首都大学東京法学部対策
首都大学東京法学部合格を目指す
受験生のための

オーダーメイド受験対策
カリキュラム

2020年度 新入試制度対応!大学入学共通テスト対策
>>詳しくはこちら

首都大学東京法学部はどんなところ?

首都大学東京法学部は、東京都立大学法学部の50年以上にも及ぶ伝統を礎にした、法律学及び政治学に関する専門教育を行います。
ネット社会化に象徴されるように、現代社会はその構造を急速に変化させています。それによりさまざまなメリットを享受できると同時に、これまで経験したことのない新たな問題も生じるようになっています。このような状況下、私たちは「一人一人の能力を引き出す専門教育」を心がけ、現代社会の諸問題に積極的に取り組む人材の育成に取り組んでいます。専門分野の基礎知識や体系的な諸理論を学ぶ講義科目と、学生の主体性が発揮される専門演習とを、車の両輪の働きをなすよう配置し、各専門分野をリードする教員を揃えています。
本学部の卒業生は企業、官庁をはじめ、幅広い分野で活躍しています。また、法曹を目指す方は法科大学院、より専門的な研究者を目指す方は、東京都立大学時代以来の定評ある研究者養成大学院への進学も可能です。

【法学部の特色】
●学生一人ひとりの能力を引き出す少人数教育を実現
徹底した少人数制を重視。10~20人参加の専門ゼミは約40教室を開講し、教員と学生との直接的な対話が成り立つ教育を実践しています。法律学・政治学研究をリードする教員の、さまざまな学界の先端をいく新しい知見が授業に生かされているため、高度な研究能力や知識とともに、総合的な思考力が身につきます。

●問題関心と将来構想に応じた自由度の高い科目履修
両コースの枠を越えた科目選択が可能であるため、幅広い知識と教養、柔軟な発想、多角的な視点を身につけることができ、卒業後の進路もますます広がります。また、成績優秀者は3年次修了時に大学院に飛び入学できる制度もあります。

●実務家との密接な連携による実務教育
司法試験合格率全国トップクラスを誇る本学の法科大学院の教員が学部の授業を担当しています。また、公務員志望者を対象にした都庁・官公庁の職員によるオムニバス形式の特別授業もあり、学生は実務上の素養を養い、資質を高めることができます。

■取得可能な資格
資格情報なし

■進路について
2018年再編のためなし

首都大学東京法学部の学費

  入学金 授業料・施設料
1年 282,000円 535,800円
2年   535,800円
3年   535,800円
4年   535,800円

首都大学東京法学部の所在地

●南大沢キャンパス
【所在地】
〒192-0397
東京都八王子市南大沢1-1
Tel 042-677-1111(代表)

京王相模原線「南大沢」駅改札口から北へ徒歩約 5分
改札口を出ると右手に首都大学東京南大沢キャンパスのシンボル「光の塔」が見えます。
法学部はキャンパスの西北奥です。

首都大学東京法学部の周辺地図

首都大学東京法学部の受験対策 学習のポイント・勉強法

首都大学東京の法学部の合格最低点は1000点中738点で、センター試験の得点率は8割です。
ですので、センター試験で出題される様な基礎的な問題を確実に解けるようにしましょう。

首都大学東京法学部の受験情報

【法学部】
法/前期
センター試験 3教科3科目(600点満点)
【国語】国語(200)
【外国語】英・独・仏・中から1[リスニングを課す](200[40])
《地歴》世B・日B・地理Bから選択(200)
《数学》数IA・数IIBから選択(200)
●選択→地歴・数学から1
個別学力試験 2教科(400点満点)
【国語】国語総合・現代文B・古典B(200)
【外国語】コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I・英語表現II(独・仏・中の選択可)(200)
個別(2次)
配点比率 40%
備考
募集は前期のみ

首都大学東京法学部 入試科目別受験対策・勉強法

首都大学東京法学部の英語の出題傾向と対策は以下の通りです。

【文系】
長文問題2題に、英文中に含まれる下線部(和文)英訳1題または2題からなる構成です。試験時間は120分です。大問や設問指示、注は日本語です。
2018年度の長文問題は、2題とも論説文からの出題でした。同義語選択や言い換え選択、空所補充選択、下線部説明や和訳、指示語の内容説明など総合的な力を問われます。2016年度以前には本文からの書き抜き問題もありました。様々な分野の長文問題で演習を積み、内容を正確に把握する精読力に加えて、制限字数以内で的確な記述ができるような表現力を養いましょう。構文はそれほど難しいものではありませんが、年度によってはやや語数が多いことがありますので、過去問を解き、どの年度でも余裕をもって完答できるレベルの速読力があれば有利になるでしょう。
和文英訳は、大問としては2題となったり1題となるなど変化がありますが、枝問数で見れば3問で2018年度まで安定しています。構文や文法・語法の知識をしっかり身につけて、前後の英文の流れに沿った英訳ができるように演習を積みましょう。ここ数年は論説文の一部を英訳させる問題となっていますが、年度によっては口語的な表現の英文を用いる場合も見られますので、前後の流れを視野に入れた英訳ができることで、周囲と差をつけることができると思います。

【理系】
長文読解1題、英作文1題の構成が続いており、試験時間は75分です。大問や設問指示、注は日本語です。
長文読解は、論説文を用いて出題する年度もあればエッセイ文を用いた年度もあり、分野も多岐に渡ります。設問は、下線部説明や和訳、指示語内容の説明などの記述式解答問題に加えて、選択式問題では空所補充や内容一致肢選択が出題された年度もあります。文章そのものの難度は標準的ですが、記述式での解答を求められている設問の個数が多く、それぞれの設問に過不足なく解答できるようにするためには、演習を積むことが不可欠です。細かいところまで注意深く読み取り、解答を作成できるように練習していきましょう。
英作文は、英文中の日本語箇所を英訳する下線部英訳の形式で出題されています。前後の文脈からヒントを得ることもできますし、英作文用の構文集をしっかり暗記すれば十分対応できる難度です。基本構文の暗記を進めつつ、実際に基礎から標準レベルの英作文を練習し、覚えた例文を使いこなす練習を進めましょう。

首都大学東京法学部の国語の出題傾向と対策は以下の通りです。

記述式で、出題形式は古文1題、現代文2題の計3題です。ただし最後の現代文については、「考えるところを」述べなさい、とあるように、課題文を読んで自分の考えを論述するという内容ですので、自由度は高いものの小論文にきわめて近いといえるでしょう。
古文については、単語の現代語訳、文法問題、傍線部説明問題といったところが出題されています。文法や語彙の面で重要な箇所を中心に問われますので、基礎をもれなく固めておくことが重要です。また、問三で主語にあたる人物を複数問われていることから、文章内での主語の移り変わりに注意する必要もあるでしょう。さらに、問題文全体の内容把握が必要な論述問題も出題されていますので、さまざまな文章にあたり、大筋を的確に捉えられるようにしておくとよいでしょう。
現代文は、傍線部説明問題が基調であり、加えて2016年度以降、語彙を説明させる問題や適切な接続詞を問う問題も出題されました。また、問題文全体を踏まえて数十字〜100字ほどで論述させる問題も毎年出題されています。
現代文の対策としては、読解ならびに記述の訓練が必要です。つねに問題文の展開を丁寧に押さえていくとともに、全体の要旨をコンパクトに把握するよう意識しましょう。同時に国公立大対策の論述問題などを活用し、過不足なく、わかりやすい記述の能力を養っていきましょう。
一方、小論文に近い論述問題は、400字以内での論述が求められます。対策としても小論文の練習が有効でしょう。自分の考えが求められていますので、日々視野を広く持ち、さまざまなテーマに対して考えをめぐらせておくとよいでしょう。また多くの字数を書くことが必要になりますので、国公立大対策の論述問題も効果的です。

新入試制度対応!大学入学共通テスト対策カリキュラム

じゅけラボ予備校の大学受験対策講座では、新入試制度に対応し、2020年度以降に受験する生徒向けに、大学入学共通テスト対策を行っています。

2020年度以降に大学受験をするあなた。新入試制度について詳しい内容を知っていますか?
新入試制度のもとで受験をするのに、内容を知らない、そのための対策の仕方を知らない状態では、素手で戦場に挑むようなものです。

まずは、こちらのページで新入試制度について確認しておきましょう!

新入試制度対応!
大学入学共通テスト対策カリキュラム

首都大学東京法学部合格のための受験対策カリキュラム・学習計画を提供します

首都大学東京法学部合格を目指す受験生のあなたへ。ただがむしゃらに勉強をしても首都大学東京法学部に合格することはできません。首都大学東京法学部に合格するためには、首都大学東京法学部のそれぞれの入試科目のポイントを押さえた勉強をする必要があります。じゅけラボでは以下の3つのポイントに着目した、首都大学東京法学部専用の受験対策カリキュラム・学習計画を提供しています。

  • ポイント1:自分の学力レベルに適した勉強
  • ポイント2:正しい勉強法
  • ポイント3:首都大学東京法学部に合格するために必要な勉強

実は多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。また、受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強方法で勉強を進めることが重要です。

そして、首都大学東京法学部の入試科目の入試問題はどんな傾向があり、どんな受験対策が必要なのかを把握して、必要な勉強に焦点を当てて受験勉強を進めることが必要です。

じゅけラボでは、まず学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合ったカリキュラムを作成し、首都大学東京法学部に合格するために必要な学習計画と正しい勉強方法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。また、首都大学東京法学部の入試科目ごとに正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。

大手予備校とじゅけラボの料金・サービス比較はこちら
じゅけラボ予備校の料金はこちら

「首都大学東京法学部に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ

模試の結果が悪かった、E判定だったことで「首都大学東京法学部に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の学力から首都大学東京法学部に合格するための最短のカリキュラムを提供します。また、「高3の8月から勉強を始める場合」「高3の9月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

受験勉強を始めるのが遅くても首都大学東京法学部に合格できる?

首都大学東京法学部を目指す受験生から、「夏休みや8月、9月から勉強に本気で取り組んだら首都大学東京法学部に合格できますか? 「10月、11月、12月の模試で首都大学東京法学部がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

勉強を始める時期が10月以降になると、現状の偏差値や学力からあまりにもかけ離れた大学を志望する場合は難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

仮に受験直前の10月、11月、12月でE判定が出ても、首都大学東京法学部に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、首都大学東京法学部合格に向けて全力でサポートします。

首都大学東京法学部を受験するあなた!合格を目指すなら今すぐ行動です!

首都大学東京の他の学部

首都大学東京の受験情報・受験対策はこちら
首都大学東京法学部合格なら
じゅけラボの大学受験対策講座

大学別の対策については
こちらから検索できます。



地域別大学一覧はこちら


北海道・東北
関東
東海・甲信越
近畿
中国・四国
九州・沖縄

大手予備校を超える高品質カリキュラムが業界最安値

  • 入会金無料

    入会金無料

  • 追加料金なし

    追加料金なし

  • 全科目対策で一律料金

    全科目対策で
    一律料金