どんな学力からでも
学習院大学に合格
じゅけラボの学習院大学受験対策

じゅけラボ予備校では、受験生一人ひとりに合わせて学習院大学合格へ導くオーダーメイドカリキュラムを提供しています。あなたの現状の学力と学習院大学の志望学部に合わせて、具体的な勉強法を示した受験対策カリキュラムを作成します。

まずは、学習院大学の入試制度や入試科目などの受験情報を把握しましょう。どんな形で受験するのか、今からどのくらい受験勉強をする必要があるのかイメージしながら見ていきましょう。

あなたが挑む受験のしかたに合わせてじゅけラボ予備校が学習院大学合格をサポートします。

学習院大学 学部別受験対策

学習院大学の学部別受験対策はこちらから見ることができます。

学習院大学 入試科目別受験対策

学習院大学の科目別受験対策・勉強法はこちらから見ることができます。

学習院大学受験対策 学習院大学受験のポイント・勉強法

学習院大学(がくしゅういんだいがく、Gakushuin University)は、東京都豊島区目白1-5-1に本部を置き、学習院の略称で呼ばれています。
学習院の教育目標は、「ひろい視野 たくましい創造力 ゆたかな感受性」。学生の個性を尊重しながら、文理両分野にわたる広義の基礎教育と多様な専門教育を有機的につなげる教育を行っています。自ら課題を発見し、その解決に必要な方策を提案・遂行する力を十分に身につけた人材を育成すること。それが学習院大学の使命です。
学習院は、5学部17学科を擁し、都心の緑豊かな目白キャンパスワンキャンパスで、少人数制教育ならではの充実した教育環境を整えています。

■学習院大学受験の傾向と対策

学習院大学はセンター試験利用入試を採用していない大学であり、一般入試においても記述式の割合が大きいと言えます。
数十字で説明しないといけない論述問題も頻出です。
ただ、記述式が多いとは言っても決して難問ばかりではないので、日頃から記述対策を意識した学習を心掛ければ十分クリア可能でしょう。

また、学習院大学の入試問題はどの学部でも傾向が似ているので、自分の受ける学部だけでなく他学部の過去問に取り組むことが大いに役立ちます。
ただし国際社会科学部の英語の問題だけは他学部の英語問題とは傾向が異なり、国際社会科学部オリジナルの問題が目立ちます。

■勉強時間

学習院大学は偏差値としては50台なかば、倍率は4倍前後くらいの学部が多くGMARCHの中では難易度は低い方ではあります。倍率が低い理由としては学習院大学は受験機会が各学部1度ずつしか与えられていなかったという背景もあると思います。しかし学習院大学も2018年度入試からは一般入試制度が変わり、受験機会が各学部2回に拡大されます。そうなると今後は受験者数も増え、倍率も多少は上がるのではないかと思いますので、過去問をを利用しながら学習院の入試傾向をしっかりつかみましょう。高校3年生の1年間、少なくとも平日は3時間、休日は6時間くらいは頑張れると良いのではないでしょうか。

学習院大学の受験情報

入試方式

2018年度入試より学習院大学の一般入試が大きく変化。
コア試験(従来型の一般入試)とプラス試験(2018年度入試より追加された試験)という2種類の試験を受けることができます。
また、出願方法はWeb出願のみの受付となります。

以前は各学部とも1度しか受験機会がありませんでしたが、プラス試験が設置されたことにより、全学部とも受験機会が2回に拡大。
例えば法学部志望の人は、法学部のコア試験とプラス試験を両方とも受験することが可能です。
ちなみに、法学部のプラス試験は経済学部のコア試験と同日に実施されますが、経済学部コア試験と共通の試験問題により実施されます。
(※同日に実施されているコア試験とプラス試験を併願することはできません)


【一般入学試験(コア試験)】
従来実施していた一般入試を指します。
2017年度一般入試までと同様に実施されます。


【一般入学試験(プラス試験)】
2018年度一般入試よりスタートされる試験です。
文学部では、心理学科・教育学科のみでプラス試験が実施されます。

プラス試験の科目は学部ごとに特徴があります。
例えば、
法学部と経済学部ではコア試験とほぼ同じ科目でプラス試験を受験可能です。
文学部(心理学科・教育学科)のプラス試験の科目は理系科目中心となり、理系の人にチャンスです。
国際社会科学部のプラス試験は英語外部試験の所定の成績を提出することで受験可能になり、当日の試験は英語以外の2科目のみで、英語の得点は外部試験の成績が換算されます。


【その他】
・指定校推薦入学(全学部)
・自己推薦特別入学試験(法学部政治学科)
・海外帰国入学試験(法、経済、文、理)
・編入学試験(法、経済、文、理)
・外国人留学生入学試験(経済、文)
・公募制推薦入学(経済、文、理、国際社会科)
・社会人入学試験(文)
・AO入学試験(国際社会科)


学習院大学の入試日程

コア試験[法学部]
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月10日
合格発表 2月18日
コア試験[経済学部]
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月6日
合格発表 2月15日
コア試験[文学部]
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月9日
合格発表 2月17日
コア試験[理学部]
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月7日
合格発表 2月15日
コア試験[国際社会科学部]
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月11日
合格発表 2月19日
プラス試験[法学部]
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月6日
合格発表 2月18日
プラス試験[経済学部]
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月11日
合格発表 2月19日
プラス試験[文学部] ※心理学科、教育学科のみ実施
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月7日
合格発表 2月17日
プラス試験[理学部]
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月9日
合格発表 2月17日
プラス試験[国際社会科学部]
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月10日
合格発表 2月19日
コア試験[法学部]
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月10日
合格発表 2月18日
コア試験[経済学部]
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月6日
合格発表 2月15日
コア試験[文学部]
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月9日
合格発表 2月17日
コア試験[理学部]
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月7日
合格発表 2月15日
コア試験[国際社会科学部]
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月11日
合格発表 2月19日
プラス試験[法学部]
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月6日
合格発表 2月18日
プラス試験[経済学部]
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月11日
合格発表 2月19日
プラス試験[文学部] ※心理学科、教育学科のみ実施
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月7日
合格発表 2月17日
プラス試験[理学部]
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月9日
合格発表 2月17日
プラス試験[国際社会科学部]
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月10日
合格発表 2月19日

学習院大学の試験時間割

コア試験[法学部]
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月10日
合格発表 2月18日
コア試験[経済学部]
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月6日
合格発表 2月15日
コア試験[文学部]
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月9日
合格発表 2月17日
コア試験[理学部]
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月7日
合格発表 2月15日
コア試験[国際社会科学部]
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月11日
合格発表 2月19日
プラス試験[法学部]
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月6日
合格発表 2月18日
プラス試験[経済学部]
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月11日
合格発表 2月19日
プラス試験[文学部] ※心理学科、教育学科のみ実施
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月7日
合格発表 2月17日
プラス試験[理学部]
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月9日
合格発表 2月17日
プラス試験[国際社会科学部]
出願期限   1月5日(金)~1月26日(金)
試験日 2月10日
合格発表 2月19日

学習院大学の倍率・偏差値・入試難易度

倍率・偏差値

 学習院大学の学部 一般入試合計倍率 偏差値
2017年 2016年
法学部 5.2 4.6 57.5
経済学部 3.9 4.2 57.5
文学部 4.2 3.2 55.0~57.5
理学部 3.9 3.3 52.5~55.0
国際社会科学部 6.6 4.1 57.5
 学習院大学の学部 一般入試合計倍率 偏差値
2017年 2016年
法学部 5.2 4.6 57.5
経済学部 3.9 4.2 57.5
文学部 4.2 3.2 55.0~57.5
理学部 3.9 3.3 52.5~55.0
国際社会科学部 6.6 4.1 57.5

入試難易度

学習院大学の入試難易度は、偏差値としては50台なかばの学部が多く、倍率もGMARCHの中では低めなので、GMARCHの中では比較的合格しやすい方だと言えます。
ただし、学習院大学の一般入試問題は、他のMARCHと比べて記述式問題の割合が多い印象です。
ある程度きちんと対策しておかないと、簡単には合格できないと思います。

学習院大学は学部が5つしかありません。
GMARCHの中ではこじんまりとした規模で、1つのキャンパス(駅からかなり近くて立地条件最高)に全学生が通えるというのは魅力的です。
また、学習院大学は就職に強いとも言われています。
入学後の様々な利点を想定すると、頑張って学習院大学に入る価値は大いにありそうですね。

学習院大学のキャンパス

【目白キャンパス】
5学部全ての学生が4年間通して、目白駅から徒歩30秒という絶好の場所で学べます。
電車で池袋から2分、新宿から6分。

〒171-8588
東京都豊島区目白1-5-1

試験会場

学習院大学入試を受ける受験生は、以下の試験会場で受験することができます。

【学習院大学入学試験の試験会場】

目白キャンパス

試験会場を見る  

学習院大学 学部別受験対策

学習院大学の学部別受験対策はこちらから見ることができます。

学習院大学 入試科目別受験対策

学習院大学の入試科目別受験対策はこちらから見ることができます。

学習院大学合格に特化した受験対策カリキュラム・学習計画を提供します

学習院大学合格を目指す受験生のあなたへ。学習院大学では全学部で様々な入試方式や日程が設けられており、学部、入試方式、日程によって受験科目が異なります。

じゅけラボでは、以下の3つのポイントに着目して、学習院大学に合格するために必要な、偏差値55~60のレベルに達するための受験対策カリキュラム・学習計画を提供しています。

  • ポイント1:自分の学力レベルに適した勉強
  • ポイント2:正しい勉強法
  • ポイント3:学習院大学に合格するために必要な勉強

実は、多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。学習院大学の受験では中学~高校の基礎固めが重要です。受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強法で効率よくスピーディーに勉強を進めることが必要です。

じゅけラボでは、学習院大学の入試問題はどんな傾向があり、どんな対策が必要なのかを考慮したカリキュラム・学習計画に加え、効率よく受験勉強を進めるための勉強方法を用意しています。まずは学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合ったカリキュラムを作成し、学習院大学に合格するために必要な学習計画と正しい勉強方法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。また、正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。

「学習院大学に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ

模試の結果が悪かった、E判定だったことで「学習院大学に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の学力から学習院大学に合格するための最短のカリキュラムを提供します。また、「高3の8月から勉強を始める場合」「高3の9月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

受験勉強を始めるのが遅くても学習院大学に合格できる?

学習院大学を目指す受験生から、「夏休みや8月、9月から勉強に本気で取り組んだら学習院大学に合格できますか? 「10月、11月、12月の模試で学習院大学がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

勉強を始める時期が10月以降になると、現状の偏差値や学力からあまりにもかけ離れた大学を志望する場合は難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

仮に受験直前の10月、11月、12月でE判定が出ても、学習院大学に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、学習院大学合格に向けて全力でサポートします。

学習院大学を受験するあなた!合格を目指すなら今すぐ行動です!

じゅけラボの大学受験対策講座の特徴

大学別の対策については
こちらから検索できます。



地域別大学一覧はこちら