どんな学力からでも
志望校へ合格できる
岩手県の高校受験対策

高校受験対策の準備は、まず受験する都道府県や高校の入試情報、入試傾向と受験対策を知ることからスタートです。ここでは、岩手県の高校を受験する中学生のために、岩手県の入試情報、入試傾向と受験対策を紹介しています。

あなたが受験する岩手県の高校合格に向けて
個別カリキュラムを作成します。

じゅけラボ予備校では、高校別の受験対策カリキュラムを提供しています。あなたの高校の受験対策をチェックしてみてください。

公立高校

※偏差値順(

  • 盛岡第一高校
  • 盛岡第三高校
  • 花巻北高校
  • 盛岡第四高校
  • 一関第一高校
  • 水沢高校
  • 盛岡北高校
  • 盛岡市立高校
  • 釜石高校
  • 黒沢尻北高校
  • 不来方高校
  • 宮古高校
  • 大船渡高校
  • 盛岡第二高校
  • 福岡高校
  • 花巻南高校
  • 盛岡南高校
  • 高田高校
  • 盛岡商業高校
  • 久慈高校
  • 一関第二高校
  • 遠野高校
  • 花北青雲高校
  • 宮古商業高校
  • 金ケ崎高校
  • 水沢商業高校
  • 盛岡工業高校
  • 千厩高校
  • 北上翔南高校
  • 岩谷堂高校
  • 久慈東高校
  • 黒沢尻工業高校
  • 大東高校
  • 岩泉高校
  • 大槌高校
  • 一関工業高校
  • 花泉高校
  • 山田高校
  • 紫波総合高校
  • 雫石高校
  • 種市高校
  • 西和賀高校
  • 大船渡東高校
  • 福岡工業高校
  • 一戸高校
  • 遠野緑峰高校
  • 釜石商工高校
  • 久慈工業高校
  • 沼宮内高校
  • 水沢工業高校
  • 盛岡農業高校
  • 前沢高校
  • 宮古北高校
  • 平舘高校
  • 伊保内高校
  • 花巻農業高校
  • 宮古工業高校
  • 軽米高校
  • 住田高校
  • 大迫高校
  • 大野高校
  • 葛巻高校
  • 宮古水産高校
  • 水沢農業高校

もっと見る

私立・国立高校

※偏差値順(

  • 盛岡中央高校
  • 一関工業高等専門学校
  • 岩手高校
  • 盛岡白百合学園高校
  • 盛岡大学附属高校
  • 岩手女子高校
  • 一関学院高校
  • 花巻東高校
  • 一関修紅高校
  • 専修大学北上高校
  • 水沢第一高校
  • 盛岡誠桜高校
  • 盛岡スコーレ高校
  • 江南義塾盛岡高校

もっと見る

岩手県の公立高校・私立高校の偏差値

岩手県の公立高校・私立高校の偏差値は下記ページよりご確認いただけます。志望校選びの参考にして下さい。
>>岩手県の高校偏差値表

じゅけラボ予備校の公立高校受験対策講座についてはコチラ

岩手県の公立高校の入試情報

入試情報

入試日程

【推薦入学者選抜】

・学力検査:平成31年1月25日(金)

【一般入学者選抜】

学力検査:平成31年3月6日(水)

合格発表:平成3月14日(木)

学力検査配点:5科目100点満点で合計500点満点

【内申点計算方法】

中学1年生の主要五科目の内申を2倍、副科目4科目の内申を3倍。2年生の主要五科目の内申を4倍、副科目4科目の内申を6倍。3年生の第3学年の主要五科目の内申を6倍、副科目4科目の内申を9倍する。その合計した内申を2/3した得点を内申点とする。

(5×5×2+4×5×3+5×5×4+4×5×6+5×5×6+4×5×9)×2/3の440点満点。

岩手県公立高校の教科別の入試傾向と受験対策

ここでは、岩手県公立高校の入試傾向と対策を教科別に紹介します。

岩手県の公立高校入試では、基本問題で確実に得点することが大切須です。まずは基本的な知識を幅広く身につけ、そのうえで、演習問題に取り組みながら実戦力・応用力を高めていきましょう。
特に上位校に合格するためには8~9割の得点が必要となるため、基本問題の得点が必須です。

英語

 岩手県の公立高校入試の英語は、リスニング4題、問答応答完成、会話文、長文総合2題、英作文2題の大問10題、小問30問程度の構成です。記述問題が多く、完文解答の英作文も見られます。
リスニングは、応答文を選ぶ問題、対話文を聞いて質問に対する答えを選ぶ問題と記述する問題、絵を見て答える問題が出されています。特に、絵を見て答える問題は、場面の状況を理解して英文を書くので、普段から自分の伝えたいことを英文で書けるようにしておきましょう。
読解は、適語選択の形式で問答応答文の一部を完成させるものです。基本的な語彙や文法、連語をしっかりと復習しておきましょう。
会話文と長文総合は、内容把握はもちろんですが、文法知識で解けるものもあります。
英作文は、毎年整序作文と条件作文が出題されていまする。整序作文は、毎年対話文形式で、会話のパターンとともに文法事項を押さえていれば解ける内容です。条件作文は、メールやアンケートといった書面の一部を完成させるものも見られます。質問に答えるだけではなく、自分の考えや意見を取り入れて書かせるものが多いため、自分の考えとその理由を英文で書けるように練習しておきましょう。

数学

 岩手県の公立高校入試の数学は、大問13題、小問25問程度で構成され、試験時間50分に設定されています。難問は多くありませんが問題数が多く、記述問題も多いため、時間配分がとても重要です。
大問1は、基本的な計算問題が5問出題され、1問4点、計20点の配点です。ミスの無いよう全問正解を目指したいところです。
大問2~12までは、各単元から様々な問題が出題されています。単に解答を出すだけではなく、考えたことを文章で表現する問題や、書き出し、計算過程の説明、図形の証明問題など、記述問題が多く含まれるので、十分に記述練習をしておきましょう。さらにグラフ作成や作図の問題も含まれるので、類題を多くこなしておきましょう。
大問13は、規則性や条件の理解をテーマとした思考問題が出題されています。毎年テーマは異なりますが、与えられる条件が複雑なため、問題文をじっくりと読んで内容を理解することに力を入れましょう。

国語

 岩手県の公立高校入試の国語は、大問6題で構成され、幅広い分野が出題されています。文章量は標準的ですが、設問の難度はやや高めです。記述が多いのに加え、どの問いも本文を読み込まなければ解けないようなつくりになっています。作文は古文や論理的文章の中で出題され、韻文の出題も特徴です。
大問1の小説は、場面や登場人物の把握の難しいものが多い傾向にあります。記述は設問の指示をしっかりと把握してから書き始めましょう。随筆が出題される年もあります。
大問2の論理的文章は、高校入試で頻出の出典が多くみられます。段落同士の関係を問う問題や、資料や作文をからめた出題もあるので、教科書レベルの文章を深く読解できるように練習しておきましょう。
大問3の韻文は、適切な鑑賞文を選ぶ問題や、鑑賞文中の空所をうめる問題が中心になっています。鑑賞文をもとにして着眼点を見つけることに慣れておきましょう。ジャンルは短歌・俳句が多いですが、詩が出題されることもあります。
大問4は、話し合いのほかに、手紙や電話やスピーチなど、日常的に用いられる実用的な会話や発表文が選ばれています。すばやく概要をつかんで書くことが求められます。
大問5の古文は、ていねいな訳注がつけられているので、現代語と同じ感覚で読むことができます。漢文をからめた出題も見られますが、比較的取り組みやすい内容です。
大問6の漢字は、読みの難度がやや高く、パズル形式の問題Ga毎年出題されています。

理科

 岩手県の公立高校入試の理科は、大問7題で、小問集合1題、物理・化学・生物・地学分野から1題ずつ、複合問題2題で構成されています。作図や短文記述の出題が多いため、時間配分にはくれぐれも気を付けましょう。
大問1の小問集合は、基本的な内容を幅広く問われ、すべて選択式で出題されています。確実に得点できるよう基礎固めを徹底しましょう。
大問2~5は、4分野から1題ずつ、大問6・7は複合問題で出題されています。基本的な内容について問われ、計算問題は少なく、作図や短文記述の問題が多い傾向にあります。近年、解答が複数存在する作図や短文記述の問題も見られるため、自分の考えたことを表現する練習をしておきましょう。思考を必要とする問題で得点の差がつきやすいため、上位校を受験数生徒は確実に得点しておきたいところです。岩手県の公立高校入試の理科は、大問7題で、小問集合1題、物理・化学・生物・地学分野から1題ずつ、複合問題2題で構成されています。作図や短文記述の出題が多いため、時間配分にはくれぐれも気を付けましょう。
大問1の小問集合は、基本的な内容を幅広く問われ、すべて選択式で出題されています。確実に得点できるよう基礎固めを徹底しましょう。
大問2~5は、4分野から1題ずつ、大問6・7は複合問題で出題されています。基本的な内容について問われ、計算問題は少なく、作図や短文記述の問題が多い傾向にあります。近年、解答が複数存在する作図や短文記述の問題も見られるため、自分の考えたことを表現する練習をしておきましょう。思考を必要とする問題で得点の差がつきやすいため、上位校を受験数生徒は確実に得点しておきたいところです。

社会

 岩手県の公立高校入試の社会は、小問33程度で構成されており、試験時間は50分に設定されています。問題数に対する試験時間は十分ですが、論述問題が7題程度あるので時間配分には気を付けましょう。
地理では、さまざまな地図の図法や時差計算などについての大問が1題出題されています。また、世界地理・日本地理について大問1題ずつで出題されることが多いです。地域を区切った出題がメインなので地域ごとに重要事項を整理しておきましょう。
歴史では、古代~近世の内容と近・現代の内容に分けてそれぞれ大問1題ずつで出題されています。写真が多く使われているので、日頃から資料集を使った学習が欠かせません。時代の整理には、自分で年表を作成して重要事項を確認することも効果的です。
公民では、大問2題にわたって政治・経済・国際の各分野が問われることが多いようです。特に経済に重点が置かれているので、苦手な受験生はしっかりと対策をしておきましょう。
論述問題には配点が高めなので、重要語句について覚えるだけでなく、知識を自分の言葉で表現できるように練習しておきましょう。

今のあなたの学力から岩手県の志望校合格までの勉強をサポート
じゅけラボ予備校のオーダーメイドカリキュラム

じゅけラボ予備校では、岩手県の公立高校合格を目指す中学生のあなたのためだけのオーダーメイドカリキュラムを作成します。ここでは、じゅけラボ予備校が公立高校受験対策で大切にしている3つのポイントを紹介します。

ポイント1:現在の学力レベルに合わせた勉強内容

高校受験に向けた勉強といっても、現在の自分の学力を把握していないと何から始めれば良いか分かりませんよね。
また、現状の自分の学力レベルを把握できていないために、自分の学力レベルより高いレベルから勉強をスタートしたり、すでに身に付いている内容の勉強に時間をかけたりする場合も多くあります。
現在の自分の学力を知り、抜けや漏れがある場合には戻って学習することにより、学校の定期テストの成績向上にも役立ちます。

じゅけラボ予備校の高校受験対策講座では、あなたの現在の学力レベルに合わせた内容でオーダーメイドのカリキュラムを作成します。

ポイント2:正しい勉強法

高校受験対策の勉強では時間が命です。限られた時間を志望大学合格のために有効に利用するため、勉強した内容を効果的に身に付けるためには、正しい勉強法で勉強を進めることが重要です。

じゅけラボ予備校の高校受験対策講座では、勉強内容ごとに正しい勉強法を紹介して、あなたの受験勉強をより効果的に、効率的に行えるようサポートしています。

ポイント3:岩手県の公立高校に合格するために必要な勉強

公立高校受験では、都道府県ごとに入試制度や入試傾向は異なります。まずは、あなたが受験する岩手県の入試情報を調査して、入試問題はどんな傾向があり、どんな対策が必要なのかを把握することが必要です。

じゅけラボ予備校では、岩手県の公立高校入試で必要な勉強内容、計画でカリキュラムを作成します。

岩手県の公立高校を受験する中学生のあなた。
いち早く高校受験対策をはじめて、他の生徒に差をつけるチャンスです。
岩手県の公立高校合格を目指すならじゅけラボ予備校の高校受験対策講座にお任せください!

じゅけラボ予備校の公立高校受験対策講座についてはコチラ