長崎大学,長大入試科目別対策
長崎大学,長大の科目別の入試傾向・勉強法・受験対策
について説明します。

長崎大学の英語の出題傾向と対策は以下の通りです。

読解力 – やや難
読解力 – 標準
文法・語法 – 標準
表現力 – 標準

長崎大学の二次試験の英語は、様々な形式の設問が用意されているのが特徴。
長文の中でも和訳や語句の記述問題、指示語を明らかにする問題、英語で回答する問題など、色々な設問があります。
また自由英作文も出題されるので、英語力を総合的に鍛えておかなければいけません。
長文においても小説、随筆が出題されることもあるので、色々なジャンルの長文を読みこんでおきましょう。
長文3題と語彙問題、自由英作文。
医学部、医学部、環境科学部、工学部、医学部、歯学部、薬学部、水産学部、多文化社会学部と多くの学部がありますが、どの学部も問題は共通。
多文化社会学部のみ、少しだけ問題形式が変わることがありますが、あまり気にする必要はありません。
自由英作文が2題出題される年と、1題が語彙問題になる年、3題とも出題される年と、3つのパターンがあります。
長文3題、語彙問題1題、自由英作文2題の合計6題という形式に照準を合わせておけばOKですね。
110分という時間制限の中で、これだけの問題量を解かなければいけないわけですから、「自由英作文をいかに時間をかけずに書き上げるか」がカギ。

長文の対策法
長崎大学の長文は、文章量は多いですが、内容自体はさほど難しくありません。
1文1文を丁寧に読み取る力を身につけ、後は長文をたくさん読んでスピードアップしていくだけです。
左から右へ正確かつスピーディに英文を読めるようにしていきましょう。
文1文を正確に読み取るためには、文構造をしっかりととらえて、正しく訳せるようにしなければいけません。
まずは5文型を理解して、どれが主語で述語で、目的語で、修飾はどこにかかっているかというのを、素早く理解できるようにしましょう。
そうすれば英文を正確に読めるようになっていきます。
ファーストステップとしてはまず、ペンを使って自分で英文に文構造をたくさん振ること。
精読ができるようになれば、長崎大学で頻出の和訳問題や指示語問題、日本語で回答する問題にも答えられるようになります。

英作文の対策法
長崎大学の英語長文では、英語で答えさせる問題が多く出題されます。
自由英作文も出題されますから、英文を書く力は徹底的に鍛えておきましょう。
ステップとしては、まずは典型的な構文を含んだ英文を書けるようにしてから、自分で頭に浮かべたことを、英語で書けるようにしていきます。
典型的な構文を含んだ英文を書けるようにするためには、例文ごと暗記してしまうのが効率的。
構文を覚えたは良いけれど、その構文を使った英文を書けとなると、なかなか難しいので、例文ごと覚えてしまった方が良いんです。
典型的な構文を含んだ英作文は色々な大学で頻出ですから、例文を暗記すればグッと英作文の力が上がります。
頻出の英文を書けるようになったら、自分で頭に浮かべたことを、英語で書き出せるようにしましょう。
長崎大学では自分の意見を、英語で書かせる問題も出題されますからね。
トレーニング方法としては、普段の生活の中で頭に浮かべた日本語を、「これを英語ならどう表現するんだろう」と考えること。
そして自分で英語にするのが難しかった内容を、スマホなどのメモ帳に日本語でメモしておきましょう。
寝る前にその日本語の英訳を確認して、ノートに書いてください。
このトレーニングを毎日繰り返すことで、自分の頭に浮かべたことをどんどん英語で書けるようになっていきます。

語彙問題の対策法
長崎大学では、語彙問題が出題されることもあります。
英文の熟語や単語に下線が引かれ、同じ意味の語句を選ぶ問題です。
この問題に対応するためには、英単語や英熟語を覚えておくのは当然。
それだけでなく、1語に対して複数の訳を覚えるようにしましょう。
長崎大学の語彙問題では、ややマニアックな訳が問われやすい傾向にあります。
日ごろから複数の訳を覚えるよう心掛けておけば、得点を稼ぐポイントになるでしょう。

自由英作文の対策法
長崎大学の自由英作文問題は150語~200語程度と、語彙数が多いのが特徴。
基本的には問われたことに対して、理由を挙げながら自分の意見を述べる問題です。
制限時間を考えると、自由英作文はできる限りスピーディに終わらせたいところ。
形式はほとんど同じですから、「主張とその理由」を書くためのテンプレートを用意しておきましょう。
後はテーマに合わせて、テンプレートに内容を埋めていくようなイメージです。
あとはどんどん過去問で演習していきましょう。

じゅけラボの大学受験対策講座の特徴
長崎大学,長大の学部別受験対策へ

長崎大学の数学の出題傾向と対策は以下の通りです。

微分法と積分法 関数の増減・極値 基礎
微分法と積分法 微分法の方程式への応用 基礎
数列 いろいろな数列 基礎
ベクトル 平面ベクトルの内積 標準
ベクトル ベクトルと図形(平面) 標準
三角関数 三角関数の基本性質 基礎
三角関数 加法定理とその応用 基礎
微分法と積分法 面積 標準
指数関数と対数関数 指数・対数方程式 基礎
微分法 微分係数 基礎
微分法の応用 速度・加速度 標準
積分法の応用 面積 標準
複素数平面 複素数の図形への応用 標準
積分法の応用 数列との融合 標準

試験時間は120分で、大問8つから指定された4つを選びます。
微分・積分が最もよく出題されます。
毎年といっても良いでしょう。
次にベクトル、数列。ベクトルを含め図形を扱った問題も多いです。
複合的な問題も多いため幅広い範囲からの出題と言えます。
ただし場合の数・確率の分野からの出題はほとんどありません。
形式としては証明問題も多く、図示の問題もあります。
難易度は標準的な問題ですが計算量が多い問題もあります。
全てを解くのはよほど計算力がないと時間的に厳しいでしょう。

対策&勉強法
①まずは教科書や数学の基礎が学べる参考書で基礎を身につけましょう。
証明問題も多いため、公式や定理は証明を含めしっかり理解することが大切です。
この時点で志望校が長崎大学工学部に決まっているのであれば、もう場合の数・確率はあまりやらなくて良いでしょう。
数学においてこれは一大分野ではありますが、ここではあまり出題されませんし、他の分野とも絡めにくい問題です。
ただし、いざ他の大学に切り替える際に支障が出る可能性が高いので全くやらないわけにもいきません。

②まずは一年分過去問を解きましょう。
実際の難易度や自分の実力を把握するためです。
簡単な部分も解けない場合はもう一度基礎を固めてください。
ある程度通用する場合は試験の難易度も多少は把握できると思うので、それを踏まえて問題集を使用します。
長崎大学の問題は小問集合を除き複数の分野を混ぜたものがほとんどです。
また、一つの大問で(1)から(4)以上の長丁場になる問題もあります。
よって、問題が短かったり、分野がきっちり分断されている問題集だと実際の試験とはかなり勝手が違うということになります。
そのため、実際の入試問題を使用していて、難しすぎず標準的、典型的な問題を乗せているものが良いです。
多くの問題集を使用する必要はありません。
センター試験や他の教科との兼ね合いもとって、少なくとも2〜3周はできる分の問題集で十分です。
わからない問題を解答を見ずに自力で何十分も考え続けるのはやめましょう。
特に典型的な問題では解法の理解と、それを身に付けることが大切です。

③図示が求められたり、計算力を問われる問題もありますから、自力でできる場合には図示や計算は怠らないようにしましょう。
そうすることで計算力を高めたり、スムーズに図示をすることに慣れていきます。
計算ミスがあればメモを取って確認できるようにしておくと良いです。
ベクトルや数列などとの複合で図形に関する問題もよく出題されるので、フリーハンドでの作図や読み取りがスムーズにできるようになっておいてください。
とくに正十二角形や正四面体など規則的な図形が多いです。

④問題を解くときには本番に備えて時間をはかると、時間を決めて解くことに慣れることができます。
実際の試験時間を考慮して30分前後がおすすめです。
もちろんまったくといってよいほど手がつけられない場合に30分悩み続ける必要はありません。

⑤試験の直前は、特に微分・積分が大切です。
典型問題がスラスラ解けるかどうか、計算に手間取ったりミスが多かったりしないか復習しましょう。
この範囲は多くの大学で頻出の分野なので志望校が完全には定まってなくても演習する価値は十分にあります。
余力があればベクトル、数列に関しても同様にやってください。

長崎大学の国語の出題傾向と対策は以下の通りです。

現代文 志賀泉 標準
古文 阿仏尼 やや難
漢文 文海披沙 標準

大問が3つで100分。現代文、古文、漢文が1題ずつ。

<現代文>
現代文の特徴は小説が出るという点。
他の国公立に比べて記述問題が少なめで選択問題が多い。
小説を読んで記述できるように練習する。
漢字の読み書き、接続詞もできるようにしましょう。

<古文・漢文>
文章としては古文が長め、漢文が短め。
記述(訳、説明)が少なめ、文法などの知識的な問題多め。
文学史の問題が多めで時代や関連テーマなども一緒に覚える。
過去問をしっかり見て、どの様な点が要求されるか把握する。
難易度としてはそれほど高くないが、やっていないと解けない問題。

長崎大学の物理の出題傾向と対策は以下の通りです。

力と運動 単振動 標準
電気と磁気 電場・電位・電気力線 標準
電気と磁気 コンデンサーを含まない直流回路 標準
電気と磁気 半導体,ダイオード 標準
波動 ドップラー効果 やや難
波動 光の回折と干渉 やや難
熱 気体の状態方程式,ボイル・シャルルの法則 標準
熱 熱力学第1法則 標準
原子 放射線の性質,単位 標準

時間は80分、医学部のみ理科2科目で160分。大問4題。
図を使う構成になっているので図を絡めた読み取りが必要。
論述や図を描く問題あり。
問題数としては多め。

長崎大学医学部の化学の出題傾向と対策は以下の通りです。

原子の構造 原子の構造に関する総合 標準
金属のイオン化傾向と電池 金属のイオン化傾向 標準
酸化と還元 酸化・還元に関する総合 標準
金属のイオン化傾向と電池 金属のイオン化傾向と電池に関する総合 標準
電気分解 ファラデーの法則 標準
典型元素とその化合物 2族元素とその化合物 標準
化学反応の速さ 化学反応の速さに関する総合 標準
化学平衡 化学平衡に関する総合 標準
芳香族化合物の反応 芳香族化合物の反応に関する総合 標準
芳香族化合物の反応 芳香族カルボン酸と誘導体 標準
芳香族化合物の反応 芳香族アミンと誘導体 標準
天然有機化合物 単糖類,二糖類 標準
天然有機化合物 多糖類 標準
天然有機化合物 アミノ酸 標準

2科目で160分。大問5題。
暗記・知識問題(実験に使うものなど)が多めなので全体的な基礎知識の入れ直しが必要。
難易度としては標準。
時間が足りなくなることは考えにくい。

長崎大学医学部の生物の出題傾向と対策は以下の通りです。

免疫(生体防御) – 基礎
光合成の反応 – 標準
呼吸 – 標準
生殖法 – 標準
性と遺伝 – 標準
植物の成長と運動(膨圧運動) – 基礎
植物ホルモン – 基礎
生態系の多様性・平衡と保全 – やや難

時間2科目で160分。大問が6題。
問題量は多めなので、理科の中では時間は厳しめ。
問題文が長く図の量も多い。
聞いてくる知識は基礎的なもの。
論述は一つ一つは長くないが数が多め。
図を描く問題もあり。
実験の読み取りが出来るかが鍵。

じゅけラボの大学受験対策講座の特徴
長崎大学,長大の学部別受験対策へ

長崎大学,長大の学部別の受験対策はこちらです。

長崎大学,長大合格のための受験対策カリキュラム・学習計画を提供します

長崎大学,長大合格を目指す受験生のあなたへ。ただがむしゃらに勉強をしても長崎大学,長大に合格することはできません。長崎大学,長大合格のためには、今の学力から長崎大学,長大に合格するために必要な学習、教科・入試科目ごとの入試傾向と対策を踏まえた学習をする必要があります。

実は多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。また、受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強方法で勉強を進めることが重要です。

じゅけラボの受験対策では、まず学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合った学習内容からスタートして長崎大学,長大に合格するために必要な学習内容と学習計画でカリキュラムを作成し、入試科目別に正しい勉強法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。また、入試科目ごとに正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。

大手予備校とじゅけラボの料金・サービス比較はこちら
じゅけラボ予備校の料金はこちら

「長崎大学,長大に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ

模試の結果が悪かった、E判定だったことで「長崎大学,長大に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の学力から長崎大学,長大に合格するための最短のカリキュラムを提供します。また、「高3の8月から勉強を始める場合」「高3の9月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

科目別の受験対策を始めるのが遅くても長崎大学,長大に合格できる?

長崎大学,長大を目指す受験生から、「夏休みや8月、9月から勉強に本気で取り組んだら長崎大学,長大に合格できますか? 「10月、11月、12月の模試で長崎大学,長大がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

勉強を始める時期が10月以降になると、現状の偏差値や学力からあまりにもかけ離れた大学を志望する場合は難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

仮に受験直前の10月、11月、12月でE判定が出ても、長崎大学,長大に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、長崎大学,長大合格に向けて全力でサポートします。

長崎大学,長大を受験するあなた、合格を目指すなら今すぐ行動です!

長崎大学,長大の科目別受験対策ならじゅけラボ予備校

大学別の対策については
こちらから検索できます。



地域別大学一覧はこちら


北海道・東北
関東
東海・甲信越
近畿
中国・四国
九州・沖縄

大手予備校を超える高品質カリキュラムが業界最安値

  • 入会金無料

    入会金無料

  • 追加料金なし

    追加料金なし

  • 全科目対策で一律料金

    全科目対策で
    一律料金