どんな偏差値からでも志望校へ合格できる
令和2年度(2020年度)
福岡県の高校受験対策

高校受験対策の準備は、まず受験する都道府県や高校の入試情報、入試傾向と受験対策を知ることからスタートです。ここでは、福岡県の高校を受験する中学生のために、福岡県の入試情報、入試傾向と受験対策を紹介しています。

あなたが受験する福岡県の高校合格に向けて
個別カリキュラムを作成します。

じゅけラボ予備校では、高校別の受験対策カリキュラムを提供しています。あなたの高校の受験対策をチェックしてみてください。

>>不登校のお子さまで高校受験をお考えの方はこちら

公立高校

※偏差値順(

もっと見る

私立・国立高校

※偏差値順(

もっと見る

令和2年度(2020年度)福岡県の公立高校・私立高校の偏差値

福岡県の公立高校・私立高校の偏差値は下記ページよりご確認いただけます。志望校選びの参考にして下さい。
>>福岡県の高校偏差値表

じゅけラボ予備校の公立高校受験対策についてはコチラ

令和2年度(2020年度)福岡県の公立高校の入試情報

入試情報

令和2年度(2020年度)入試日程

【一般選抜】

入学志願申請受付:令和2年2月4日(火)~2月27日(木)正午

入学願書受付:令和2年2月13日(木)~2月20日(木)正午
(学区外からの志願者については2月27日(木)正午)

志願先変更受付:令和2年2月21日(金)~2月27日(木)正午

学力検査:令和2年3月10日(火)

個性重視の特別試験:令和2年3月10日(火)学力検査終了後、もしくは3月11日(水)

合格者発表:令和2年3月18日(水)午前9時

 

【推薦入学者選抜】

入学志願申請受付:令和2年1月29日(水)~2月4日(火)正午

面接・作文・実技試験:令和2年2月6日(木)・2月7日(金)

合格内定通知:令和2年2月13日(木)午前9時

合格者発表:令和2年3月18日(水)午前9時

令和2年度(2020年度)の福岡県の内申点計算方法と高校入試への加点について

内申点の計算方法

3年生の5段階の評定の合計点とする。

9×5の45点満点。

福岡県の内申点は絶対評価

福岡県の公立中学の内申は絶対評価で評定されます。現在ではすべての都道府県で、相対評価(集団に準拠した評価)が廃止されて、絶対評価(目標に準拠した評価)が取り入れられました。

志望校に合格するには内申点と偏差値が必要

志望校合格の判定は、高校入試当日の学力試験の点数と内申点の合計点で決まります。内申点が志望校に足りない場合は、その分当日の学力試験で点数を取る必要がありますので偏差値を目安に得点率を上げる必要があります。

まず、志望校が決まった中学生は、福岡県の公立高校入試で定められた求め方で計算して、自分自身の内申点を確認してみましょう。実際の調査書(内申点)では、中学生活での取り組みや検定・資格の加点も考慮されます。内申点の加点のために無理をする必要はありませんが、自分ができる範囲で加点になるようなことがあれば積極的に取り組みましょう。偏差値が高い高校ほど内申点の加点割合が少ない傾向もあるようです。

また、今中学1、2年であっても、内申点を計算しておくことで、志望校に合格するために必要な今後の成績の目安となります。中学生なら試しに計算してみてください。1年や2年で内申点を出す場合には、1~3学期の平均を使います。1年の平均の内申、2年の平均の内申というかたちで計算しましょう。

福岡県で自分自身の志望する高校の内申点や加点方法、内申点の取り扱いを理解した上で志望校選び、受験戦略を立てて高校入試にのぞみましょう。

ここでは、福岡県公立高校の入試傾向と対策を教科別に紹介します。

福岡県公立高校の教科別の入試傾向と受験対策

ここでは、福岡県公立高校の入試傾向と対策を教科別に紹介します。

英語

毎年大問5問構成。大問はリスニング・読解・会話文・長文総合・英作文の構成。

設問の数は30程度で左程多くない様に感じるが記述での回答が多いので時間がかなり余裕が出るテストだとは言えない。普段から英文で解答する問題を多く練習しておく。

また、リスニングの配点が多いのでしっかりとした対策を行うべき。

英作文も30語以上のものもあるので、普段から練習していないと得点できないので普段から長めの文章を英文で書く訓練もしておいてください。

 

 

数学

大問6題構成で設問の数は20問前後。問題数が多くはないが、難易度の高い問題も多くあるので素早く正確に問題をこなしていくトレーニングが必要。

大問1の独立小問の問題は全体の配点の3分の1をしめる。福岡県の公立高校の数学は難問も多いので小問をいかに素早く丁寧に回答するかが重要。

新傾向の問題も年々増えているが、全体的に同じジャンルの問題が毎年出題されているので過去問をしっかりと回答し慣れておくことも重要。

国語

2018年度から試験時間が例年から5分長くなり大問も1つ増え、4題構成から5題構成になった。2017年度までの論理的文章・古文・小説・作文に加えて漢字や知識の大問が一つ増えた。

現代文、古典共に難易度の高い問題ではないが、古典の記述式の問題に慣れていない生徒が多いので若干古典の問題の方が難しいと感じる生徒は多いかもしれない。ただ、どちらの問題も問題慣れしていない生徒は時間がかかってしまい、毎年違う切り口で出題される作文問題に時間を割く事が出来ないので、読解のスピードを上げる練習をしておいた方がいい。

理科

大問が8つで物理、化学、生物、地学のそれぞれの分野から2つずつ出題される。配点も15点ずつと得点も問題もまんべんなく出題される形なので、どの分野もまんべんなく学習しなければならない。

突拍子もない問題は少なく、一般的な出題の問題が多いので対策は難しくない。問題の難易度も高いわけではない。

ただし、問題数が少なくはないので、正確かつスピ―ティーに解答する力を付けることも重要。また様々なテーマから出題されるので苦手な範囲があると致命的な失点につながる可能性もある。

 

社会

大問6問構成で地理が2問歴史が2問公民が2問。設問の数でいうと約30問程度であるが、年々記述式の問題が増えているので問題を短時間で正確に解く力をつけなければならない。

どの分野も図形や写真、グラフ、地図などを使った問題が毎年出題されているので、その手の問題の対策は必ず必要。苦手な人は早い段階で対策してください。

全体的に高難易度の問題が多いわけではないが、基礎や標準的な知識があやふやだと誤答をまねいてしまう問題が多いので苦手なテーマがない様にまんべんなく学習してください。

今のあなたの学力から福岡県の志望校合格までの勉強をサポート
じゅけラボ予備校のオーダーメイドカリキュラム

じゅけラボ予備校では、福岡県の公立高校合格を目指す中学生のあなたのためだけのオーダーメイドカリキュラムを作成します。ここでは、じゅけラボ予備校が公立高校受験対策で大切にしている3つのポイントを紹介します。

ポイント1:現在の学力レベルに合わせた勉強内容

高校受験に向けた勉強といっても、現在の自分の学力を把握していないと何から始めれば良いか分かりませんよね。
また、現状の自分の学力レベルを把握できていないために、自分の学力レベルより高いレベルから勉強をスタートしたり、すでに身に付いている内容の勉強に時間をかけたりする場合も多くあります。
現在の自分の学力を知り、抜けや漏れがある場合には戻って学習することにより、学校の定期テストの成績向上にも役立ちます。

じゅけラボ予備校の高校受験対策講座では、あなたの現在の学力レベルに合わせた内容でオーダーメイドのカリキュラムを作成します。

ポイント2:正しい勉強法

高校受験対策の勉強では時間が命です。限られた時間を志望大学合格のために有効に利用するため、勉強した内容を効果的に身に付けるためには、正しい勉強法で勉強を進めることが重要です。

じゅけラボ予備校の高校受験対策講座では、勉強内容ごとに正しい勉強法を紹介して、あなたの受験対策をより効果的に、効率的に行えるようサポートしています。

ポイント3:福岡県の公立高校に合格するために必要な勉強

公立高校受験では、都道府県ごとに入試制度や入試傾向は異なります。まずは、あなたが受験する福岡県の入試情報を調査して、入試問題はどんな傾向があり、どんな対策が必要なのかを把握することが必要です。

じゅけラボ予備校では、福岡県の公立高校入試で必要な勉強内容、計画でカリキュラムを作成します。

福岡県の公立高校を受験する中学生のあなた。
いち早く高校受験対策をはじめて、他の生徒に差をつけるチャンスです。
福岡県の公立高校合格を目指すならじゅけラボ予備校の高校受験対策講座にお任せください!

じゅけラボ予備校の公立高校受験対策講座についてはコチラ

大手塾を超える高品質カリキュラムが業界最安値

  • 入会金無料

    入会金無料

  • 追加料金なし

    追加料金なし

  • 全科目対策で一律料金

    全科目対策で
    一律料金