九州工業大学入試科目別対策
九州工業大学の科目別の
入試傾向・勉強法・受験対策
について説明します。

九州工業大学の数学の出題傾向と対策は以下の通りです。 前期試験、後期試験ともに大問4題で構成されており、試験時間もともに120分となっています。 解答は全て記述形式です。 特徴の一つは、小問どうしの関連性がある誘導形式の問題になっているという点です。 そのため、小問どうしの関連性に気づき問題を解き進めていくことができれば、最後まで問題を解ききる事が出来ます。 つまり、他大学の問題と比較して、解答の方向性で悩むことは少ないと言えます。 また、もう一つの特徴としては、証明問題や図示させる問題が多いということです。 そのため、問題によっては解答の記述量がやや多くなる傾向があります。 出題範囲は、数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・Bとなっています。 数学Bに関して出題される単元は『数列』、『ベクトル』のみです。 特に頻出なのは、微分法・積分法(数学Ⅱ・Ⅲ)の分野です。 年によっては、4題中3題が微分法・積分法から出題されることもあります。 最低でも2題は必ず出題されていますので、九州工業大学情報工学部を目指して学習する場合の最優先科目です。 次いで多いのは、場合の数・確率、ベクトル、数列(無限等比級数も含む)です。 基本的には、ここまで挙げた分野以外は大問としては出題されていませんが、小問の中で他分野との融合問題が出題されるため、注意が必要です。 問題の難易度は標準的なものがほとんどです。 しかしながら、論理的思考力が要求されることに加え、計算量が多めであるため、速く正確に解く力が求められます。 【対策】 ①基本事項を使いこなす 九州工業大学情報工学部の数学攻略には、基本事項を理解が必要です。 基本事項の理解とは、教科書の公式を導くことができること、定理を証明することができることの2点を指します。 特に、九州工業大学では証明問題の出題頻度が高いため、証明の記述方法も理解しておく必要があります。 教科書を利用すれば基本事項の理解はできますが、公式や証明を丸暗記しようとするのではなく、なぜこうなるのか、なぜこのように論理展開していくのかを理解しながら進めていきましょう。 また、漸化式や部分積分、置換積分が必ずと言っていいほど出題されるため、特に基本事項の理解を徹底して下さい。 ②記述型標準問題の演習 基本事項が正しく身についたら、問題演習を行いましょう。 問題集は、2次標準レベルのものを選ぶとよいです。 意識してほしいのは、数多くの問題演習をこなすということです。 九州工業大学情報工学部の傾向として、思考力、計算力を問う問題が多いため、根気強い対策が求められます。 計算量が多い問題や思考力が必要な問題は煩わしいと感じるかもしれませんが、得点を伸ばすためには絶対に必要な過程です。 計算過程を省略して解説を読んで何となくわかった状態になることが一番危険ですので、九州工業大学情報工学部を目指す場合は、腰を据えて自分自身の手でたくさん計算量を積んでください。 ③答案作成練習 前述した通り、九州工業大学情報工学部の問題はすべて記述問題です。 したがって、答えだけでなく、答えに至るまでの思考プロセスを試験管である大学の先生にわかるように記述する必要があります。 これが出来なければ、いくら正しい答えが導けていたとしても、得点はもらえません。 また、九州工業大学情報工学部の数学は証明問題の出題頻度も非常に高く、この答案作成練習が欠かせません。 教科書の公式・定理の証明や問題集の解答を再現することが、得点がもらえる答案を作成するコツの一つです。 しかしながら、答案作成に関しては自分だけでは判断が難しい側面もあるため、可能であれば添削指導を受けることが望ましいです。 ④過去問演習で総仕上げ ある程度思考力や計算力が身についてきたら、九州工業大学情報工学部の数学の問題を実際に解いてみましょう。 小問どうしの関連性を考えて解答することを意識し、出題傾向やクセをつかみましょう。 最低でも直近の3年分は解いておきましょう。 手元にもっと問題があれば10年分は解いてもいいです。 得点がもらえる答案作成の練習という側面も忘れないでください。 何度も解いて思考力や計算力を養うと同時に、よく出てきている証明方法も確認すると効果的な対策ができます。 九州工業大学情報工学部の数学を攻略し、合格を勝ち取ってください。

九州工業大学の物理の出題傾向と対策は以下の通りです。 試験時間は、前期日程が100分、後期日程が120分に設定されています。 前期試験・後期試験ともに大問が3題出題されます。 ただし、大問1題につき小問が10題前後出題されるため、やや問題数が多い印象を受けます。 数値や数式、適当な語句を記入するいわゆる空所補充形式の問題もありますが、記述形式の解答を要求してくる問題が中心の構成です。 出題範囲は、物理基礎・物理となっています。 大問3題のうち、1題は『力学』、もう1題は『電磁気』が出題範囲です。 残り1題は『熱力学』『波動』『原子』のうちいずれかが出題範囲となっています。 したがって、基本的には全分野の学習を行っておくことが望ましいですが、力学と電磁気を最優先で固める必要があります。 また、前期試験では2016年、2017年と連続で原子分野が出題されているため、上記2分野に次いで優先的に学習を行いましょう。 問題の難易度は、基本的・標準的な問題が大半を占めています。 しかし、状況設定が若干複雑になっており、問題文を丁寧に読みながら解答していく必要があります。 また、思考力だけでなく計算力を要求される問題もあるため、油断はできません。 加えて、論述問題や図を描かせる問題もあるため、問題自体の難易度は高くなくとも、各分野における深い理解が求められます。 【対策】 ①真の基礎力を身につけよう 九州工業大学の物理を攻略するためには、基本事項や概念の理解が不可欠です。 具体的には、定義や公式、法則がなぜ成り立つのかを正確に理解することを指します。 教科書を使って理解できれば何も問題はありませんが、教科書の堅苦しい記述ではわかりにくい場合もあります。 そういった場合は、大手予備校が出版している参考書を活用するのも有効な手です。 教科書の堅苦しい言葉や定義を、かみ砕いて説明してくれているため、理解という手順の効率を高めてくれます。 九州工業大学では一部論述問題も出題されるため、理解したことを自分なりにまとめる練習も合わせて行っておきましょう。 また、九州工業大学では、基本的な問題も出題されているため、基本事項の理解に加えて、教科書の例題や練習問題を解けるようにしていくことも大切です。 どの公式を使えば解けるかではなく、なぜこの公式を使うのかを理解しながら進めていきましょう。 ②求められる思考力・計算力を強化しよう 九州工業大学の物理では、状況設定がやや複雑な問題や、桁数の大きな数値計算、文字計算が出題されるため、基礎力を身につけたら、思考力や計算力を強化するための演習を行いましょう。 この際の問題集は、独立した小問が多く記載されている問題集ではなく、大問を中心とした問題集を選びましょう。 加えて解説が詳しいものであれば、尚良いです。 問題の難易度も2次試験レベルの標準的なもので十分です。 1回目に解くときはよくわからないと感じたとしても、繰り返し何度も解くことで、解き方や考え方を落とし込まれていき、確実にわかるようになっていくので、あきらめずに取り組みましょう。 ③過去問演習で総仕上げ 基本事項の理解、思考力・計算力がある程度身についてきたら、九州工業大学情報工学部の物理問題を実際に解いてみましょう。 もしかすると、問題集で解いた問題よりも問題文が長いと感じるかもしれません。 仮に初めは上手く問題の意図や設定が読み取れなかったとしても、何度も挑戦することで読み取れるようになります。 最低でも3年分の過去問は何度も解き直し、九州工業大学の物理問題の傾向をつかんで合格を勝ち取ってください。

九州工業大学の化学の出題傾向と対策は以下の通りです。 時間が100分で大問5。 全分野満遍なく出る。 知識系の問題が多い(化学反応式、構造決定、1行の計算問題など) 化学の基礎から知識を身につけることが必要。 教科書などを見返して、本当に理解しているか確認する。 構造決定は出題率が高い。 実験の問題も多いので資料集などで、実験についてどういうことに目を配っていたら良いのか、何が分かって、なぜ分かるのかと言う理解が必要。 いろんな方向から聞かれても対応できる知識を身につける。 設問に対して問題は多いがそれほど難しいわけではないので時間はそれほど気にしなくて良い。

九州工業大学情報工学部の生物の出題傾向と対策は以下の通りです。 時間が100分で大問5。 全分野満遍なく出るが特長としては、計算が多い傾向にある。 論述問題もあるが1つ1つは長くなく数十字程度。 計算に関してはどの分野でも出るので、計算重視で対策する。 設問数が多いので1つ1つが複雑なわけではないが、ミスせずに解ききる練習、いろんなことを聞かれて対応できる様にする。 過去問をしっかり見て解けるもの解けないものをしっかり見定めて、その点をしっかり出来るようにする。 実験の問題も多いので資料集などで、実験についてどういうことに目を配っていたら良いのか、何が分かって、なぜ分かるのかと言う理解が必要。 計算の優先順位をこれまでより上げて対策しましょう。

九州工業大学の学部別の受験対策はこちらです。

2022年度(令和4年度)に九州工業大学に合格するための受験対策カリキュラム・学習計画を提供します

九州工業大学合格を2022年度(令和4年度)入試で目指す受験生のあなたへ。ただがむしゃらに勉強をしても九州工業大学に合格することはできません。九州工業大学合格のためには、今の学力から九州工業大学に合格するために必要な学習、教科・入試科目ごとの入試傾向と対策を踏まえた学習をする必要があります。

実は多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。また、受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強方法で勉強を進めることが重要です。

じゅけラボの受験対策では、まず学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合った学習内容からスタートして九州工業大学に合格するために必要な学習内容と学習計画でカリキュラムを作成し、入試科目別に正しい勉強法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。また、入試科目ごとに正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。

大手予備校とじゅけラボの料金・サービス比較はこちら
じゅけラボ予備校の料金はこちら

「九州工業大学に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ

模試の結果が悪かった、E判定だったことで「九州工業大学に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の学力から九州工業大学に合格するための最短のカリキュラムを提供します。また、「高3の8月から勉強を始める場合」「高3の9月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

科目別の受験対策を始めるのが遅くても九州工業大学に合格できる?

九州工業大学を目指す受験生から、「夏休みや8月、9月から勉強に本気で取り組んだら九州工業大学に合格できますか? 「10月、11月、12月の模試で九州工業大学がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

勉強を始める時期が10月以降になると、現状の偏差値や学力からあまりにもかけ離れた大学を志望する場合は難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

仮に受験直前の10月、11月、12月でE判定が出ても、九州工業大学に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、九州工業大学合格に向けて全力でサポートします。

九州工業大学を受験するあなた、合格を目指すなら今すぐ行動です!

九州工業大学の科目別受験対策ならじゅけラボ予備校

大学別の対策については
こちらから検索できます。



地域別大学一覧はこちら


北海道・東北
関東

国公立大学

私立大学

東海・甲信越
近畿
中国・四国
九州・沖縄

大手予備校を超える高品質カリキュラムが業界最安値

  • 入会金無料

    入会金無料

  • 追加料金なし

    追加料金なし

  • 全科目対策で一律料金

    全科目対策で
    一律料金