2022年度大学入学共通テスト
生物の傾向と対策

センター試験から大学入学共通テストに変わり、その違いや共通テストの対策の仕方に不安を感じている受験生が多いことでしょう。

ここでは、大学入学共通テストの生物基礎・生物対策について、2021年度(令和3年度)入学出題傾向やセンター試験からの変更点、共通テストの生物基礎・生物では何が求められるのか解説していきます。2021年度共通テストの生物基礎・生物の問題傾向、センター試験との違いをしっかりと把握して正しい共通テスト対策を行っていきましょう。

2021年度(令和3年度)大学入学共通テスト生物の問題傾向

大学入学共通テスト生物の傾向と対策

 

 

第1問:ラクトースに関する遺伝子発現と対立遺伝子 14点

 

ラクトース(乳糖)を題材として、遺伝子に関する知識とその活用方法を問う設問でした。

空欄補充は知識をそのまま当てはめることで解答できる。しかし、遺伝子発現に関する設問ではその現象を自分で説明できるようにしておかないと、正しい選択肢を選ぶことができなかったでしょう。

 

 

第2問:トカゲの種間競争 15点

 

人工島へ外来種を導入した際の個体群密度に関するグラフを参考に、環境と生態に関する知識とその活用方法を問う設問でした。設問を理解し、条件に基づいてグラフの情報を整理することができれば、比較的容易に解くことができる内容でした。

 

第3問:落城樹林の林床における光合成の季節変化 12点

 

季節別の層別刈取法の結果をもとにしたグラフを読み取り、生態と環境に関する知識とその活用方法を問う設問でした。グラフから必要な情報を読み取り、整理しながら計算することができれば、正答を選択できる内容でした。計算に活用する数値の選択ミスや計算ミスに注意をしましょう。

 

 

第4問:鳥類のさえずりの学習 13点

 

若鳥のの学習に関する資料を読み、生物の環境応答に関する知識とその活用方法を問う設問でした。問3は繁殖干渉という現象を扱っているが、学習に関する基本的な知識と資料の読み取りによって十分解答可能な内容でした。

 

第5問 A:茎頂分裂組織とその分化 12点

 

茎頂分裂組織からの葉の分化を題材に、生殖と発生に関する知識とその活用方法を問う設問でした。問2の実験に関する図は見慣れないものですが、実験内容を理解し情報を理解することで正答を導く問題でした。

 

第5問 B:根の緑化 15点

 

クロロフィル量の変化に関するグラフを題材として、生命現象や生物の環境応答に関する知識と活用方法について問う設問でした。緑化に関する知識だけでなく、実験計画に関する考え方が問われた問題でした。実験を構築する方法や対照実験に関する知識があれば、解答可能な設問でした。

 

第6問A:タンパク質の分布と眼の形成 7点

 

眼の形成と仕組みに基づいて、生殖と発生に関する知識とその活用方法を問う設問でした。誘導物質に関する設問は、問題文を読み情報を整理することで解答する必要がある問題でした。

 

第6問B:オタマジャクシの眼(光受容体) 12点

 

オタマジャクシの光受容と眼について、遊泳速度と時間に関する実験により得られたグラフに基づいて生態と環境に関する知識とその活用方法を問う設問でした。問3はグラフを読み取り、明らかに誤りの選択肢を消去することで正答を導く必要がありました。

 

 

2022年度(令和4年度)大学入学共通テスト生物の対策

 

 

複数の分野に関する知識を組み合わせて選択肢を検討する演習を行う

知識に関する問題は、ほぼ全ての範囲から満遍なく出題されています。複数の分野に関する知識を活用し、選択肢の内容を吟味する必要があります。知識で対応できる問題は、複数分野の知識を組み合わせる場合であっても素早く解答できるよう、演習を繰り返しましょう。

 

多様なジャンルの問題演習を行う

基本的な知識を前提としているものの、教科書や図説では見慣れない考察問題が出題されました。問題文や実験に関する表やグラフを読み取ることができれば解答可能ですが、情報量が多い場合があります。実験の条件や結果・考察に関するポイントを素早く読み取ることができるよう演習をしましょう。

 

解答時間を意識して演習を行う

全ての問題に自信をもって解答するためには、情報の整理が必要な正誤判断や考察問題に十分時間を割く必要があります。そのため、知識に関する問題を素早く解答できるよう演習を行うだけでなく、時間を意識して設問のポイントの読み取りや選択肢の取捨選択を行いましょう。

生物以外の他教科の大学入学共通テスト対策

生物共通テストでは、センター試験から出題傾向が変化するため、受験対策も共通テストに対応して行う必要があります。以下では生物以外の他の教科の共通テストの科目別問題傾向と対策を詳しく説明していますので、是非参考にして共通テスト対策の勉強を進めていきましょう。

大手予備校を超える高品質カリキュラムが業界最安値