安い予備校は失敗する?予備校の相場と予備校選びのポイント

安い予備校は失敗する?予備校の相場と予備校選びのポイント
大学受験において予備校や塾は必須と言えます。大学受験対策のサポートが充実している進学校の場合は別ですが、大学によって必要な対策はまったく違いますし、膨大な出題範囲をマスターするにはやはりプロのノウハウが必要です。

しかし、高校3年生になっていざ予備校や塾を探してみると、授業料の高さに驚くことと思います。大手予備校であれば、年間で100万円以上かかる場合がほとんどです。家庭の経済状況によっては月々の支払いが難しいという場合もあると思います。

通信教育サービスも含めて探せばやすいところもありますが、高額な予備校に比べるとサービス内容が限定的だったり、サポート体制が整っていなかったりとなかなか求めるレベルのサービスが見つからないことも多いと思います。

とは言え、志望校に必ず合格するためにも、何とか限られた予算の中でできるだけ質の高い指導を受けたいですよね。

実は、予備校レベルのクオリティで月14,800円~の新しい予備校サービスがあります。

ここでは、予備校の相場や安い予備校を探す際の注意点、安くて質の良い新しい予備校サービスについてご紹介します。

予備校の学費相場

予備校の学費相場 まずは、予備校の学費相場です。予備校にかかる費用には、入塾金と授業料、予備校によっては模試費や担任指導費がかかる場合もあります。

また、予備校の学費は浪人生と現役生で違います。ここでは現役生の予備校の年間の学費相場を見てみましょう。

入塾金
キャンペーンなどで安くなっていることもありますが、相場は30,000円程です。

授業料
予備校の授業料は通常科目単位になっており、科目によっても金額が大幅に変わる場合もあります。1科目の相場は月々、1万円~1.8万円(年間120,000円~200,000円)となっており、例えば3科目を受講した場合の相場は年間で400,000円~600,000円程となります。夏期講習や冬期講習を受講すると、年間の学費は100万円程度になります。国公立大学の受験科目を全て受講するとそれ以上の金額になります。

  講座数を抑えれば学費も抑えられますが、大学に合格しなければ意味がありません。高校3年生の場合、予備校ですべての受験科目の対策をお願いする場合年間学費は、約100万円と考えると良いでしょう。

安い予備校は大丈夫?予備校探し5つのポイント

安い予備校を探す5つのポイント 大手より小さい予備校の方が料金が安くなる傾向があります。ただ、学費が安い予備校は安い分失敗する可能性も高いです。そこで、現役生が安い予備校を探す場合の注意点についてお伝えします。

1)通学にかかる時間は短いほど有利です。
いくら優秀な予備校でも、通学に片道30分もかかってしまうと、1ヶ月で30時間、10ヶ月で300時間も無駄な時間を過ごすことになってしまいます。

移動する「電車の中で勉強できる」と考えるかもしれませんが、電車の騒音などで気が散って、モチベーションが上がらず勉強しても身につかないことがほとんどです。

自宅や学校の近くの予備校を選ぶようにしましょう。

2)授業を振替できることが重要です。
部活や文化祭、委員会などで、予備校の授業に出られないことがあると、次の授業が理解できなくなります。

普段の予習復習だけでも大変なのに、たった1回でも授業が抜けてしまうとそれを補うことがとても大変です。

振替授業などを設置していない予備校も多いのでそこは事前にしっかりと調べましょう。

3)クラス分けされていないと大変。
東大レベルと偏差値30レベルでは、講義内容が全く違います。理解できない講義を受けても、簡単すぎる講義を受けても偏差値は伸びません。また、医学部は他学部と対策が異なりますから、注意が必要です。

自分が今どれくらいの力があって、どの講義を受ければ成績が伸びるのかをしっかりと調べて講座を申し込みましょう。

志望校と自分の成績に大きくギャップがある場合は、レベルの違いすぎる講座についていけないケースもあります。

4)サポートがあるか。
大学受験は1年以上の長期で合格を狙っていく必要があります。勉強する科目の時間配分、勉強の方法、志望校に合わせた対策、モチベーション維持などのサポートがないと、失敗してしまうでしょう。

志望校までの道のりの計画をしっかりたてられないと少しでも思う方は専門家に相談できる環境があるかをしっかりと調べましょう。

学生のアルバイトがサポートしている予備校も少なくないので、自分はサポートが必要だと思う場合はプロのサポート体制がある予備校を選びましょう。

また、サポートを受ける際に特別な料金がかかることもありますので、そこも注意です。

5)評判はどうか。
実際に通っている人に、予備校の実情を直接聞いてみることをお勧めします。評判の悪い予備校に行ってしまうと、学習のモチベーションを保つことができず、偏差値が伸びにくくなってしまいます。

なお、少人数制が良いかどうかは個人差が大きいため、個別に判断するようにしましょう。

安い予備校の失敗事例とデメリット

安い予備校の失敗事例とデメリット 時間を調整できる、自分のペースで受けられるメリットがあるため、後回しにしてしまうのが、動画を視聴する形式の講義です。

当初、自分のペース配分で受験生本人が「できる」と思っていても、つい後回しにしてしまい、浪人することになるケースが多々あります。

また、講義だけ受ける安い予備校を選んでしまった結果、偏差値が伸びないケースもあります。

天才でもない限り偏差値を上げるには、どんなに良い講義であったとしても、講義の前に予習、講義の後に何回も復習をして記憶し、応用力を身につける必要があるのに、講義を受けるだけで学力が伸びると錯覚してしまうからです。

  さらに、安い予備校の場合、志望校別の対策が無いケースもあります。大手の予備校でも超有名大学以外の志望校別の対策がないケースは多いです。

英文読解の配点が高い大学もあれば、穴埋め問題と読解が同じ配点の大学もあるように、大学によって出題傾向や配点が大きく異なります。もし、英文読解の配点が高い大学を受けるのに、その予備校の講義で出題傾向にない傾向の問題に力を入れている講義を受けてしまうと受験に失敗する確率が上がってしまいますし、無駄な勉強をすることになってしまいます。

できるだけ自分の受験する大学の出題傾向に合わせて受験対策ができる予備校を探しましょう。

 

安いのに大手予備校並みの質!新しい予備校サービス「じゅけラボ予備校」の大学受験対策講座

安いのに大手予備校並みの質!新しい予備校サービス「じゅけラボ予備校」の大学受験対策講座 「大手予備校はどこも年間100万円くらい学費がかかる。どこか大手予備校と同じクオリティの安い予備校があれば・・・」

「大手予備校に通わせたいが、遠くて時間がもったいない」

とお考えの方におすすめなのが、月14,800円から受けられる「じゅけラボ予備校」の志望校別大学受験対策講座です。

じゅけラボ予備校では、大手予備校で行なっている入塾前の現状把握の学力テストはもちろんのこと、現状のレベルに合った学習計画と、生徒別志望校別のオーダーメイドカリキュラムを作成しますので、一歩一歩着実に学力を向上させることができます。

カリキュラムは予備校や塾の先生が参考にする書籍なども出版している天流仁志先生監修ですので、予備校や塾よりも質の高いものになります。

もちろん、個別指導カリキュラムは志望校の出題傾向を踏まえたもの。無駄な勉強をする必要はありません。

また、学習内容が身についているかどうかのチェックテストが細かくあるので、志望校合格に必要な学力が確実についていきます。

そして、何よりポイントとなるが、効率的な勉強法まで具体的に指示することです。多くの受験生は効率の悪い方法で学習していますから、この機会に効率の良い勉強法に切り替えることをお勧めします。

同じ勉強時間勉強をしていても正しく効率の良い勉強法で勉強できる様になれば今の何倍も効果的な勉強ができます。

さらに、大手予備校と違い、学力に不安がある場合は中学レベル、の基礎から学べるので、偏差値30からでも難関大学を目指すことができます。

低価格で予備校以上の質の高いカリキュラムで大学受験合格を目指して最短距離で勉強をしていけます。

じゅけラボ予備校の大学受験対策講座について詳しくはこちら