どんな学力からでも
愛知学院大学に合格
じゅけラボの愛知学院大学受験対策講座

じゅけラボ予備校では、受験生一人ひとりに合わせて愛知学院大学合格へ導くオーダーメイドカリキュラムを提供しています。あなたの現状の学力と愛知学院大学の志望学部に合わせて、具体的な勉強法を示した受験対策カリキュラムを作成します。

まずは、愛知学院大学の入試制度や入試科目などの受験情報を把握しましょう。どんな形で受験するのか、今からどのくらい受験勉強をする必要があるのかイメージしながら見ていきましょう。

あなたが挑む受験のしかたに合わせてじゅけラボ予備校が愛知学院大学合格をサポートします。

愛知学院大学 学部別受験対策

愛知学院大学の学部別受験対策はこちらから見ることができます。

愛知学院大学 入試科目別受験対策・勉強法

愛知学院大学の科目別受験対策・勉強法はこちらから見ることができます。

愛知学院大学受験対策 愛知学院大学受験のポイント・勉強法

愛知学院大学(あいちがくいんだいがく、Aichi Gakuin University)は、愛知県日進市に本部を置く私立大学で、愛学、愛院大、AGUの略称でも呼ばれています。

 
愛知学院大学は中部地区有数のスケールを誇る総合大学です。
9学部16学科と短期大学部で専門教育を展開しています。

 

■愛知学院大学受験の傾向と対策

愛知学院大学の一般入試は、一般入試(前期試験A・前期試験B・前期試験M・中期試験・後期試験)、センター利用入試(センタープラス試験・Ⅰ期3科目型・Ⅰ期4科目型・Ⅱ期)があります。
ただし、心身科学部(健康栄養学科)は前期試験Mを実施しません。
また、薬学部・歯学部では、前期試験Bと前期試験Mを実施しません。

 

学部・学科によって、それぞれの方式によって、細かく科目や配点が異なるので、詳しくは愛知学院大学の受験情報をチェックしてください。

 

募集人員が多いのは、一般入試(A方式)なので、基本的には前期試験Aで合格を目指すというのが王道ではあるでしょう。
前期試験Aと後期試験は記述式・マーク式の併用なので、記述対策もしておきたいです。
他大学と比べると、問題の難易度は易しめなので、基礎力を徹底すれば合格点は取れるようになるでしょう。

 
前期試験Mと中期試験はオールマーク方式です。

 

 

■勉強時間

愛知学院大学合格を目指す人は、高校3年生の1年間は平日は1.5時間、休日は2.5時間くらいは受験勉強しておきたいです。

愛知学院大学の受験情報

愛知学院大学の入学試験は以下の方式があります。

 

【一般入試】

□前期試験A

募集定員が最も多い愛知学院大学のメイン入試

 

□前期試験B

得意科目を活かせる2科目型。
前期試験Aとの同時出願必須。
前期試験Aの得点を利用するので、個別試験なしで合否判定を受けられる制度です。
薬学部、歯学部では実施しません。

 

□前期試験M

オールマーク方式による3科目型。
心身科学部(健康栄養学科)、薬学部、歯学部では実施しません。

 

□中期試験

得意科目を活かせるオールマーク方式

 

□後期試験

愛知学院大学受験のラストチャンス

 

【「センター試験」利用入試】

□センタープラス試験

センター試験2科目と前期試験Aの1科目の得点を利用。
前期試験Aとの同時出願必須。

 

□「センター試験」利用試験Ⅰ期(3科目型)

センター試験の3科目の得点を利用

 

□「センター試験」利用試験Ⅰ期(4科目型)

センター試験の4科目の得点を利用

 

□「センター試験」利用試験Ⅱ期

センター試験の2科目の得点を利用

 

【その他】

・公募制推薦入試A[専願]
・公募制推薦入試B[併願可]
・専門学科推薦入試[専願]
・スポーツ推薦入試[専願]
・AO入試[専願]
・第3学年編入学試験
・第2学年編入学試験
・薬学部歯学部第2学年編入学試験
・学士入学試験
・帰国生徒入学試験
・社会人入学試験
・外国人留学生入学試験

愛知学院大学の入試日程

一般入試
出願期限 前期試験A、B、M:2019年1月7日(月)~2019年1月23日(水)正午

中期試験:2019年1月7日(月)~2019年2月1日(金)正午

後期試験:2019年2月6日(水)~2019年2月25日(月)正午

試験日 前期試験A:2019年2月1日(金)~2月4日(月) ※薬学部と歯学部は2月2日(土)3日(日)のみ

前期試験B:個別試験は実施しません(前期試験Aの得点により選考)

前期試験M:2019年2月5日(火)

中期試験:2019年2月14日(木)

後期試験:2019年3月5日(火)

合格発表 前期試験A:2019年2月14日(木)  ※薬学部と歯学部は2月9日(土)

前期試験B、M:2019年2月14日(木)

中期試験:2019年2月24日(日)

後期試験:2019年3月16日(土)

 

 

センター試験利用入試
出願期限 センタープラス試験:2019年1月7日(月)~2019年1月23日(水)正午

センター試験利用試験Ⅰ期:2019年1月7日(月)~2019年1月28日(月)正午

センター試験利用試験Ⅱ期:2019年1月28日(月)~2019年2月25日(月)正午

試験日 個別試験は実施しません(センター試験:1月19日(土)20日(日))
合格発表 センタープラス試験、センター試験利用試験Ⅰ期:2019年2月14日(木)  ※薬学部と歯学部は2月9日(土)

センター試験利用試験Ⅱ期:2019年3月8日(金)

一般入試
出願期限 前期試験A、B、M:2019年1月7日(月)~2019年1月23日(水)正午

中期試験:2019年1月7日(月)~2019年2月1日(金)正午

後期試験:2019年2月6日(水)~2019年2月25日(月)正午

試験日 前期試験A:2019年2月1日(金)~2月4日(月) ※薬学部と歯学部は2月2日(土)3日(日)のみ

前期試験B:個別試験は実施しません(前期試験Aの得点により選考)

前期試験M:2019年2月5日(火)

中期試験:2019年2月14日(木)

後期試験:2019年3月5日(火)

合格発表 前期試験A:2019年2月14日(木)  ※薬学部と歯学部は2月9日(土)

前期試験B、M:2019年2月14日(木)

中期試験:2019年2月24日(日)

後期試験:2019年3月16日(土)

 
センター試験利用入試
出願期限 センタープラス試験:2019年1月7日(月)~2019年1月23日(水)正午

センター試験利用試験Ⅰ期:2019年1月7日(月)~2019年1月28日(月)正午

センター試験利用試験Ⅱ期:2019年1月28日(月)~2019年2月25日(月)正午

試験日 個別試験は実施しません(センター試験:1月19日(土)20日(日))
合格発表 センタープラス試験、センター試験利用試験Ⅰ期:2019年2月14日(木)  ※薬学部と歯学部は2月9日(土)

センター試験利用試験Ⅱ期:2019年3月8日(金)

愛知学院大学の試験時間割

一般入試(前期試験A)の試験時間割
文、心身科(心理)、商、経営、経済、法、総合政策 国語(60分)、英語(60分)、地歴or公民or数学(60分)
心身科学部(健康科学科) Ⅰ型 国語(60分)、英語(60分)、地歴or公民or数学(60分)
心身科学部(健康科学科) Ⅱ型 英語(60分)、数学・理科から2科目(2科目で120分)
心身科学部(健康栄養学科) 2月1日 国語or英語(60分)、地歴or公民or数学(60分)
心身科学部(健康栄養学科) 2月2~4日 国語or英語(60分)、数学or理科(60分)
薬学部 英語(60分)、数学・理科から2科目(2科目で120分)
歯学部 英語(60分)、数学・理科から2科目(2科目で120分)、小論文(40分)、個人面接(5~10分)

 

一般入試(前期試験M)の試験時間割
文、心身科、商、経営、経済、法、総合政策 英語(60分)、国語・地理歴史・公民・数学から2科目(2科目で120分)

 

一般入試(中期試験)の試験時間割
文、心身科、商、法、総合政策 国語・英語・地歴・公民・数学から2科目(2科目で120分)
経営、経済 国語・英語・地歴・公民・数学から2科目(2科目で120分)  ※ただし、英語または数学を必須科目とする(英語・数学の選択可)
薬学部 英語(60分)、数学・理科から2科目(2科目で120分)
歯学部 英語(60分)、数学・理科から2科目(2科目で120分)、小論文(40分)、個人面接(5~10分)

 

一般入試(後期試験)の試験時間割
文、心身科、商、経営、経済、法、総合政策 英語(60分)、国語or地歴or公民or数学(60分)
薬学部 数学・理科から2科目(2科目で120分)
歯学部 数学・理科から2科目(2科目で120分)、小論文(40分)、個人面接(5~10分)

愛知学院大学の倍率・偏差値・入試難易度

倍率・偏差値

  一般入試合計倍率 偏差値
2018年 2017年
文学部 3.3 2.8 42.5~52.5
心身科学部 2.7 3.1 40.0~47.5
商学部 7.7 3.9 47.5~52.5
経営学部 4.7 4.0 45.0~47.5
経済学部 4.7 3.7 47.5~52.5
法学部 4.1 5.1 45.0~50.0
総合政策学部 5.5 3.8 47.5~57.5
薬学部 2.6 2.7 45.0~50.0
歯学部 1.7 1.9 45
  一般入試合計倍率 偏差値
2018年 2017年
文学部 3.3 2.8 42.5~52.5
心身科学部 2.7 3.1 40.0~47.5
商学部 7.7 3.9 47.5~52.5
経営学部 4.7 4.0 45.0~47.5
経済学部 4.7 3.7 47.5~52.5
法学部 4.1 5.1 45.0~50.0
総合政策学部 5.5 3.8 47.5~57.5
薬学部 2.6 2.7 45.0~50.0
歯学部 1.7 1.9 45

入試難易度

愛知学院大学は、文系学部が充実しているうえに、薬学部や歯学部といった理系学部も設置しており、中部地区の中でも特に規模の大きな私立大学です。

 
偏差値は45~47.5くらいの学部が多く、私立大学の中での難易度はやや易しめと言えます。
個別学力試験の問題レベルも基礎力を問うものが中心なので、努力さえすれば十分合格圏内を狙えると思います。

 
方式によって記述対策が必要だったり、オールマーク方式だったりするので、まずは自分の受ける方式の受験情報をきちんとチェックするところから始めましょう。

愛知学院大学のキャンパス

【日進キャンパス】

文学部、心身科学部、法学部、総合政策学部、商学部(1年次)、経営学部(1年次)、経済学部(1年次)、薬学部(1年次)、歯学部(1年次)
※2020年4月、法学部は名城公園キャンパスに移転

〒470-0195
愛知県日進市岩崎町阿良池12

<アクセス>

・地下鉄東山線「藤が丘」駅から名鉄バス「愛知学院大学前」行きで約10分
・リニモ「長久手古戦場」駅からは無料シャトルバスが運行(約7分)

 

【名城公園キャンパス】

商学部、経営学部、経済学部の2年次以降
〒462-8739
愛知県名古屋市北区名城3-1-1

<アクセス>

・地下鉄名城線「名城公園」駅下車、2番出口から徒歩約1分

【楠元キャンパス】

薬学部、歯学部の2年次以降
〒464-8650
愛知県名古屋市千種区楠元町1-100

<アクセス>

・地下鉄東山線/名城線「本山」駅下車、1番出口から徒歩約5分

 

【末盛キャンパス】

歯学部(5・6年次)
〒464-8650
愛知県名古屋市千種区末盛通2-11

<アクセス>

・地下鉄東山線「覚王山」駅下車、2番出口から徒歩約2分

試験会場

愛知学院大学入試を受ける受験生は、以下の試験会場で受験することができます。

【一般入試(前期試験A)の試験場】

<2/1(金)>
日進キャンパス
<2/2(土)>
日進キャンパス、東京、大阪、福岡
<2/3(日)>
日進キャンパス、東京、浜松、静岡、富山、金沢、松本、岐阜、津、大阪、高松、広島、福岡、那覇
※ただし歯学部は「日進キャンパス、東京、大阪、福岡」

<2/4(月)>
日進キャンパス

 

【一般入試(前期試験M)の試験場】

日進キャンパス

 

【一般入試(中期試験)の試験場】

<歯学部以外の学部>
日進キャンパス、東京、浜松、金沢、岐阜、津、大阪
<歯学部>
日進キャンパス、東京、大阪

 
【一般入試(後期試験)の試験場】

<歯学部以外の学部>
日進キャンパス、東京、浜松、静岡、金沢、津、大阪
<歯学部>
日進キャンパス、東京、大阪

試験会場を見る  

愛知学院大学 学部別受験対策

愛知学院大学の学部別受験対策はこちらから見ることができます。

愛知学院大学 入試科目別受験対策

愛知学院大学の入試科目別受験対策はこちらから見ることができます。

愛知学院大学合格に特化した受験対策カリキュラム・学習計画を提供します

愛知学院大学合格を目指す受験生のあなたへ。愛知学院大学では全学部で様々な入試方式や日程が設けられており、学部、入試方式、日程によって受験科目が異なります。

じゅけラボでは、以下の3つのポイントに着目して、愛知学院大学に合格するために必要な、偏差値55~60のレベルに達するための受験対策カリキュラム・学習計画を提供しています。

  • ポイント1:自分の学力レベルに適した勉強
  • ポイント2:正しい勉強法
  • ポイント3:愛知学院大学に合格するために必要な対策

実は、多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。愛知学院大学の受験では中学~高校の基礎固めが重要です。受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強法で効率よくスピーディーに勉強を進めることが必要です。

じゅけラボでは、愛知学院大学の入試問題はどんな傾向があり、どんな対策が必要なのかを考慮したカリキュラム・学習計画に加え、効率よく受験勉強を進めるための勉強方法を用意しています。まずは学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合ったカリキュラムを作成し、愛知学院大学に合格するために必要な学習計画と正しい勉強方法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。また、正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。

大手予備校とじゅけラボの料金・サービス比較はこちら
じゅけラボ予備校の料金はこちら

「愛知学院大学に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ

模試の結果が悪かった、E判定だったことで「愛知学院大学に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の学力から愛知学院大学に合格するための最短のカリキュラムを提供します。また、「高3の8月から勉強を始める場合」「高3の9月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

受験勉強を始めるのが遅くても愛知学院大学に合格できる?

愛知学院大学を目指す受験生から、「夏休みや8月、9月から勉強に本気で取り組んだら愛知学院大学に合格できますか? 「10月、11月、12月の模試で愛知学院大学がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

勉強を始める時期が10月以降になると、現状の偏差値や学力からあまりにもかけ離れた大学を志望する場合は難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

仮に受験直前の10月、11月、12月でE判定が出ても、愛知学院大学に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、愛知学院大学合格に向けて全力でサポートします。

愛知学院大学を受験するあなた!合格を目指すなら今すぐ行動です!

愛知学院大学合格ならじゅけラボの大学受験対策講座

不登校・高卒認定者・通信制高校の大学受験も対応可能

現在全日制高校に在籍中の不登校の高校生、通信制高校、定時制高校の方で、行きたい大学があるのに、現在の自分の学力に対する自信のなさから「自分には無理だ」と思い込んで、最初から大学受験にチャレンジして志望校へ進学する事を諦めていませんか?

高校卒業、通信制高校卒業、または高卒認定試験に合格していれば大学受験をする事が出来ます。

あと必要なのは単純に学力・偏差値です。

志望校に合わせた大学受験戦略を立てて、受験に必要な科目の最低合格点をクリアできる学力を目指す最適な勉強法に取り組む事で、第一志望校合格も十分に可能性があります。

>>不登校・高卒認定者・通信制高校からの大学受験はこちら


大学別の対策については
こちらから検索できます。


大手予備校を超える高品質カリキュラムが業界最安値

  • 入会金無料

    入会金無料

  • 追加料金なし

    追加料金なし

  • 全科目対策で一律料金

    全科目対策で
    一律料金