どんな学力からでも
志望校へ合格できる
兵庫県の高校受験対策

高校受験対策の準備は、まず受験する都道府県や高校の入試情報、入試傾向と受験対策を知ることからスタートです。ここでは、兵庫県の高校を受験する中学生のために、兵庫県の入試情報、入試傾向と受験対策を紹介しています。

あなたが受験する兵庫県の高校合格に向けて
個別カリキュラムを作成します。

じゅけラボ予備校では、高校別の受験対策カリキュラムを提供しています。あなたの高校の受験対策をチェックしてみてください。

公立高校

※偏差値順(

もっと見る

私立・国立高校

※偏差値順(

もっと見る

兵庫県の公立高校・私立高校の偏差値

兵庫県の公立高校・私立高校の偏差値は下記ページよりご確認いただけます。志望校選びの参考にして下さい。
>>兵庫県の高校偏差値表

じゅけラボ予備校の公立高校受験対策講座についてはコチラ

兵庫県の公立高校の入試情報

入試情報

入試日程

 

【推薦入試・特別選抜・連携型入学者選抜】
出願期間:平成31年2月4日(月)~ 2月6日(水)
適性検査、面接等:平成31年2月15日(金)
(一部の学校は2月16日(土)も実施されます。)
合格者発表:平成31年2月20日(水)

※学力検査は英数国

 

【一般入学者選抜】
願書受付:平成31年2月22日(金)~2月26日(火)
志願変更:平成31年2月28日(木)~3月4日(月)
学力検査:平成31年3月12日(火)
※総合学科の受験者の実技検査は3月13日(水)に実施される。
合格発表:平成31年3月19日(火)

学力検査配点
英語:100点 数学:100点 国語:100点
理科:100点 社会:100点

5科目合計500点を250点に換算する。

 

【内申点計算方法】
3年生の主要5教科の評定×4=100点満点
3年生の実技4教科×7.5=150点満点
9科目合計:250点満点

兵庫県公立高校の教科別の入試傾向と受験対策

ここでは、兵庫県公立高校の入試傾向と対策を教科別に紹介します。

一般入試では複数志願選抜を実施しており、最大2校まで志願できます。第1志望校の合否判定においては、学力検査・内申書の点数に一定の点数が加算されます(第1志望加算点)。
英語はリスニングの配点が高いので、対策を忘れずにしておきましょう。どの教科も、まずは基本的な知識を幅広く身につけること。そのうえで、演習問題に取り組みながら実戦力・応用力を高めていこう。

英語

1リスニング
リスニングの配点は24点と全体の4分の1を占めています。ここでいかに点数を確保するかがポイントです。
2~3語を埋めなければならない空所補充問題が出題されることがあるため、ある程度まとまった形で英語を聞き取る練習をしておく必要があります。
2単語の内容理解
空所補充問題では、中学1年生で出てくる英単語(名詞・形容詞)が出題されることが非常に多いです。もちろんそれ以外の範囲から出題されることありますので、全範囲の単語習熟が必要ですが、少なくとも1年生の範囲については、きちんと習得しておく必要があります。
3、5会話文
大問3は対話文の空所補充(英文選択)となっており、対話文が3問に増えた以外は傾向に変化はありません。
一方で大問5の対話文の読解については、昨年よりも長文化しています。また小問数も増え、配点も増えました。内容としては、学校生活に関連した内容となっていますので、日常生活で使う単語や表現をしっかりとマスターしておくことが得点に繋がります。
4長文読解
長文読解問題については、昨年からの出題傾向とほとんど変化無し。そのため、過去問を中心に学習を進めていきましょう。全体の流れを把握する必要がある問題が殆どとなりますので、如何に早く文章を読むかがポイントとなります。わからない単語が出てきても一気に読み進め、それが難しくても段落ごとの大まかな内容を簡単に整理するなどの工夫を行い、読むリズムを作っていきましょう。
6英作文
語句整序による英作文です。単語についても選択式となっているため、スペルミスなどの心配はありません。記号を正しい順番に並べる形式です。こちらの配点が全体の5分の1となっていることを考えると、ここを得点源にすることがカギとなります。熟語や文法などをしっかりと覚えておきましょう。

数学

1各種小問群
正負の数,平方根,二次方程式,反比例,平面図形,資料の活用は頻出です。「資料の活用」は1年生の最後の単元で、学校の授業も駆け足で進められることも多いですが、しっかりと習得しておきたい単元です。
またこの第1問で4点×7問=計28点と全体の4分の1を占めるため、スピーディーかつ正確に解答できるよう練習しましょう。
2連立方程式
大問2は例年、連立方程式の文章題となっています。ここは正答率も低く、文章も複雑化していますので、他者と差をつけることができる問題となっています。そのため、学習量もしっかりと確保しておきたい単元です。
出題内容は年々異なっていますので、様々な文章題を基礎問題から数多く学習しておき、どのような問題にも対応できる力をつけておく必要があります。
3、4関数
それぞれ一次関数、二次関数が出題されています。
一次関数の問題においては、計算力よりもグラフを利用することで解答時間を短縮できることができます。普段からグラフを利用して考える力を身につけておきましょう。またダイヤグラム問題も毎年出題されていますので、必ず練習をしておきましょう。
5、7図形
平面図形、空間図形が出題されています。ともに相似の利用が中心となっていますので、相似の単元の学習が必須となります。また平面では三平方の定理,空間では式の計算や方程式を絡めた問題となっていますので、単元を横断した問題に対応できるようにしておく必要があります。空間図形については、空間認識能力を求められますが、いかに平面に落としこんで解答するかがポイントです。
6確率
こちらも毎年出題される単元となっています。2年生の最後の単元で、学校によっては資料の活用と同様に足早に授業が進められ、学習時間が足りていない場合もあります。
全体を通して、50分という時間に対して問題数が多いため、各大問を最後まで解ききることよりも、解ける問題を効率よく解答することが必要です。

国語

1知識問題
小問では正しい言葉遣いや敬語など日本語の知識問題や、他者の意見や内容の修正を読み取るなどの問題が見られ、全て記号問題であった。
2漢文
返り点や一・二点の使い方を身につけ、書き下し文を覚えていけば点数を上げることができる問題です。第3問の古文と併せて、3割近くの配点となるため、古文・漢文については、国語の得点源としたいところです。
3古文
歴史的仮名遣いや古語の意味、主語の把握など基本的な問題が出題は例年通りとなっているので、この点についての学習をしっかりと行い、満点を目指してほしいところです。
4現代文・小説
登場人物が中学3年生で、壁新聞をめぐるトラブルを題材とした小説。例年、10代の主人公が登場する文章が採用されており、共感しやすい内容となっています。登場人物の心情や場面分けの問題が出題される傾向も例年通り。記号選択問題が殆どなので、選択肢のどこが設問に対して適切でないのかを見分ける力を身につければ、正答率を上げることができます。
5現代文・論説文
例年、話題になっている内容の文章が採用されています。内容把握はしやすいですが、難解な言葉が使われて、細部の理解が難しい文章も出題されています。対策としては、日常からニュースなどを通して、話題となっている言葉を知ることが必要です。
また現代文のどちらかで文法問題が出題されているので、そちらの学習もしっかりと行いましょう。

理科

1小問集合
問題文を丁寧に読み、四捨五入などの処理を間違えないよう、きちんと練習しておきましょう。また知識問題においては、重要語句の「漢字」や「科学技術と人間」「自然科学と人間」の単元が出題されていますのでこちらの学習も漏れなく行いましょう。
2生物分野
呼吸と光合成では、計算問題だけでなくそれを利用した考察問題も出題されています。そのため、与えられたデータの処理についての問題演習を数多くこなしましょう。またその結果についての考察を文章にしてまとめる練習も併せて行うことが効果的な対策となります。
3化学分野
物質の性質と反応から出題。実験結果からの考察問題が出題されており、器具の名称や操作方法を覚えるだけでなく、操作の意味を理解しておく必要がある問題が出題されている。
ここまでの大問3題までは比較的短時間で処理できる問題が多いため、時間をかけずに正確に解いておく必要があります。
4物理分野
実験結果・表とグラフ・図を用いた計算など読み取り自体が非常に複雑になっています。問題の条件を読み取ることが出来れば、計算自体はよく出題される内容で複雑ではなかったのですが、時間をかけすぎて、最後の問題まで進めない受験生もいるため、十分に時間配分に注意しましょう。
5地学分野
天体から出題。こちらも観察とその結果に関しての考察問題となり、条件と知識を用いた思考力型の問題となっています。問題の条件の読み取りに時間がかかる問題となり、得点率は低くなっています。

社会

地理
世界地理では、グローバル(全世界的)からの出題。日本地理では、関東地方について東京都西部の地形図の読み取りで、知識だけでなく、河川の流れから浸水被害を考察するなど複合的に問題が出題。
時差を求める計算問題,国際組織のアルファベット表記などの知識問題,統計資料の考察問題などが例年出題されています。過去問をしっかりと復習して、対策を立てておく必要があります。
2歴史
古代から近世,近代から現代の歴史総合問題が2題出題。資料や統計の読み取り問題が出題されることもあります。記述の漢字指定問題,選択正誤問題も出題されています。
歴史総合問題では、特定のテーマに基づいて歴史の流れを読み取る問題となっているので、年代ごとに覚えるだけでなく、テーマ別に年代を比較する学習が必要となります。
3公民
公民は、日本国憲法について 設定された課題の解決策を考えるための調査として有効でないものを選択と「考える力」が要求されるなど新傾向。 また、日本の社会や経済について 安全と安心、差別のない、バリアフリーな社会などからユニバーサルデザインを選択するなど、最近の社会情勢を扱った問題が出題されている。

今のあなたの学力から兵庫県の志望校合格までの勉強をサポート
じゅけラボ予備校のオーダーメイドカリキュラム

じゅけラボ予備校では、兵庫県の公立高校合格を目指す中学生のあなたのためだけのオーダーメイドカリキュラムを作成します。ここでは、じゅけラボ予備校が公立高校受験対策で大切にしている3つのポイントを紹介します。

ポイント1:現在の学力レベルに合わせた勉強内容

高校受験に向けた勉強といっても、現在の自分の学力を把握していないと何から始めれば良いか分かりませんよね。
また、現状の自分の学力レベルを把握できていないために、自分の学力レベルより高いレベルから勉強をスタートしたり、すでに身に付いている内容の勉強に時間をかけたりする場合も多くあります。
現在の自分の学力を知り、抜けや漏れがある場合には戻って学習することにより、学校の定期テストの成績向上にも役立ちます。

じゅけラボ予備校の高校受験対策講座では、あなたの現在の学力レベルに合わせた内容でオーダーメイドのカリキュラムを作成します。

ポイント2:正しい勉強法

高校受験対策の勉強では時間が命です。限られた時間を志望大学合格のために有効に利用するため、勉強した内容を効果的に身に付けるためには、正しい勉強法で勉強を進めることが重要です。

じゅけラボ予備校の高校受験対策講座では、勉強内容ごとに正しい勉強法を紹介して、あなたの受験勉強をより効果的に、効率的に行えるようサポートしています。

ポイント3:兵庫県の公立高校に合格するために必要な勉強

公立高校受験では、都道府県ごとに入試制度や入試傾向は異なります。まずは、あなたが受験する兵庫県の入試情報を調査して、入試問題はどんな傾向があり、どんな対策が必要なのかを把握することが必要です。

じゅけラボ予備校では、兵庫県の公立高校入試で必要な勉強内容、計画でカリキュラムを作成します。

兵庫県の公立高校を受験する中学生のあなた。
いち早く高校受験対策をはじめて、他の生徒に差をつけるチャンスです。
兵庫県の公立高校合格を目指すならじゅけラボ予備校の高校受験対策講座にお任せください!

じゅけラボ予備校の公立高校受験対策講座についてはコチラ