東京理科大学理学部第二部対策
東京理科大学理学部第二部合格を目指す
受験生のための

オーダーメイド受験対策
カリキュラム

東京理科大学理学部第二部はどんなところ?

東京理科大学理学部第二部は、建学以来の精神である「理学の普及」と真に実力を付けた学生のみを卒業させるという「実力主義」の教育方針を基本理念としています。137年に及ぶ本学の歴史は、1881年に前身となる「東京物理学講習所」設立当初の夜間授業の教育からスタート。それは理学部第二部の歴史そのものであり、今日までその精神が引き継がれています。科学技術創造立国として国際貢献する日本の学問領域でますます重要な位置を占めるのが、科学技術の基礎となる「理学」です。「理学の普及」の精神は、現在でもその意味を失わないのです。理学部の第二部が第一部と異なるのは、主として講義の時間帯が夜間であることだけです。したがって、教育目的は第一部と同等に、「十分な基礎学力の上に高度な専門知識を身に付け、豊かな教養に裏打ちされた強い倫理観と豊かな人間性を持った人材の育成」としています。

【理念・目的・教育目標】
東京理科大学の起源は、1881年に東京大学を卒業したばかりの若い21名の青年理学士によって創立された「東京物理学講習所」に遡ります。創立の2年後には東京物理学校と改称されました。昭和に入り、1949年に新制大学の発足とともに東京理科大学に改組され、そのときの学部は理学部第一部と理学部第二部で、学科はともに数学科、物理学科、化学科の3学科でした。137年に及ぶ本学の歴史は、設立当初の夜間授業の社会人教育からスタートしており、理学部第二部はその歴史のメインストリームにあります。建学の精神は「理学の普及」であり、その教育方針は創立以来、真に実力をつけた学生のみを卒業させるという「実力主義」を旨とし、今日までその伝統は理学部第二部に引き継がれています。
日本は科学技術創造立国であり、科学技術の基礎となる「理学」はますます重要な位置を占めることになります。したがって、東京理科大学の建学の精神である「理学の普及」は現在でもその意味を失ってはいません。理学部第二部は理学部第一部とともに、この建学の精神を堅持していかなければならないのです。
以上のように、理学部第二部の理念は「理学の普及」にあります。ただ理学部第一部と異なるのは、主として講義の時間帯が夜間に行われていることだけです。したがって、理学部第一部と同等に、「十分な基礎学力の上に高度な専門知識を身に付け、豊かな教養に裏打ちされた強い倫理観と豊かな人間性をもった人材の育成」を教育目的としています。

■取得可能な資格
中学校一種(数学)
高等学校一種(数学・情報)
測量士
測量士補

■進路について
進学、企業、教員、公務員など

東京理科大学理学部第二部の学費

  入学金 授業料 施設料
理学部第一部(数学科) 300,000円 925,000円 330,000円
理学部第一部(物理科) 300,000円 975,000円 330,000円
理学部第一部(化学科) 300,000円 990,000円 330,000円
工学部 300,000円 990,000円 330,000円
薬学部(薬学科) 300,000円 1,495,000円 550,000円
薬学部(生命創薬科学科) 300,000円 1,050,000円 550,000円
理工学部(数学科) 300,000円 925,000円 330,000円
理工学部(物理科) 300,000円 975,000円 330,000円
理工学部(情報科学科) 300,000円 990,000円 330,000円
理工学部(応用生物科学科) 300,000円 1,007,000円 330,000円
理工学部(その他学科) 300,000円 990,000円 330,000円
基礎工学部 300,000円 990,000円 380,000円
経営学科 150,000円 754,000円 300,000円
理学部第二部(数学科) 150,000円 580,000円 160,000円
理学部第二部(物理科) 150,000円 629,000円 160,000円
理学部第二部(化学科) 150,000円 640,000円 160,000円

東京理科大学理学部第二部の所在地

●神楽坂キャンパス
〒162-8601
東京都新宿区神楽坂1-3

■JR総武線、東京メトロ有楽町線・東西線・南北線、都営大江戸線「飯田橋」駅下車、徒歩5分

東京理科大学理学部第二部の周辺地図

東京理科大学理学部第二部の受験対策 学習のポイント・勉強法

東京理科大学の理学部第二部数学科のセ試A方式の合格最低点は400点中306点で、センター試験の得点率は8割です。
ですので、センター試験で出題される様な基礎的な問題を確実に解けるようにしましょう。

東京理科大学理学部第二部の受験情報

【理学部第二部】
理2部|数学/B方式
個別学力試験 2教科(300点満点)
【数学】数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)・数III(200)
【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(100)
備考
数(100点)を2回行う

理2部|物理/B方式
個別学力試験 3教科(300点満点)
【数学】数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)・数III(100)
【理科】「物基・物」(100)
【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(100)
備考
〈増〉2教科選択→3教科必須

理2部|化学/B方式
個別学力試験 3教科(300点満点)
【数学】数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)・数III(100)
【理科】「化基・化」(100)
【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(100)
備考
〈増〉2教科選択→3教科必須

東京理科大学理学部第二部の入試日程

センター利用入試[A方式]
出願期限 2020年(令和2年)1月4日(土)〜2月25日(火)
試験日 2020年(令和2年)1月18日(土)、 1月19日(日)
合格発表 2020年(令和2年)3月16日(月)午前10時
一般選抜入試[B方式]
出願期限 2020年(令和2年)1月4日(土)~ 1月25日(土)
試験日 2020年(令和2年)3月4日(水)
合格発表 2020年(令和2年)3月16日(月)午前10時

東京理科大学理学部第二部 入試科目別受験対策・勉強法

東京理科大学理学部第二部の英語の出題傾向と対策は以下の通りです。

出題範囲(分野)の特徴
数学・物理・化学科は2013年以降、数理情報 (応用数学)・応用物理・応用化学科は2014年度以降、大問としては読解と会話の2つのみとなっている。ただし、出題内容は多岐に渡る。語彙・文法も小問の中で細かく問われており、基本~標準的な知識で答えられるものが多い。一方、読解内容や文脈に絡む設問は知識だけでは解けないものが多く、文章に対する深い理解が問われている。

出題量と時間配分
両日程共100点満点で60分。
文章が極端に長いわけではないが、第1問・第2問ともに小問が各15題前後あり、設問の種類も多様である。配点はやや第1問の方が大きいが、それでも第2問は4割前後を占める。読みにくさも考えると、第1問に30分、第2問に20~25分程度が目安。

出題形式の特徴
この数年で形式が変わり、大問2題構成となった。
第1問は長文読解総合、第2問は会話読解総合問題。以前は、空欄補充形式の文法・語句問題等が、会話問題と独立した大問で出題されていた。頻繁に出題されてきた語句整序は小問で問われている。2015年度以降、数理情報(応用数学)科等の第2問は語注以外全て(設問文も)英語となった。

解答形式の特徴
大問2つ中に小問が計30題前後ある中、そのほとんどが記号選択問題でマークシートによる解答であるが、記述式問題も、毎年数題出題されている。
記述は、抜き出し問題、下線部和訳や日本語での説明問題が中心である。図示で解答する問題が出題されたこともある等、出題に工夫がある。

【対策】
●全般
本学部の問題は、全体として設問の難易の差が激しいため、易しい設問での失点は致命傷になりかねない。特に単純知識の問題で取りこぼさないよう、早めに知識を固め、本格的な読解演習をしたうえで受験に臨むことが求められる。

●語彙等
難単語が出てくることはあまりないが、単語そのものをダイレクトに問う問題も出題されているため、一般的な単語帳を1冊しっかりと覚え、関連する熟語・意外な意味等もチェックしておこう。発音・アクセントも、単語を覚える際に必ず確認しておきたい。特殊な知識を問うものは少ないので、日常的に丁寧な勉強をしておくことが最良の学習法と言える。

●文法
本学では、もともと、文法(語句整序を含む)・語彙・会話が独立の大問で出題されていたが、そこでは基本~標準的な知識問題が中心であった。現在の形式になってからも、小問で問われる知識問題は標準的なレベルがほとんどである。センター試験やGMARCHレベルの問題集で典型的な文法問題に即答出来るよう、練習しておく必要がある。
会話についても、会話文特有の表現が問われることもあるが、ほとんどは典型的なものや文脈から推測されるもので、センター試験レベルの知識で対応出来る。

●読解
標準レベルの文章が多いが、年によっては読解文自体がやや難しい場合もある。本学を志望するなら、自然科学系の文章を意識的に演習して、文体やテーマに少しでも慣れておく方が良いだろう。
前述のように、小問で問われる単純知識問題は易しいものが多いが、読解の内容に絡む設問の難度は比較的高い。単語と文法知識で機械的に日本語訳が出来たとしても対応出来ないものも多く出題されている。演習する際には、パラグラフ毎に、「要するに何を言っているのか」、自分の言葉で説明出来るように心掛けてもらいたい。

東京理科大学理学部第二部の数学の出題傾向と対策は以下の通りです。

出題範囲(分野)の特徴
数学Ⅲの微分積分・極限に関する出題が多い。
理学部なので、毎年出題されるのは当然であるが、一般的な理系と比較しても出題率が高い。
その他の分野では、場合の数・確率、数列の出題が目立つ。また、分野を融合した問題、分野のはっきりしない問題も見られる。

出題量と時間配分
3学科共通問題の試験時間は100分である(数学科は、これに加えて数学科専用の試験もある)。
問題の難易度は、標準~やや難レベルの問題が中心である。単純な問題は少なく、計算力も必要なので、100分で解くのは容易ではない。

出題形式の特徴
大問数が3題であることは例年変わらない。【大問1】は小問集合である場合が多い。
小問集合とはいえ、手間のかかる問題、やや難しい問題も出題されるので、気は抜けない。
【大問2】以降は誘導形式の大問で、証明問題が出題されることもある。大問の数が少ないので、1つの大問に対して設問が多めに用意されている。

解答形式の特徴
最初の1題はマーク式問題、残りは記述式問題という形式が続いている。マーク式問題では、正攻法が最善とは限らない。臨機応変な対応が必要なこともある。
一方、記述式問題では、計算力・思考力・論証力をしっかり見るような問題が中心である。答えを求めるまでの過程をしっかり記述しなければならない。

【対策】
全般
東京理科大の理学部の問題は、標準的な問題をひとひねりした問題がよく出題されている。問題を解いていくときに、単純に計算処理をしていくだけではなく、計算量を想定して工夫する力、本質的な部分に注目してうまく答えを導く力が必要になることがよくある。難しそうに感じる問題の多くは、本質を見極め、工夫することによって解決できる場合が多い。
このような問題に対応するためには、手を動かして最後まで答えを求めることが大切である。少しでも工夫して、楽に求めることができるように考えていくことを心がけるとよい。問題を解き終えてからも、解法を模範解答と比べてみるなどして、解法を分析することも大切である。
東京理科大の理学部の大問では、大がかりな問題を、多くの小設問にわけて出題される。分野を融合した問題や分野がはっきりしない問題もよく出題される。このような問題には、分野別になっている問題集ではあまり触れることができない。したがって、過去問には多めに触れておくとよいだろう。

微分積分・極限
もちろん最重要分野である。高い計算力も要求される。標準的な問題を十分に演習したうえで、やや難度が高い問題にも触れておくとよい。

数列
他の分野と融合されて出題されることもよくある。まずは標準的な問題を中心に演習しておくとよい。

確率
標準的な問題が中心であり、難問はあまり出題されていない。
しかし、標準的な問題であるからこそ、確実に得点しておく必要がある。丁寧な学習が要求される分野なので、じっくり考えながら問題演習をするとよい。
間違えた問題は、原因を徹底的に追究しなければならない。また、いろいろな解法を考えることも重要である。

東京理科大学理学部第二部の物理の出題傾向と対策は以下の通りです。

時間は80分、2018年度は大問4題で、力学、電磁気、熱力学、波動から出題されました。

選択肢が用意されている空所補充形式で、解答はマーク式となっています。どの学部学科においても一定の分野に偏ることなく万遍なく出題されていますので、まずは苦手分野をなくしていくことが重要です。
問題の難易度としては標準レベルが中心となっています。受験生が見慣れないような問題や複雑な設定の問題も頻出ですが、基本に忠実に考えれば解答の指針は明快に立つものばかりですので、問題の見た目に惑わされないようにしましょう。各問題の選択肢は受験生が犯しがちなミスをついてくるものが揃っており、些細なミスが連鎖的な間違いを生む危険もあります。問題を読みながら重要部分にチェックを入れたり、もしくは図に書き込んだりして、問題の条件を見落とさない訓練をしておきましょう。過去問演習の際に他学部の問題も含めて取り組んでみることで、正確な計算力を養うこともお勧めです。 また、ほとんどの日程でグラフ選択なども出題されるため、自分で導き出した関係式をグラフにするなどして、物理現象をイメージしやすくしておくことが有効です。

東京理科大学理学部第二部の化学の出題傾向と対策は以下の通りです。

時間は80分、大問数は6題、解答は全問マーク式となっています。難易度としては標準レベルが中心で、小問集合もあり、理論、無機、有機と全範囲から満遍なく出題されています。基礎を固め、標準的な難易度の問題集を繰り返して苦手分野を作らないようにしましょう。2016年度の問1のように、選択肢が多くひとつひとつを吟味する必要がある問題が出題されることもあります。細かい知識も正確に理解しておきましょう。

小問集合の出題があり、かなり細かい部分を問われることも多いので、あやふやな知識では太刀打ちできず、基礎知識をしっかり定着させておくことが必要です。そのためには教科書を何度も読み返す、入試標準レベルの問題集に繰り返し取り組む、といった反復学習が有効です。また、学部によってはグラフ選択や実験に関する出題も見られます。資料集などで、実験操作で使われる器具の名前や注意点などもチェックしておくとよいでしょう。
問題数がかなり多めで、分野の偏りは見られません。全範囲について、バランスよく学習を進めていくよう心がけてください。空所補充形式での出題も多いため、流れに沿う訓練をしておくとよいでしょう。また、問題文が長めになりますので、重要ポイントを見落とさないようしっかりと問題文を読む練習も必要になるでしょう。マーク式でも計算問題はほとんど選択式ではなく、自分で計算して数値を例にならってマークする形式ですので、日頃から自分の手を動かして最後まで計算する癖をつけておくと良いでしょう。

東京理科大学理学部第二部合格のための受験対策カリキュラム・学習計画を提供します

東京理科大学理学部第二部合格を目指す受験生のあなたへ。ただがむしゃらに勉強をしても東京理科大学理学部第二部に合格することはできません。東京理科大学理学部第二部に合格するためには、東京理科大学理学部第二部のそれぞれの入試科目のポイントを押さえた勉強をする必要があります。じゅけラボでは以下の3つのポイントに着目した、東京理科大学理学部第二部専用の受験対策カリキュラム・学習計画を提供しています。

  • ポイント1:自分の学力レベルに適した勉強
  • ポイント2:正しい勉強法
  • ポイント3:東京理科大学理学部第二部に合格するために必要な勉強

実は多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。また、受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強方法で勉強を進めることが重要です。

そして、東京理科大学理学部第二部の入試科目の入試問題はどんな傾向があり、どんな受験対策が必要なのかを把握して、必要な勉強に焦点を当てて受験勉強を進めることが必要です。

じゅけラボでは、まず学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合ったカリキュラムを作成し、東京理科大学理学部第二部に合格するために必要な学習計画と正しい勉強方法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。また、東京理科大学理学部第二部の入試科目ごとに正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。

大手予備校とじゅけラボの料金・サービス比較はこちら
じゅけラボ予備校の料金はこちら

「東京理科大学理学部第二部に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ

模試の結果が悪かった、E判定だったことで「東京理科大学理学部第二部に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の学力から東京理科大学理学部第二部に合格するための最短のカリキュラムを提供します。また、「高3の8月から勉強を始める場合」「高3の9月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

受験勉強を始めるのが遅くても東京理科大学理学部第二部に合格できる?

東京理科大学理学部第二部を目指す受験生から、「夏休みや8月、9月から勉強に本気で取り組んだら東京理科大学理学部第二部に合格できますか? 「10月、11月、12月の模試で東京理科大学理学部第二部がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

勉強を始める時期が10月以降になると、現状の偏差値や学力からあまりにもかけ離れた大学を志望する場合は難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

仮に受験直前の10月、11月、12月でE判定が出ても、東京理科大学理学部第二部に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、東京理科大学理学部第二部合格に向けて全力でサポートします。

東京理科大学理学部第二部を受験するあなた!合格を目指すなら今すぐ行動です!

東京理科大学の他の学部

東京理科大学の受験情報・受験対策はこちら

東京理科大学理学部第二部を受験する生徒からのよくある質問

東京理科大学理学部第二部の入試レベルは?

東京理科大学理学部第二部には様々な入試制度があります。自分に合った入試制度・学内併願制度を見つけて、受験勉強に取り組んでください。
東京理科大学理学部第二部の受験情報

東京理科大学理学部第二部にはどんな入試方式がありますか?

東京理科大学理学部第二部には様々な入試制度があります。自分に合った入試制度・学内併願制度を見つけて、受験勉強に取り組んでください。
東京理科大学理学部第二部の受験情報

東京理科大学理学部第二部の科目別にどんな受験勉強すればよいですか?

東京理科大学理学部第二部の受験対策では、科目別に入試傾向と受験対策・勉強法を知って受験勉強に取り組む必要があります。
東京理科大学理学部第二部受験の入試科目別受験対策・勉強法

東京理科大学理学部第二部に合格するための受験対策とは?

東京理科大学理学部第二部に合格するためには、現在の学力レベルに適した勉強、東京理科大学理学部第二部に合格するために必要な勉強、正しい勉強法を把握して受験勉強に取り組む必要があります。
東京理科大学理学部第二部の受験対策 3つのポイント

東京理科大学理学部第二部の受験対策は今からでも間に合いますか?

じゅけラボでは、開始時期に合わせて東京理科大学理学部第二部合格に必要な学習カリキュラムをオーダーメイドで作成し、東京理科大学理学部第二部合格に向けて全力でサポートします。
東京理科大学理学部第二部の受験勉強を始める時期

東京理科大学理学部第二部に合格する為の勉強法とは?

東京理科大学理学部第二部に合格する為の勉強法としてまず最初に必要な事は、現在の自分の学力・偏差値を正しく把握する事。そして次に東京理科大学理学部第二部の入試科目、入試傾向、必要な学力・偏差値を把握し、東京理科大学理学部第二部に合格できる学力を確実に身につける為の自分に合った正しい勉強法が必要です。
東京理科大学理学部第二部受験対策講座

東京理科大学理学部第二部受験に向けていつから受験勉強したらいいですか?

答えは「今からです!」東京理科大学理学部第二部受験対策は早ければ早いほど合格する可能性は高くなります。じゅけラボ予備校は、あなたの今の実力から東京理科大学理学部第二部合格の為に必要な学習内容、学習量、勉強法、学習計画のオーダーメイドのカリキュラムを組みます。受験勉強はいつしようかと迷った今がスタートに最適な時期です。
じゅけラボの大学受験対策講座

高1から東京理科大学理学部第二部合格に向けて受験勉強したら合格できますか?

高1から東京理科大学理学部第二部へ向けた受験勉強を始めれば合格率はかなり高くなります。高1から東京理科大学理学部第二部の受験勉強を始める場合、中学から高校1年生の英語、国語、数学の抜けをなくし、特に高1英語を整理して完璧に仕上げることが大切です。高1から受験勉強して、東京理科大学理学部第二部に合格するための学習計画と勉強法を提供させていただきます。
東京理科大学理学部第二部合格に特化した受験対策

高3の夏からでも東京理科大学理学部第二部受験に間に合いますか?

可能性は十分にあります。夏休みを活用できるのは大きいです。現在の偏差値から東京理科大学理学部第二部合格を勝ち取る為に、「何を」「どれくらい」「どの様」に勉強すれば良いのか、1人1人に合わせたオーダメイドのカリキュラムを組ませて頂きます。まずは一度ご相談のお問い合わせお待ちしております。
高3の夏からの東京理科大学理学部第二部受験勉強

高3の9月、10月からでも東京理科大学理学部第二部受験に間に合いますか?

可能性は十分にありますが、まず現状の学力・偏差値を確認させてください。その上で、現在の偏差値から東京理科大学理学部第二部に合格出来る学力を身につける為の、学習内容、勉強量、勉強法、学習計画をご提示させて頂きます。宜しければ一度ご相談のお問い合わせお待ちしております。
高3の9月、10月からの東京理科大学理学部第二部受験勉強

高3の11月、12月の今からでも東京理科大学理学部第二部受験に間に合いますか?

現状の学力・偏差値を確認させて下さい。あまりにも今の学力が東京理科大学理学部第二部受験に必要なレベルから大きくかけ離れている場合はお断りさせて頂いておりますが、可能性は十分にあります。まずはとにかくすぐにご連絡下さい。現在の状況から東京理科大学理学部第二部合格に向けてどのように勉強を進めていくのかご相談に乗ります。
高3の11月、12月からの東京理科大学理学部第二部受験勉強

毎日の勉強時間はどのぐらいとれば良いですか?

東京理科大学理学部第二部に合格する為の勉強時間は、現在の学力・偏差値によって必要な勉強時間は異なります。じゅけラボ予備校は、生徒一人一人に最適化されたオーダーメイドカリキュラムを提供しますので、効率よく勉強でき、勉強時間を最適化できます。現在の学力が確認出来れば、東京理科大学理学部第二部入試までに最低限必要な勉強時間をお伝え出来ます。
東京理科大学理学部第二部合格に向けた受験勉強

東京理科大学理学部第二部の合否判定がE判定ですが、合格できますか?

E判定でも東京理科大学理学部第二部合格は可能です。偏差値や倍率を見て第一志望を諦める必要はありません。じゅけラボではE判定、D判定、偏差値30台から国公立大学、難関私立大学に合格する為の「勉強のやり方」と「学習計画」を提供させていただきます。
E判定、偏差値30台からの大学受験対策講座

学力別×志望大学別 大学受験対策

東京理科大学理学部第二部合格なら
じゅけラボの大学受験対策講座

大学別の対策については
こちらから検索できます。



地域別大学一覧はこちら


北海道・東北
関東
東海・甲信越
近畿
中国・四国
九州・沖縄

大手予備校を超える高品質カリキュラムが業界最安値

  • 入会金無料

    入会金無料

  • 追加料金なし

    追加料金なし

  • 全科目対策で一律料金

    全科目対策で
    一律料金

×

受験対策はじゅけラボ

大手予備校を超える
高品質カリキュラム

・ ・ ・ ・ ・ ・

全科目対応で

月額12,800円〜