奈良女子大学入試科目別対策
奈良女子大学の科目別の入試傾向・勉強法・受験対策
について説明します。

奈良女子大学の英語の出題傾向と対策は以下の通りです。

【傾向】
奈良女子大学の英語の試験は、「Ⅰ 英文和訳」、「Ⅱ 和文英訳」、「Ⅲ 長文読解(和訳、内容理解を問う設問)」から構成されています。
問題形式は毎年この形式で出題されており、傾向はつかみやすいため、対策は立てやすいと言えます。
対策が立てやすい一方で、「Ⅰ 英文和訳」については、英文の構造を正確に理解して日本語に訳す力が必要となり、「Ⅱ 和文英訳」についても、日本語で書かれた本の一部分を英訳するための柔軟性、「Ⅲ 長文読解」は読解の正確性が要求されます。
なお本学は、ホームぺージにて個別学力検査 採点・評価基準を公開しているため、過去問を解くことに加え、どのような解答を求められているかを理解して試験に臨むことが重要と言えます。

【対策】
英文和訳

対策としては、英文法の基礎学習に加えて、英文の構造理解の練習が有効となります。
英文を区切ったり、記号を付けて構造を説明する参考書を選び、練習を繰り返し行い、難しい英文が出てきても、冷静に分析できる力が必要になります。
例えば、2017年度の出題から一部分を抜粋しますと、和訳にあたり、「the stubbornness」に対する述語は何なのかを理解することがポイントとなります。

It’s also sad because the stubbornness it takes to keep our heart and mind closed to everything other than our own point of view creates a great deal of inner stress.

つまり、英文を次のように構造分解して訳す必要があります。

・It’s also sad / because それもまた悲しい、なぜならば、

・the stubbornness(S) creates(V) a great deal of inner stress 頑固さが多大な内面の緊張を生み出すから

・it takes to keep our heart and mind closed to everything other than our own point of view ※頑固さの説明部

また、本学では、『文章全体の趣旨、論理をふまえた訳文、意味の通じる自然な日本語』というのも採点ポイントですので、ロボットのような訳はなく、日本語として成り立っているかも重要となります。
和文英訳

例年、日本語で書かれた書籍の一部分を英訳するように求められる設問になります。
つまり、英訳することを前提に書かれていない文章(きわめて日本語的な文章)を英訳することになります。
本学では、英語の語彙力を試しているわけではなく、日本語を英語にする柔軟性、英語に訳しにくい表現を言い換える柔軟性や応用力を持っているかをテストしており、本学がいうところの『日本語の内容を的確につかんだ上で、英語らしい文章に置き換えることができているか。』というポイントになります。

例として、2014年度の出題から一部分を抜粋しますと、「無理せず、背伸びせず、自分のほんとうの姿を見極めよう。」という日本語を訳す問題が出題されています。

この場合、そのまま訳すのではなく、「無理をせず=頑張りすぎない=やりすぎない ≒ without trying too hard / forcing ourselves / pushing ourselves」というように、意味を大きく逸脱しない範囲で、自分が知っている英語の表現、自分が考え付く表現に言い換えることも必要になります。

テキストを選ぶ際は、単純な英訳問題集よりも、同時に構文も勉強できるようなものがよいです。
長文読解

出題される英文はそれなりの長さであるため、重要な箇所を見落とさずに、大まかに意味をとらえて問題を解いていく必要があります。
出題形式は和訳や該当箇所の説明になりますので、必要以上にすべての文章を詳細に読み込もうとして、時間を費やすよりも、メリハリをつけて必要なポイントを読み込む練習が必要となります。
本学でいうところの、『本文の内容を理解したうえで、当該箇所を正しく解釈し、指示に従ってわかりやすく説明がなされているか。』というポイントになります。
勉強方法としては、むやみに速度を上げるような勉強法ではなく、英語長文の特徴を理解して、効率よく解答を導く手法を説明している参考書が有効になります。

じゅけラボの大学受験対策講座の特徴
奈良女子大学の学部別受験対策へ

奈良女子大学の数学の出題傾向は以下の通りで対策は準備中です。

数と式 必要条件・十分条件 標準
ベクトル ベクトルと図形(平面) 標準
場合の数と確率 条件つき確率 標準
微分法の応用 接線と法線 標準
積分法の応用 面積 標準
図形と方程式 直線の方程式 標準
三角関数 加法定理とその応用 標準
図形と方程式 不等式の表す領域 標準
数列 いろいろな数列 標準
整数の性質 ユークリッドの互除法 標準

奈良女子大学生活環境学部の国語の出題傾向は以下の通りで対策は準備中です。

2018年度

現代文 澤野雅樹 やや難
古文 松陰日記 標準
漢文 冥報記 標準

奈良女子大学生活環境学部の物理の出題傾向は以下の通りで対策は準備中です。

力と運動 質点の力のつり合い やや難
力と運動 力のモーメントのつり合い やや難
電気と磁気 コンデンサーを含む直流回路 やや難
電気と磁気 コンデンサーのエネルギー やや難
原子 光電効果・光の粒子性 標準

奈良女子大学生活環境学部の化学の出題傾向は以下の通りで対策は準備中です。

遷移元素とその化合物 遷移元素の性質 標準
化学平衡 溶解度積 標準
化学平衡 平衡定数 標準
合成高分子化合物 重合反応 標準

奈良女子大学生活環境学部の生物の出題傾向は以下の通りで対策は準備中です。

心臓と循環系 – 標準
血液の成分と機能(血液凝固・ヘモグロビン) – 標準
分類法(二名法・階層分類) – 標準
動物の系統と分類(原生動物) – 標準
光合成の反応 – 標準
生命の起源(共生説) – 標準
植物の系統と分類(藻類) – 標準
3ドメイン説 – 標準

じゅけラボの大学受験対策講座の特徴
奈良女子大学の学部別受験対策へ

奈良女子大学の学部別の受験対策はこちらです。

奈良女子大学合格のための受験対策カリキュラム・学習計画を提供します

奈良女子大学合格を目指す受験生のあなたへ。ただがむしゃらに勉強をしても奈良女子大学に合格することはできません。奈良女子大学合格のためには、今の学力から奈良女子大学に合格するために必要な学習、教科・入試科目ごとの入試傾向と対策を踏まえた学習をする必要があります。

実は多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。また、受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強方法で勉強を進めることが重要です。

じゅけラボの受験対策では、まず学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合った学習内容からスタートして奈良女子大学に合格するために必要な学習内容と学習計画でカリキュラムを作成し、入試科目別に正しい勉強法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。また、入試科目ごとに正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。

大手予備校とじゅけラボの料金・サービス比較はこちら
じゅけラボ予備校の料金はこちら

「奈良女子大学に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ

模試の結果が悪かった、E判定だったことで「奈良女子大学に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の学力から奈良女子大学に合格するための最短のカリキュラムを提供します。また、「高3の8月から勉強を始める場合」「高3の9月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

科目別の受験対策を始めるのが遅くても奈良女子大学に合格できる?

奈良女子大学を目指す受験生から、「夏休みや8月、9月から勉強に本気で取り組んだら奈良女子大学に合格できますか? 「10月、11月、12月の模試で奈良女子大学がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

勉強を始める時期が10月以降になると、現状の偏差値や学力からあまりにもかけ離れた大学を志望する場合は難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

仮に受験直前の10月、11月、12月でE判定が出ても、奈良女子大学に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、奈良女子大学合格に向けて全力でサポートします。

奈良女子大学を受験するあなた、合格を目指すなら今すぐ行動です!

奈良女子大学の科目別受験対策ならじゅけラボ予備校

大学別の対策については
こちらから検索できます。



地域別大学一覧はこちら


北海道・東北
関東
東海・甲信越
近畿
中国・四国
九州・沖縄

大手予備校を超える高品質カリキュラムが業界最安値

  • 入会金無料

    入会金無料

  • 追加料金なし

    追加料金なし

  • 全科目対策で一律料金

    全科目対策で
    一律料金