明治大学入試科目別対策
明治大学の科目別の入試傾向・勉強法・受験対策
について説明します。

明治大学全学部統一入試の2017年度の英語の入試問題は以下の大問2問で構成されています。

    第1問 長文問題(27問)
    第2問 長文問題(23問)
    

全問マーク式であり、長文2題を60分で解いていきます。語彙や内容理解を問う設問が目立ちます。教科書レベルの単語力や読解力があれば十分太刀打ちできるレベルだと思うので、時間配分に気を付けて8割以上の得点を狙いたいですね。

●第1問 長文問題

1300語前後くらいある長い文章なので読み切るのに一苦労します。ただ、出てくる英単語は一般的なものが多いので、話の流れを理解するのは難しくないと思います。

設問パターンとしては、
・指定された英単語の意味と似た意味を持つ英単語を選択肢の中から選ぶ問題
・代名詞の意味する内容を答える問題
・段落の内容にタイトルを付ける問題
・英文の並び替え問題
・段落ごとに質問に答えたり、正しい選択肢を選ぶ問題
などが出ています。

●第2問 長文問題

1000語前後の文章なので第1問の長文より短いです。犬に関するテーマで、内容も非常に簡単に理解できるものになってるので、かなり読みやすいのではないでしょうか。設問の選択肢に多少迷うものが数問あるものの、ほとんどの設問は簡単なので、高得点が狙いやすいと思います。

設問パターンとしては、
・文中の(  )に入れる英単語を選択肢の中から選ぶ問題
・指定された英単語と似た意味を持つ英単語を選択肢の中から選ぶ問題
・段落ごとに内容に関する質問
・本文にタイトルを付けるならどのタイトルが最適か?
などが出ています。

【時間配分】

長文2題を60分で解きなさいという形式ですが、長文2つとも難易度は低めなので60分という時間は妥当だと思います。時間配分の目安は以下の通りです。大問1の方が文章が長いので、時間配分は大問1に少し多めに取って良いでしょう。

大問1:35分
大問2:25分

【一般入試】
学部別の一般入試の英語に関しては、特に法学部や情報コミュニケーション学部や文学部の英語は難解だと思うので、それらの学部を受験する方は過去問をしっかり解いて英語対策を万全にしておきましょう。

じゅけラボの大学受験対策講座の特徴
明治大学の学部別受験対策へ

【全学部統一入試の数学】
2017年度の数学ⅠAⅡBの入試問題は、大問3問で構成されています。
全問マーク式で、試験時間は60分です。
出題傾向としては、大問1は小問4つで構成されており、単元はそれぞれ「漸化式」「確率」「対数と三角関数の方程式」「分散と標準偏差」でした。
大問2は関数の問題で、接線や極値が絡んできます。
大問3は平面ベクトルの問題でした。
標準的な難易度ではありますが、60分では時間が足りない可能性があるので、時間配分に気を付けましょう。

【全学部統一入試の国語】
全問マーク式で試験時間は60分です。
現代文2題と古文1題で構成されています。

【学部別の一般入試の国語】

マーク式問題が大半ですが、記述問題も所々に交ざっています。
特に政治経済学部・商学部・経営学部・国際日本学部などでは数十字程度の文字数で記述させるタイプの問題が1題出ることが例年の傾向なので、それらの学部を受ける方は記述対策もしておきましょう。
文学部では独立した漢文問題が出るので、文学部志望の方は漢文対策も必須となります。
漢字問題に関しては、特別な対策をするというよりもセンター試験レベルの漢字を押さえておくことが重要です。

明治大学理工学部の物理の入試問題は、全問マーク式で、大問3問(解答欄は計25問ほど)で構成されています。化学も大問3問で構成されており、物理と化学の計6問の中から好きな3問を選択して解くという形になっています。ちなみにもし4問解いてしまうと、全て無効になってしまうので気を付けましょう。
明治大学理工学部の物理では「力学的エネルギーの保存」「円運動」「単振動」「はね返り係数」「力のつり合い」「ローレンツ力」「気体の状態方程式」「ボイル・シャルルの法則」あたりが頻出と言えるので、これらの単元は特にしっかり学習しておくと良さそうです。
やや難しい問題が出ることもあるので、教科書よりもう少し難しいレベルの問題を解けるくらいの力を目指しましょう。

明治大学理工学部の化学の入試問題は、マーク式と記述式の併用で、大問3問(解答欄は計44問ほど)で構成されています。物理も大問3問で構成されており、物理と化学の計6問の中から好きな3問を選択して解くという形になっています。ちなみにもし4問解いてしまうと、全て無効になってしまうので気を付けましょう。
明治大学理工学部の化学では「電池の電極反応と量的関係」「混合気体と分圧」「個体の溶解度」「原子量・分子量・式量」「沸点上昇・凝固点降下、浸透圧」「多糖類」「アルコールとエーテル」あたりが頻出と言えるので、これらの単元は特にしっかり学習しておくと良さそうです。
一部記述式の問題もあるので、化学式や化学反応式や構造式を書けるように対策しておきましょう。

じゅけラボの大学受験対策講座の特徴
明治大学の学部別受験対策へ

明治大学法学部の日本史の入試問題はマーク式と記述式の併用であり、大問4問(小問計40問)で構成されています。10~15字程度で述べなさいというタイプの記述問題が例年1~2問は出てくるので、ただ単に語句を暗記するだけではなく、制度や事件の背景を理解しておく学習が求められます。漢字で書きなさいという問題も多いので、人物名や用語を必ず漢字で書けるようにしておきましょう。「ファシズム」「十五年戦争」「大正デモクラシー」「近代の政治」あたりの単元は頻出と言えるので、特に要チェックです。

明治大学政治経済学部の日本史の入試問題はマーク式と記述式の併用であり、大問4問か5問(小問計40問の場合がほとんど)で構成されています。80字~100字以内で書きなさいというような記述問題が毎年出ているので、長めの文を書く力が求められます。また、史料を読んで設問に答えなさいというタイプの問題が頻出なので、普段から様々な史料にふれておいた方が有利だと思います。

明治大学商学部の日本史の入試問題はマーク式と記述式の併用であり、大問4問(小問計40問)で構成されています。マーク式20問、記述20問と毎年決まっており、問題パターンは例年同じなので過去問を解いて傾向に慣れておきましょう。近現代から出題されることがかなり多いので、近現代の政治や運動については特に意識して勉強しておきましょう。

明治大学文学部の日本史の入試問題はマーク式と記述式の併用であり、大問5問(小問計50問)で構成されています。まず特徴としては、毎年史料を読んで答えるタイプの問題が必ず出ていますので、普段から史料に慣れておいた方が良いですね。また、○○の理由を簡潔に述べなさいというタイプの記述問題も毎年出ているので、用語の丸暗記ではなく出来事の背景をしっかり理解しておくことが大切です。

明治大学経営学部の日本史の入試問題はマーク式と記述式の併用であり、大問3問(小問計40~44問ほど)で構成されています。2015年度~2017年度のココ3年はほぼ全て近現代から出ているので、近現代の単元を徹底的に勉強しておいた方が良いです。史料を読んで答える問題も必ず出題されているので、史料対策も心掛けておきましょう。マークと記述の併用ですが、ほぼほぼマーク式です。人物名は漢字で書けるようにしておきましょう。

明治大学法学部の世界史の入試問題はマーク式と記述式の併用であり、大問4問(小問計40問)で構成されています。大問1と大問2は全て記述式で、大問3と大問4は全てマーク式となっております。ヨーロッパ・中国・近代から頻出ですが、アジア史や古代アメリカなど幅広く対策しておく必要があります。かなりマニアックな人物名や用語も出てくるので、特に記述式の大問1&2は細部まで世界史を勉強している人じゃないと解けない問題も多いと思います。

明治大学政治経済学部の世界史の入試問題はマーク式と記述式の併用であり、大問4問(小問計30問ちょっと)で構成されています。
最大の特徴は問4の記述問題。指定された用語を使いながら250~300字くらいの長い文章を書かないといけないので、出来事の背景をしっかり理解しながら勉強しておかないと歯が立ちません。出題分野はヨーロッパや中国はもちろんのこと、朝鮮や東南アジアやアメリカなど幅広く出題されています。結構マニアックな用語も飛び交うので、細かい世界史知識が求められます。

明治大学商学部の世界史の入試問題はマーク式と記述式の併用であり、大問5問(小問計46問)で構成されています。大問1&2は全て記述式、大問3&4は全てマーク式、大問5は3行以内で記述する問題です。テーマ史がかなり頻出となっているので、宗教や政治や文化などの対策を意識して学習しましょう。

明治大学文学部の世界史の入試問題はマーク式と記述式の併用であり、大問4問(小問計50問)で構成されています。マーク式と記述式の割合はだいたい半々くらいです。テーマ史が頻出となっているので、宗教関係や民族関係などテーマ史対策を心掛けましょう。標準難易度の問題も十分あるので、まずは教科書レベルの知識を幅広く身に付けましょう。

明治大学政治経済学部の地理の入試問題はマーク式と記述式の併用であり、大問4問(小問計35問前後くらい)で構成されています。50字以内や80字以内で論述しなさいというタイプの問題が1|~2問は出ます。難易度的には標準からやや難といったところでしょうか。

明治大学商学部の地理の入試問題はマーク式と記述式の併用であり、2016年~2017年度は大問5問(小問計46問)で構成されています。大問1&2は記述式で、大問3&4はマーク式です。大問5は記述問題で、サヘルにおける砂漠化進行についてや、混合農業について3行以内で説明しなさいというタイプの問題でした。2015年度以前の傾向とは少し変化があるので、2018年度以降もちょくちょく変化が加わる可能性があるかもしれません。

明治大学政治法学部の政治経済の入試問題はマーク式と記述式の併用であり、大問4問(小問計39問)で構成されています。2016年度は違憲立法審査権に関して70字以内で説明する問題が、2017年度はアダム・スミスの「見えざる手」について70字以内で説明する問題が出ています。

明治大学政治経済学部の政治経済の入試問題はマーク式と記述式の併用であり、大問4問(小問計40問)で構成されています。教科書レベルの基本的知識を問う問題が各大問の序盤に出てくるので、それらをなるべく多く正解しておきたいところです。

明治大学の学部別の受験対策はこちらです。

明治大学合格のための受験対策カリキュラム・学習計画を提供します

明治大学合格を目指す受験生のあなたへ。ただがむしゃらに勉強をしても明治大学に合格することはできません。明治大学合格のためには、今の学力から明治大学に合格するために必要な学習、教科・入試科目ごとの入試傾向と対策を踏まえた学習をする必要があります。

実は多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。また、受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強方法で勉強を進めることが重要です。

じゅけラボの受験対策では、まず学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合った学習内容からスタートして明治大学に合格するために必要な学習内容と学習計画でカリキュラムを作成し、入試科目別に正しい勉強法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。また、入試科目ごとに正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。

大手予備校とじゅけラボの料金・サービス比較はこちら
じゅけラボ予備校の料金はこちら

「明治大学に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ

模試の結果が悪かった、E判定だったことで「明治大学に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の学力から明治大学に合格するための最短のカリキュラムを提供します。また、「高3の8月から勉強を始める場合」「高3の9月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

科目別の受験対策を始めるのが遅くても明治大学に合格できる?

明治大学を目指す受験生から、「夏休みや8月、9月から勉強に本気で取り組んだら明治大学に合格できますか? 「10月、11月、12月の模試で明治大学がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

勉強を始める時期が10月以降になると、現状の偏差値や学力からあまりにもかけ離れた大学を志望する場合は難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

仮に受験直前の10月、11月、12月でE判定が出ても、明治大学に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、明治大学合格に向けて全力でサポートします。

明治大学を受験するあなた、合格を目指すなら今すぐ行動です!

明治大学の科目別受験対策ならじゅけラボ予備校

大学別の対策については
こちらから検索できます。



地域別大学一覧はこちら


北海道・東北
関東
東海・甲信越
近畿
中国・四国
九州・沖縄

大手予備校を超える高品質カリキュラムが業界最安値

  • 入会金無料

    入会金無料

  • 追加料金なし

    追加料金なし

  • 全科目対策で一律料金

    全科目対策で
    一律料金