福岡大学人文学部対策
福岡大学人文学部合格を目指す
受験生のための

オーダーメイド受験対策
カリキュラム

福岡大学人文学部はどんなところ?

福岡大学人文学部には多様な分野を専門とする約130人の教員が在籍し、1年次から4年次まで少人数のゼミ形式の授業を開設。学生自身が考え、発言する場を多く設けています。また、ゼミ活動や卒業論文作成の中で、溢れんばかりの情報の真偽を見極める力を高めていきます。さらに、第二外国語を必修としており、日本語に加えて2つの言語に接することで、言葉の本質を捉え、日本語や日本への理解を深めることができます。他にも、学部独自の交換留学や認定留学の制度を整えたり、交換留学生と共に学ぶ授業を設けたりと、国際社会を意識した教育にも力を入れています。

[人材養成の目的]
人文学部は、広範な一般教養を身に付けると同時に、すべての学問の基礎となる人文学諸分野の専門知識を修得し、他者との関係への配慮や自由と責任に基づく倫理観を備えた人間を育むことを教育理念とする。この理念に基づき、社会人として人間の精神と社会のあり方を多様な価値観の中で総合的に捉え、高度技術社会において人間の原点に立って行動できる人材を養成すること、及び外国語学習を通して異文化を理解し、日本と世界を結ぶコミュニケーション能力を持った国際人を養成することを目的とする。

■取得可能な資格
小学校教諭一種
学芸員(任用)

■進路について
企業、教員、進学、公務員など

福岡大学人文学部の学費

 

  入学金 授業料(前期) 授業料(後期)
人文学部 190,000 365,000 365,000
理・工学部 240,000 690,000 690,000
医学部(医学科) 1,000,000 530,000 230,000
医学部(看護学科) 270,000 755,000 755,000
薬学部 400,000 820,000 820,000
スポーツ科学部 300,000 575,000 575,000

福岡大学人文学部の所在地

▼福岡大学 七隈キャンパス
〒814-0180
福岡市城南区七隈八丁目19-1

福岡大学人文学部の周辺地図

福岡大学人文学部の受験対策 学習のポイント・勉強法

福岡大学の人文学部文化学科の合格最低点は400点中242点でセンター試験の得点率は6~8割です。
ですので、センター試験で出題される様な基礎的な問題を確実に解けるようにしましょう。

福岡大学人文学部の受験情報

【人文学部】
人文|文化、教育・臨床心理、ドイツ語、フランス語、東アジア地域言語/系統別日程
個別学力試験 3教科(400点満点)
【国語】国語総合(漢文を除く)(150)
【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
《地歴》世B・日B・地理Bから選択(100)
《公民》政経(100)
《数学》数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)
●選択→地歴・公民・数学から1
人文|歴史/系統別日程
個別学力試験 3教科(400点満点)
【国語】国語総合(漢文を除く)(100)
【地歴】世B・日B・地理Bから1(200)
【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(100)
人文|日本語日本文/系統別日程
個別学力試験 3教科(400点満点)
【国語】国語総合(漢文を除く)(200)
【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(100)
《地歴》世B・日B・地理Bから選択(100)
《公民》政経(100)
《数学》数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)
●選択→地歴・公民・数学から1
人文|英語/系統別日程
個別学力試験 3教科(400点満点)
【国語】国語総合(漢文を除く)(100)
【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(200)
《地歴》世B・日B・地理Bから選択(100)
《公民》政経(100)
《数学》数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)
●選択→地歴・公民・数学から1
人文|歴史/前期
個別学力試験 3教科(300点満点)
【国語】国語総合(漢文を除く)(100)
【地歴】世B・日B・地理Bから1(100)
【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(100)
人文|歴史以外/前期
個別学力試験 3教科(300点満点)
【国語】国語総合(漢文を除く)(100)
【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(100)
《地歴》世B・日B・地理Bから選択(100)
《公民》政経(100)
《数学》数I・数A・数II(100)
●選択→地歴・公民・数学から1
人文|文化、教育・臨床心理/後期
個別学力試験 2教科(200点満点)
《国語》国語総合(漢文を除く)(100)
《数学》数I・数A・数II(100)
《外国語》コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(100)
●選択→国語・数学・外国語から2
人文|歴史、東アジア地域言語/後期
個別学力試験 2教科(200点満点)
【国語】国語総合(漢文を除く)(100)
【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(100)
人文|日本語日本文/後期
個別学力試験 2教科(200点満点)
【国語】国語総合(漢文を除く)(120)
《数学》数I・数A・数II(80)
《外国語》コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(80)
●選択→数学・外国語から1
人文|英語/後期
個別学力試験 2教科(200点満点)
【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(120)
《国語》国語総合(漢文を除く)(80)
《数学》数I・数A・数II(80)
●選択→国語・数学から1
人文|ドイツ語、フランス語/後期
個別学力試験 2教科(200点満点)
【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(100)
《国語》国語総合(漢文を除く)(100)
《数学》数I・数A・数II(100)
●選択→国語・数学から1

福岡大学人文学部 入試科目別受験対策・勉強法

福岡大学人文学部の英語の出題傾向と対策は以下の通りです。

◆医学部医学科以外◆
すべての基本は単語と熟語!
単語を覚えることは英語学習の基本である。信頼のおける単語集や熟語集を1冊きちんと仕上げておこう。単にひたすら書いて覚えるというよりも、掲載されている例文を利用して、文脈のなかで日本語の意味が言えるかどうかをチェックすることから始めるとよいまた、〔IV〕の発音・アクセント問題の対策も兼ねて、日頃から単語は声に出して発音する癖をつけておこう。

文法をおろそかにしない!
〔I〕〔III〕〔V〕の各設問では基本的な英文法の運用力が試されている。応用レベルのものも見られるが、まずは標準レベルの設問で失点をできるだけ少なくすることが合格への近道である。難しいように思える問題に対しても、品詞の役割をはじめとする基本的な文法の知識が有効である。基本をおろそかにせず、それを活用する練習を積んでおきたいものだ。

和訳の練習が〔I〕〔II〕の鍵!
〔I〕で問われているのは単語と熟語と文法の標準的な知識である。日頃から文構造などを意識し、きちんと取り組んできたかどうかで大きく差がつく。まずは教科書レベルの英文から始め、実際に日本語を書いて、地道に和訳の練習をやっておこう。それは〔II〕の長文問題に対処する英文読解力を身につけることにもなる。

長文は8割正解を狙え!
〔II〕の長文問題では、内容一致であれば4問中3問、空所補充であれば6問中5問正解が目標。内容一致の形式は、長文問題では最も一般的で、解く機会も多いが、1問1問正確に解くことを心がけよう。選択肢が英文の展開に沿っていることを意識すると解きやすい。空所補充形式は、選択肢の形から文法的に解けるものもある。過去問を活用して多くの問題に触れておきたい。

◆医学部医学科◆
2009年度入試から始まった、医学部医学科単独の入試問題だが、2013年度に〔II〕の内容一致問題で選択肢の英文を含めた全体の語数が大幅に増加し、〔I〕の英文和訳とともに内容的にも初めて他学部との難度の違いが見られるようになった。以来〔II〕の総語数にあまり変化はない。2018年度は〔III〕で「適していないもの」を選ばせる問題が2017年度に続き出題されたが、選択肢がすべて適している設問もあり、難度が高いものであった。ただ、求められる得点は変わらず、「ほぼ満点」である。基本的には前述の問題分析や学習アドバイスを踏まえて準備をすればよいが、さらにまんべんなく知識を身につけ、日頃からミスがないように集中して学習することが必要なのはいうまでもない。

福岡大学人文学部の数学の出題傾向と対策は以下の通りです。

基礎・基本は完璧に!
前述の通り、問題の難易度は基礎~標準レベルまでの典型問題を中心に出題されている。数問ほどやや難しく考えさせられる出題もあるが、奇問が出題されることはない。典型問題とはすなわち、解けなければ点差がついてしまう問題でもあるため、確実に解けるだけの数学力をつけておく必要がある。福岡大学では、前述の「図形と方程式」「指数・対数」を筆頭に数学IIからの出題が多いため、苦手な生徒は早めに克服し、得点源にしてほしい。入試対策として、まずは教科書の例題を一通り解いてみるとよい。もし解けなければ、その分野の練習問題や、傍用問題集の基本~標準レベルの類題を繰り返し演習し、苦手な分野を一つひとつ潰していこう。また、その際には、式変形や公式の利用について納得できるまで考え、理解してほしい。何となく問題を解いていては絶対に力はつかない。しっかりと内容を把握したうえで練習することが大切である。このようにして基礎力を充実させたうえで、過去問を解いてみよう。すると、自分がまだ苦手としている分野が見えてくるはずである。次は、その分野を教科書や問題集で補強していくとよい。

計算ミスは致命傷!
全体の2/3が空所補充による解答形式であるため、計算ミスは命取りである。問題文を正しく読み、条件の見落としや題意の誤解がないように注意するのはもちろん、途中計算や各種文字、数学記号は丁寧に書くことを心がけ、積極的に検算を行うなどしてミスを減らしていこう。計算ミスが多い人は、前記のようなことをおこたっている可能性が高い。「次は気をつけよう」だけで済ませず、ミスをした理由にまで着目することが克服の秘訣である。

第3問(記述式)の対策を!
記述式の問題は、微分・積分からの出題が多く、この分野の演習量によって点差がつきやすい。接線や極値を求める問題は基本として、最大・最小や面積を問う問題も確実に解けるようにしておこう。数学IIIからの出題がある学部では、体積の計算、置換積分・部分積分,極限との融合や媒介変数表示などのやや難しいテーマについてもしっかりと学習しておきたい。また、記述式に対応した答案をつくる練習も忘れてはいけない。常日頃から、式変形の過程や公式を適用する根拠をきちんと把握したうえで、ミスなく正確に解けるように繰り返し練習しておこう。疑問に思った箇所は教科書やノートで確認し、それでも不安なところは先生に相談したり、添削してもらうなどして、1問1問を確実に消化していきたい。

福岡大学人文学部の国語の出題傾向と対策は以下の通りです。

大問2、現代文と古文

読解そのものは選択問題が中心。
古文は記述が多少ある。
漢字の書き取り、文学史など知識系統の問題が割りとある。
文章そのものの難易度はそれほど高くはない。
現・古融合で出たこともあるので過去問をしっかりとやっておく。

福岡大学人文学部の日本史の出題傾向と対策は以下の通りです。

時間70分、大問4、マーク選択問題で一部記述

2016年に地図問題あり、難易度は普通。
出題の形式は紛らわしいものを選択させるものや正誤問題など色々な聞かれ方をしても答えられるようにする。
解けそうな問題をミスをせずに解ききれるように。

福岡大学人文学部の地理の出題傾向と対策は以下の通りです。

時間70分、大問4

系統地理の知識を入れた上で地史の形できちんと整理する。
出てくる用語も基礎的なもの。
センターレベルで可。
あいまいな知識を残さないようにする。
記述問題もあるが難易度は高くない。

福岡大学人文学部の政治・経済の出題傾向と対策は以下の通りです。

時間70分、大問3

特徴としては問題文が長い。
用語そのものは難易度は高くない。
形式に慣れるために早めに過去問に触れておく。
記述そのものは字数はそれほど多くはないが数が多い。
時事問題が出やすい。
設問で聞かれていることを元に問題を解く。

福岡大学人文学部合格のための受験対策カリキュラム・学習計画を提供します

福岡大学人文学部合格を目指す受験生のあなたへ。ただがむしゃらに勉強をしても福岡大学人文学部に合格することはできません。福岡大学人文学部に合格するためには、福岡大学人文学部のそれぞれの入試科目のポイントを押さえた勉強をする必要があります。じゅけラボでは以下の3つのポイントに着目した、福岡大学人文学部専用の受験対策カリキュラム・学習計画を提供しています。

  • ポイント1:自分の学力レベルに適した勉強
  • ポイント2:正しい勉強法
  • ポイント3:福岡大学人文学部に合格するために必要な勉強

実は多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。また、受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強方法で勉強を進めることが重要です。

そして、福岡大学人文学部の入試科目の入試問題はどんな傾向があり、どんな受験対策が必要なのかを把握して、必要な勉強に焦点を当てて受験勉強を進めることが必要です。

じゅけラボでは、まず学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合ったカリキュラムを作成し、福岡大学人文学部に合格するために必要な学習計画と正しい勉強方法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。また、福岡大学人文学部の入試科目ごとに正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。

「福岡大学人文学部に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ

模試の結果が悪かった、E判定だったことで「福岡大学人文学部に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の学力から福岡大学人文学部に合格するための最短のカリキュラムを提供します。また、「高3の8月から勉強を始める場合」「高3の9月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

受験勉強を始めるのが遅くても福岡大学人文学部に合格できる?

福岡大学人文学部を目指す受験生から、「夏休みや8月、9月から勉強に本気で取り組んだら福岡大学人文学部に合格できますか? 「10月、11月、12月の模試で福岡大学人文学部がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

勉強を始める時期が10月以降になると、現状の偏差値や学力からあまりにもかけ離れた大学を志望する場合は難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

仮に受験直前の10月、11月、12月でE判定が出ても、福岡大学人文学部に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、福岡大学人文学部合格に向けて全力でサポートします。

福岡大学人文学部を受験するあなた!合格を目指すなら今すぐ行動です!

福岡大学の他の学部

福岡大学の受験情報・受験対策はこちら
じゅけラボの大学受験対策講座の特徴

大学別の対策については
こちらから検索できます。



地域別大学一覧はこちら


北海道・東北
関東
東海・甲信越
近畿
中国・四国
九州・沖縄