あなただけの福岡工業大学附属城東高校受験対策
福岡工業大学附属城東高校オーダーメイド
カリキュラム

どんな学力からでも福岡工業大学附属城東高校に合格できる
じゅけラボ予備校の高校受験対策講座

福岡工業大学附属城東高校合格を目指している中学生の方へ。このような悩みはありませんか?

  • 福岡工業大学附属城東高校を志望しているけど成績が上がらない
  • 塾に行っているけど福岡工業大学附属城東高校受験に合わせた学習でない
  • 福岡工業大学附属城東高校に合格する為に、今の自分に必要な勉強が何かわからない
  • 勉強の進め方自体がわからなくて、やる気が出ずに目標を見失いそう
  • 福岡工業大学附属城東高校に合格したい!だけど自信がない
  • 福岡工業大学附属城東高校に合格出来るなら勉強頑張る!ただ、何をどうやって勉強したら良いのかわからない

いかがでしょうか?福岡工業大学附属城東高校を志望している中学生の方。どのぐらいチェックがつきましたでしょうか?
でも、チェックがついた方でも大丈夫です。じゅけラボ予備校の高校受験対策講座は、あなたの今の学力・偏差値から福岡工業大学附属城東高校に合格出来る学力と偏差値を身に付ける事が出来るあなたの為だけの受験対策オーダーメイドカリキュラムになります。

じゅけラボ予備校の高校受験対策講座は、あなたが福岡工業大学附属城東高校合格に必要な学習内容を効率的、
効果的に学習していく事が出来るあなただけのオーダーメイドカリキュラムです。じゅけラボ予備校の高校受験対策講座なら、福岡工業大学附属城東高校に合格するには何をどんなペースで学習すればよいか分かります。

もしあなたが今の勉強法で結果が出ないのであれば、それは3つの理由があります。福岡工業大学附属城東高校に合格するには、結果が出ない理由を解決しなくてはいけません。

理由1:勉強内容が自分の学力に合っていない

今のあなたの受験勉強は、学力とマッチしていますか?
そもそも、自分の現状の学力を把握していますか?

多くの受験生が、自分の学力を正しく把握できておらず、よりレベルの高い勉強をしてしまう傾向にあります。もしくは逆に自分に必要のないレベルの勉強に時間を費やしています。合格するには現在の自分の学力を把握して、学力に合った勉強内容からスタートすることが大切です。

理由2:受験対策における正しい学習法が分かっていない

いくらすばらしい参考書を買っても、長時間勉強したとしても、学習法が間違っていると結果は出ません。
また、正しい学習法が分かっていないと、本当なら1時間で済む内容が2時間、3時間もかかってしまうことになります。合格するには正しい学習法を身に付ける必要があります。

理由3:福岡工業大学附属城東高校受験対策に不必要な勉強をしている

一言に福岡工業大学附属城東高校合格といっても、合格する為に必要な偏差値を把握していますか?私立高校を受験希望の場合、志望校の受験科目や傾向などを把握できていますか?

公立の場合は、都道府県ごとの入試問題の傾向や志望校のレベル、私立の場合は、自分の受ける高校がどんな試験を出すのか。また、それぞれのレベルはどういうものなのか?
合格するためには、受験対策の勉強を進めていく上でこのような情報を分かった上で学習する事が重要です。

じゅけラボ予備校は福岡工業大学附属城東高校の受験対策カリキュラムを提供していますので、福岡工業大学附属城東高校合格に向けて、あなたに必要な学習を進めていく事が出来ます。

じゅけラボ予備校の福岡工業大学附属城東高校受験対策講座 サービス内容

あなたの弱点をしっかり把握 現状分析テスト

入会時に受けていただくテストです。このテスト結果をもとに、福岡工業大学附属城東高校を志望しているあなたに最適なカリキュラムを作成します。

福岡工業大学附属城東高校合格に向けた高校受験対策カリキュラム

じゅけラボ予備校では、「独学で」福岡工業大学附属城東高校に合格できるオーダーメイドカリキュラムを提供します。あなたの学力・志望校に合わせて、1ヶ月ごとに、福岡工業大学附属城東高校合格に向けて取り組むべき参考書(演習問題や解説集)の指定し、スケジュール・勉強法を提供します。この受験対策カリキュラムに沿って学習を進めることで、効率的に偏差値を上げていくことができます。じゅけラボ予備校の福岡工業大学附属城東高校受験対策カリキュラムでは、市販の演習問題や解説集を使って学習していただきます。

学習効果をしっかり確認 定着度テスト

1つの参考書が終わるごとに、学習内容が定着しているかどうかのテストを行います。定着度をその都度確認することで、学習内容が確実に身につきます。

一人でも安心、学習相談

じゅけラボ予備校の福岡工業大学附属城東高校受験対策カリキュラムは、演習問題や解説集を使用して「独学で」学習して福岡工業大学附属城東高校に合格できるカリキュラムですが、しっかりと学習相談やサポートをしているので安心です。

福岡工業大学附属城東高校向けの受験対策カリキュラムや学習法についての質問・相談を受け付けています。専門スタッフが、悩みや質問が解決するまでしっかり対応いたします。

じゅけラボ予備校高校受験対策講座の特徴

福岡工業大学附属城東高校の特徴

特徴

福岡工業大学附属城東高等学校(ふくおかこうぎょうだいがくふぞくじょうとうこうとうがっこう)は、福岡市東区にある私立高校です。生徒や地域の方からは、「城東」の略称で親しまれています。

<城東教育の特色>
■一人ひとりを育む、きめ細やかな教育
・補習や個別指導の充実
放課後は授業内容を振り返る自学自習の時間を設けたり、苦手克服のための補講を実施するなど、きめ細やかに指導しています。職員室前の廊下には机と椅子を配置し、いつでも生徒の質問に対応できる体制を整えています。
・さまざまなカリキュラム
一人ひとりに目を配り、学力と個性を伸ばす指導に力を入れています。例えば、生徒がそれぞれ多種多様な目標や進路希望を持つⅡ類では、希望進路に応じた科目を学べる選択講座制を導入したり、電気科・電子情報科ではグループで実習や課題研究を行うなど実践学習を強化。学科・コース別のカリキュラムで目標達成を支えています。
・指導力を高める教職員体制
教員一人当たりの生徒数は12名ほどで、ゆとりある教育体制をつくっています。教員に対してはさまざまな校内研修のほか、校外研修や自主研修、さらに年2回の「教科力診断テスト」を行い、指導力を強化しています。

■進学サポート
・土曜講座
毎週実施している「土曜講座」は、国・数・英を中心とした教科の基礎力定着、苦手科目の克服を目的としています。1コマ70分の講座の中でウィークポイントとじっくり向き合って、学力を高めていきます。
・勉強合宿
1年次の夏休みに長崎にて開催される4泊5日の「勉強合宿」では、授業、自習、テストを繰り返し行っています。寝食をともに短期集中で勉学に励んだ仲間と共に成し遂げた達成感は後々の財産になるはずです。
・早朝テスト
基本事項の徹底を図る目的で英・数・国の3教科を中心とした「朝テスト」を実施し、基礎学力の定着を図っています。
・学習定着の時間&チューター制度
放課後は現役大学生である卒業生がチューターとして常駐し、勉強を教えてもらえるだけでなく、受験や進路の悩みも気軽に相談できます。
・数学クリニック
数学的思考力、答案を作る記述力をアップさせる「数学クリニック」では、チューターや先生に加えて、上級生が下級生の答案を添削することもあります。
・学習日誌「礎」
家庭学習の予定・実施・反省を書き込む学習日誌「礎」を書くことで、自分で計画し学習に取り組む力を養います。
・Jプラス
総合学習の時間「Jプラス」では、地域と連携して行う地域活性プロジェクトや、CGを福岡工業大学で学ぶ講座、文化を学ぶ講座など、視野が広がる多彩な講座を受講することができます。
・選べる「放課後の過ごし方」
1日の授業を終えた後は、部活動、課外活動、郊外で習い事をするも良し、残って勉強するも良し。自由な時間を過ごすことができます。
・東京・京都キャンパスツアーを実施
1・2年生を対象に、3月下旬に2泊3日で有名国公立大学、私立大学を見学します。実際に自分の目で大学のキャンパスを見ることが、受験へのモチベーションアップにつながります。

<学科・コース>
【普通科Ⅰ類特別選抜】
超難関大学への進学を目標とした少数精鋭クラスです。
1年次には、全員が今日つカリキュラムを履修するとともに、課題探求型の活動を通して自ら考える力を身につけます。2年次からは「理系」と「文系」の類型に分かれ、より深い思考力を養う授業を通して高度な応用力を身につけます。さらに、3年次には、超難関大学受験に向けて応用力・実戦力を高めます。

■ハイレベルの授業展開 少数精鋭クラス
超難関大学の進学を目指す生徒が集まったクラス。細やかな学習と生活面のサポートで、高い目標へ着実に近づきます。
■質の高いハイスピードな授業
スピーディな授業展開で2年次までに高校3年間分の内容を概ね終了。3年次は大学入試対策に力を注ぐことで万全の体制で受験に臨めます。
■答案作成を徹底指導「数学クリニック」
数学科全教員で答案を添削する「数学クリニック」を1年次から受けます。答案の細部までを厳しくチェックされるので、答案作成の能力が身につきます。
■超難関大学への進学を目標とした入試対策
国公立は東京大学、京都大学、九州大学、私立は慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学といった難関大への合格を見据えた、より効果的な学習に取り組みます。
■課外活動への積極的な取り組み
地元九州大学を始めとする様々な大学や官公庁、財団法人等の主催する課外活動に参加。知的好奇心を揺さぶられる体験ができます。

【普通科Ⅰ類】
難関国公立、有名私立大学への現役合格を志す少人数制クラスです。
1年次には、ハイスピード・ハイレベルな授業で、全員が共通のカリキュラムで基礎学力を習得します。2年次からは「理系」と「文系」の類型に分かれ、質の高い授業で理解を深めながら応用力・思考力を身につけます。さらに、3年次には、基礎力を完成させ、大学受験に向け応用力と実戦力を高めます。

■少人数クラスでハイレベルな授業
1クラス30名程度の少人数クラスです。生徒と教員、生徒同士の距離が近いので、コミュニケーションを密にとりながら学習できます。
■授業第一主義
平日7時間の授業に加え朝補習を実施し、3年生の早期に国・数・英の学習内容を概ね終了します。演習量を増やし、受験に備えます。
■現役合格へ導く入試対策
九州大学をはじめとする旧帝大などの難関国公立大学、関東、関西の有名私立大学を目標に、綿密な対策を立てた学習で合格をめざします。
■みんなで「学習定着」
学習習慣を身につけるため、放課後に「学習定着の時間」を設けています。1週間のうち2日はクラス全員で学習。この1時間によって集中力が高まります。
■部活動にも積極参加
部活動に入っている生徒も多くいます。学習と両立するために時間の使い方を工夫し、その経験が受験でも役立ちます。

【普通科Ⅱ類特別選抜】
勉強と部活動を両立し、国公立大学への現役合格を目指すコースです。
1年次には、予習・復習の徹底で学習習慣を確立し、全員共通カリキュラムで基礎学力を定着させます。2年次からは「理系」と「文系」の類型に分かれ、質の高い授業で理解を深めながら応用力・思考力を身につけます。なお、2年次にⅢ類を選択することも可能です。さらに、3年次には、大学受験に照準を合わせ、受験に必要な知識、応用力を身につけます。

■早朝+6時間のハイレベルな学習内容
Ⅰ類と同じ教材で、国公立大学への現役合格を叶えられるようなハイレベルな授業が行われます。
■発見する楽しさを知る総合学習「Jプラス」
自由に選択できる多彩な体験型講座が「Jプラス」。バラエティに富んだ講座を通じて、自己発見・自己理解・自己実現が進みます。
■徹底対策で目指す国公立大有名私立大
九州大学、熊本大学、福岡教育大学などの国公立大学や有名私立大学への現役合格を実現するため、綿密な対策のもとで勉強に取り組みます。
■「キャッチアップ講座」
授業で学習した基礎内容のふり返りを確実にするため、放課後に「キャッチアップ講座」を開講。着実な復習で学力アップを図ります。
■自由度の高い放課後
部活動や、課外活動、帰宅後の自宅学習など目的に合った過ごし方を選択でき、充実した生活を送れます。

【普通科Ⅱ類】
勉強と部活動を両立しながら希望の進路を目指すコースです。放課後を自由に活用できるので、部活動や学校行事に思う存分取り組めます。
1年次では、全員が共通カリキュラムを履修し、学習習慣を身につけながら将来の目標を模索します。2年次からは、部活動、志望する進路に合わせて「Ⅱ類理系」「Ⅱ類文系」「Ⅲ類」の類型に分かれて学習します。3年次には、大学進学、就職、資格取得など、目標に向けて専念します。

■基礎学力をしっかり身につけながら未来の自分を描く
授業や朝補習を通して基礎学力をじっくり身につけます。ゆっくり自分と向き合う時間を取ることもできます。
■「Jプラス」
Ⅱ類特別選抜同様、授業に総合学習「Jプラス」が組み込まれています。様々な経験をすることで、自己の可能性が広がります。
■一人ひとりの目標に寄り添った進路対策
大学や専門学校への進学、就職、資格取得など、それぞれの進路を形にする取り組みが実施され、安心して3年間が過ごせます。
■部活動に専念できるⅢ類
全国大会出場経歴を持つ、吹奏楽、野球、柔道、剣道、ラグビー部に所属する生徒が集まるⅢ類に入れば、部活動により力を注げます。
■部活動に課外活動、自由に活かせる放課後
放課後は、部活動や課外活動など、好きな時間を過ごせます。

【電気科・電子情報科 スペシャリストコース】
国公立大学への進学や、優良企業への就職を目標とし、より高度な知識と技能を学ぶコースです。
1年次には、大学進学に対応する学力と専門知識の早期習得を目指し、2年次には、大学進学を実現させる学力と専門教科の知識技術を深めます。3年次では、高度な専門知識と学力を身につけて進学・就職、それぞれの目標に合わせたコースに分かれて対策を行います。

■1年次から国家資格に挑戦
1年次前期に、他のクラスに先駆けて第二種電気工事士に挑戦し、筆記・実技ともにスペシャリストコース全員合格を目指します。1年次後期には電子情報科ではITパスポート取得を目指します。2年次以降は工事担任者・危険物取扱者・特殊無線技士など様々な資格を各自にあった計画のもと取得していきます。
■5教科の強化と専門教科の充実
平日の朝補習や、長期休み中の補習、さらに2年次からの週4日間の7時間授業を活用し、徹底した学力向上を図ります。1~2年次には5教科の基礎学力を固めて工業の専門教科の学習や資格取得の土台とします。学年が進むに従って、専門教科が授業に占める割合が増えます。多くの実習や実験を通じて、専門性と実践力を高めていきます。
■アプリ開発
アプリ開発に興味のある人たちが集まってアイデアを出し合っています。
■国公立大学への進学と優良企業への就職
スペシャリストコースは国公立大学進学や優良企業への就職を目指します。工業系の大学には工業に関する学科の生徒を対象にした推薦入試制度があります。様々な形態の就職試験にもきめ細やかに対応します。

【電気科】
社会で役立つ実践的な能力を身につけるため、電気の基礎理論、応用分野、コンピュータに関することまで幅広く学習する学科です。
1年次には、電気や情報技術と、普通科目の基礎をしっかりと学び 専門分野の学習に備え、2年次では、電力や機器の取り扱いなど、専門分野を深めます。そして、3年次には、電気技術の応用分野を学習し、資格と実践力を身につけてそれぞれの目標に合わせた対策を行っていきます。

■実習を通して自ら考える力を養う
実習を通して実践的かつ専門的に学習します。クラスを少人数のグループに分け、きめ細やかな指導を行います。3年次にはテーマを決めて「課題研究」を行い、自分で考える力を育てます。
■知識と自信をつける資格取得
電気科では、在学中に全員が第二種電気工事士の資格を取得することを目指しています。筆記・技能試験に向けた受験対策を徹底指導し、結果、毎年95%以上の生徒が合格しています。また、多くの国家資格取得や、情報技術、日本語ワープロ等の検定合格を目指します。その他、各種講習会を受講し、準国家資格を取得します。
■専門の学びをいかし毎年100%の就職内定率
卒業生の約6割は、さらに知識・技術を深めるため大学・短大・専門学校へ進学、約4割は製造・運輸・設備・情報関連企業など多方面に就職しています。就職を希望する生徒には就職試験に向けてさまざまなサポートを行い、就職内定率は毎年100%を誇っています。
■インターンシップ
早い段階で職業観を育てるために、2年次に就業体験を行っています。

【電子情報科】
電子情報科では、コンピュータのソフトとハードの基礎を学び、2年次からは2つのコースに分かれてより専門的な学びと幅広い応用技術を習得します。
1年次には、コンピュータのソフトとハード、普通科目の基礎をしっかりと学美ます。2年次からは「電子技術コース」または「電子情報コース」に分かれ、専門分野を深めます。さらに、3年次には、資格取得や実践力の養成を通して、それぞれの目標に合わせた対策を行っていきます。

「電子技術コース」
電子工学を基礎としてIC、LSIなどの電子回路技術を学習します。また、メカトロニクス技術を応用して各センサ技術やロボット制御を学習、実際のロボットに触れながら、ものづくりの楽しさを体験します。
■専門的な学びでエンジニアを目指す
専門教科で学習した内容を、実験・実習を通じて実践します。
・電子実習
マルチバイブレータ回路の製作・増幅回路・論理回路・センサ回路・インタフェース回路・マイクロコンピュータを使用した制御技術など
・制御実習
ロボットのプログラム制御・3D加工機械による作品製作など
■資格取得とものづくり
国家資格として工事担任者、特殊無線技士をはじめ、情報系検定の取得を目指して、取り組んでいます。

「電子情報コース」
コンピュータを中心にした幅広い分野での学習をします。ハード面ではトランジスタや集積回路といったデジタル回路の技術を学び、ソフト面ではプログラムとしてC言語をはじめネットワーク技術を学習します。
■将来に活かせるコンピュータの知識
情報実習では即戦力となる技術を習得することに重点をおき、各種デジタル回路の製作やコンピュータのプログラム演習を行っています。
■情報技術活用能力を磨く
国家資格のITパスポート試験、基本情報技術者をはじめ、IT情報系資格の取得に取り組んでいます。

<学校行事>
毎年6月に行われる城東高校の文化祭である「城東祭」は2日間にわたって行われ、各クラスの展示、ステージ発表、模擬店、部活動の発表など、城東生が主体となって取り組みます。2日目は一般公開され、地域の方との交流の場にもなります。また、毎年9月には、城東体育祭が行われ、4つの部六に分かれて競い合います。陸上競技に加え、バックパネルや応援合戦など、各ブロックの個性が光るアイデアが形になり、体育祭を盛り上げます。
他にも、新入生宿泊研修やクラスマッチ、合唱コンクール、研修旅行、海外研修など、様々な学校行事が行われています。

学科

・普通科 ・電気科 ・電気情報科

偏差値

■普通科
・Ⅰ類特別選抜:62
・Ⅰ類:56
・Ⅱ類特別選抜:50
・Ⅱ類:41
■電気科:40
・電気/スペシャリストコース:41
■電子情報科:40
■電気/電子情報科 スペシャリストコース:46

所在地

〒811-0214 福岡県福岡市東区和白東3丁目30−1

【アクセス】
■鉄道
・JR「福工大前駅」から徒歩3分
■バス
・西鉄バス「福工大前」バス停から徒歩5分

福岡工業大学附属城東高校の主な大学進学実績

<国公立大学>

  • 九州大学
  • 九州工業大学
  • 福岡教育大学
  • 佐賀大学
  • 長崎大学
  • 熊本大学
  • 大分大学
  • 宮崎大学
  • 鹿児島大学
  • 山口大学
  • 北九州私立大学
  • 福岡県立大学
  • 福岡女子大学
  • 下関市立大学
  • 防衛大学校

<私立大学>

  • 慶応義塾大学
  • 早稲田大学
  • 東京理科大学
  • 明治大学
  • 青山学院大学
  • 中央大学
  • 法政大学
  • 同志社大学
  • 立命館大学
  • 関西大学
  • 関西学院大学
  • 東海大学
  • 福岡工業大学
  • 西南学院大学
  • 福岡大学
  • 中村学園大学
  • 久留米大学
  • 九州産業大学
  • 九州共立大学
  • 九州国際大学
  • 九州女子大学
  • 筑紫女学園大学
  • 西南女学院大学
  • 福岡女学院大学
  • 純真学園大学

福岡工業大学附属城東高校を受験するあなた、合格を目指すなら今すぐ行動です!

福岡工業大学附属城東高校と偏差値が近い公立高校

福岡工業大学附属城東高校と偏差値が近い私立・国立高校

じゅけラボ予備校高校受験対策講座の特徴