どんな学力からでも
専修大学に合格
じゅけラボの専修大学受験対策

じゅけラボ予備校では、受験生一人ひとりに合わせて専修大学合格へ導くオーダーメイドカリキュラムを提供しています。あなたの現状の学力と専修大学の志望学部に合わせて、具体的な勉強法を示した受験対策カリキュラムを作成します。

まずは、専修大学の入試制度や入試科目などの受験情報を把握しましょう。どんな形で受験するのか、今からどのくらい受験勉強をする必要があるのかイメージしながら見ていきましょう。

あなたが挑む受験のしかたに合わせてじゅけラボ予備校が専修大学合格をサポートします。

専修大学 学部別受験対策

専修大学の学部別受験対策はこちらから見ることができます。

専修大学 入試科目別受験対策

専修大学の科目別受験対策・勉強法はこちらから見ることができます。

専修大学受験対策 専修大学受験のポイント・勉強法

 専修大学は、専修、専大の略称で親しまれる私立の総合大学です。専修大学は、1880年(明治13年)、相馬永胤、田尻稲次郎、目賀田種太郎、駒井重格の4人によって創立されました。4人の創立者たちは、明治維新後、米国の大学に官費や藩費により留学し、帰国後、新時代を担う青年を教育・指導することによって社会に「報恩奉仕」するために専修大学を創立しました。その精神が専大の建学の精神であり、「質実剛健・誠実力行」が学風となっています。

専修大学の受験対策

専修大学の一般入試では、基礎レベルの知識を問う問題が中心となって出題されています。とれだけ普段の学習や受験勉強に取り組んだかが結果として表れやすい試験となっています。

専大の受験対策では、基本的に、標準問題を確実に解けるように基礎知識を覚え、問題演習に取り組みましょう。難易度の高い問題にチャレンジする前に、基本を繰り返して確実に得点できる状態に到達することを優先しましょう。

専修大学の受験情報

入試方式

■一般入試


【スカラシップ・全国入学試験】
・奨学生入試である「スカラシップ入試」と一部全学部・全学科が併願できる「全国入試」を全国17会場で行う試験です。
・入試問題はスカラシップ入試と全国入試で同一の問題を使用。
・スカラシップ入試と全国入試で同一学科を併願した場合、併願分の入学検定料を免除。
「スカラシップ入試」
・奨学生入学試験。専修大学への入学意欲が高く成績が優秀な人材を広く全国から募集します。
・4年間の授業料・施設費が免除。
・英語、国語、選択科目の3教科(各100点)の受験を必須とし、3教科の合計点が、基準点210点(300点満点)に達した上位100名以内(募集人員)を合格者とします。
「全国入試」
・1回の試験で複数の学部・学科を併願可能。
・英語、国語、選択科目の3教科(各100点〔英語英米文学科の英語は150点〕)の受験を必須とし、3教科の合計点(300点満点〔英語英米文学科は350点満点〕)で選考します。


【前期入学試験】
・1回の試験で全学部・全学科を併願できる「全学部統一入試」(1日)と7方式におよぶ「学部個別入試」(3日)を含んだ計4日間で行われます。
「全学部統一入試」
・全学部全学科を同一日に併願可能。
・3科目の合計点で選考。
・英語、国語および選択科目の3教科(各100点)の受験を必須とし、3教科の合計点(300点満点)で選考。
・ネットワーク情報学科は、現代文のみを判定に使用します。英語(100点)、国語(50点)、選択科目(100点)の配点とし、3教科の合計点(250点満点)で選考。
「学部個別入試」
●A方式(3教科同一配点)
-全学部全学科
-英語、国語および選択科目の3教科(各100点)の受験を必須とし、3教科の合計点(300点満点)で選考。
※ネットワーク情報学科は、現代文のみを判定に使用します。英語(100点)、国語(50点)、選択科目(100点)の配点とし、3教科の合計点(250点満点)で選考。
●AS方式(大学入試センター試験併用)
-経済学科・国際経済学科・法律学科・政治学科・マーケティング学科・会計学科・ネットワーク情報学科
-英語、国語、選択科目(各100点)および大学入試センター試験指定科目1科目〔100点(商学部は200点)〕の受験を必須とし、合計点〔400点満点(商学部は500点満点)〕で選考。
※ネットワーク情報学科は、現代文のみを判定に使用します。英語(100点)、国語(50点)、選択科目(100点)、大学入試センター試験指定科目1科目(100点)の配点とし、4教科の合計点(350点満点)で選考。
●B方式(得意科目加重)
-経営学科・マーケティング学科・会計学科
-受験する英語、国語、選択科目(日本史、世界史、地理、政治・経済、数学)の中から受験者が得意とする1科目(出願時に登録)について加重配点し、3教科の合計点(350点満点)で選考します。
●C方式(英語重視)
-国際経済学科
-英語、国語および選択科目の3教科の受験を必須とし、英語の配点だけを他の教科より高くして(150点)、3教科の合計点(350点満点)で選考。
●D方式(国語重視)
-日本文学文化学科
-英語、国語および選択科目の3教科の受験を必須とし、国語の配点だけを他の教科より高くして(200点)、3教科の合計点(400点満点)で選考。
●E方式(総合英語)
-英語英米文学科
-3教科同一配点試験と共通の英語(60分・100点)、独自の総合英語(60分・150点)および大学入試センター試験指定科目「英語」(リスニング・50点)の受験を必須とし、合計点(300点満点)で選考。
●F方式(理系)
-ネットワーク情報学科
-3教科同一配点試験と共通の英語(60分・100点)、独自の数学(120分・200点)の2教科の合計点(300点満点)で選考します。英語には基準点を設け、英語受験者における得点が上位85%以内の場合を合格判定対象とします。


【後期入学試験】
・国語と英語および選択科目の3教科を受験し、3教科の合計点で選考します。


■大学入試センター試験利用入試


【前期入学試験】
・大学入試センター試験の成績によって合否を判定する入試方式です。出願期間は1月上旬です。


【後期入学試験】
・大学入試センター試験の成績によって合否を判定する入試方式です。出願期間は2月中旬~。


入学検定料


【スカラシップ入試】
・32,000円
・全国入試と同一学科を受験する場合、併願分の入学検定料を免除します。


【全国入試】【前期入学試験】【後期入学試験】ワンでい割引
・1試験目:32,000円
・全国入試内で併願した場合、ワンでい割引の対象となります。
・2試験目が15,000円、3試験目以降が1出願につきプラス10,000円。


併願


【スカラシップ入試】
(1)スカラシップ入試は、複数学科への出願はできません。
(2)スカラシップ入試と全国入試で同一学科を出願した場合、併願分の入学検定料を免除。
(3)その他の一般入試(全国入試、前期入試、後期入試、二部一般入試)および大学入試センター試験利用入試(前期入試、後期入試)と併願が可能です。


【全国入試】併願可能
(1)全国入試とスカラシップ入試で同一学科を出願した場合、併願分の入学検定料を免除。
(2)全学部全学科の併願が可能です。同一試験日内の併願はワンでい割引の対象となります。
(3)その他の一般入試(スカラシップ入試、前期入試、後期入試、二部一般入試)および大学入試センター試験利用入試(前期入試、後期入試)と併願が可能。


【前期入学試験】【後期入学試験】併願可能
(1)全学部全学科の併願が可能。同一試験日内の併願はワンでい割引の対象となります。
(2)その他の一般入試(スカラシップ・全国入試、前期入試、後期入試、二部一般入試)および大学入試センター試験利用入試(前期入試、後期入試)と併願が可能。


 

専修大学の入試日程

一般入試[スカラシップ・全国入学試験]
出願期限 1月5日~1月24日
試験日 2月1日
合格発表 2月19日
一般入試[前期]
出願期限 1月5日~2月2日
試験日 2月9日,10日
2月12日,13日
合格発表 学部によって異なる
一般入試[後期]
出願期限 2月15日~2月23日
試験日 2月28日
合格発表 3月9日
大学入試センター試験利用入試[前期]
出願期限 1月5日~1月12日
センター試験日 1月13日
1月14日
合格発表 2月13日
大学入試センター試験利用入試[後期]
出願期限 2月15日~3月12日
センター試験日 1月13日
1月14日
合格発表 3月20日
一般入試[スカラシップ・全国入学試験]
出願期限 1月5日~1月24日
試験日 2月1日
合格発表 2月19日
一般入試[前期]
出願期限 1月5日~2月2日
試験日 2月9日,10日
2月12日,13日
合格発表 学部によって異なる
一般入試[後期]
出願期限 2月15日~2月23日
試験日 2月28日
合格発表 3月9日
大学入試センター試験利用入試[前期]
出願期限 1月5日~1月12日
センター試験日 1月13日
1月14日
合格発表 2月13日
大学入試センター試験利用入試[後期]
出願期限 2月15日~3月12日
センター試験日 1月13日
1月14日
合格発表 3月20日

専修大学の試験時間割

※学部ごとに異なるため、学部別ページに掲載します。

専修大学の倍率・偏差値・入試難易度

倍率・偏差値

ここでは、学部ごとの一般入試合計倍率、偏差値を掲載します。学科、専攻、コースごと、入試方式ごとの倍率、偏差値は学部別ページに掲載しています。

 専修大学の学部 一般入試合計倍率 偏差値
2017年 2016年
経済学部 4.6 3.8 45.0~52.5
法学部 4.8 4.4 45.0~52.5
経営学部 5.6 4.9 50.0~52.5
商学部 5.1 3.3 45.0~52.5
文学部 4.8 3.9 45.0~55.0
人間科学部 4.8 4.0 47.5~55.0
ネットワーク情報学部 6.2 5.2 45.0~55.0

ここでは、学部ごとの一般入試合計倍率、偏差値を掲載します。学科、専攻、コースごと、入試方式ごとの倍率、偏差値は学部別ページに掲載しています。

 専修大学の学部 一般入試合計倍率 偏差値
2017年 2016年
経済学部 4.6 3.8 45.0~52.5
法学部 4.8 4.4 45.0~52.5
経営学部 5.6 4.9 50.0~52.5
商学部 5.1 3.3 45.0~52.5
文学部 4.8 3.9 45.0~55.0
人間科学部 4.8 4.0 47.5~55.0
ネットワーク情報学部 6.2 5.2 45.0~55.0

入試難易度

 専修大学は、ほとんどの学部で偏差値50前後となっており、問題の難易度も標準レベルです。問題難易度が高くないため、基本問題を確実に得点して6割程度を確保することがポイントとなります。

専修大学のキャンパス

【神田キャンパス】
法学部(1~4年次)・二部(経済学部・法学部・商学部)
〒101-8425
東京都千代田区神田神保町3-8
【生田キャンパス】
経済学部・経営学部・商学部・文学部・ネットワーク情報学部・人間科学部
〒214-8580
神奈川県川崎市多摩区東三田2-1-1

試験会場

専修大学入試を受ける受験生は、以下の試験会場で受験することができます。

【東京】
専修大学 神田キャンパス
東京都千代田区神田神保町3-8
【神奈川】
専修大学 生田キャンパス
神奈川県川崎市多摩区東三田2-1-1
【札幌】
代々木ゼミナール札幌校
北海道札幌市北区北7条西2-5
【仙台】
東北福祉大学仙台駅東口キャンパス
宮城県仙台市宮城野区榴岡2-5-26
【郡山】
駿優予備学校郡山校
福島県郡山市駅前1-12-6
【水戸】
水戸駿優予備学校本部校舎
茨城県水戸市三の丸1-1-42
【宇都宮】
ホテルニューイタヤ
栃木県宇都宮市大通り2-4-6
【高崎】
ホワイトイン高崎
群馬県高崎市赤坂町94
【大宮】
さいたまスーパーアリーナ・TOIRO
埼玉県さいたま市中央区新都心8番地
【津田沼】
千葉工業大学 津田沼キャンパス
千葉県習志野市津田沼2-17-1
【横浜】
TKPガーデンシティ横浜
神奈川県横浜市神奈川区金港町3-1
【新潟】
代々木ゼミナール新潟校
福新潟県新潟市中央区弁天1-4-18
【新潟】
新潟公務員法律専門学校
新潟県新潟市中央区弁天2-4-21
【金沢】
ホテル金沢
石川県金沢市堀川新町1番1号
【甲府】
秀英予備校山梨校
山梨県甲府市丸の内2-15-12
【長野】
長野バスターミナル会館
長野県長野市岡田178-2
【長野】
JA長野県ビル
長野県長野市大字南長野北石堂町1177番地3
【静岡】
浮月楼
静岡県静岡市葵区紺屋町11-1
【静岡】
静岡学園早慶セミナー
静岡県静岡市駿河区八幡1-1-1
【名古屋】
TKP名古屋駅前カンファレンスセンター
愛知県名古屋市中村区名駅2-41-5
CK20名駅前ビル(旧船場ビル)5F/6F/8F
【大阪】
代々木ゼミナール大阪南校
大阪府大阪市浪速区元町1-2-3
【広島】
広島国際会議場
広島県広島市中区中島町1-5
【福岡】
代々木ゼミナール福岡校
福岡県福岡市博多区博多駅前4-2-25
【那覇】
沖縄県市町村自治会館
沖縄県那覇市旭町116-37

試験会場を見る  

専修大学 学部別受験対策

専修大学の学部別受験対策はこちらから見ることができます。

専修大学 入試科目別受験対策

専修大学の入試科目別受験対策はこちらから見ることができます。

専修大学合格に特化した受験対策カリキュラム・学習計画を提供します

専修大学合格を目指す受験生のあなたへ。専修大学では全学部で様々な入試方式や日程が設けられており、学部、入試方式、日程によって受験科目が異なります。

じゅけラボでは、以下の3つのポイントに着目して、専修大学に合格するために必要な、偏差値55~60のレベルに達するための受験対策カリキュラム・学習計画を提供しています。

  • ポイント1:自分の学力レベルに適した勉強
  • ポイント2:正しい勉強法
  • ポイント3:専修大学に合格するために必要な勉強

実は、多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。専修大学の受験では中学~高校の基礎固めが重要です。受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強法で効率よくスピーディーに勉強を進めることが必要です。

じゅけラボでは、専修大学の入試問題はどんな傾向があり、どんな対策が必要なのかを考慮したカリキュラム・学習計画に加え、効率よく受験勉強を進めるための勉強方法を用意しています。まずは学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合ったカリキュラムを作成し、専修大学に合格するために必要な学習計画と正しい勉強方法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。また、正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。

「専修大学に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ

模試の結果が悪かった、E判定だったことで「専修大学に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の学力から専修大学に合格するための最短のカリキュラムを提供します。また、「高3の8月から勉強を始める場合」「高3の9月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

受験勉強を始めるのが遅くても専修大学に合格できる?

専修大学を目指す受験生から、「夏休みや8月、9月から勉強に本気で取り組んだら専修大学に合格できますか? 「10月、11月、12月の模試で専修大学がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

勉強を始める時期が10月以降になると、現状の偏差値や学力からあまりにもかけ離れた大学を志望する場合は難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

仮に受験直前の10月、11月、12月でE判定が出ても、専修大学に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、専修大学合格に向けて全力でサポートします。

専修大学を受験するあなた!合格を目指すなら今すぐ行動です!

じゅけラボの大学受験対策講座の特徴

大学別の対策については
こちらから検索できます。



地域別大学一覧はこちら