どんな学力からでも
東洋大学に合格
じゅけラボの東洋大学受験対策

じゅけラボ予備校では、受験生一人ひとりに合わせて東洋大学合格へ導くオーダーメイドカリキュラムを提供しています。あなたの現状の学力と東洋大学の志望学部に合わせて、具体的な勉強法を示した受験対策カリキュラムを作成します。

まずは、東洋大学の入試制度や入試科目などの受験情報を把握しましょう。どんな形で受験するのか、今からどのくらい受験勉強をする必要があるのかイメージしながら見ていきましょう。

あなたが挑む受験のしかたに合わせてじゅけラボ予備校が東洋大学合格をサポートします。

東洋大学 学部別受験対策

東洋大学の学部別受験対策はこちらから見ることができます。

東洋大学 入試科目別受験対策

東洋大学の科目別受験対策・勉強法はこちらから見ることができます。

東洋大学受験対策 東洋大学受験のポイント・勉強法

東洋大学は、東洋大、東洋(以前は洋大)の略称で親しまれる私立の総合大学です。東洋大学は、明治20(1887)年に「私立哲学館」として、井上円了博士により創立されました。
東洋大学は、哲学を建学の理念とする唯一の私立大学で、「国際化」「キャリア教育」そしてその基盤となる「哲学教育」の3つを教育の柱とし、時代や環境の変化に流されることなく、地球規模の視点から物事を捉え、自分の未来を切り拓くことのできる「グローバル人財」を育成することを目指しています。

東洋大学の受験対策

東洋大学の一般入試では、基礎レベルの知識を問う問題が中心となって出題されています。つまり、東洋大では、とれだけ普段の学習や受験勉強に取り組んだかが結果として表れやすい試験となっています。
また、東洋大の一般入試では、複数の方式を採用しているため、自分の得意科目に合わせた方式を選ぶことが大切です。

東洋大の受験対策では、基本的に、標準問題を確実に解けるように基礎知識を覚え、問題演習に取り組みましょう。難易度の高い問題にチャレンジする前に、基本を繰り返して確実に得点できる状態に到達することを優先しましょう。

東洋大学の受験情報

入試方式

東洋大の入試方式は、以下の通りです。

■一般入試
・本学独自の学力試験を課します。全問マークシート方式です(一部入試を除く)。
・試験日が異なる場合、すべての入試と併願することが可能です。
・同一日程内併願の場合、同日程で複数学科の併願も可能です。
・学力試験に加え、論文・小論文を課すことにより、学力の3要素を多面的・総合的に評価する入試もあります。


【4教科型】
・4教科の合計点で合否を判定


【3教科型】
・3教科の合計点で合否を判定
※特定科目や最高得点科目の点数が傾斜配点になっている場合があります。


【3教科ベスト2型】
・3教科を受験し、高得点の2科目により合否を判定
※特定科目が必須となっている場合があります。


【2教科型】
・2教科の合計点で合否を判定
※特定科目の点数が傾斜配点になっている場合があります。


■一般入試  英語外部試験の利用制度
・一般入試前期日程の全学部で、英語外部試験スコアを利用(本学の英語科目の得点に換算)することができます。
・外部試験のスコアの利用を申請した場合でも、本学の英語科目を受験することができます。その場合は、どちらか高得点のものを判定に採用します。
・利用可能な英語外部試験:GTEC CBT(4技能)、TEAP(4技能)、IELTS™(4技能)、実用英語技能検定(1級・準1級・2級)

 


■センター利用入試
・大学入試センター試験の得点により合否を判定します。
・東洋大学での個別の学力試験は行いません。
・すべての学部・学科・判定型との間でセンター利用入試の併願が可能です。また、すべての一般入試との併願が可能です。
【5教科型/5科目型】
・5教科または5科目の合計点で合否を判定
【4教科型/4科目型】
・4教科または4科目の合計点で合否を判定
※特定科目の点数が傾斜配点になっている場合があります。
【3教科型/3科目型】
・3教科または3科目の合計点で合否を判定
※特定科目や最高得点科目の点数が傾斜配点になっている場合があります。
【3教科ベスト2型】
・3教科を受験し、高得点の2科目により合否を判定
※特定科目が必須となっている場合があります。
【2教科型】
・2教科の合計点で合否を判定
※特定科目や最高得点科目の点数が傾斜配点になっている場合があります。


■総合問題入試(情報連携学部  情報連携学科)
・国語(近代以降の文章)・経済・物理・数学・美術・情報のうち、いくつかを組み合わせた複合的な問題で判定する入試です。
・出願資格:下記のいずれかを満たすもの。
① GTEC CBT(4技能)880点以上(2016年1月以降に受験したもの)
② TEAP(4技能)195点以上(2016年1月以降に受験したもの。ただし、同一試験日のスコア合計点のみ有効)
③ IELTS™(4技能)4.5以上(2016年4月以降に受験したもの)
④ 2016年6月以降に実用英語技能検定の一次試験を受験し、1800点以上のスコアを取得していること
(合格・不合格、二次試験受験有無は問わない)。


■実技入試(ライフデザイン学部  人間環境デザイン学科)
・実技科目のみで判定する入試です。

東洋大学の入試日程

一般入試[前期]
出願期限 ①1月5日~1月20日
②1月5日~1月27日
③1月5日~1月31日
試験日 ①2月1日
②2月8日,9日
③2月10日,11日
合格発表 ①2月9日
②③2月19日
一般入試[中期]
出願期限 1月5日~2月20日
試験日 2月27日
合格発表 3月7日
一般入試[後期]
出願期限 1月5日~2月27日
試験日 3月5日
3月6日
合格発表 3月13日
センター試験利用入試[前期]
出願期限 1月5日~1月12日
センター試験日 1月13日
1月14日
合格発表 2月12日
センター試験利用入試[中期]
出願期限 1月5日~2月20日
センター試験日 1月13日
1月14日
合格発表 3月7日
センター試験利用入試[後期①]
出願期限 1月5日~2月27日
センター試験日 1月13日
1月14日
合格発表 3月13日
センター試験利用入試[後期②]
出願期限 1月5日~3月7日
センター試験日 1月13日
1月14日
合格発表 3月20日
総合問題入試[前期]
出願期限 1月5日~1月20日
試験日 2月1日
合格発表 2月9日
総合問題入試[後期]
出願期限 1月5日~2月27日
試験日 3月6日
合格発表 3月13日
実技入試
出願期限 1月5日~1月20日
試験日 2月1日
合格発表 2月9日
一般入試[前期]
出願期限 ①1月5日~1月20日
②1月5日~1月27日
③1月5日~1月31日
試験日 ①2月1日
②2月8日,9日
③2月10日,11日
合格発表 ①2月9日
②③2月19日
一般入試[中期]
出願期限 1月5日~2月20日
試験日 2月27日
合格発表 3月7日
一般入試[後期]
出願期限 1月5日~2月27日
試験日 3月5日
3月6日
合格発表 3月13日
センター試験利用入試[前期]
出願期限 1月5日~1月12日
センター試験日 1月13日
1月14日
合格発表 2月12日
センター試験利用入試[中期]
出願期限 1月5日~2月20日
センター試験日 1月13日
1月14日
合格発表 3月7日
センター試験利用入試[後期①]
出願期限 1月5日~2月27日
センター試験日 1月13日
1月14日
合格発表 3月13日
センター試験利用入試[後期②]
出願期限 1月5日~3月7日
センター試験日 1月13日
1月14日
合格発表 3月20日
総合問題入試[前期]
出願期限 1月5日~1月20日
試験日 2月1日
合格発表 2月9日
総合問題入試[後期]
出願期限 1月5日~2月27日
試験日 3月6日
合格発表 3月13日
実技入試
出願期限 1月5日~1月20日
試験日 2月1日
合格発表 2月9日

東洋大学の試験時間割

学部ごとに異なるため各ページに掲載

東洋大学の倍率・偏差値・入試難易度

倍率・偏差値

ここでは、学部ごとの一般入試合計倍率、偏差値を掲載します。学科、専攻、コースごと、入試方式ごとの倍率、偏差値は学部別ページに掲載しています。

 東洋大学の学部 一般入試合計倍率 偏差値
2017年 2016年
文学部 4.6 3.8 35.0~55.0
経済学部 4.8 4.4 40.0~55.0
経営学部 5.6 4.9 42.5~55.0
法学部 5.1 3.3 42.5~55.0
社会学部 4.8 3.9 35.0~55.0
国際学部 4.8 4 37.5~55.0
国際観光学部 6.2 5.2 50.0~55.0
情報連携学部 3.1 42.5~45.0
ライフデザイン学部 3.4 3.2 45.0~50.0
理工学部 2.8 2.8 42.5~47.5
総合情報学部 3.1 3.2 42.5~45.0
生命科学部 2.1 2.7 45.0~47.5
食環境科学部 2.4 2.4 40.0~50.0

ここでは、学部ごとの一般入試合計倍率、偏差値を掲載します。学科、専攻、コースごと、入試方式ごとの倍率、偏差値は学部別ページに掲載しています。

 東洋大学の学部 一般入試合計倍率 偏差値
2017年 2016年
文学部 4.6 3.8 35.0~55.0
経済学部 4.8 4.4 40.0~55.0
経営学部 5.6 4.9 42.5~55.0
法学部 5.1 3.3 42.5~55.0
社会学部 4.8 3.9 35.0~55.0
国際学部 4.8 4 37.5~55.0
国際観光学部 6.2 5.2 50.0~55.0
情報連携学部 3.1 42.5~45.0
ライフデザイン学部 3.4 3.2 45.0~50.0
理工学部 2.8 2.8 42.5~47.5
総合情報学部 3.1 3.2 42.5~45.0
生命科学部 2.1 2.7 45.0~47.5
食環境科学部 2.4 2.4 40.0~50.0

入試難易度

東洋大学は、ほとんどの学部で偏差値50前後となっており、問題の難易度も標準レベルです。問題難易度が高くないため、基本問題を確実に得点して6割程度を確保することがポイントとなります。

東洋大の受験生は、高3から毎日2時間、9月以降は3~4時間程度の勉強時間を確保し、基本演習を繰り返し行いましょう。

東洋大学のキャンパス

【白山キャンパス】
文学部・経済学部・経営学部・法学部・社会学部・国際学部・国際観光学部
〒112-8606
東京都文京区白山5-28-20
【赤羽台キャンパス】
情報連携学部
〒115-0053
東京都北区赤羽台1-7-11
【朝霞キャンパス】
ライフデザイン学部
〒351-8510
埼玉県朝霞市岡48-1
【川越キャンパス】
理工学部・総合情報学部
〒350-8585
埼玉県川越市鯨井2100
【板倉キャンパス】
生命科学部・食環境科学部
〒374-0193
群馬県邑楽郡板倉町泉野1-1-1

試験会場

東洋大学入試を受ける受験生は、以下の試験会場で受験することができます。

【東京】
白山キャンパス
文京区白山5-28-20
【東京】
赤羽台キャンパス
北区赤羽台1-7-11
【埼玉】
川越キャンパス
川越市鯨井2100
【埼玉】
朝霞キャンパス
朝霞市岡48-1
【札幌】
河合塾 札幌校
札幌市北区北9条西3-3
【仙台】
TKPガーデンシティ仙台(AER内)
仙台市青葉区中央1-3-1
【仙台】
河合塾 仙台校 ベリスタ館
仙台市青葉区本町2-12-12
【仙台】
河合塾 仙台校 アカデミア館
仙台市青葉区本町2-6-27
【郡山】
駿優予備学校 郡山校
郡山市駅前1-12-6
【水戸】
水戸駿優予備学校
水戸市三の丸1-1- 42
【宇都宮】
栃木県総合文化センター
宇都宮市本町1-8
【高崎】
小野池學院
高崎市栄町15- 3
【千葉】
幕張メッセ(国際会議場)
千葉市美浜区中瀬2-1
【横浜】
ワークピア横浜
横浜市中区山下町24-1
【新潟】
代々木ゼミナール 新潟校
新潟市中央区弁天1-4-18
【金沢】
金沢中央予備校
金沢市笠市町7-8
【長野】
長野バスターミナル会館
長野市中御所岡田178- 2
【静岡】
秀英予備校 静岡本部校
静岡市葵区鷹匠2-7-1
【名古屋】
河合塾 名古屋校
名古屋市中村区椿町2-1
【大阪】
河合塾 大阪校
大阪市北区豊崎3-13-1
【広島】
広島YMCA国際文化センター
広島市中区八丁堀7-11
【福岡】
天神チクモクビル
福岡市中央区天神3-10- 27
【福岡】
駿台 福岡校
福岡市中央区舞鶴1- 2- 5

試験会場を見る  

東洋大学 学部別受験対策

東洋大学の学部別受験対策はこちらから見ることができます。

東洋大学 入試科目別受験対策

東洋大学の入試科目別受験対策はこちらから見ることができます。

東洋大学合格に特化した受験対策カリキュラム・学習計画を提供します

東洋大学合格を目指す受験生のあなたへ。東洋大学では全学部で様々な入試方式や日程が設けられており、学部、入試方式、日程によって受験科目が異なります。

じゅけラボでは、以下の3つのポイントに着目して、東洋大学に合格するために必要な、偏差値55~60のレベルに達するための受験対策カリキュラム・学習計画を提供しています。

  • ポイント1:自分の学力レベルに適した勉強
  • ポイント2:正しい勉強法
  • ポイント3:東洋大学に合格するために必要な勉強

実は、多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。東洋大学の受験では中学~高校の基礎固めが重要です。受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強法で効率よくスピーディーに勉強を進めることが必要です。

じゅけラボでは、東洋大学の入試問題はどんな傾向があり、どんな対策が必要なのかを考慮したカリキュラム・学習計画に加え、効率よく受験勉強を進めるための勉強方法を用意しています。まずは学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合ったカリキュラムを作成し、東洋大学に合格するために必要な学習計画と正しい勉強方法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。また、正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。

「東洋大学に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ

模試の結果が悪かった、E判定だったことで「東洋大学に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の学力から東洋大学に合格するための最短のカリキュラムを提供します。また、「高3の8月から勉強を始める場合」「高3の9月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

受験勉強を始めるのが遅くても東洋大学に合格できる?

東洋大学を目指す受験生から、「夏休みや8月、9月から勉強に本気で取り組んだら東洋大学に合格できますか? 「10月、11月、12月の模試で東洋大学がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

勉強を始める時期が10月以降になると、現状の偏差値や学力からあまりにもかけ離れた大学を志望する場合は難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

仮に受験直前の10月、11月、12月でE判定が出ても、東洋大学に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、東洋大学合格に向けて全力でサポートします。

東洋大学を受験するあなた!合格を目指すなら今すぐ行動です!

じゅけラボの大学受験対策講座の特徴

大学別の対策については
こちらから検索できます。



地域別大学一覧はこちら