どんな学力からでも
志望校へ合格できる
北海道の高校受験対策

高校受験対策の準備は、まず受験する都道府県や高校の入試情報、入試傾向と受験対策を知ることからスタートです。ここでは、北海道の高校を受験する中学生のために、北海道の入試情報、入試傾向と受験対策を紹介しています。

あなたが受験する北海道の高校合格に向けて
個別カリキュラムを作成します。

じゅけラボ予備校では、高校別の受験対策カリキュラムを提供しています。あなたの高校の受験対策をチェックしてみてください。

公立高校

※偏差値順(

  • 札幌北高校
  • 札幌西高校
  • 札幌南高校
  • 札幌旭丘高校
  • 札幌東高校
  • 釧路湖陵高校
  • 旭川東高校
  • 札幌国際情報高校
  • 室蘭栄高校
  • 札幌開成高校
  • 帯広柏葉高校
  • 函館中部高校
  • 滝川高校
  • 旭川北高校
  • 市立函館高校
  • 北見北斗高校
  • 札幌啓成高校
  • 札幌月寒高校
  • 帯広三条高校
  • 北広島高校
  • 旭川西高校
  • 札幌手稲高校
  • 札幌新川高校
  • 札幌清田高校
  • 札幌藻岩高校
  • 札幌北陵高校
  • 小樽潮陵高校
  • 帯広緑陽高校
  • 岩見沢東高校
  • 大麻高校
  • 苫小牧東高校
  • 旭川永嶺高校
  • 札幌平岸高校
  • 帯広南商業高校
  • 千歳高校
  • 美唄聖華高校
  • 北見柏陽高校
  • 札幌稲雲高校
  • 石狩南高校
  • 函館稜北高校
  • 網走南ヶ丘高校
  • 岩見沢西高校
  • 稚内高校
  • 苫小牧南高校
  • 本別高校
  • 室蘭清水丘高校
  • 旭川商業高校
  • 釧路江南高校
  • 札幌東商業高校
  • 札幌白石高校
  • 札幌平岡高校
  • 旭川南高校
  • 羽幌高校
  • 札幌啓北商業高校
  • 函館西高校
  • 旭川工業高校
  • 旭川東栄高校
  • 芽室高校
  • 釧路北陽高校
  • 江差高校
  • 江別高校
  • 小樽桜陽高校
  • 帯広工業高校
  • 函館工業高校
  • 札幌厚別高校
  • 札幌東陵高校
  • 深川西高校
  • 天塩高校
  • 函館商業高校
  • 北見緑陵高校
  • おといねっぷ美術工芸高校
  • 岩見沢緑陵高校
  • 札幌英藍高校
  • 札幌西陵高校
  • 室蘭東翔高校
  • 滝川西高校
  • 苫小牧工業高校
  • 伊達緑丘高校
  • 釧路明輝高校
  • 恵庭北高校
  • 根室高校
  • 札幌工業高校
  • 大樹高校
  • 苫小牧西高校
  • 浜頓別高校
  • 名寄高校
  • 留萌高校
  • 芦別高校
  • 遠軽高校
  • 枝幸高校
  • 苫小牧総合経済高校
  • 北見商業高校
  • 三笠高校
  • 浦河高校
  • 岩内高校
  • 栗山高校
  • 札幌丘珠高校
  • 札幌琴似工業高校
  • 札幌真栄高校
  • 士別翔雲高校
  • 小樽商業高校
  • 深川東高校
  • 石狩翔陽高校
  • 滝川工業高校
  • 東川高校
  • 白糠高校
  • 標茶高校
  • 標津高校
  • 奥尻高校
  • 音更高校
  • 釧路商業高校
  • 中標津高校
  • 弟子屈高校
  • 白老東高校
  • 美深高校
  • 富良野高校
  • 北広島西高校
  • 網走桂陽高校
  • 留辺蘂高校
  • 阿寒高校
  • 旭川農業高校
  • 下川商業高校
  • 釧路工業高校
  • 釧路東高校
  • 恵庭南高校
  • 札幌あすかぜ高校
  • 札幌南陵高校
  • 士幌高校
  • 七飯高校
  • 室蘭工業高校
  • 斜里高校
  • 小樽工業高校
  • 上ノ国高校
  • 常呂高校
  • 清水高校
  • 清里高校
  • 静内高校
  • 足寄高校
  • 帯広農業高校
  • 大野農業高校
  • 鷹栖高校
  • 池田高校
  • 追分高校
  • 登別青嶺高校
  • 美幌高校
  • 富良野緑峰高校
  • 別海高校
  • 豊富高校
  • 紋別高校
  • 檜山北高校
  • 伊達高校
  • 岩見沢農業高校
  • 共和高校
  • 興部高校
  • 倶知安高校
  • 月形高校
  • 剣淵高校
  • 厚岸翔洋高校
  • 佐呂間高校
  • 札幌白陵高校
  • 鹿追高校
  • 小樽水産高校
  • 上川高校
  • 新得高校
  • 静内農業高校
  • 千歳北陽高校
  • 知内高校
  • 長沼高校
  • 当別高校
  • 函館水産高校
  • 八雲高校
  • 北見工業高校
  • 霧多布高校
  • えりも高校
  • 厚真高校
  • 更別農業高校
  • 砂川高校
  • 札幌東豊高校
  • 寿都高校
  • 上磯高校
  • 上士幌高校
  • 置戸高校
  • 長万部高校
  • 津別高校
  • 穂別高校
  • 鵡川高校
  • 名寄産業高校
  • 湧別高校
  • 雄武高校
  • 蘭越高校
  • 虻田高校
  • 遠別農業高校
  • 訓子府高校
  • 新十津川農業高校
  • 中標津農業高校
  • 富川高校
  • 利尻高校
  • 留萌千望高校
  • 根室西高校
  • 松前高校
  • 滝上高校
  • 南富良野高校
  • 福島商業高校
  • 倶知安農業高校
  • 上富良野高校
  • 壮瞥高校
  • 奈井江商業高校
  • 礼文高校
  • 苫前商業高校
  • 南幌高校

もっと見る

私立・国立高校

※偏差値順(

北海道の公立高校・私立高校の偏差値

北海道の公立高校・私立高校の偏差値は下記ページよりご確認いただけます。志望校選びの参考にして下さい。
>>北海道の高校偏差値表

じゅけラボ予備校の公立高校受験対策講座についてはコチラ

北海道の公立高校の入試情報

入試情報

入試日程

 

出願受付委開始:平成31年1月18日(金)~

出願変更受付:平成31年1月28日(月)~

推薦入学面接日:平成31年2月12日(火)

学力検査日:平成31年3月5日(火)

合格発表日:平成31年3月18日(月)

【学力検査配点】

5科目各60点の300点満点

【内申点計算方法】

1年生と2年生の内申をそれぞれ2倍。3年生の内申を3倍する。

その合計点を内申点とする。

つまり、5×9×2+5×9×2+5×9×3の合計315点満点。

 

北海道公立高校の教科別の入試傾向と受験対策

ここでは、北海道公立高校の入試傾向と対策を教科別に紹介します。

北海道の公立高校入試の英語、数学、国語では、上位校を対象に学校裁量問題が出題されています。大問1題をより応用的な問題に差し替えて出題することで、 差がつきにくい上位校の受験生の学力をみることを目的と しています。
どの教科も基本的な知識や技能を問う問題が多いため、基礎固めをして確実に得点できるように練習した上で、学校裁量問題を解く受験生は応用問題の対策を行いましょう。

英語

北海道の公立高校の英語の問題は、リスニング、英作文・語彙、長文読解、会話文の大問数4つで構成されています。小問数は35問程度で、難問はありません。
リスニングは、対話に合う絵を選ぶ問題、対話に続くせりふを選ぶ問題、英文を聞いて内容に関する質問の答えを選ぶ問題が出題されています。
英作文は、語句整序形式の出題です。また、語彙の問題が単体で出題され、記述式と選択式があります。英作文も語彙問題も確実に得点できるよう、教科書レベルの語彙や英文の語順は覚えておきましょう。
長文読解は、短い英文の読み取りが1題と、表を読み取って設問に答えるものが1題、会話文が1題の構成です。設問は選択式がほとんどですが、英文での問や、内容を踏まえた英作文など、完文を書かせる設問もあるので注意しましょう。
学校裁量問題では、英作文・語彙のかわりに難易度が高めの長文と英作文が1題ずつ出題されます。長文では内容把握に関する設問のほか、語句整序、条件作文なども出題されています。英作文は示されたテーマに基づいた自分の意見を英語で書かせるもので、語数の条件が指定されています。25~30語程度で英作文できるよう、練習をしておきましょう。

数学

北海道の数学の問題は、大問5題で小問20問の構成です。難問は少なく、制限時間45分で解き切れる量です。ただし、その分点差が開きにくく、1問の差が合否を分けると言っても過言ではありません。基本問題を中心に、スピーディーに確実に解けるよう練習しておきましょう。
大問1、2は小問集合です。大問1では、数や平方根の計算、式の計算、方程式の計算が出題されるほか、関数や図形の基本問題が出題されています。大問2では、定番の作図問題が出題されています。大問1、2で全体の半分程の配点を占めるので、確実に得点することが必須です。また、大問3以降のために、スピーディーに解き切ることも重要です。
大問3は、数の性質や確率、資料の活用などから出題されています。記述を求められることがあるので、記述の練習もやっておきましょう。
大問4は、関数の問題で、放物線と三角形の面積などが頻出です。難易度はそれほど高くありません。
大問5は、図形の問題で、平面図形が頻出です。2問構成で、1問は線分の長さや角度などの計量問題、もう1題が証明です。合同や相似など、基本的な内容ですので、教科書レベルの問題を確実に解けるようにしておきましょう。

難問が少ないので、点数の差が開きにくいと考えられる。そのため、計算ミスや勘違いで点数を落とすことは絶対に避けたい。速く、かつ正確に計算するトレーニングを積み重ねておこう。

国語

 北海道の国語の問題は、大問4問の構成で、うち2問が知識問題と読解問題を合わせた小問集合です。資料に関する作文問題も出題されました。出題分野が幅広いため、基礎を固め、苦手分野をつぶしておきましょう。
大問1は、漢字の読み書き、知識問題、文法、論理的文章などで構成されています。漢字の難易度は低めであり、確実に得点できるよう練習しておきましょう。知識問題は、行書の特徴のほか、漢詩や手紙や辞書など、毎年異なる形式の題材が出題されています。文法は、主語、述語、修飾語などの文節のつながりに関するものや文脈に合うように書き換えるものが多いです。論理的文章は具体的な話題のものが選ばれ、設問も抜き出し問題中心なので比較的解きやすいでしょう。
大問2は、資料と話し合いや発表原稿を組み合わせた形式になっています。表現の工夫を問う問題と、誤字訂正の問題がよく出題されています。資料をもとにした作文が出題されることもあります。記述問題は、条件に合う部分を探せばそれほど難しいものではありません。
大問3の小説は、心情の動きを含む場面が出題されています。記述は、本文から要点部分を見つけて書くもので、指定字数も多めなので、十分に記述対策をしておきましょう。
大問4の古文は、会話文を抜き出す問題や、主語を把握する問題などが頻出です。漢文の書き下し文が出題されることもあります。歴史的仮名遣いを現代仮名遣いに直す練習が必須です。古文が苦手な受験生は、まず古文への慣れを作るために繰り返し音読することから始めましょう。

理科

北海道の理科の問題は、例年、大問が5つで小問集合が1つと、物理・化学・生物・地学分野から1つずつ出題されています。記号選択、語句記述、作図、計算、短文記述など出題のバリエーションが豊富です。重要語句を覚えるだけではなく、様々な形式の問題に取り組む必要があります。ただし、記述や作図、グラフ作成問題は基本的なものが多いので、教科書の内容をしっかり理解しておきましょう。 基本的な問題が多いですが、問題数がやや多めなので、時間配分には気をつけましょう。
大問1は小問集合で、小問1は各分野の用語を記述する問題が出題されています。重要語句は必ず書けるようにしておきましょう。作図や計算問題も出題されるため易しいわけではありませんが、ここで正答数を稼いでおきましょう。
大問2以降の各大問は、実験・観察に関する問題です。基本的な内容ですが、実験結果の考察を問われることがあるため、教科書にのっている実験・観察についてはよく理解しておきましょう。また、1つの単元だけで大問が構成されていることが多いため、苦手な単元がないように対策しておく必要があります。

社会

 北海道の社会の問題は、小問数40ほどで構成されています。試験時間は45分なので、テンポ良く解答していきましょう。完全解答を求められることが多いので、正確な知識が必要です。
大問1は小問集合で、三分野融合の問題が出される。基本的な内容を問われるので、必ず得点できるよう練習しておきましょう。分野別の配点にかたよりはないので、苦手分野をつくらないようにしておきましょう。
地理については、大問1題の中で世界地理・日本地理ともに問われ、世界と日本のつながりについての出題も多いので貿易に関する資料についてはしっかりと確認しておきましょう。雨温図や地形図を使った出題もあるので、読み取り方の練習も積んでおきましょう。
歴史については、大問1題の中で日本史を中心に問われています。年表・写真などが用いられているので、日頃から資料集を確認する習慣を付けましょう。年代順・時代順を問われることも多いので、年表を確認して各出来事を時系列で整理しておきましょう。世界史については、日本史に関連する内容を確認しておきましょう。
公民については、大問1題の中で政治・経済についての内容が問われており、年度によっては国際分野からも出題されています。どの分野も内容のかたよりはなく、幅の広い知識が求められています。模式図やグラフの読み取りにも注意しましょう。

今のあなたの学力から北海道の志望校合格までの勉強をサポート
じゅけラボ予備校のオーダーメイドカリキュラム

じゅけラボ予備校では、北海道の公立高校合格を目指す中学生のあなたのためだけのオーダーメイドカリキュラムを作成します。ここでは、じゅけラボ予備校が公立高校受験対策で大切にしている3つのポイントを紹介します。

ポイント1:現在の学力レベルに合わせた勉強内容

高校受験に向けた勉強といっても、現在の自分の学力を把握していないと何から始めれば良いか分かりませんよね。
また、現状の自分の学力レベルを把握できていないために、自分の学力レベルより高いレベルから勉強をスタートしたり、すでに身に付いている内容の勉強に時間をかけたりする場合も多くあります。
現在の自分の学力を知り、抜けや漏れがある場合には戻って学習することにより、学校の定期テストの成績向上にも役立ちます。

じゅけラボ予備校の高校受験対策講座では、あなたの現在の学力レベルに合わせた内容でオーダーメイドのカリキュラムを作成します。

ポイント2:正しい勉強法

高校受験対策の勉強では時間が命です。限られた時間を志望大学合格のために有効に利用するため、勉強した内容を効果的に身に付けるためには、正しい勉強法で勉強を進めることが重要です。

じゅけラボ予備校の高校受験対策講座では、勉強内容ごとに正しい勉強法を紹介して、あなたの受験勉強をより効果的に、効率的に行えるようサポートしています。

ポイント3:北海道の公立高校に合格するために必要な勉強

公立高校受験では、都道府県ごとに入試制度や入試傾向は異なります。まずは、あなたが受験する北海道の入試情報を調査して、入試問題はどんな傾向があり、どんな対策が必要なのかを把握することが必要です。

じゅけラボ予備校では、北海道の公立高校入試で必要な勉強内容、計画でカリキュラムを作成します。

北海道の公立高校を受験する中学生のあなた。
いち早く高校受験対策をはじめて、他の生徒に差をつけるチャンスです。
北海道の公立高校合格を目指すならじゅけラボ予備校の高校受験対策講座にお任せください!

じゅけラボ予備校の公立高校受験対策講座についてはコチラ