どんな偏差値からでも志望校へ合格できる
令和2年度(2020年度)
徳島県の高校受験対策

徳島県の高校受験対策の準備は、まず徳島県の高校入試情報、入試傾向と受験対策を知ることからスタートです。ここでは、徳島県の高校を受験する中学生のために、徳島県の入試情報、入試傾向と受験対策を紹介しています。

あなたが受験する徳島県の高校合格に向けて
個別カリキュラムを作成します。

じゅけラボ予備校では、高校別の受験対策カリキュラムを提供しています。あなたの志望高校の受験対策をチェックしてみてください。

>>不登校のお子さまで高校受験をお考えの方はこちら

公立高校

※偏差値順(

もっと見る

私立・国立高校

※偏差値順(

もっと見る

令和2年度(2020年度)徳島県の公立高校・私立高校の偏差値

徳島県の公立高校・私立高校の偏差値は下記ページよりご確認いただけます。志望校、併願校選びの参考にして下さい。
>>徳島県の高校偏差値表

じゅけラボ予備校の高校受験対策についてはコチラ

令和2年度(2020年度)徳島県の公立高校の入試情報

入試情報

令和2年度(2020年度)入試日程

【特色選抜】

願書出願期間:令和2年1月27日(月)、1月28日(火)

検査日:令和2年2月6日(木)

選抜結果通知:令和2年2月15日(土)

【一般選抜】

願書出願日:令和2年2月26日(水)、2月27日(木)

志願変更期間:令和2年3月3日(火)~ 3月5日(木)

検査日:(学力検査)令和2年3月10日(火) (面接等)3月11日(水)

追検査・追面接日:令和2年3月12日(木)

選抜結果通知:令和2年3月18日(水)

学力検査配点:

5科目各100点満点の合計500点満点

令和2年度(2020年度)の徳島県の内申点計算方法と高校入試への加点について

内申点の計算方法

中学1年生から3年生の9科目の内申が内申点に反映される。主要五科目の合計とその他の4科目の合計を2倍した得点の合計、195点満点が内申点の満点

徳島県の内申点は絶対評価

徳島県の公立中学の内申は絶対評価で評定されます。現在ではすべての都道府県で、相対評価(集団に準拠した評価)が廃止されて、絶対評価(目標に準拠した評価)が取り入れられました。

志望校に合格するには内申点と偏差値が必要

志望校合格の判定は、高校入試当日の学力試験の点数と内申点の合計点で決まります。内申点が志望校に足りない場合は、その分当日の学力試験で点数を取る必要がありますので偏差値を目安に得点率を上げる必要があります。

まず、志望校が決まった中学生は、徳島県の公立高校入試で定められた求め方で計算して、自分自身の内申点を確認してみましょう。実際の調査書(内申点)では、中学生活での取り組みや検定・資格の加点も考慮されます。内申点の加点のために無理をする必要はありませんが、自分ができる範囲で加点になるようなことがあれば積極的に取り組みましょう。偏差値が高い高校ほど内申点の加点割合が少ない傾向もあるようです。

また、今中学1、2年であっても、内申点を計算しておくことで、志望校に合格するために必要な今後の成績の目安となります。中学生なら試しに計算してみてください。1年や2年で内申点を出す場合には、1~3学期の平均を使います。1年の平均の内申、2年の平均の内申というかたちで計算しましょう。

徳島県で自分自身の志望する高校の内申点や加点方法、内申点の取り扱いを理解した上で志望校選び、受験戦略を立てて高校入試にのぞみましょう。

ここでは、徳島県公立高校の入試傾向と対策を教科別に紹介します。

徳島県公立高校の教科別の入試傾向と受験対策

ここでは、徳島県公立高校の入試傾向と対策を教科別に紹介します。

 広島県の公立高校入試では、まずは基本的な知識を幅広く身につけ、そのうえで、演習問題に取り組みながら実戦力・応用力を高めていきましょう。特に上位校に合格するためには8~9割の得点が必要となるため、基本問題の得点が必須です。

英語

 広島県の公立高校入試の英語は、リスニング、会話文、長文総合、整序作文と読解に関する出題で、小問30問程度で構成されています。英作文は独立した問題として出題される年度と、長文や会話文中に含まれる年度とがあります。
リスニングは短い対話を聞いて問いに答えるものと、文を聞いてそれに合う絵を選ぶ問題、または、絵に合う内容を選ぶ問題が出題されています。
会話文は比較的短めなものが出題されており、読解自体は難しくありませんが、条件作文や、適語補充など、文法的な力を試す設問も見られます。
長文問題は短めのものと長めのものが1題ずつ出題されています。英問英答、内容一致文選択、理由説明や具体的な内容を指摘させるような内容把握に関する設問が中心となっています。
また、例年、整序作文と読解に関する問題が独立した問題として出題されています。整序作文では不定詞、分詞、比較などについての出題が多く見られます。
英作文は、あまり長い文章を書かせるものは見当たらないので、基本的な文法力、語彙力、表現力を身に付けておきましょう。

数学

 広島県の公立高校入試の数学は、大問5題で構成され、試験時間45分に対して分量が多くなっています。また、複数の単元の内容を含む複合問題が出題されており、その難易度は高めです。
大問1は、小問集合で、確率や立体図形の基礎的な問題もよく出題されています。
大問2は、数の規則性や文字式の説明をテーマにした問題の出題がメインでしたが、2018年度は図形の性質の証明問題が出題されました。条件設定の文章が長く、しっかりと内容把握することが大切です。
大問3は関数で、グラフ上の図形に関する出題が多くなっています。もっとも、前半の数問は基本的な内容なので慌てずに確実に解答しましょう。
大問4は平面図形で、相似、三平方の定理、円の性質、線分比と面積比などの基本的な性質の利用に関する出題です。
大問5は、方程式と図形的要素を含む複合問題で、設問ごとに独立した形式が多くなっています。方程式の計算では、解く過程の記述も求められます。点差が開きやすい問題なので完全解答できなくてもあきらめず取り組みましょう。

国語

 広島県の公立高校入試の国語は、大問4題で構成され、作文も出題されています。文章量は少なめで、設問も比較的平易ですが、資料や話し合い部分が多く、一見難しく見えがちです。冷静に本文に立ち返って読解に集中しましょう。
大問1は、漢字の読み書きが4問ずつ出題されています。大問2の論理的文章は、抽象度が高めのものが選ばれています。資料は、深く読み込むのではなく、概要をつかんでさっと利用する感覚でよいでしょう。30字程度の記述問題が出題されますが、段落や使用語句を指定することで、確実に答えがしぼれるように配慮されています。
大問3の古文は、ていねいな注釈がつけられているので、現代文と同じ感覚で読むことができます。文学史について問われることが多いので、時代やジャンルなどを確認しておきましょう。
大問4の小説は、中高生などを主人公にした標準的なものです。設問は、主にあらすじの理解を確認するものとなっています。さらに、本文と資料をもとにした会話文を参考にした作文も含まれています。
作文は、資料から読み取った内容と自分の考えを、二段構成でまとめるものです。漢字を適切に使うようにとの指示があるので、既習漢字を積極的に使っていくことを習慣づけておきましょう。漢字の書きとり問題は比較的平易ですが、行書体の知識が問われます。
文法問題では、品詞の区別や活用形を問われることが多い傾向にあります。

理科

 広島県の公立高校入試の理科は、大問5題で構成され、物理・化学・生物・地学分野から均等に出題されています。語句の記述や作図などの割合が高く、短文記述が多いので対策が必要です。
大問1は小問集合で、4分野から1単元、2問ずつの出題で、基本的事項の確認が出題されています。基本であるがゆえ、確実に得点しておきたいところです。
大問2~5は、4分野から1題ずつの出題です。作図(グラフの作図を含む)問題は例年2問、短文記述は例年5問程度出題されています。短文記述については、自らの言葉で表現するような難易度の高いものは少なく、典型的なものが多いので、今までに出てきた問題を再確認しておきましょう。また、選択形式の問題では、複数答える問題もあります。知識が一部欠如していると正解にならないので、自分の弱点を洗い出し、より完全に近づけていきましょう。

社会

 広島県の公立高校入試の社会は、地理2題、歴史2題、公民1題、2~3分野にまたがる融合問題1題の大問6題、小問35程度の構成で、試験時間は45分です。
地理では、日本地理・世界地理と分けて2つの大問で出題されています。地域・地方を区切った出題より、日本全体・世界全体を通した出題の方が多くなっています。さまざまなタイプの地図を使った出題があり、日本地理では地形図についての読解を求められることもあります。
歴史では、古代~近世で1題、近・現代で1題と2つの大問で出題されています。時代のかたよりはなく、幅広い時代の出来事や人物などについて問われます。また、関連する世界史事項が問われることもあります。年表が使われていることが多いので、テーマに沿った年表を整理しておきましょう。
公民では、政治についての出題の比重が高くなっています。国際問題についても出題されることが多いので、環境問題や国際情勢などについては、日ごろから新聞・ニュース・インターネットなどで情報を見る習慣をつけておきましょう。
融合問題については、あるテーマが設定され、それに関する地理・歴史・公民の各分野に関する問題が出題されます。論述問題については、近年の入試では重視される傾向にあるので、十分な対策を立てておきましょう。

今のあなたの学力から徳島県の志望校合格までの勉強をサポート
じゅけラボ予備校のオーダーメイドカリキュラム

じゅけラボ予備校では、徳島県の公立高校・私立高校合格を目指す中学生のあなたのためだけのオーダーメイドカリキュラムを作成します。ここでは、じゅけラボ予備校が高校受験対策で大切にしている3つのポイントを紹介します。

ポイント1:現在の学力レベルに合わせた勉強内容

高校受験に向けた勉強といっても、現在の自分の学力を把握していないと何から始めれば良いか分かりませんよね。
また、現状の自分の学力レベルを把握できていないために、自分の学力レベルより高いレベルから勉強をスタートしたり、すでに身に付いている内容の勉強に時間をかけたりする場合も多くあります。
現在の自分の学力を知り、抜けや漏れがある場合には戻って学習することにより、学校の定期テストの成績向上にも役立ちます。

じゅけラボ予備校の高校受験対策講座では、あなたの現在の学力レベルに合わせた内容でオーダーメイドのカリキュラムを作成します。

ポイント2:正しい勉強法

高校受験対策の勉強では時間が命です。限られた時間を志望高校合格のために有効に利用するため、勉強した内容を効果的に身に付けるためには、正しい勉強法で勉強を進めることが重要です。

じゅけラボ予備校の高校受験対策講座では、勉強内容ごとに正しい勉強法を紹介して、あなたの受験対策をより効果的に、効率的に行えるようサポートしています。

ポイント3:徳島県の公立高校・私立高校に合格するために必要な勉強

公立高校受験では都道府県ごと、私立高校では高校ごとに入試制度や入試傾向は異なります。まずは、あなたが受験する徳島県の入試情報を調査して、入試問題はどんな傾向があり、どんな対策が必要なのかを把握することが必要です。

じゅけラボ予備校では、徳島県の公立高校、私立高校入試に必要な勉強内容、計画でカリキュラムを作成します。

徳島県の高校を受験する中学生のあなた。
いち早く高校受験対策をはじめて、他の生徒に差をつけるチャンスです。
徳島県の第一志望校を目指すならじゅけラボ予備校の高校受験対策講座にお任せください!

いつから受験勉強するのか?いつから本気になるのか?中1、中2、中3、高校入試直前、それぞれのタイミングからできる最適な勉強法をご提供します。

じゅけラボ予備校の高校受験対策講座についてはコチラ

徳島県の高校受験生からのよくある質問

徳島県公立高校の教科別入試傾向と対策は?

徳島県公立高校の入試傾向と対策を教科別に紹介します。
公立入試教科別入試傾向と対策はこちら

令和2年度(2020年度)の徳島県公立高校入試日程は?

徳島県高校入試日程と学力テストの情報を公開しています。
徳島県の高校入試情報はこちら

徳島県高校偏差値情報について教えてください

徳島県の公立高校・私立高校の偏差値をご確認いただけます。志望校、併願校選びの参考にして下さい。
徳島県高校偏差値情報はこちら

徳島県の内申点計算方法と高校入試への加点方法は?

令和2年度(2020年度)の徳島県の内申点計算方法と高校入試への加点について情報を公開しています。
徳島県内申点についてはこちら

じゅけラボの高校受験対策講座について教えてください。

あなたの現在の学力から志望高校に合格する為に必要な学習内容、勉強量、学習計画、勉強法、参考書、問題集を明確にしたオーダーメイドカリキュラムです。
高校受験対策講座の詳細はこちら

塾なしで高校受験は大丈夫ですか?

じゅけラボ予備校なら、どのレベルからも塾なしで高校受験志望校合格を目指す事ができます。
塾なしで第一志望の高校に合格する勉強法

大手塾を超える高品質カリキュラムが業界最安値

  • 入会金無料

    入会金無料

  • 追加料金なし

    追加料金なし

  • 全科目対策で一律料金

    全科目対策で
    一律料金