どんな学力からでも
志望校へ合格できる
熊本県の高校受験対策

高校受験対策の準備は、まず受験する都道府県や高校の入試情報、入試傾向と受験対策を知ることからスタートです。ここでは、熊本県の高校を受験する中学生のために、熊本県の入試情報、入試傾向と受験対策を紹介しています。

あなたが受験する熊本県の高校合格に向けて
個別カリキュラムを作成します。

じゅけラボ予備校では、高校別の受験対策カリキュラムを提供しています。あなたの高校の受験対策をチェックしてみてください。

公立高校

※偏差値順(

もっと見る

私立・国立高校

※偏差値順(

もっと見る

熊本県の公立高校・私立高校の偏差値

熊本県の公立高校・私立高校の偏差値は下記ページよりご確認いただけます。志望校選びの参考にして下さい。
>>熊本県の高校偏差値表

じゅけラボ予備校の公立高校受験対策講座についてはコチラ

熊本県の公立高校の入試情報

入試情報

入試日程

【前期選抜】

願書出願期間:平成31年1月21日(月)~1月24日(木)12時

検査実施日:平成31年2月1日(金)

選抜結果通知日:平成31年2月12日

【後期選抜】

願書出願期間:平成31年2月13日(水)~2月18日(月)12時

学力検査日:平成31年3月6日(水)・3月7日(木)

合格発表:平成31年3月13日(水)

学力検査配点:

5科目各50点満点の合計250点満点

【内申点計算法】

中学1年生から3年生の9科目の内申の合計が内申点に反映される。1年生と2年生の内申に3年生の内申を2倍した得点の合計が内申点となる。

2学年×9科目×5段階+1学年×9科目×5段階×2倍の180点が内申点の満点。

熊本県公立高校の教科別の入試傾向と受験対策

ここでは、熊本県公立高校の入試傾向と対策を教科別に紹介します。

英語

毎年大問5問で出題される。リスニング・小問の集合問題・会話文・長文読解・英作文と出題傾向は多岐にわたる。英語の一般的な出題傾向はまんべんなく学習する必要がある。

読まなければいけない英文が多いので素早く正確に回答を進める準備が必要。

傾向として長文読解の設問の種類はほぼ同じ。大問2のも毎年同じ出題方法をしている問題が多いので過去問を何度も解答することと似た問題を何回も繰り返し学習する必要がある。

数学

大問6問構成で設問数が30前後なので少し多めであるといえる。中でも小問の集合問題の配点が約半分あるので、出来る問題は確実に解答して得点しなければならない。この集合問題は難易度もそれほど高くないので、苦手分野をつぶして全問正解をめざしたい。

また問題をスピーディーに解答する力と自分が解ける問題と解くのに時間がかかる問題をすぐに見極める力も必要になります。

たくさんのテスト形式の問題にあたり数学の問題になれることが必要。

国語

2018年の出題数は大問5つであったが、2017年までは大問6であった。問題数が減った原因は作文が現代文の設問の一つとして出題されたためで問題の傾向が大きく変わったわけではない。

漢字、文法、読解、作文など国語のオーソドックスな問題が多数出題される。

難易度でいうと、現代文が標準的な問題で古典の難易度が少し高いといえる。全国の公立高校の入試問題の国語には同じ様な古典だけ少し何度が高い問題も多いので他の都道府県の国語の過去問を解答して練習するのもよい。

理科

大問は4つで、物理、化学、生物、地学からそれぞれ1問ずつ出題。設問の数は約50問前後あり、問題数は多いといえる。出題形式もあらゆるパターンで出題されるので、多くの問題にあたって慣れておくとよい。

正確かつ素早く問題を解く練習をしましょう。

またどの分野も出題の範囲が広いので全体的にまんべんなく学習する必要がある。

社会

大問6問で、地理2問、歴史2問、公民2問。設問自体は45問前後なので問題数は多い。論述問題や作図問題など幅広い出題方法で設問が構成されている。

当然毎年同じ傾向で出題されるわけではないので、どの様な形式で出題されても対応できる様に社会の出題形式全般に慣れておくべき。

社会を苦手としている生徒がもっとも苦手としている資料問題や記述問題も出題されるので対策が必要。

今のあなたの学力から熊本県の志望校合格までの勉強をサポート
じゅけラボ予備校のオーダーメイドカリキュラム

じゅけラボ予備校では、熊本県の公立高校合格を目指す中学生のあなたのためだけのオーダーメイドカリキュラムを作成します。ここでは、じゅけラボ予備校が公立高校受験対策で大切にしている3つのポイントを紹介します。

ポイント1:現在の学力レベルに合わせた勉強内容

高校受験に向けた勉強といっても、現在の自分の学力を把握していないと何から始めれば良いか分かりませんよね。
また、現状の自分の学力レベルを把握できていないために、自分の学力レベルより高いレベルから勉強をスタートしたり、すでに身に付いている内容の勉強に時間をかけたりする場合も多くあります。
現在の自分の学力を知り、抜けや漏れがある場合には戻って学習することにより、学校の定期テストの成績向上にも役立ちます。

じゅけラボ予備校の高校受験対策講座では、あなたの現在の学力レベルに合わせた内容でオーダーメイドのカリキュラムを作成します。

ポイント2:正しい勉強法

高校受験対策の勉強では時間が命です。限られた時間を志望大学合格のために有効に利用するため、勉強した内容を効果的に身に付けるためには、正しい勉強法で勉強を進めることが重要です。

じゅけラボ予備校の高校受験対策講座では、勉強内容ごとに正しい勉強法を紹介して、あなたの受験勉強をより効果的に、効率的に行えるようサポートしています。

ポイント3:熊本県の公立高校に合格するために必要な勉強

公立高校受験では、都道府県ごとに入試制度や入試傾向は異なります。まずは、あなたが受験する熊本県の入試情報を調査して、入試問題はどんな傾向があり、どんな対策が必要なのかを把握することが必要です。

じゅけラボ予備校では、熊本県の公立高校入試で必要な勉強内容、計画でカリキュラムを作成します。

熊本県の公立高校を受験する中学生のあなた。
いち早く高校受験対策をはじめて、他の生徒に差をつけるチャンスです。
熊本県の公立高校合格を目指すならじゅけラボ予備校の高校受験対策講座にお任せください!

じゅけラボ予備校の公立高校受験対策講座についてはコチラ