金沢医科大学医学部対策
金沢医科大学医学部合格を目指す
受験生のための

オーダーメイド受験対策
カリキュラム

金沢医科大学医学部はどんなところ?

金沢医科大学医学部の理念は、「生命への畏敬-Reverentia Vitae」です。この理念に基づいて建学の精神に掲げられた倫理に徹した人間性豊かな良医を育成して、知識や技術だけでなく豊かなおもいやりの心を兼ね備えた臨床医を社会へ送り出すことが当大学の役割です。
医学部での6年間の学習は医師人生の方向性を決定づける大切な期間です。文部科学省は、各大学が策定する「カリキュラム」のうち、全大学で共通して取り組むべき「コア」の部分を抽出し「モデル」として体系的に整理した医学教育モデル・コア・カリキュラムを公開しています。本学では、このモデル・コア・カリキュラムを基本とし、さらに学生が学びやすいように創意・工夫を凝らした6年一貫統合型カリキュラムを編成しております。

[アドミッション・ポリシー]
(求める学生像)
1.医学を学ぶために必要な基礎学力と問題解決能力のある人
2.知的好奇心が旺盛で、学ぶことへの集中力、忍耐力、持続性を備えている人
3.周囲に対する協調性や思いやりの心をもち、あらゆる面で自己啓発を怠らない人

(入学までに身に付けておくべきもの)
1.文章の読解力と論述力
2.数学的、論理的に思考し表現する能力
3.理科の知識、科学的知識に基づいた思考力、判断力と探究心
4.英語の読解力・表現力と英語による基礎的なコミュニケーション能力
5.特別活動、課外活動等を通じた主体性、協調性、思いやり・奉仕の心

■医師国家試験合格率

96%

■進路について
臨床研修医など

金沢医科大学医学部の学費

 

学納金(単位:万円) 1年次 2年次 3年次 4年次 5年次 6年次
入学金 200 200
授業料 330 330 330 330 330 330 1,980
設備更新費 170 170 170 170 170 170 1,020
教育充実費 400 100 100 100 50 750
1100 600 600 600 550 500 3950

【奨学金】

・金沢医科大学医学部特別奨学金貸与制度

・日本学生支援機構など

金沢医科大学医学部の所在地

▼金沢医科大学
〒920-0293
石川県河北郡内灘町大学1丁目1番地

金沢医科大学医学部の周辺地図

金沢医科大学医学部の受験対策 学習のポイント・勉強法

金沢医科大学の医学部医学科の合格最低点は400点中271点です。

金沢医科大学医学部の受験情報

【医学部】
医/前期
個別学力試験 3教科(460点満点)
【数学】数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)・数III(100)
【理科】「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」から2(200)
【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(100)
【小論文】(60)
【面接】(-)
備考
小論文・面接は2次。面接はグループ面接

医/後期
個別学力試験 2教科(260点満点)
【数学】数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)
【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(100)
【小論文】(60)
【面接】(-)
備考
小論文・面接は2次。面接はグループ面接

【AO入試】

・募集人員27名

金沢医科大学医学部 入試科目別受験対策・勉強法

金沢医科大学医学部の英語の出題傾向と対策は以下の通りです。

傾向
60分で大問5題。’14以降4題で安定していた大問数は、’17で5題に増加したが、読解問題の数は3題で変わらず、小問数は42問→38問へと微減した。出題内容を見てみると、[1]短文完成・会話文問題はそのままで、[2]誤り指摘が新たに追加された。読解問題では、空所補充や脱文挿入、同意表現、代名詞の指示語、発音・アクセント、内容真偽、表題選択など出題内容は非常に多彩であり総合力が問われる。全体的な難易度は基本~標準レベルであり正答率はかなり高いと予想される。しかし’16以降は英文の語数が増加し、一つひとつの問題に時間を掛けすぎると完答できない恐れがある。時間配分は常に意識しなければならない。

対策
新たに[2]誤り指摘が加わった。[1]と[2]併せて10分以内に解答したい。[1]中の会話文問題では、短いやり取りの中で正しく状況を理解することが求められる。口語表現の知識の有無で状況理解の可否が決まることもあるので、頻出のものは必ず押さえておきたい。また、’16に引き続き全ての問題が英問英答形式となっているので、何が問われているかを即座に理解できるよう対策しておくこと。様々な問題が出題される読解問題だが、空所補充や同意語句など、短時間で答えを導き出せるものもあれば、脱文挿入や内容真偽など本文の論理展開を正しく理解しなければ解けない問題が混在しており、問題ごとの的確な時間配分が重要である。

金沢医科大学医学部の数学の出題傾向と対策は以下の通りです。

傾向
’12からは誘導形式の大問が4題~6題。図形の絡んだ問題の出題頻度が高く、’14、’15は全て図形やグラフの絡んだ問題、’16は4題中3題、’17は4題中3題が図形やグラフの絡んだ問題。「高度な知識は必要ないが、問題を解き慣れている必要があり、図を描いたりして考えながら誘導の意図を読み取らないと時間がかかってしまう」問題の多い年もあり、’13はそのような問題が目立った。’14は易化し図を描いて考えればすぐに方針が立つ問題ばかりであったが、’15は上手く解かないと時間がかかってしまう問題も入っている。’16と’17はどれも上位私大レベル典型問題の考え方が身についていれば解ける問題となっていた。

対策
’12は易しく、’13は考えさせる問題が多く、’14は易化、’15は少し考えないと上手く解けない問題もあり、’16と’17はどれも上位私大レベルの典型問題と、難易度は年によって異なる。まず中堅私大レベル典型問題の解法は一通り身につけ基礎レベルでの穴をなくし、その上で私大上位レベル典型問題をやっておこう。全体的に図形やグラフの絡んだ問題が多い。図形やグラフ絡みの問題は総合的で考えさせる問題もこなしておいたほうがよい。一見面倒そうでも誘導に乗れば比較的楽に解ける問題や図を描いて考えると意外にあっさり解ける問題も目立つ。誘導と時間配分に慣れておくためにも、過去問でこの大学の問題に慣れておこう。

金沢医科大学医学部の物理の出題傾向と対策は以下の通りです。

傾向
小問集合を含む大問4題で構成され、力学、波動、原子から出題されている。小問集合は弧度法と度数法の変換、ラジウムの崩壊、正弦波の式、ドップラー効果が出題されている。力学は電車に固定されたなめらかな台上の物体と連結された物体の運動で、電車が減速し慣性力の働く問題も含まれている。波動は虹の原理で、原子は光電効果が出題されている。基本~標準問題であり、典型的な問題であるが虹は解いたことがない受験生は苦労しただろう。光電効果は知識が曖昧だと後半苦労する。小問集合を除くと時間にあまり余裕はないが、焦って計算ミスなどのケアレスミスをしないように注意をすることが大切である。解く問題を絞ることも考えるべきだろう。

対策
基本~標準問題をしっかり解いておこう。出題範囲は広く、一般に出題の少ない問題、見慣れない問題が出題されることもあるので、注意が必要である。見慣れない問題であっても特別な法則があるわけではないので、特別な勉強は必要ない。難問ではないので、常に柔軟に考え、あせらず問題を読み、内容を正しく把握すればよい。また、誘導がつく時もあるので、誘導にのれるだけの読解力も鍛えておくことが大切である。基本~標準問題が中心であり、テンポよく問題を解けば、解ききることは可能だが、年によっては時間が足りなくなる場合がある。問題を解く順序や時間配分に注意しながら解くことが大切である。新課程になり原子も出題されている。

金沢医科大学医学部の化学の出題傾向と対策は以下の通りです。

傾向
全問マーク式、小問から中問の集合問題で構成されている。’17では化学の基本的な知識を問う問題、電気分解の問題、蒸気圧問題、緩衝溶液、金属の定性分析に関する問題、アンモニアの工業的製法、脂肪族の構造決定、タンパク質の構造、糖とセルロース工業関連問題などが出題された。理論化学・無機化学・有機化学からと、ほとんどの分野から満遍なく出題されている。基本から標準問題で構成されているため合格には高得点が必要。

対策
知識的な問題も計算問題もすべて基本から標準的な問題のみで構成されている。まずは教科書の内容をしっかり整理し、重要項目を覚えていくことが必要。難問を演習するよりも入試の標準レベルの問題集などを使って、基本的な問題や標準的な問題を繰り返し演習し基礎項目の定着を狙いたい。また、問題の内容を考えると合格にはかなりの高得点が必要である。素早く回答し、残りの時間でミスを探す訓練、すなわち自分が侵すミスの傾向を分析し、不注意から誘発されるミスを避けるような練習もしておきたい。

金沢医科大学医学部の生物の出題傾向と対策は以下の通りです。

傾向
大問3題となったが、1題は小問15問の構成で、細胞骨格・細胞・オペロン・ウニの受精・DNA量・性決定の様式・組織の分類・心臓・活動電位・眼・ATP量の計算・花芽形成・コケとシダ・生存曲線・分子系統が出された。1題はキメラマウスに関する内容で、ES細胞・キメラの発生過程・遺伝の計算が出された。1題は光合成に関する内容で、カルビンベンソン回路に関する空所補充・明反応と暗反応・光合成の計算が出された。総合問題は全範囲からの出題で、選択問題は2個選ぶ問題が多く、部分点が有れば良いが完答で得点となる場合は難しい。計算も少し難しい。キメラマウスや光合成は計算もあり、全体として時間が不足する。

対策
難解な問題は少ない。多くの問題は基礎・基本的な内容である。しかし、生物用語の意味や使い方・生活環・分類・計算などもあるので、単純に語句を覚えていれば良いというものではない。生物用語を覚えた上で、現象の成り立ちや、変化の経過を十分に理解する必要がある。そのためには、教科書を十分に読んで、図を覚えることはもちろん、全体の流れも覚えるようにすると良い。また、図説に載っている人の名称と業績はセットにしてまとめると良い。同時に、実験内容や分類の基準なども覚え、問題集の基本問題で確認しながら勉強を進めるという方法をとることが良いと思われる。なお、最新の生物や医学に関する内容もある程度押さえておくとよい。

金沢医科大学医学部の面接の出題傾向と対策は以下の通りです。

面接の形式は1グループ5人の集団討論で時間は20~30分、面接官は3名です。

面接の内容

・高齢者がペットを飼うことについて
・高齢者の自動車運転免許返納について
・動物セラピーについて

対策

医学部の面接試験に特別な対策は必要ありません。
最低限の準備をして回答時のアドバイスを守れば、あとはリラックスして臨めば大丈夫です。

人前で話すのが苦手であれば、1回ほど模擬面接をしておいても良いでしょう。
特別な講習ではなく、親や学校の先生、友達に上記のよく聞かれる質問をしてもらう程度で十分です。
他の人に聞かれたくなければ、鏡に向かって話すなども効果的だと思います。
よく聞かれる質問の答えは、何も見ずに声に出してすらすらと言えるよう練習しておくと安心です。

金沢医科大学医学部の小論文の出題傾向と対策は以下の通りです。

小論文の形式は課題文読解型で時間は60分、300文字

小論文の内容

・「経営学の最先端から見る 日本企業が失敗を活かせないのはなぜか」(入山章栄)の要約
・「基準値のからくり 安全はこうして数字になった」(村上道夫、永井孝志、小野恭子、岸本充生)の要約など

対策

小論文の基本的な書き方はほかの形式と同じなので、小論文対策は基本的なこと(字数を守る、時間配分をするなど)で十分だと思います。

金沢医科大学医学部合格のための受験対策カリキュラム・学習計画を提供します

金沢医科大学医学部合格を目指す受験生のあなたへ。ただがむしゃらに勉強をしても金沢医科大学医学部に合格することはできません。金沢医科大学医学部に合格するためには、金沢医科大学医学部のそれぞれの入試科目のポイントを押さえた勉強をする必要があります。じゅけラボでは以下の3つのポイントに着目した、金沢医科大学医学部専用の受験対策カリキュラム・学習計画を提供しています。

  • ポイント1:自分の学力レベルに適した勉強
  • ポイント2:正しい勉強法
  • ポイント3:金沢医科大学医学部に合格するために必要な勉強

実は多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。また、受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強方法で勉強を進めることが重要です。

そして、金沢医科大学医学部の入試科目の入試問題はどんな傾向があり、どんな受験対策が必要なのかを把握して、必要な勉強に焦点を当てて受験勉強を進めることが必要です。

じゅけラボでは、まず学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合ったカリキュラムを作成し、金沢医科大学医学部に合格するために必要な学習計画と正しい勉強方法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。また、金沢医科大学医学部の入試科目ごとに正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。

金沢医科大学医学部受験対策はいつから始めればよいか?

医学部受験は言うまでもなく、大学受験の中で最難関です。医学部受験対策を始めるのは早ければ早いほど良いと言えるでしょう。

金沢医科大学医学部に現役合格するためには、少なくとも高2の春から受験対策を始めましょう。できれば高1から始める事をオススメします。中学、高1の学習範囲に抜けや漏れがある場合には、高1から始めるべきでしょう。

高2の終わりまでには、センター試験で8割得点できる実力をつけておくことが必須です。復習に加え、未習範囲の学習も必要ですから、特に英語、数学の学習を優先して、高1の終わりまでに数1A2Bと英語を一通りやっておきましょう。

金沢医科大学医学部を目指す受験生から、「高2の夏から勉強に本気で取り組んだら金沢医科大学医学部に合格できますか?」「高2の9月の模試で金沢医科大学医学部がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

受験勉強自体を始める時期が高2の夏以降になると、現状の偏差値や学力によって難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

「金沢医科大学医学部に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ

金沢医科大学医学部を目指して受験勉強を始めたものの、模試の結果が悪かった、E判定だったことで「金沢医科大学医学部に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の学力から金沢医科大学医学部に合格するための最短のカリキュラムを提供します。また、「高1の8月から勉強を始める場合」「高2の4月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

多浪生や再受験生でも金沢医科大学医学部に合格できる?

じゅけラボ予備校では、浪人生、多浪生や再受験生(仮面浪人・社会人)も、金沢医科大学医学部合格へ向けて受験勉強をサポートしています。

浪人生・多浪生や再受験生、社会人の方は、現役生に比べて学習状況や習得レベルが個人個人で大きく異なるため、現状に合わせたカリキュラムが必須です。

塾や予備校でもレベルに合わせた講義を取ることができますが、浪人生・多浪生や再受験生、社会人の方が自身のレベルに合ったものを見極め、計画的に受講していくことは意外と難しいものです。

じゅけラボ予備校では、あなたの現状の学力やこれまでの学習状況に合わせて、金沢医科大学医学部に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、金沢医科大学医学部合格に向けて全力でサポートします。

金沢医科大学医学部を受験するあなた!合格を目指すなら今すぐ行動です!

じゅけラボの大学受験対策講座の特徴

大学別の対策については
こちらから検索できます。



地域別医学部一覧はこちら