塾なし高校受験
塾で伸びない理由は?
塾なしで志望校合格を目指す

塾なしで高校受験で志望校に合格することはできる?
高校受験に向けて勉強の仕方がわからない場合の勉強の進め方
塾に行かずに高校受験に臨む場合の勉強法は?
自力が難しい場合は通信教育を活用
高校受験勉強の計画表・スケジュールの作り方
高校受験勉強はいつから勉強すれば間に合う?
高校受験勉強にやる気が出ない場合どうしたら良いのか?
じゅけラボ予備校なら、どのレベルからも塾なしで高校受験志望校合格を目指せる
塾なしで高校受験をする生徒からのよくある質問

じゅけラボでは親御さんや中学生の生徒さんからお悩みをお伺いすることがありますが、その中で、「高校受験ために塾に通ったけど成績が伸びなかった…」という方は多いです。子どものためを思ってお金をかけて塾に通わせたのに、成績や偏差値が上がらないと元も子もありません。

まず、塾で伸びないのには大きく分けて2つの理由があります。

1つはカリキュラムが一律のため、お子さんに合った指導をしてもらえていないということです。志望校が違えば対策も違いますし、現状の学力や偏差値が違えばスタート地点も違ってきます。同じカリキュラムで同じ対策をする塾では、伸びない生徒も出てきます。また、確認テストを実施しても結果が返ってくるだけで、身につくまで教えてくれるところは少ないです。

塾で伸びない2つ目の理由は、自宅での勉強方法が分からないということです。塾に行っているときは指導に従って勉強すれば良いのですが、自宅で勉強するときにどうやって勉強すれば良いか分からなかったり、効率的な勉強ができていなかったりすることが多いです。さらに集団塾の場合、質問がなかなかできずに分からないところもそのままになっていることもあります。

高校受験勉強で重要なのは自宅での勉強です。塾に行っている時だけの勉強では学習時間が不十分で、志望校合格に必要な学習内容が網羅できません。

ただ、塾に行っていて伸びなかったのに自宅で勉強して志望校に合格することはできるの?と心配な方も多いと思います。中には、口コミで評判の塾に通ったのに成績が上がらなかったという人もいると思います。その場合はさらに自信をなくしてしまいますよね。また、塾を検討している段階で、「塾に行くべきか迷っている」「塾に行かなくても大丈夫なら、塾なしで高校受験にチャレンジしたい」という方もいらっしゃいます。

塾なしで高校受験で志望校に合格することはできる?

塾なしで高校受験で志望校に合格することはできる?

その回答ですが、塾なしで自力で高校受験勉強をして志望校に合格することは可能です。お子さんの学力と志望校のレベル、勉強を始める時期にもよりますが、中学の学習内容だと、塾に行かないで志望校に合格することはそれほど難しくありません。少なくとも中3の夏休みからのスタートだと十分間に合います。

一部の難関私立高校を除き、高校受験の試験の出題範囲は基本的に教科書から出題されます。正しい勉強法が分かっていて勉強の習慣がついていれば、自力で地域のトップ高校や難関公立高校に合格することも夢ではありません。さらに、今は勉強のやり方が分かるブログなどもたくさんあるので、要領をつかんでいれば自宅学習も難しくありません。

高校受験に向けて勉強の仕方がわからない場合の勉強の進め方

高校受験勉強に対して「やろう!」という気持ちはあるけど、一体何をすればいいのかわからないという中学生は多いと思います。何をすればいいのかわからないと、せっかく高校受験に対して勉強を頑張ろうと思っても、心が挫けてやる気が出ない原因になりかねません。

高校受験に向けた勉強の仕方、進め方を明確にする事で悩む事なく高校受験勉強に取り組む事が出来ます。

勉強時間を決める

まず、1日で学習できる勉強時間を決めましょう。月曜日から日曜日まで、毎日出来る勉強時間は中学生1人1人違ってくると思います。

朝起きるのが得意な中学生の場合、朝6時に起きて1時間勉強して、晩ご飯食べた後の19時から4時間勉強で合計1日5時間の勉強時間を確保するというような形で、自分の生活スタイルに合わせて、毎日の勉強時間を決める事が大事になります。塾に行かずに高校受験に挑む為には家庭学習がとても重要です。まずは1週間月曜日から日曜日までの生活を整理して毎日できる勉強時間を決めましょう。

参考書・問題集を決める

高校受験勉強におすすめの参考書や問題集は、現在の学力と志望高校に必要な学力でそれぞれ変わります。現在の学力・偏差値が高ければスキップできる問題集もありますし、志望する高校の偏差値次第では解かなくても良い問題集もあります。

じゅけラボ予備校の高校受験対策講座では、中学生一人一人の現在の学力と志望する高校に合わせて必要な参考書や問題集を選んでいますので、参考書選び、問題集選びが上手く出来ない場合は一度ご相談ください。

各教科の勉強法・進め方を決める

高校入試までに、勉強法で悩んでいる時間ほどもったいない時間の過ごし方はありません。5教科の勉強法、進め方を決める事によって毎日の勉強法で悩む事がなくなりますので、英語・数学・国語・理科・社会の勉強法を決めて勉強しましょう。

高校受験の英語勉強法

英語 勉強

英語で「これだけは確実にしておくべき勉強」は、単語、熟語、文法、基本文の暗記と理解になります。まず徹底的に中学校で学ぶ英単語、英熟語、英文法をおさえて基本文を正しく読み、書く力を身につける事で、英作文を作る力と長文読解の問題を解ける学力が身につきます。

高校受験の数学勉強法

数学 勉強

数学の高校受験勉強で「これだけは確実にしておくべき勉強」は、計算問題と各単元の基本問題を確実に解けるようにしておく事です。数学が苦手だと思っている中学生の生徒も、計算問題と各単元の基本問題に限ってまず確実に解けるようにする事で苦手意識がなくなります。基本問題が解けるようになった後に、応用問題の問題パターンを勉強するという手順で勉強を進めていく勉強法が重要です。

高校受験の国語勉強法

国語 勉強

国語の高校受験勉強で「これだけは確実にしておくべき勉強」は、語彙力を伸ばす勉強です。語彙力を伸ばす為には、中学3年間の漢字・慣用句・ことわざ・文法・古文単語とそれぞれの使い方を身につける事でましょう。語彙力は文章を読解する為に必要な力なので、まずは語彙力を伸ばす勉強を最優先で行いましょう。

読解力は伸ばせないと思っている中学生が多いですが、文章は小説文・随筆文・論説文・説明文などで文章の読み取り方の特徴が決まっています。語彙力を身につけた上で、各文章の読み取り方の特徴がわかれば読解力は飛躍的に伸びます。

高校受験の理科・社会勉強法

理科 勉強社会 勉強

理科・社会は暗記が中心なので、まず中学3年間の重要項目を暗記する勉強法になります。まずは重要項目の暗記を一問一答形式の問題集などを有効に活用して徹底的に行いましょう。高校受験では図やグラフや表から読み取る力と、知識と結び付けて解答する力を要求する問題も出題されます。高得点を取る為にはそのような問題も解けなければいけませんので、暗記で一通り中学3年間の内容を覚えた後は、高校受験に良くでる問題にチャレンジして、情報を読み取る力と知識を結びつける力を身につける勉強法を行いましょう。

学習計画表の作成と入試までのスケジュールを作成

塾に行かずに高校受験に挑む中学生は、家での勉強法や進め方が塾に通塾している生徒以上に重要になります。高校受験に向けた学習計画表の作成方法や高校入試までのスケジュールの作成方法については高校受験勉強の計画表・スケジュールの作り方の項目を参考にして下さい。

塾に行かずに高校受験に臨む場合の勉強法は?

自宅で高校受験勉強

では、塾に行かずに高校受験にチャレンジする場合、どのような勉強方法で受験勉強に取り組めばよいのでしょうか。

学力や目指す高校のレベルにもよりますが、定期テストの点数が5教科で470点以上で学年トップクラスの学力があれば、高校受験に必要な基礎学力が付いているので、そのまま自己流の勉強法で学習を進めて、中学3年生の夏休み頃から模試や過去問などの本番の試験対策を行っていくという進め方で問題ありません。

そうでない場合は、まずは抜け漏れを補う必要があります。特に夏休みは中学3年間の総復習をするチャンスです。夏休みは長いようで短いので、時間の使い方が重要です。ただやみくもに勉強するのではなく、例えば、「8/3までに国語のこの範囲を終わらせる」という計画表を作成することがポイントです。

また、自分の中で苦手な部分や抜けている部分が分かっていればそこを重点的に勉強すれば良いのですが、分からないところが分からないという場合も多いです。抜けているところを明確にするには、定期テストの見直しが重要になってきます。

自力が難しい場合は通信教育を活用

自力が難しい場合は通信教育を活用

前の学年の学習内容に抜け漏れがあったり、志望校のレベルと現状の学力に大きな開きがあったりする場合は、自分一人で勉強して合格をつかみ取るのは難しいかもしれません。

では、そのような場合は塾に行かずに高校受験に合格することは難しいのでしょうか。

塾なしで自力で勉強して合格するのが難しい場合は、通信教育を活用するのも1つの手です。通信教育であれば、塾と比較して料金も安いですし、自分の部屋で落ち着いて自分のペースで取り組むことができるので、塾で失敗したお子さんも試してみる価値はあります。

最近では分かりやすい動画があったり、タブレットで繰り返し学習ができたりと、機能も昔より進化しています。

ただ、通信教育の弱点として、一人一人のレベルや志望校に合わせたカリキュラムが少ないということと、勉強のやり方まで教えてもらえないということが挙げられます。

では、塾に行かないで志望校に合格することは難しいのでしょうか。

高校受験勉強の計画表・スケジュールの作り方

じゅけラボ予備校では、塾なしで高校受験に挑む中学生の為に、志望校合格に必要な学力と現在の自分自身の学力との差、そして高校入試まで残された期間の情報から、生徒1人1人に合わせたオリジナルの高校受験勉強の計画表や入試までのスケジュールの作成、学習内容の指示と勉強法の指導を行っております。ここでは、じゅけラボ予備校の高校受験対策講座を受講していない中学生の方に、計画表やスケジュール表の作り方のポイントをご紹介したいと思います。

1日のスケジュール表の作成ポイント

1日のスケジュール

部活や習い事との兼ね合いで塾なしで受験を目指す中学生がたくさんいます。塾に行かない中学生でも、一人一人生活スタイルが異なり、部活や帰宅時間、習い事の時間は様々です。当然に、生徒一人一人の1日の学習スケジュール表は異なります。

生活スタイルに合わせて、1日の学習内容や学習量、勉強する時間帯を設定し、スケジュール表を作成します。スケジュールを作成する際に、「朝の早起きが得意」「部活が忙しい」「帰宅が遅い」「習い事が忙しい」「夜遅い時間まで起きている」というような自分の生活スタイルから、毎日の勉強する時間帯を考慮して1日のスケジュールを曜日単位で作成する必要があります。

1ヶ月のスケジュール表の作成ポイント

1ヶ月のスケジュール

1ヶ月のスケジュール表を作成する上で大切にしているのは、使用する教材の習熟度を上げるための復習タイミングと復習頻度です。1回学習しただけではなかなか習熟度を十分に上げることはできませんし、覚えた知識も忘れやすい状態です。

復習タイミングと復習回数を設定して1ヶ月のスケジュール表を作成します。このため、スケジュール通りに進めるだけで効果的に復習ができ、学習内容を身に付けることができます。

高校入試に向けたスケジュールの作り方

多くの中学生が、初めての受験に挑む高校入試。受験勉強は今まで受けてきた定期テストや実力テストとは異なり、今までにない長期間にわたる対策となります。

そのため、受験勉強では、「継続」がもっとも重要な課題となると言えます。多くの受験生が、無理な計画で破綻してしまったり、最初から飛ばし過ぎて疲弊してしまい、うまく受験勉強を進められていないという現状があります。

高校入試に向けて、「継続」可能な学習スケジュールを立てることが重要です。スタート時は、学習習慣、自学習力を身に付けていただくために、まずは実現可能な学習内容、学習量でスケジュールを作成します。そして、学習習慣、自学習力が身に付いてくるのに並行して学習量を徐々に増やしていきます。

また、上述したように高校入試対策は長期にわたります。入試1年前に覚えた内容について、既にやったと思ってそのままにしていると1か月後、3か月後、半年後にはどんどん忘れていってしまいます。

そのため、学習内容と学習時期を大切にして、高校入試までのスケジュールを組みます。例えば、受験勉強開始時には、理科や社会といった暗記要素が多い科目ではなく、まずは国語・英語・数学といった技能を積み上げる科目を優先的に進めます。また、1つの学習内容について、1つの教材をやって終わりではなく、以前取り組んだ教材の学習内容を復習しながら進められる教材を選んで勉強していく事で学習効果が高くなります。

じゅけラボ予備校の高校受験対策講座では、上記の学習内容の設定や学習計画表の作成、入試までのスケジュール作成が1人では出来ないという中学生の為に、塾なしでも志望校に合格する為の学習内容と勉強方法、繰り返し復習を組み込んだ学習スケジュールを作成して提供しております。現在の状況で解決するのが難しい方は一度気軽にご相談ください。

難関高校・志望校合格に向けた高校受験の勉強時間

高校受験に向けた1日の受験勉強時間は、開始時期や志望校によって異なりますが、中学1,2年生であれば1~2時間、中学3年生であれば2~3時間で進めていきます。また、中学3年生の秋冬の直前期には、1日3~5時間の学習時間が必要です。なお、1教科1時間程度の学習時間を目安としています。

ただし、この勉強時間は、「毎日」学習を進める場合の学習時間です。効果的に復習しながら進めるために、できるだけ「毎日」継続して学習を進めていただくことを推奨しています。

偏差値50、60、70の志望校を目指す場合の勉強時間目安

偏差値を基準として学習時間の目安を見てみましょう。

偏差値50~偏差値60の高校を志望校とする場合、上記の学習時間を目安にして進めていきます。毎日の学習習慣がない場合には、習慣付けをするために少なめの学習時間で開始して、徐々に時間を伸ばしていきます。

また、偏差値60を超える難関高校を志望校とする場合、中学1,2年生で2~3時間、中学3年生で3時間、直前期には4~5時間を目安に進めます。

偏差値60後半、偏差値70以上の難関高校を志望校とするのであれば、中学1,2年生で2~3時間、中学3年生で3~4時間、直前期には4~6時間の学習時間を確保することが必要です。

偏差値60台、偏差値70台といった難関高校になるほど学習時間の確保が必要になりますが、学習時間はあくまでも目安です。その日に学習する内容の完成度を上げてしっかりと身に付けることが最も大切です。

高校受験勉強はいつから勉強すれば間に合う?

高校受験はいつから勉強すれば間に合うのか?と質問される事は多いですが、「現在の学力がどのぐらいなのか?」によってその回答は変わります。都道府県によっては、公立高校入試において内申点の評価が中学1年生から加点対象になる場合もあります。

なので、現在の学力と志望校によって回答が違ってきますので一概に言えないというのが回答になりますが、逆に言えば、現在の学力と志望高校がわかければ志望高校受験に向けていつから勉強すれば間に合うのか?という事についてお伝えできると思いますので、高校受験勉強についてお悩みの方は一度ご相談ください。

いつから本気で受験勉強を始めるのか

公立高校受験の場合、内申点の関係もありますので「いつから本気で受験勉強を始めたら間に合うのか?」という問いに対する回答は中1のスタートからというのが理想的な答えになります。ただ、中学生の多くは中1のスタート時点で高校受験を意識できていないので、志望校が最初から明確に決まっている中学生以外は中学スタート時から本気で勉強をしていくのは難しいと思います。

では、「いつから本気で高校受験勉強を始めたら志望校合格に間に合うのか?」という事ですが、現在の学力レベルと志望校合格に必要な学力レベルにどのぐらいの開きがあるの次第なので一概に言うのは難しいですが、遅くても中3の秋(9月〜10月)までには本気で受験勉強を始めないと難しいと言えます。

受験勉強の開始時期で合格率は変わる?

もちろん、本気で受験勉強を始める開始時期が早ければ早いほど合格率は変わると言えます。ただ、勉強方法次第で学習内容の質と効果も変わってきますので、正しい勉強法で受験勉強に取り組む事で短期間に飛躍的に学力を上げる事も可能です。

じゅけラボ予備校では、現在の学力から志望校合格に必要な学力まで学力レベルを効率的に上げる為の学習内容と勉強法、学習スケジュールを提示します。塾に行かずに高校受験に臨む中学生の方で家庭学習でお悩みの方は一度気軽にご相談ください。

高校受験勉強にやる気が出ない場合どうしたら良いのか?

勉強の仕方がわからない、合格するとは到底思えない、成績が伸びている実感がない、わからない問題が多い、など高校受験勉強を進めていく中でやる気がなくなる原因は沢山あるかと思います。やる気が出ない時の解決方法として、色々なアプローチがあると思いますが、やる気が出ない原因(不快感の原因)を自分で知り、その不快感をとり除く事で純粋に「やるべき事」に集中できるようにする方法は効果的です。

「やる気が出ない」=「やるべき事」+「不快感」(いやだな〜、自分には無理じゃないかな、面白くないな〜などの気持ち)

です。

つまり「不快感」を感じている理由、「不快感」を作り出している原因は「何」という事を具体化していく事で、それが自分にとって必要な感情なのかどうかという事を突き詰めていく事が出来ます。そして、その不快感を感じる理由が自分にとってとても小さなものだなと実感出来れば、その不快感を手放す事ができるキッカケを作る事ができます。

その結果、やる気が出ない原因を作っている「不快感」を取り除く事できて、「やるべき事」だけを淡々と進めていく事ができるようになり、高校受験勉強をスムーズに進めていく事が出来ます。

やる気が出ない時は、このようにやる気を出すという自分の心に火をつけるエンジンの掛け方だけではなく、やる気が出ない原因を取り除くという逆のアプローチ法も知っておく事で、やる気が出ない時の状況を解決する事が出来ます。

じゅけラボ予備校なら、どのレベルからも塾なしで高校受験志望校合格を目指せる

じゅけラボ予備校なら、どのレベルからも塾なしで志望校合格を目指せる

じゅけラボ予備校なら、通信教育の弱点をカバーしたオーダーメイドカリキュラムで、どのレベルからでも志望校合格を目指すことができます。もちろん、難関私立高校も全ての高校受験のサポートをしています。

一人一人に合わせたオーダーメイドカリキュラム

塾なしで勉強する場合に迷うのが、何をどういう順に勉強すれば良いかということだと思います。自分でスケジュールを立てようと思っても、何をどうやって勉強すれば良いかが分かっていなければスケジュールを作ることはできません。

じゅけラボ予備校のカリキュラムは、一人一人の学力と志望校に合わせてオーダーメイドでカリキュラムを組みます。言わば志望校合格のための計画表です。そのため、塾のように伸びないということはなく、カリキュラム(計画表)通りに課題をこなしていくと着実に成果が出るようになっています。

また、カリキュラムは部活などの予定に合わせて調整することもできるので、自分のペースで進めることができます。

勉強のやり方まで具体的に指示するので、塾なしでも高校受験勉強が進められる

塾に行かずに高校受験にチャレンジする場合に、合否を分けるのが勉強のやり方です。正しい勉強のやり方が分かっていないと、勉強の効率が下がってしまい、入試までに必要な学習内容を網羅できません。

じゅけラボ予備校のカリキュラムでは、勉強の内容だけではなく問題集ごとに具体的なやり方まで指示しているので、自宅で一人でも勉強に迷うことはありません。毎日カリキュラムに従って勉強を進めていくだけで、志望校合格に向けて着実に学力がついていきます。

全科目申し込んでも塾より低価格

塾や家庭教師の場合は科目ごとに料金が上がる場合が多く、受験生の場合5教科だと30,000円~高い場合だと80,000円程かかることもありますが、じゅけラボ予備校は全科目合わせて12,800円(税別)と低価格です。

料金が安いと内容に不安があるかもしれませんが、じゅけラボ予備校は高校受験指導のプロである天流仁志がカリキュラムを監修しているため、塾のカリキュラムよりも質が高いと自負しています。安心してお任せください。

塾なし高校受験ならじゅけラボの高校受験対策講座

高校受験対策月額12800円

※難関高校受験対策の場合は14,800円(税別)となります。

不登校の生徒の高校受験にも対応

じゅけラボ予備校の高校受験対策講座は、不登校の生徒の高校受験対策にも対応しています。不登校のお子さんは塾に行くことも難しい場合が多いです。じゅけラボなら、塾なしで自宅で高校受験対策に取り組めるため、不登校のお子さんにも安心です。

不登校からの高校受験。第一志望の全日制高校合格オーダーメイドカリキュラム

塾なしで高校受験をする生徒からのよくある質問

現在中3です。塾なしで高校受験に挑んで志望校合格できますか?

塾に行かない分、家庭学習が重要になります。志望校合格に必要な学習内容、学習量を正しい勉強法で取り組めば塾なしで高校受験に挑んでも志望校合格は問題なく出来ます。 高校受験に向けて勉強法に不安がある場合ご相談ください。じゅけラボの高校受験対策講座は効率良い学習で志望校合格に必要な学力を身につける事が出来ます。

家の事情で塾に行っていません。高校受験が不安です。

家計の事情、習い事の事情、塾が合わないなど経済的、時間的、精神的などの理由で塾に行けずに独学で高校受験勉強に挑む中学生に、塾の2分の1〜7分の1の低料金でオーダーメイドカリキュラム(学習内容・学習量・勉強法・学習スケジュール)を作成しております。低料金且つ自宅で受講できるので料金面と時間的な問題を解決して、効率的に高校受験勉強に取り組む事ができます。
>>塾なしで志望校合格を目指せる方法

高校受験に向けての学習計画やスケジュールの立て方がわかりません

学習計画を作成するにあたり、まず受験戦略を明確にしなければなりません。志望高校合格に必要な学力、必要な学習内容・学習量から、1日分、1ヶ月、受験までの学習計画を作成する事が必要です。
>>学習計画の作り方についてはこちらをご確認ください。

料金が安いのであればカリキュラムを受講したいのですがいくらですか?

料金は5教科受講で12,800円(税抜き)になります。中1、中2、中3学年変わらず同じ料金で受講する事ができますので安心の料金体系です。5教科受講頂く場合塾の料金の2分の1〜7分の1の低料金で受講頂く事が出来ます。
>>料金についての詳細はこちら

高校受験勉強はいつから始めれば良いですか?

現在の学力と志望校によって回答が違ってきますので一概に言えないというのが回答になりますが、逆に言えば、現在の学力と志望高校がわかければ志望高校受験に向けていつから勉強すれば間に合うのか?という事についてお伝えできます。
>>高校受験はいつから勉強すれば間に合うのか?

大手塾を超える高品質カリキュラムが業界最安値

  • 入会金無料

    入会金無料

  • 追加料金なし

    追加料金なし

  • 全科目対策で一律料金

    全科目対策で
    一律料金