四国
九州・沖縄

大手予備校を超える高品質カリキュラムが業界最安値

  • 入会金無料

  • 追加料金なし

  • 全科目対策で
    一律料金