どんな学力からでも
志望校へ合格できる
滋賀県の高校受験対策

高校受験対策の準備は、まず受験する都道府県や高校の入試情報、入試傾向と受験対策を知ることからスタートです。ここでは、滋賀県の高校を受験する中学生のために、滋賀県の入試情報、入試傾向と受験対策を紹介しています。

あなたが受験する滋賀県の高校合格に向けて
個別カリキュラムを作成します。

じゅけラボ予備校では、高校別の受験対策カリキュラムを提供しています。あなたの高校の受験対策をチェックしてみてください。

公立高校

※偏差値順(

もっと見る

私立・国立高校

※偏差値順(

もっと見る

滋賀県の公立高校・私立高校の偏差値

滋賀県の公立高校・私立高校の偏差値は下記ページよりご確認いただけます。志望校選びの参考にして下さい。
>>滋賀県の高校偏差値表

じゅけラボ予備校の公立高校受験対策講座についてはコチラ

滋賀県の公立高校の入試情報

入試情報

入試日程

【推薦・特色・スポーツ文化芸術推薦選抜】

願書出願期間:平成31年1月30日(水)1月31日(木)

検査実施日:平成31年2月6日(水)2月7日(木)の両日もしくはいずれか一日

入学許可予定者通知日:平成31年2月13日(水)

【一般選抜】

願書出願期間:平成31年2月19日(火)~2月20日(水)

出願変更期間:平成31年2月25日(月)~2月27日(水)

検査実施日:平成31年3月6日(水)※実技検査等は検査終了後または翌日

入学許可予定者発表:平成31年3月13日(水)

学力検査配点:

5科目各100点満点の合計500点満点

【内申点計算法】

中学1年生から3年生の9科目の内申が内申点に反映される。9科目×5段階×3学年の135点満点。

滋賀県公立高校の教科別の入試傾向と受験対策

ここでは、滋賀県公立高校の入試傾向と対策を教科別に紹介します。

 滋賀県の公立高校入試では、まずは基本的な知識を幅広く身につけ、そのうえで、演習問題に取り組みながら実戦力・応用力を高めていきましょう。特に上位校に合格するためには、8~9割の得点が必要となるため、苦手教科・分野をなくして、標準レベルの問題で確実に得点することが必須です。

英語

 滋賀県の公立高校入試の英語は、リスニング・長文総合・会話文の大問3題、小問26問で構成されています。記述問題が多いので時間に余裕はないだろう。例年出題内容のパターンが決まっているので、比較的傾向をつかみやすいでしょう。過去問で問題傾向を掴んでおきましょう。
リスニングは、短めの対話文を聞いて絵を選ぶ問題、応答文を選択する問題、やや長めの対話文・英文を聞いて質問に答える問題と様々なパターンの問題が見られます。また、内容に関する質問の答えを英文で答えさせるような難易度の高い問題もあります。リスニングの配点が3割を占めているので、リスニング対策をしっかりしておく必要があります。
長文総合は、2題のうち必ず1題は会話文です。全体の流れを理解し、会話中に適当な文を補充する問題にも慣れておきましょう。内容把握はもちろんですが、適語補充や整序作文などの文法知識で解けるものも多いです。
長文総合2題ともに長文をふまえた英作文の問題が出されています。テーマは本文の内容に基づくものですが、自分の考えや身近な例から書くものがほとんどです。特に会話文の問題に付随している英作文は完文で書かせるものなので、テーマについて自分の言葉で表現できるように練習しておきましょう。

数学

 滋賀県の公立高校入試の数学は、思考力・判断力・表現力を問う問題が中心に出題されており、複雑な設定を文章や数式で表現する問題も出題されています。
大問1は、計算問題や関数・図形などの基本問題が多く、比較的取り組みやすいでしょう。配点も約4割を占めるので、幅広い単元の基本問題演習を繰り返して、確実に得点できるようにしておきましょう。
大問2以降は、独自性のある思考問題が3題続きます。2018年の大問2、3や、2017年の大問2、4のように、まずは出題内容の理解が求められる難問が多くみられます。ただし、内容さえ理解できれば比較的容易に解答できる問題も多いので、恐れず取り組みましょう。
また、文字式を利用した説明、証明問題や、関数に関する説明問題も出題されています。図形では、作図と証明が必ず出題されています。
思考力を重視する全国的な新傾向に沿った出題となっているため、滋賀県の公立高校の過去問だけでなく、他県の新傾向の過去問を解いてみるのもいいでしょう。

国語

 滋賀県の公立高校入試の国語は、論理的文章2題と知識問題の大問3題で構成されています。本文の文章量は少ないですが、資料と合わせて出題されるのが特徴です。70~80字程度の記述問題が複数出題されており、配点が高めな上に比較的難易度が高くなっています。
大問1の論理的文章は、動植物に関する説明文が多く、図鑑や資料とセットで出題されています。図鑑や資料でややこしい印象を受けますが、設問単位で見れば取り組みやすいので、冷静に対処しましょう。記述は、実験の内容説明、文章構成と効果、資料の見出しに対する解答など、様々なパターンがあります。
大問2の論理的文章は、人間の営みに関する論説文で、比較的抽象的な文章となっています。ノート形式のまとめや話し合いを絡めたものなど独特な形式の出題があるので、過去問で慣れておきましょう。作文は、本文の内容を引用しつつ自分の考えを述べる100~140字程度のものが出出されています。
大問3の漢字の読み書きは、易しいものです。文法問題は、幅広い分野から出題されるので漏れなく対策しておきましょう。
古文の出題は、現代語訳つきの短文で、基本的な事項の確認が中心となっています。また、文学史が出題されることもあるため、確認しておきましょう。

理科

 滋賀県の公立高校入試の理科は、大問4題、各大問につき小問5問前後で構成され、物理・化学・生物・地学から1題ずつ出題されています。
各大問のはじめには、実験や観察などが必ず提示されており、初めて見る内容が多くなっています。しっかりと文章を読み、実験や観察の目的を理解することを意識しましょう。また、実験や観察に関する会話を読んで結果について考察する問題も出題されています。過去問で特有の問題設定にも慣れておきましょう。
短文記述の問題が多い傾向にあり、しっかりと理解していなければ書けない難易度が高めのものが多いです。

社会

 滋賀県の公立高校入試の社会は、小問20問程度と少ないですが、論述問題が多いため、時間配分には十分気をつけましょう。2017年度以降、単語を問う問題が少し増えて来ています。
地理は、大問で1題出題されています。日本地理の出題が中心ですが世界とのつながりや比較などにおいて世界地理に関する出題もあります。グラフ・統計表を読み取って論述する問題が出題されるため、資料の内容を的確に判断する必要があります。
歴史は、大問で1題出題されています。時代は限定されていないこともありますが、特に近世の内容についての出題が多くなっています。
公民は、大問で1題出題されています。政治のしくみ、効率と公正、情報化の進展などの身近なテーマからの出題が中心となっています。
論述問題の配点が5~8点と高いので、わかることだけでも必ず何か書くことを徹底しておきましょう。用語を覚えるだけでなくその意味や関連する内容を説明できるよう練習しておきましょう。

今のあなたの学力から滋賀県の志望校合格までの勉強をサポート
じゅけラボ予備校のオーダーメイドカリキュラム

じゅけラボ予備校では、滋賀県の公立高校合格を目指す中学生のあなたのためだけのオーダーメイドカリキュラムを作成します。ここでは、じゅけラボ予備校が公立高校受験対策で大切にしている3つのポイントを紹介します。

ポイント1:現在の学力レベルに合わせた勉強内容

高校受験に向けた勉強といっても、現在の自分の学力を把握していないと何から始めれば良いか分かりませんよね。
また、現状の自分の学力レベルを把握できていないために、自分の学力レベルより高いレベルから勉強をスタートしたり、すでに身に付いている内容の勉強に時間をかけたりする場合も多くあります。
現在の自分の学力を知り、抜けや漏れがある場合には戻って学習することにより、学校の定期テストの成績向上にも役立ちます。

じゅけラボ予備校の高校受験対策講座では、あなたの現在の学力レベルに合わせた内容でオーダーメイドのカリキュラムを作成します。

ポイント2:正しい勉強法

高校受験対策の勉強では時間が命です。限られた時間を志望大学合格のために有効に利用するため、勉強した内容を効果的に身に付けるためには、正しい勉強法で勉強を進めることが重要です。

じゅけラボ予備校の高校受験対策講座では、勉強内容ごとに正しい勉強法を紹介して、あなたの受験勉強をより効果的に、効率的に行えるようサポートしています。

ポイント3:滋賀県の公立高校に合格するために必要な勉強

公立高校受験では、都道府県ごとに入試制度や入試傾向は異なります。まずは、あなたが受験する滋賀県の入試情報を調査して、入試問題はどんな傾向があり、どんな対策が必要なのかを把握することが必要です。

じゅけラボ予備校では、滋賀県の公立高校入試で必要な勉強内容、計画でカリキュラムを作成します。

滋賀県の公立高校を受験する中学生のあなた。
いち早く高校受験対策をはじめて、他の生徒に差をつけるチャンスです。
滋賀県の公立高校合格を目指すならじゅけラボ予備校の高校受験対策講座にお任せください!

じゅけラボ予備校の公立高校受験対策講座についてはコチラ