どんな学力からでも
志望校へ合格できる
山梨県の高校受験対策

高校受験対策の準備は、まず受験する都道府県や高校の入試情報、入試傾向と受験対策を知ることからスタートです。ここでは、山梨県の高校を受験する中学生のために、山梨県の入試情報、入試傾向と受験対策を紹介しています。

あなたが受験する山梨県の高校合格に向けて
個別カリキュラムを作成します。

じゅけラボ予備校では、高校別の受験対策カリキュラムを提供しています。あなたの高校の受験対策をチェックしてみてください。

公立高校

※偏差値順(

もっと見る

私立・国立高校

※偏差値順(

もっと見る

山梨県の公立高校・私立高校の偏差値

山梨県の公立高校・私立高校の偏差値は下記ページよりご確認いただけます。志望校選びの参考にして下さい。
>>山梨県の高校偏差値表

じゅけラボ予備校の公立高校受験対策講座についてはコチラ

山梨県の公立高校の入試情報

入試情報

入試日程

【前期募集】

願書出願期間:平成31年1月18日(金)~1月22日(火)

検査等実施日:平成31年1月31日(木)、2月1日(金)

内定通知交付日:平成31年2月8日(金)

【後期募集】

願書出願期間:平成31年2月19日(火)~2月21日(木)

志願先変更期間:平成31年2月22日(金)~2月26日(火)

学力検査実施日:平成31年3月5日(火)

合格発表:平成31年3月13日(水)

学力検査配点:

5科目各100点満点の合計500点満点

【内申点計算法】

中学1年生から3年生の9科目の内申が内申点に反映される。主要5科目は2倍、副科目を3倍してそれを合計する。

3学年×5科目×5段階×2+3学年×4科目×5段階×3=330点が内申点の満点。

山梨県公立高校の教科別の入試傾向と受験対策

ここでは、山梨県公立高校の入試傾向と対策を教科別に紹介します。

山梨県の公立高校入試では、まずは基本的な知識を幅広く身につけたうえで、演習問題に取り組みながら実戦力・応用力を高めていきましょう。特に上位校に合格するためには8~9割の得点が必要となるため、基本問題で確実に得点することが必須です。

英語

山梨県の公立高校入試の英語は、リスニング3題・会話文・長文総合の大問5問、小問38問程度の構成です。ここ最近は同じようなパターンなので比較的出題傾向がつかみやすいでしょう。
リスニングは、短めの対話文や英文を聞いて質問に対する答えを選択する問いが出されています。選択肢をあらかじめ読んで質問事項を想定し、質問文の疑問詞を聞き逃さないようにしましょう。また、英文の内容の要点をまとめたものの一部を補充する問題もあります。英文を聞きながら情報を頭のなかで整理してまとめる必要があり、総合力が求められます。
会話文や長文総合は、長文中の空所補充、文整序、要約文中の適語補充、和文英訳、内容一致文選択の問題が毎年出されています。内容を把握しているかが試されるので、長文読解の総合力を養っておく必要があります。また、長文を踏まえての作文も出されています。5文以上で書かせる完文記述の形式となっています。自分の意見や考えについて、あるいはあるテーマについて、自分の言葉で説明できるように練習しておきましょう。

数学

山梨県の公立高校入試の数学は、大問は6題、全問題数は30問程度と多め。時間は45分と短いので、要領よく解き進める必要があります。
大問1の計算、大問2の小問集合は、基本事項の確認が中心です。難問はありませんが、大問2は幅広い範囲からの出題なので、苦手単元はなくしておきましょう。大問1、2で配点の3割以上を占めるので、取りこぼしのないように確実に得点しましょう。
大問3、4は、関数や資料の活用、確率などの応用問題が出題されます。決して難問ではないが、問題文が長く条件の把握が重要になります。説明を求められる問題も含まるので、同種の問題を練習しておかないと戸惑う可能性もあります。
大問5は関数で、座標平面上で図形と関連した問題が多いですが、2018年は複合図形で線分の長さと面積の関係をとらえる問題で、作図もこの大問中に出題されています。
大問6は図形で、平面、立体問わず幅広く出題されます。相似、三平方の定理を利用した解法だけでなく、図形の性質全般を応用できるように復習しておきましょう。計算が複雑な場合もあるので、平方根や三平方の定理を利用した計算を、速く正確にできるようにトレーニングしておくことも大切です。
大問3以降は、複雑な条件の読み取り、記述・説明問題、複数の領域の複合問題といった、公立入試特有の問題形式で、日頃からの練習量で得点に大きな差がつくでしょう。

国語

山梨県の公立高校入試の国語は、国語の知識・話し合い・論理的文章・古文・小説または随筆の大問5題の構成です。文章量は標準的で、設問はやや易しいですが、会話の発言意図や本文の展開・構成などを問う選択肢の問題など、特徴的な出題には慣れておく必要があります。
国語の知識では、漢字の読み書きと漢詩の知識または行書の特徴が出題されています。漢字は標準的な難度ですが、読み仮名がやや難しくなっています。漢詩では、訓読文・現代語訳をもとに、書き下し文を書く設問が出題されました。話し合いは、スピーチやインタビューなど、さまざまな形式のものが出題されます。発言者と聞き手が、どのような関係なのかを意識して、読み進めるとよいでしょう。論理的文章では、説明文がよく出題される。構成についての設問は、選択肢の分量は多いものの、本文の抽象度が高くないので、テンポよく選べるものが多いです。
古文は、現代語訳がついているため、内容や理由に関する一歩踏み込んだ設問が出題されます。漢文が出題されることもあります。
小説・随筆は、文化に関するテーマがよく選ばれています。小説・随筆いずれの場合も、心情を答える設問や記述問題などは少なく、内容理解や表現把握を問う選択肢の問題が中心です。作文は、与えられたテーマについて、本文の内容を踏まえたうえで、具体的な経験をまじえながら自分の考えを書くものです。形式はシンプルだが、指定字数が多いので、書く練習を積んでおきましょう 。

理科

山梨県の公立高校入試の理科は、大問8題で、物理・化学・生物・地学分野から2つずつ、記号選択、語句記述、作図、計算、短文記述などさまざま形式の問題がバランス良く出題されています。近年、難易度は比較的高い傾向にありますが、基本的な問題も多く出題されているので、問題全体を見て、比較的取り組みやすい問題を選んで先に済ませ、難易度の高い問題にじっくり時間をかけられるような時間配分を意識しましょう。
大問は、ほとんどが単元別に出題されており、他の単元との融合問題は少ない傾向にあります。全体的に前年度に出題のなかった単元が翌年に出題されやすい傾向も見られるので、過去の出題内容の表を参考にして学習をすすめましょう。
作図や短文記述の問題が毎年何問か出題されていますが、基本的・標準的な問題がほとんどです。まずは教科書範囲の作図や短文記述は、確実に身につけておきましょう。

社会

山梨県の公立高校入試の社会は、小問数は2016年度から50前後となっており、増加傾向にあります。試験時間45分に対して多めの問題量となっているので、見直しの時間も含めるとあまり余裕はありません。時間配分には細心の注意を払いましょう。
地理では、大問1題の中で世界地理と日本地理の両方の内容が問われています。地図・グラフなどが多く使われており、日頃から地図帳や資料集を使った学習をしましょう。また、日本地理では地形図の読解についての問題が頻出です。
歴史では、日本史を中心とした内容が大問1題の中で問われていることが多いですが、日本史の内容に関連した世界史の事項についても問われることがあります。特定のテーマを設定した上での問題が多いので、資料集を上手く利用したり、自分でテーマ別の歴史年表を作るなどして理解を深めておきましょう。
公民では、政治・経済・国際の各分野についての内容が大問1題の中で問われています。グラフや模式図などの資料が多く使われているので、教科書に載っているグラフや模式図については確実に理解しておきましょう。
また、地理・歴史・公民の分野を融合した大問が出題されています。論述問題に加えて作図問題も出されている年度があり、他の小問よりは配点も高いので、確実に正解し、得点を積み重ねられるように学習を進めておきたいところです。

今のあなたの学力から山梨県の志望校合格までの勉強をサポート
じゅけラボ予備校のオーダーメイドカリキュラム

じゅけラボ予備校では、山梨県の公立高校合格を目指す中学生のあなたのためだけのオーダーメイドカリキュラムを作成します。ここでは、じゅけラボ予備校が公立高校受験対策で大切にしている3つのポイントを紹介します。

ポイント1:現在の学力レベルに合わせた勉強内容

高校受験に向けた勉強といっても、現在の自分の学力を把握していないと何から始めれば良いか分かりませんよね。
また、現状の自分の学力レベルを把握できていないために、自分の学力レベルより高いレベルから勉強をスタートしたり、すでに身に付いている内容の勉強に時間をかけたりする場合も多くあります。
現在の自分の学力を知り、抜けや漏れがある場合には戻って学習することにより、学校の定期テストの成績向上にも役立ちます。

じゅけラボ予備校の高校受験対策講座では、あなたの現在の学力レベルに合わせた内容でオーダーメイドのカリキュラムを作成します。

ポイント2:正しい勉強法

高校受験対策の勉強では時間が命です。限られた時間を志望大学合格のために有効に利用するため、勉強した内容を効果的に身に付けるためには、正しい勉強法で勉強を進めることが重要です。

じゅけラボ予備校の高校受験対策講座では、勉強内容ごとに正しい勉強法を紹介して、あなたの受験勉強をより効果的に、効率的に行えるようサポートしています。

ポイント3:山梨県の公立高校に合格するために必要な勉強

公立高校受験では、都道府県ごとに入試制度や入試傾向は異なります。まずは、あなたが受験する山梨県の入試情報を調査して、入試問題はどんな傾向があり、どんな対策が必要なのかを把握することが必要です。

じゅけラボ予備校では、山梨県の公立高校入試で必要な勉強内容、計画でカリキュラムを作成します。

山梨県の公立高校を受験する中学生のあなた。
いち早く高校受験対策をはじめて、他の生徒に差をつけるチャンスです。
山梨県の公立高校合格を目指すならじゅけラボ予備校の高校受験対策講座にお任せください!

じゅけラボ予備校の公立高校受験対策講座についてはコチラ