大卒でとれる資格一覧

大卒でとれる資格一覧

大卒でないと取れない資格

大卒でないと取れない資格

資格の中には、大学を卒業或いは一定の課程を修了していないと受験できないものや、大学等在学中に学ぶ知識がなければ非常に苦労するものが数多くあります。

例えば、税理士は大学を卒業していなくとも受験資格を得ることは出来ます。しかし、税理士の資格試験を受験するためには、まず日商簿記検定1級取得という非常に高いハードルを超えなければなりません。一方で、大学の特定の講座を履修し、大学を卒業していれば、それだけで税理士の資格試験の受験資格を得る事ができます。 この様に大学に進学して特定の講義を履修したり、卒業をすることにより、受験資格を得られる資格も数多くあります。

大学に進学し、卒業することで、取得できる資格の幅が広がり、就職活動や業務で有利になることがあります。 とりあえず大学に進学すればよいというわけではありませんが、自身の強みとなる資格の取得という点からも大学進学のメリットを得られるはずです。大学に行く理由に悩んでいる方は、大学進学、卒業によって得られる受験資格も考慮して大学受験を検討してみてください。

ここでは、大卒でないと取れないおすすめの資格を始めとして、大学や専門学校での知識がないと取得が難しい取っておくべき資格などを紹介します。国家資格以外の資格も紹介しておりますのでぜひ参考にしてみてください。

※資格の詳細な説明は各資格のリンク先のページを参照してください。現在準備中の資格も随時アップしていきます。

文系学部(法学部、経済学部、商学部など)の資格

文系の特定の学部を卒業しなければ取得できない資格や、文系学部の講義で学習している学生が取りやすい資格を一部紹介します。

文系学部の大卒でないと取れない資格

文系学部の大卒でないと取れない資格

文系学部の大学課程を修了しないと取得できない資格は以下の通りです。
以下の資格について興味がある方、文系学部への進学を考えている方は、是非参考にしてみてください。

  • 司法試験
  • 国家公務員総合職試験(大卒程度試験)
  • 国会議員政策担当秘書
  • 自衛隊幹部候補生(陸・海・空)
  • 学芸員
  • 米国公認会計士
  • 裁判所職員採用総合職試験(家庭裁判所調査官補、大卒程度区分)
  • アクチュアリー
  • 警視庁警官(大卒程度試験)
  • 教員

文系学部の大卒資格、あるいは大学・専門学校での知識がないと難しい資格

文系学部の大卒資格、あるいは大学・専門学校での知識がないと難しい資格

大学を卒業していなくても受験することができますが、文系学部の大学課程を修了、または関連する分野の学部や専門学校で学ぶ知識がないと受験、取得が難しい資格は以下の通りです。
以下の資格について興味がある方、資格に関する文系分野を進路として考えている方は、是非参考にしてみてください。

  • 税理士
  • 社会保険労務士
  • 司書
  • 学校心理士
  • 土木施工管理技士
  • 国税専門官
  • 財務専門官
  • 労働安全コンサルタント
  • 労働衛生コンサルタント
  • キャリアコンサルティング技能検定2級

理系学部(医学部、看護学部、建築学部など)の資格

理系学部の特定の大学を卒業しなければ取得できない資格や、理系学部の大学の講義で学習している学生が取りやすい資格を一部紹介します。
文系に比べると、理系学部の大学の方が卒業後就職する際に必ず必要な資格などが多くあリます。

理系学部の大卒でないと取れない資格

理系学部の大卒でないと取れない資格

理系学部の大学課程を修了しないと取得できない資格は以下の通りです。
以下の資格について興味がある方、文系学部への進学を考えている方は、是非参考にしてみてください。

理系学部の大卒資格、あるいは大学・専門学校での知識がないと難しい資格

理系学部の大卒資格、あるいは大学・専門学校での知識がないと難しい資格

大学を卒業していなくても受験することができますが、理系学部の大学課程を修了、または関連する分野の学部や専門学校で学ぶ知識がないと受験、取得が難しい資格は以下の通りです。
以下の資格について興味がある方、資格に関する理系分野を進路として考えている方は、是非参考にしてみてください。

  • 看護師
  • 准看護師
  • 臨床検査技師
  • 動物看護師
  • 臨床工学士
  • 歯科衛生士
  • 作業療法士
  • 義肢装具士
  • 言語聴覚士
  • 救急救命士
  • 診療情報管理士
  • あん摩マッサージ指圧師
  • きゅう師
  • 健康運動指導士
  • 産業カウンセラー
  • 社会福祉士
  • はり師
  • 歯科技工士
  • 木造建築士
  • 診療放射線技師
  • 音楽療法士
  • 柔道整復師
  • 細胞検査士
  • 助産師
  • 精神保健福祉士
  • 管理栄養士
  • 理学療法士
  • 自衛隊幹部候補生(陸・海・空)
  • 建築士
  • 造園施工管理技士
  • 構造計算適合判定資格者検定
  • 建築基準適合判定資格者検定
  • 食品衛生監視員

「大卒でないと取れない資格」がないとなれない職業

資格を取得することで就職の幅が広がる一方で、逆に資格を取らないと就けない職業も数多くあります。 例えば、裁判官になるためには司法試験を合格している必要がありますし、博物館で働くためには学芸員という資格が必要になります。 また、弁護士など「士業」と呼ばれる資格は「独占業務」と呼ばれるそれらの資格を持っていないと行うことができない業務があることから、それぞれの職業へ入社自体は出来ても実際に行うのは補助業務のみとなります。

下記では中でも「大卒でなければ取得できない資格」を持っていなければ就けない職業を紹介します。

※資格の詳細な説明は各資格のリンク先のページを参照してください。現在準備中の資格も随時アップしていきます。

「大卒でしか取得できない資格」がないとなれない職業

職業 資格
弁護士 司法試験合格、司法修習考試合格
裁判官 司法試験合格、司法修習考試合格
検事 司法試験合格、司法修習考試合格
国家公務員総合職 国家公務員総合職(大卒程度)
国会議員政策担当秘書 国会議員政策担当秘書
自衛隊幹部候補生(陸・海・空) 自衛隊幹部候補生(陸・海・空)
学芸員 学芸員資格
教員 教員資格
米国公認会計士 米国公認会計士資格
裁判所職員採用総合職 裁判所職員採用総合職試験(家庭裁判所調査官補,大卒程度区分)
医師 医師資格
歯科医師 歯科医師資格
獣医師 獣医師資格
薬剤師 薬剤師資格
臨床心理士 臨床心理士資格
医学物理士 医学物理士資格
公認心理師 公認心理師資格

就活に有利になる取っておくべき資格

みなさんは就職活動はいつから行う予定でしょうか。
一般的に大学に入ると三回生の終盤あたりから就職活動が始まります。
就職活動のために「資格取りまくる」と意気込んでいる方も多いのではないでしょうか。
しかし闇雲に資格を取るだけでは、社会人になった時に「時間を浪費しまった」「もっといろんな経験を積んでおけば良かった」となることはもちろん、就職活動に活かすことすら出来ません。
下記では、有利に就職活動を進めるためにおすすめの独学で合格可能な資格を紹介します。

※資格の詳細な説明は各資格のリンク先のページを参照してください。現在準備中の資格も随時アップしていきます。

就職に有利な資格一覧

                   
資格 受験資格
TOEIC(650点以上) なし
TOEFL iBT(60点以上) なし
日経TEST(600点以上) なし
日商簿記検定2級 なし
普通自動車免許 18歳以上
公認会計士 なし
司法書士 なし
宅地建物取引主任者 なし
ファイナンシャルプランナー2級 なし
社会保険労務士
行政書士試験合格など
介護職員初任者研修
なし
マイクロソフトオフィススペシャリスト なし
メンタルヘルスマネジメント検定Ⅰ種 なし
英検準1級 なし
漢検2級 なし
基本情報技術者 なし
応用情報技術者試験 なし
行政書士 なし
弁理士 なし
秘書検定準1級 なし
ITパスポート なし
中小企業診断士 なし
アロマセラピスト1級 なし
通訳案内士 なし
サービス接遇検定2級 なし
販売士3級 なし
医療事務 なし
証券外務員二種 なし
管理業務主任者 なし
危険物取扱者乙種四類 なし
総合旅程管理主任者 なし
通関士 なし
ビジネス会計検定2級 なし
2次元CAD利用技術者試験 なし
3次元CAD利用技術者試験 なし
ウェブデザイン技能検定3級 なし
金融窓口サービス技能士3級 なし
ネットワークスペシャリスト なし
データベーススペシャリスト なし
消費生活アドバイザー なし

大学在学中に資格をたくさん取ると就職に有利な理由

就職活動において、履歴書の資格欄に空欄が並んでいるより取得した資格で埋まっている方が有利になるというのが一般的です。 単純に「○○学部卒業」「□□に力を入れた」というよりも、○○の資格を持っているという方が就活生の実際の能力を測りやすいのは想像するにたやすいでしょう。

資格を取るメリットとして代表的な2つを以下に挙げます。

能力や実績を伝えやすい

能力や実績を伝えやすい

経験を言葉で表すのは簡単ですが、それを体現する結果がなければ信用してもらうのは難しくなります。 就職活動で最も重要なのは自己PRです。自己PRの目的は、自分がどういう人間で何ができるか、その企業に有用な人間なのかを明確に伝えることにあります。
その際に、自身が学んできた分野に関する資格を取っておくことで、大学在学中に自分がどういう努力をしてどういうことが出来るかが明確に伝わります。
特に医療系に関してはいらない資格はないと考えて良いでしょう。

ライバルを一歩リードすることができる

ライバルを一歩リードすることができる

あなたが会社の採用担当として、応募者が持っている資格以外が同条件ならどちらを選ぶでしょうか。もちろん、資格を持っている、または自社で強みとなる資格を持っている人材を選びますよね。
就職活動で企業側が最も重要視しているのは「会社に貢献してくれるか」です。もし、将来の携わりたい業界が或るのであれば、まずはその業界で活かせる資格について調べ、その資格取得に必要な条件、有利な進学先を確認することが重要です。

志望校合格をめざす受験生の皆さんへ

じゅけラボでは、生徒1人1人に合わせたオーダメイドのカリキュラムで、どの学力レベルからでも第一志望の大学合格を目指すことができます。国公立・難関私立大学も塾や予備校に通塾せずに独学で合格できるカリキュラムとサポートであなたを第一志望合格へ導きます。

①塾や予備校の3分の1〜8分の1という低料金で受講ができる

じゅけラボ予備校では志望校の入試科目に必要な全科目合わせて14,800円(税込16,280円)〜と低価格です。

①塾や予備校の3分の1〜8分の1という低料金で受講ができる

じゅけラボ予備校は有名予備校教務主任であり、常に最新の受験研究を行なっている天流仁志がカリキュラムを監修しているため、塾や予備校のカリキュラムよりも質が高く、低価格高品質のカリキュラム提供が実現できています。
大学受験合格に向けて効率よく確実に学力を身につけたいという生徒さんはぜひ安心してお任せください。

②現在の学力から志望校に合格するためのオーダーメイドカリキュラム

②現在の学力から志望校に合格するためのオーダーメイドカリキュラム

じゅけラボ予備校のカリキュラムは、生徒一人一人の現在の学力と志望校合格に必要な学力レベルに合わせてオーダーメイドでカリキュラムを組みます。
まず入会時に現状分析のテストを受けていただき、現時点の生徒の学力と受験までの残りの日数を踏まえた上で、生徒に完全に合わせたオーダーメイドのカリキュラムを作成いたします。
これにより、第一志望大学合格に必要な勉強に効率的に取り組む事が出来るので、カリキュラム(計画表)通りに課題をこなしていくと着実に成果が出るようになっています。

③学習方法と勉強法を具体的に指示するので一人でも大学受験勉強を進めていくことができる

③学習方法と勉強法を具体的に指示するので一人でも大学受験勉強を進めていくことができる

第一志望大学合格に最も必要なのは、日々の自主学習です。 大学受験は特に自分で勉強をする時間がとても長くなります。

毎日自分で知識のインプットとアウトプットを積み重ねることが第一志望大学合格への最短ルートです。
じゅけラボ予備校の大学別受験カリキュラムでは、現在の学力から第一志望大学に合格する為に必要な学力に合わせた参考書と問題集の選別、そして問題集ごとに具体的な勉強のやり方まで具体的に指示しています。
通常の予備校や塾では、自主学習部分は生徒に丸投げになっているケースも多く効果的な学習ができていない生徒も非常に多くいます。
これでは、単純に授業や講義を受けているだけで、実際に日々の学習が生徒の志望校合格に近づいているのかどうかがわかりにくい状態が続きます。
目に見える成果がない状態で受験勉強を続けるとモチベーションを維持するのは非常に難しく、一度挫折をしてしまうと置いてけぼりになってしまう可能性が高くなります。

じゅけラボ予備校は絶対にあなたを一人にしません。
1日単位でどの教材を何ページ進めるという指示から、その教材をどのように進めるのかを具体的に、明確に指示しています。

これによって自宅での勉強、受験勉強において迷うことはなく、高いモチベーションが維持しやすくなります。 その結果、毎日カリキュラムに従って勉強を進めていくだけで、志望校合格に向けて着実に学力がついていきます。

大卒でとれる資格一覧の紹介

大卒でとれる資格の紹介やその資格が取得可能な大学や資格取得を支援している大学の紹介をしていますので参考にしてください。

大手予備校を超える高品質カリキュラムが業界最安値