成成明学独國武に受かるには?
合格する為に必要なのは「受験戦略!」

成成明学獨國武に受かるには?合格のための最重要ポイントは「受験戦略!」

成成明学独國武

成成明学獨國武(成蹊大学、成城大学、明治学院大学、獨協大学、國學院大學、武蔵大学)は、大学ごとに特化した対策をしなくても十分合格を勝ち取れる志望校だと思っていませんか。

近年では、大学での進学者数の厳格化が進められており、大学入試は難化していると言われています。それに伴って安定志向の受験生も増えており、成成明学獨國武は、MARCH(明治大学、青山学院大格、立教大学、中央大学、法政大学)を志望している受験生の併願先としても人気の大学群です。そのため、ライバルとなる受験生のレベルも高まっている傾向にあります。

成成明学獨國武への合格を勝ち取るためには、各大学や学部ごとの入試形式や出題傾向をおさえた上で、綿密な対策を行っていくことが重要です。

最初に成成明学獨國武の志望学部入試に必要な受験科目、現在の自分の学力を知る

必要な受験科目と現在の自分の学力を把握

志望大学・学部を決定したら、あなたが受験したい学部に必要な入試科目と今の自分の学力の差を知りましょう。

受験戦略を立てるときに一番重要な事は、ゴールを決めることと現状の位置を正しく知ることです。手当たり次第に学習していくのではなく、まずは目標の設定と現在地の把握を行いましょう。

また、成成明学獨國武と呼称されていても、各大学や学部によって多くの違いがあります。例えば同じ経済学部でも成蹊大学と成城大学では入試形式や採点方法が違いますし、同じ大学でも学部ごとに入試形式や出題内容に違いがあります。

たとえば成蹊大学の場合は、一般選抜に3種類の方式があります。A学部個別入試、E全学部統一入試、Gグローバル教育プログラム統一入試の3種類です。このうちE全学部統一入試以外の2種類は学部ごとの独自形式が含まれています。自分が目指す大学・学部の入試情報は細かい部分まで入手し、早めに受援戦略を立てることが重要です。

今の学力を土台として、志望校に合格する為にはどれくらいの勉強が必要か?学習内容と学習量を正確に知る

学習内容と学習量を明確に把握する

今の学力を知ることができたら、ゴールに到達する(合格する)ためには何をどのくらい学ばないといけないのか。その学力を身につけるためにどのくらいの時間と量を学ぶ必要があるのかを知りましょう。

ゴールと現在地を明確にせずにがむしゃらに問題を解いたり、多くの知識を暗記しても志望校合格には効率よく近づけません。何をどの程度学ぶ必要があるのかを正確に知るようにしましょう。

受験までに必要になる学習量を基本に、入試までの学習計画、月間学習スケジュールを考えて、毎日の学習計画を具体的に作成する

学習スケジュールを作成する

合格までに取り組むべき学習内容と学習量を理解したら、それをいつまでに、どのように学習するか、綿密な学習計画をたてましょう。受験までの時間はあっという間です。

ただ、正しく現在の学力と目標を理解して学ぶようにすれば余裕を持って志望校への合格を勝ち取ることは決して難しくはありません。無駄を無くし効率的に合格できる学力に到達できるような学習計画を考えましょう。

学習単元、分野ごとに習熟度を確認しながら着々と内容を自分のものにしていく!コツコツと毎日学習を進める!

学習単元・分野ごとに理解度をチェック

学習計画・スケジュールを作成したら、スケジュールに従って毎日勉強していきましょう。ただ、中途半端な部分を放置して先へ先へと学習を進めても、合格に必要な学力には到達できません。単元ごとや分野ごとに習熟度を確認し、抜け漏れなく学力をつけていくことが重要です。

成成明学独國武に合格するための受験戦略、学習計画を自分自身で作る事が難しいという方へ

志望校に合格するための戦略や計画を自分でたてる自信がない。そんな人はじゅけラボ予備校にご相談ください。

じゅけラボ予備校では、あなたの学力と志望校に合わせてあなただけの学習スケジュールを作成、個別指導します。

あなたはそのあなた専用の受験対策カリキュラムに沿って、指定された正しい勉強法で参考書・問題集を勉強することで、志望校合格まで最短距離で学力をつけることができます。

カリキュラムの特徴はこちら

成成明学独國武(せいせいめいがくどっこくむ)とは?

成成明学獨國武とは、成蹊大学、成城大学、明治学院大学、獨協大学、國學院大学、武蔵大学の6大学の頭文字をとった総称です。

また受験生が志望する人気の関東私立大学群で、日東駒専(日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学)に合格できるレベルの受験生がさらに上を目標とする時に選ばれる大学です。そしてMARCH(マーチ)の併願校としても人気のある大学群です。

成成明学独國武の位置付け

成蹊大学

成蹊大学

東京都武蔵野市に本部を構えており、1949年に設置された私立大学です。1906年に中村春二氏によって創立された「成蹊園」が成蹊大学の始まりです。キャリア教育に力を入れており、「丸の内ビジネス研修」や英語力を高めるプログラムを取り揃え、就職活動でも手厚い支援を行っています。

また真の国際人の育成を目指して、「英語教育」や「異文化理解」を柱とした教育も行われています。吉祥寺キャンパスに全5学部が集まっています。

成蹊大学の一般入試は3種類あり、N全学部統一入試以外は各学部独自の出題があるので、目指す学部ごとに対策を進めましょう。

成蹊大学はどの学部も偏差値が60前後となっています。一般入試では入試方式によって、受験科目や出題傾向が異なるため、早めに過去問演習を行いながら得点力を高めていくことが重要です。

成蹊大学学部別偏差値と2022年度一般入試倍率

学部 偏差値 倍率
経済学部 55.0~60.0 21.5
経営学部 57.5~60.0 18.5
法学部 52.5~57.5 15.3
文学部 55.0~60.0 11.7
理工学部 47.5~52.5 14.9

※倍率の出典 大学通信ONLINE 成蹊大学 2022年入学志願者速報

>成蹊大学合格に導く受験対策カリキュラムはこちら

成城大学

成城大学

成城大学は東京都世田谷区にキャンパスを構えており、1950年に設立された私立大学です。澤柳政太郎氏によって1917年に創立された私立小学校が成城学園の始まりです。

澤柳政太郎氏は生涯の志として「所求第一義(常に究極の真理、至高の境地を求めること)」を大切にしており、現在の大学教育のビジョンとして受け継がれています。対話や交流に焦点をあてた少人数教育を特徴としており、学生ひとりひとりと向き合うキャリア教育にも力を入れています。

東洋大学の偏差値はどの学部も偏差値が60前後となっています。

成城大学の一般入試は学部・学科ごとに2種類に分かれています。学部別入試となるA方式と全学部統一形式のS方式です。A方式は学部別入試ですが入試傾向は似ているため、志望する学部に加えて他学部の過去問を横断的に演習していくことをおすすめします。

成城大学学部別偏差値と2022年度一般入試倍率

学部 偏差値 倍率
経済学部 55.0~57.5 7.3
文芸学部 52.5~57.5 9.9
法学部 55.0~57.5 6.5
社会イノベーション学部 55.0~62.5 11.3

※倍率の出典 大学通信ONLINE 成城大学2022年 入学志願者速報

>成城大学合格に導く受験対策カリキュラムはこちら

明治学院大学

明治学院大学

明治学院大学は東京都港区白金に本部を構えており、キャンパスは白金と横浜にあります。1863年にアメリカ人宣教医師J.C.ヘボンと妻クララによって開設された「ヘボン塾」が明治学院大学の始まりです。

「キリスト教による人格教育」を建学の精神としており、「Do For Others(他者への貢献)」を教育理念としています。キャリア教育に力を入れており、学生のキャリアデザインを目的とした授業科目「ヘボン・キャリアデザイン・プログラム」や進路別ガイダンス、3・4年生向け就職支援プログラムなどで手厚いサポートを行っています。

学部別では、心理学部の偏差値が特に高くなっています。学部ごとに入試傾向が異なるため、早い段階から基礎固めと過去問演習を行い、得点力を高めることが大切です。

明治学院大学学部別偏差値と2022年度一般入試倍率

学部 偏差値 倍率
文学部 52.5~57.5 8.8
経済学部 52.0~57.0 9.3
社会学部 55.0~57.5 9.6
法学部 55.0~57.5 6.8
国際学部 55.0~57.5 10.2
心理学部 55.0~62.5 13.9

※倍率の出典 大学通信ONLINE 明治学院大学 2022年 入学志願者速報

>明治学院大学合格に導く受験対策カリキュラムはこちら

獨協大学

獨協大学

獨協大学は埼玉県草加市に本部を構えており、4学部がひとつのキャンパスに集結しています。1883年にドイツ語やドイツ文化の教育を通して、国際人を育成することを目指して創立された「獨逸学協会学校」が獨協大学の始まりです。

獨協大学では、「実践的な外国語教育」や国際交流に特色があります。英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語、韓国語をはじめとした世界の15言語を学ぶことができ、チャットルームや英語学習サポートルームなど、それぞれの学生に合わせた学習サポートを行っています。

また17ヵ国・地域53校の大学・教育機関と学術交流協定を結んでおり、短期・長期留学制度があり、留学に挑戦しやすい風土があります。

獨協大学の偏差値は50前後くらいの学部が多く、私立大学の中で難易度は普通となっています。外国語学部は特に難易度が高く、経済学部や法学部は比較的入りやすいといえるでしょう。

獨協大学学部別偏差値と一般入試倍率(2021年度)

学部 偏差値 倍率
外国語学部 47.5~60.0 8.7
国際教養学部 55.0~57.5 11.0
経済学部 50.0~52.5 10.5
法学部 47.5~55.0 11.0

※倍率の出典 大学通信ONLINE 獨協大学 2022年入学志願者速報

>獨協大学合格に導く受験対策カリキュラムはこちら

國學院大學

國學院大學

國學院大學は東京都渋谷区に本部を構えており、5学部がひとつのキャンパスに集まっています。1882年に創立された「皇典講究所」が母体となっており、日本で初めて認可された私立大学のひとつです。

グローバル化が進むなかで異国文化を理解していくためにも、まずは自国の文化を理解することが重要であるという考えのもと、教育や研究の中で日本と世界双方に対して理解を深めることに力を入れています。

キャリア教育も手厚く、授業時間のみならず課外時間でのキャリアサポートを受けることができます。また学校教員や公務員を目指す学生のためのサポートも充実しています。

國學院大學の偏差値はほとんどの学部で60前後となっています。特に文学部と経済学部は難易度が高く、GMARCH(ジーマーチ)にも引けを取らないくらいの入試難易度となっています。

國學院大學学部別偏差値と一般入試倍率(2021年度)

学部 偏差値 倍率
文学部 55.0~60.0 15.3
神道文化学部 50.0~52.5 7.3
法学部 55.0~57.5 10.1
経済学部 55.0~60.0 14.5
人間開発学部 50.0~55.0 10.7
観光まちづくり学部 52.0~57.0 11.4

※倍率の出典 大学通信ONLINE 國學院大学 2022年入学志願者速報

>國學院大學合格に導く受験対策カリキュラムはこちら

武蔵大学

武蔵大学は東京都練馬区にキャンパスがあり、経済学部、人文学部、社会学部の3学部があります。1922年に日本初の私立7年制高等学校である「旧制武蔵高等学校」が開校し、武蔵大学のルーツとなりました。

旧制高等学校時代に掲げられた「「人間形成を根幹に、明日の新しい日本を担う、優れた人材を育てる」という建学の三理想が現在も受け継がれています。

「少人数制のゼミ教育」や「独自のキャリア支援」に取り組んでいます。毎年学生ひとりひとりの関心に合わせて400種類以上のゼミが開講されており、プレゼンテーション力やコミュニケーション力など社会人に欠かせない様々な能力を伸ばすことができます。またひとりひとりの適性を尊重し、OBとも連携しながら行われるキャリア支援にも定評があります。

武蔵大学の偏差値は60前後くらいの学部が多く、私立大学の中で難易度は普通となっています。教科書を中心とした基本的な問題が多く出題される傾向にあるので、基礎を重視した学習を繰り返し行い、着実に得点力をつけることが大切です。

武蔵大学学部別偏差値と一般入試倍率(2021年度)

学部 偏差値 倍率
経済学部 55.0~60.0 32.7
人文学部 50.0~57.5 21.1
社会学部 52.5~60.0 28.8
国際教養学部 55.0~57.5 23.0

※倍率の出典 大学通信ONLINE 武蔵大学 2022年入学志願者速報

>武蔵大学合格に導く受験対策カリキュラムはこちら

成成明学獨國武を志望する受験生に必要な勉強時間と学習内容

成成明学獨國武はMARCH(マーチ)の併願校や日東駒専の挑戦校としても人気のある私立大学です。当然、しっかりとした準備なくして合格を掴むことはできません。

ここでは学年や現在の状況別にどれくらいの学習時間がかかり、どんな学習方法が良いのかについて目安をご紹介します。

高3から成成明学獨國武に向けた勉強を始める場合の学習時間と学習内容目安

高3から成成明学独國武を目指す場合の勉強時間と学習内容目安

今の段階でどのくらい学力があるのかにもよりますが、おおよそ1800時間〜2000時間の勉強時間がかかるでしょう。

4月はじまりの場合、2・3月には試験が控えていることを踏まえると、入試まで10ヶ月。毎月平均で180〜200時間の学習時間をとることが必要です。

夏休み期間は学校の授業がある月より長時間の学習ができますが、おおよそ一日5時間は学校の授業以外に勉強時間をかけることが必要になります。

成成明学獨國武に合格するためには、ほとんどの学部が偏差値55~60のレベルであることを踏まえると、がむしゃらに遠回りをする余裕はありません。志望学部に必要となる学力レベルを掴み、今の学力から逆算した上で、最短距離で合格レベルをクリアできるようカリキュラムを組んで重点的に勉強することが大切です。

高3春からの受験勉強はコチラ

高3夏からの受験勉強はコチラ

高3冬からの受験勉強はコチラ

高2から成成明学獨國武を志望する場合の学習時間と学習内容目安

高2から成成明学独國武を目指す場合の勉強時間と学習内容目安

成成明学獨國武の合格を掴むためには今の学力次第にはなりますが、約1800時間〜2000時間の勉強が必要です。高2の4月から学習をスタートする場合、毎月90時間程度、単純に一日ごとに換算すると一日3時間程度の受験に向けた学習の時間が必要になります。

高2の間にまずやるべきなのは、一般的に高1・高2で学習する高校基礎の総理解。受験に必要な科目にあいまいなままになっている単元や分野がないように学力の定着を行いましょう。

特に英語・数学は苦手な部分をそのままにすると受験レベルの応用問題は解けません。高校での学習内容だけでなく、中学レベルの熟語、文法、基本構文、数学の公式など土台となる知識を確実に自分のものにしましょう。

現代文ではハイレベルな問題になればなるほど基礎的な語彙力・読解力が重要です。教科書内容の確実な理解や高い読解力は、英語長文読解での得点力にも繋がってきます。受験科目に直結する文系の生徒はもちろんのこと、理系の生徒も意識して語彙力と読解力を高めていくと良いでしょう。

高2春からの受験勉強はコチラ

高2夏からの受験勉強はコチラ

高2冬からの受験勉強はコチラ

高1から成成明学獨國武を志望する場合の勉強時間と学習内容目安

高1から成成明学独國武を目指す場合の勉強時間と学習内容目安

高1から成成明学獨國武合格を目指していくには、学校の学習時間とは別に一日2時間の学習時間をとるようにすることで合格レベルをクリアする学習時間を達成することができます。高1から受験を意識して勉強を始めることができれば高3から受験勉強に取り組む生徒をリードすることができるでしょう。

高1から受験勉強をスタートする際に何か特別な勉強は必要なく、基礎を仕上げていく事が大事です。国語・英語・数学は高1の内容を前提として高2以降の内容を学んでいくため、基礎で躓いていると後の学習理解が難しくなります。中途半端なままの単元や分野は早めに理解することができるよう学習していきましょう。

応用問題をむやみに解いていくのではなく、基礎レベルの問題を取りこぼさずにテンポよく解けるようになっておくようにしましょう。

高1からの受験勉強はコチラ

浪人生から成成明学獨國武を志望する場合の学習時間と学習内容目安

浪人生が成成明学独國武を目指す場合の勉強時間と学習内容目安

浪人が決定したときにどのくらいの学力レベルかによって受験勉強にかける時間は変わってきます。ただし、高3から受験勉強をスタートするときには2000時間弱確保する必要があることを踏まえると、合格レベルに達するには少なく見積もっても同じくらいの時間は必要となるでしょう。

成成明学獨國武の多くの学部が偏差値55~60くらいで、共通テストでいえば8割~9割の得点力があれば合格するチャンスがあるといえます。そのレベルに達するために、まずは基礎理解に抜け漏れなく取り組むようにしましょう。

特に高1内容を土台として高2以降を学んでいく数学・英語は基本的な知識が身についていない段階で応用問題に取り掛かっても、確実な基礎理解がないとさっぱり分からないことも珍しくありません。

遠回りのように思えても、まずは高1・2レベルの基礎知識を振り返り、あいまいな分野や単元をなくすことができるよう進めていきましょう。

浪人生向けの受験勉強はこちら

社会人や0ベースの段階から成成明学獨國武を目指す場合の勉強時間と学習内容目安

社会人が成成明学独國武を目指す場合の勉強時間と学習内容目安

社会人やゼロベースから成成明学獨國武を目標にする際は、最初に今の自分の学力を知るようにしましょう。勉強から離れて時間が経つと、自分で思っているよりも学生の時に学んだ内容は忘れてしまいます。はじめに模試などを受けて、今の自分の学力を知ることで自分の学力の現在地を確認するようにしましょう。

その次に、合格レベルに到達するために求められる1800〜2000時間の学習時間を達成できるよう計画し、最短で合格レベルの学力を身につけられるようカリキュラムを作成していきましょう。

たとえばたいていの文系学部では英語・国語・社会の3教科で入試を受けることが可能なので、その3教科をどのような順序で取り組んでいくのか計画し、学習時間をとるようにすると良いでしょう。

社会人のための受験勉強はこちら

共通テスト利用入試で成成明学獨國武に合格するには?

成成明学獨國武ではどの大学でも、共通テスト利用で受験できる入試方式があります。合格確率を高めるためにも、色々な入試方式を利用することが有効となるので、共通テスト利用入試に向けても準備することで合格の可能性を広げていきましょう。

以下では、成成明学獨國武各学校の共通テスト利用入試について解説します。大学は同じでも、学部や学科ごとにボーダーラインが異なるので、注意しましょう。

成蹊大学に共通テスト利用で受かるには?

成蹊大学の共通テスト利用入試は、50%〜70%台前半がボーダーラインとなっています。学部ごとにボーダーラインには比較的幅があるため、志望学部ごとの情報を確認しながら、得点率の目標を立てていきましょう。

成蹊大学 共通テスト利用入試ボーダーライン

学部 共通テスト得点率
経済部 69%~79%
経営学部 72%~81%
法学部 68%~79%
文学部 70%~78%
理工学部 61%~67%

>成蹊大学合格に導く受験対策カリキュラムはこちら

成城大学に共通テスト利用で受かるには?

成城大学の共通テスト利用入試は、60%台後半~80%台前半がボーダーラインになっています。文系学部のほうがボーダーラインが高い傾向にあり、成成明学独國武の中でも高い得点力が求められます。

成城大学 共通テスト利用入試ボーダーライン

学部 共通テスト得点率
経済学部 69%~74%
文芸学部 73%~78%
法学部 73%~75%
社会イノベーション学部 78%~80%

>成城大学合格に導く受験対策カリキュラムはこちら

明治学院大学に共通テスト利用で受かるには?

明治学院大学の共通テスト利用入試は、60%~70%台後半がボーダーラインとなっています。またほとんどの文系学部で、ボーダーラインは70%台後半と高めの水準にあります。

明治学院大学 共通テスト利用入試ボーダーライン

学部 共通テスト得点率
文学部 72%~76%
経済学部 71%~74%
社会学部 74%~83%
法学部 69%~78%
国際学部 76~80%
心理学部 73%~79%

>明治学院大学合格に導く受験対策カリキュラムはこちら

獨協大学に共通テスト利用で受かるには?

獨協大学の共通テスト利用入試は、70%台前半~70%台後半がボーダーラインとなっています。成成明学独國武の中では、学部ごとのボーダーラインの差が少ない傾向にあります。

獨協大学 共通テスト利用入試ボーダーライン

学部 共通テスト得点率
外国語学部 76%~82%
国際教養学部 78%~81%
経済学部 63%~80%
法学部 69%~78%

>獨協大学合格に導く受験対策カリキュラムはこちら

國學院大学に共通テスト利用で受かるには?

國學院大学の共通テスト利用入試は、70%台前半~70%台後半がボーダーラインとなっています。成成明学独國武の中では、学部ごとのボーダーラインの差が少ない傾向にあります。

國學院大学 共通テスト利用入試ボーダーライン

学部 共通テスト得点率
文学部 75%~81%
神道文化学部 66%~68%
法学部 77%~79%
経済学部 77%~78%
人間開発学部 71%~75%
観光まちづくり学部 73%~75%

>國學院大学合格に導く受験対策カリキュラムはこちら

武蔵大学に共通テスト利用で受かるには?

武蔵大学の共通テスト利用入試は、70%台前半~70%台後半がボーダーラインとなっています。成成明学独國武の中では、学部ごとのボーダーラインの差が少ない傾向にあります。

武蔵大学 共通テスト利用入試ボーダーライン

学部 共通テスト得点率
経済学部 71%~81%
人文学部 70%~73%
社会学部 77%~78%
国際教養学部 73%~77%

>武蔵大学合格に導く受験対策カリキュラムはこちら

成成明学獨國武への合格を目指す!成成明学獨國武対策の予備校や大学受験塾の費用・料金比較の目安

成成明学独國武の合格ラインは偏差値で言うと医学部を除いて55~60。学部や学科によってバラツキはあるものの、けっして簡単なレベルではありません。

独学だけで合格していく受験生ももちろんいますが、効率的に合格レベルの学力を身につけるために塾や予備校を利用する選択をする人はやはりたくさんいます。

塾や予備校を利用する場合、どんな場所が自分にはあっているのでしょうか。

予備校

予備校

学校よりもハイレベルな講義を受けたい!という場合は、いわゆる大手予備校が強いです。
有名講師を揃えてハイレベルな授業・映像授業を受けたいという人にはおすすめです。
ただ、日頃から授業の予習や復習も自分でできるという人でないと授業の内容についていけなくなる可能性もあります。

塾

塾には、集団指導タイプ、個別指導タイプ、自習指導タイプの大きく3つがあります。
集団指導タイプはいわゆる塾のイメージに最も近いもの。受験対策だけではなく、定期試験対策などにも応えてくれます。
個別指導タイプは担当の先生と1対1〜数名で進行するタイプ。わからないことをその場で聞けるため、融通がききやすいタイプと言えます。ただ「個別指導」と謳っていても必ずしも1対1で指導してくれるとは限りません。
自習指導タイプは先生が教えるというより、学習計画や勉強方法を指導してくれるタイプ。自分のペースで進めたい人に向いています。

家庭教師

家庭教師

あなたの目標に合わせて家庭教師が指導してくれるのが家庭教師です。成成明学独國武専門の家庭教師派遣もあり、自宅でつきっきりで指導してもらいたいという場合はいいといえるでしょう。

カリキュラム提供タイプ

カリキュラム提供タイプ

あなたの学力と目標(この場合は成成明学独國武)から、あなただけのカリキュラムを組み、学習計画や勉強法をサポートするタイプ。合格までの最短距離を走れるオーダーメイドのカリキュラムと勉強法の指導が受けられるメリットと、カリキュラムの提供に特化している分、予備校などに比べて費用が大きく抑えられるメリットがあります。

成成明学独國武受験にかかる予備校、塾、家庭教師の費用・料金比較

成成明学独國武受験のために予備校、塾、家庭教師などを利用するとして、その価格はどれくらいになるのでしょうか。
ここでは学年ごとにおおむねどれくらいの費用がかかるかの目安を表にまとめました。

高3から成成明学独國武受験にかかる費用、料金目安

予備校・塾 家庭教師 カリキュラム
提供
(じゅけラボ)
80万円〜160万円 / 年


・入学金含む
・成成明学独國武受験に必要な3科目受講を目安の料金
・春期・夏期・冬期講習、模試代含む
60万円〜200万円 / 年


・入学金含む
・成成明学独國武受験に必要な3科目受講を目安の料金
・春期・夏期・冬期講習、模試代含む
20万円前後 / 年
(月謝16,280円 / 月)


・入学金なし
・科目数がいくつでも同じ料金

予備校や塾、家庭教師だと多くの場合、授業料と別途で入学金がかかります。
また、高3であれば夏期・冬期講習や直前講座の受講もありますし、各種の模試も受験することになり、それにも費用がかかります。

上記の表では成成明学独國武に多い3科目受験を目安に金額を算出していますが、科目数を増やすとその分の金額がかかりますのでご注意ください。

高2から成成明学独國武受験にかかる費用、料金目安

予備校・塾 家庭教師 カリキュラム
提供
(じゅけラボ)
50万円〜100万円 / 年


・入学金含む
・成成明学独國武受験に必要な3科目受講を目安の料金
・春期・夏期・冬期講習、模試代含む
50万円〜120万円 / 年


・入学金含む
・成成明学独國武受験に必要な3科目受講を目安の料金
・春期・夏期・冬期講習、模試代含む
20万円前後 / 年
(月謝16,280円 / 月)


・入学金なし
・科目数がいくつでも同じ料金

高2の場合、高3と比べて講習や模試に関する費用は少なくなります。また、人によっては苦手な科目のみ補講で受けるという人もいますので一概には言えませんが、確実に成成明学独國武合格あるいはそれ以上を目指す場合は、特に英語・国語・数学に関しては基本を固めるために受講するのはプラスになります。

高1から成成明学独國武受験にかかる費用、料金目安

予備校・塾 家庭教師 カリキュラム
提供
(じゅけラボ)
50万円〜100万円 / 年


・入学金含む
・成成明学独國武受験に必要な3科目受講を目安の料金
・春期・夏期・冬期講習、模試代含む
50万円〜120万円 / 年


・入学金含む
・成成明学独國武受験に必要な3科目受講を目安の料金
・春期・夏期・冬期講習、模試代含む
20万円前後 / 年
(月謝16,280円 / 月)


・入学金なし
・科目数がいくつでも同じ料金

高1生の場合は高2と同じく、土台がためが必須です。確実に成成明学独國武合格あるいはそれ以上を目指す場合は、特に英語・国語・数学に関しては基本を固めるために受講するのはプラスになります。

あなたの今の学力から成成明学独國武合格へ導きます!受かる為の学習内容、学習計画・スケジュールを全てご用意させていただきます!

今の学力を把握し、志望校である成成明学独國武合格に必要な学力から逆算してカリキュラムを作り、学習計画を立案し・・・
これを自分でできる人はあまりいません。

じゅけラボ予備校では、あなたの今の学力から、志望する成成明学独國武合格までに最適なカリキュラムをオーダーメイドで作成。あなたの学力と志望校に合わせた個別指導で、最短距離で合格に導きます。

あなたは、じゅけラボ予備校の受験対策カリキュラムに沿って、指定された正しい勉強法で参考書・問題集を勉強するだけ。成成明学独國武合格の最短距離を走ることができます。

カリキュラムの特徴はこちら

成成明学独國武合格を目指す受験生からよくある質問

成成明学独國武に行きたい・合格したい!という受験生の皆さんからよく頂く質問を下記にまとめました。成成明学独國武を目指すあなたの参考になればと思います。

成成明学独國武に進学したいと思っているのですが、模試ではE判定です。E判定からでも合格できるのでしょうか?

じゅけラボでは入会時の学力から合格できる学力を身につけるまでの最適なカリキュラムをオーダーメイドで作成しています。過去の受験生の中には、偏差値30〜40台からコツコツと勉強を積み重ね、見事合格を掴み取った方が何人もいます。

大手予備校より金額が安すぎて心配です。どうして他の塾や予備校と比較してこんなに安いのでしょうか?

じゅけラボ予備校は、システムにより徹底して業務効率化を実現しています。また、他の予備校とは異なりカリキュラムの提供に特化しているため、その分大きくコストを抑えることができています。そのため受験生のみなさんに適正な価格でサービスを提供できています。

塾や予備校に通わなくても成成明学独國武に合格することはできるのでしょうか?

自分で逆算して合格までの学習計画を立て、最適なカリキュラムを作り、自分で学習時間を確保して取り組める人であればもちろん可能です。しかし、非常に多くある情報の中から自分に合うものを選び出し、自分に合うカリキュラムを作るにはかなりの労力が必要となります。もしそれが難しいようであれば、自分にピッタリのカリキュラムを作成してくれる塾や予備校を検討するのをおすすめします。

現在大東亜帝国(大東文化大学、東海大学、亜細亜大学、帝京大学、国士舘大学)への合格に向けて勉強しているのですが、成成明学独國武へ志望大学を上げる事は可能でしょうか?

もちろん可能です。じゅけラボ予備校であれば、現在の学力と志望校に合格するのに必要な学力を踏まえて、志望校への合格に最適なあなただけのオーダーメイドカリキュラムを提供。志望校への進学に最短距離で導きます。

まだ高校1年生なのですが、成成明学独國武を目指して受験勉強をするのは早すぎるでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。成成明学独國武に進学するには学校の勉強とは別に1800〜2000時間の学習が必要とされています。高1から基礎を固める学習を積み重ねることで、受験時の合格率を大きく上げることも可能です。ぜひ早いうちから対策を始めましょう。

成成明学独國武受験希望からGMARCH(ジーマーチ)への志望校変更は可能でしょうか?

時期によりますが、可能です。じゅけラボ予備校なら、今の学力と志望校合格のために求められる学力をもとに、志望校合格に向けて最適なあなただけのオーダーメイドカリキュラムを提供。志望校への進学に最短距離で導きます。
※難関校の場合は価格が異なりますのでご注意ください。

×

受験対策はじゅけラボ

大手予備校を超える
高品質カリキュラム

・ ・ ・ ・ ・ ・

全科目対応で

月額12,800円〜

×

受験対策はじゅけラボ

大手予備校を超える
高品質カリキュラム

・ ・ ・ ・ ・ ・

全科目対応で

月額12,800円〜