関西医科大学入試科目別対策
関西医科大学の科目別の入試傾向・勉強法・受験対策
について説明します。

関西医科大学の英語の出題傾向と対策は以下の通りです。

傾向
難易度は標準~やや難
関西医科医学部の英語の難易度は標準~やや難です。語彙レベルがやや高くなっています。

読解は医学・医療関係
関西医科医学部の英語の読解は、医学・医療関連のテーマがほとんどです。

語句整序問題が頻出
関西医科医学部の英語は、語句整序問題が毎年出題されています。

対策
医学関係の英単語対策を
関西医科医学部の英語は、読解で医学関連の話が多く出題されるので、当然単語でも医学関係の単語が出てきます。医学系の単語を覚えることも不可欠です。

語句整序問題に慣れる
語句整序問題は英単語だけでなく、構文や文法などあらゆる知識を用いて解かなければなりません。語句整序問題が多く含まれる問題集を使い、語句整序問題に慣れる事が必要です。

じゅけラボの大学受験対策講座の特徴
関西医科大学の学部別受験対策へ

関西医科大学の数学の出題傾向と対策は以下の通りです。

傾向
難易度は標準~やや難
関西医科医学部の英語の難易度は標準~やや難です。語彙レベルがやや高くなっています。

読解は医学・医療関係
関西医科医学部の英語の読解は、医学・医療関連のテーマがほとんどです。

語句整序問題が頻出
関西医科医学部の英語は、語句整序問題が毎年出題されています。

対策
医学関係の英単語対策を
関西医科医学部の英語は、読解で医学関連の話が多く出題されるので、当然単語でも医学関係の単語が出てきます。医学系の単語を覚えることも不可欠です。

語句整序問題に慣れる
語句整序問題は英単語だけでなく、構文や文法などあらゆる知識を用いて解かなければなりません。語句整序問題が多く含まれる問題集を使い、語句整序問題に慣れる事が必要です。

関西医科大学の物理の出題傾向と対策は以下の通りです。

傾向
力学、電磁気、波動、熱力学、原子が出題されます。あまり見慣れない問題が出題されることも多いため、類題を解いたことがなければ苦労することも多いでしょう。

出題量・形式
大問数は5題です。出題形式は、記述・穴埋め式です。記述や描画の出題もあるため、問題を解くのにそれなりの時間がかかります。

対策
基本問題が中心になります。基礎固めをしっかり行って下さい。どの分野からも幅広く出題されるので、苦手な分野を作らないようにしておくことが大切です。とくに、一般入試ではあまり扱われないような問題も出題されることがあるので、教科書は隅々まで目を通すようにして下さい。新課程ならではの問題もあるので、しっかり対策しておきましょう。2012年度では、太陽光発電の原理、PETの原理などが出題されています。ただ、見慣れない問題が出たとしても、基礎がしっかり固まっていれば解ける問題も多いので、落ち着いて取り組むことが大切です。このように基本問題が出題の大半を占めますが、標準からやや難程度の問題も出題されることがあるので、標準レベル以上の問題集を繰り返し解いて対策するのが良いでしょう。

関西医科大学の化学の出題傾向と対策は以下の通りです。

傾向
標準的な難易度、論述も
関西医大の化学は標準的なレベルです。論述問題もいくつか出題されるので注意が必要です。

計算問題多い
関西医大の化学は、計算問題の比重が大きくなっています。

対策
基礎を徹底的に
関西医大の化学は標準的なレベルなので、とにかく基本事項の徹底に力を入れましょう。ある事象を学ぶ際、原因や理由についてもしっかり覚えるようにしましょう。

計算問題も
関西医大の化学は、計算問題が多く出題されます。各分野の代表的な計算問題はもちろん、一つレベルの高いものまでこなしておきましょう。

関西医科大学の生物の出題傾向と対策は以下の通りです。

傾向
標準~やや難
関西医大の生物は、基本的に標準レベルですが、時に教科書に載っていないような問題が出題されます。

幅広い出題範囲
関西医大の生物は、出題傾向にあまり偏りがなく、幅広い分野の出題になっています。

対策
まずは教科書
関西医大の生物はとにかくまずは教科書の徹底です。教科書を読み込んで、基礎固めをしましょう。教科書での学習と同時に、標準レベルの問題集を行うとより効果的に基礎固めを行うことが出来ます。基礎が固められたらややレベルの高い参考書などを使い、レベルアップを図りましょう。

計算問題も
関西医大の生物は、計算問題が多く出題されます。多くの問題にあたって計算スピードをあげていきましょう。

じゅけラボの大学受験対策講座の特徴
関西医科大学の学部別受験対策へ

関西医科大学医学部の面接の出題傾向と対策は以下の通りです。

面接の形式は個人面接で時間は前期10~15分 センター利用10分、面接官は3名。

面接の内容
前期
・志望理由(大学、医師)
・本学のイメージ
・併願校を受験した理由、(静岡県地域枠と併願の受験生に)併願した理由
・部活動について
・浪人生活について
・自分が医師に向いている点
・気が合わない人とどう付き合うか
・合格したら自宅から通うのか
・医学部は大変だが、どう過ごしていくか
・何科に進みたいか、その理由
・研究をやっていく自信はあるか
・大阪府の医療について
・地域医療について

センター利用
・志望理由(大学、医師)
・本学の志望順位
・小論文に補足することはあるか
・出身高校の良かった点、悪かった点
・部活動について
・苦手科目
・英語は得意か
・予備校で一番伸びた科目
・短所とその克服法
・大学に入って何をしたいか
・自分が医師に向いている点、向いていない点

対策
一般的な質問に対する答えを準備することができていれば特に問題はないと思います。
大学志望動機、医師志望動機、長所短所、高校生活について等、典型的な質問に対する回答を準備しておけば十分です。

関西医科大学医学部の小論文の出題傾向と対策は以下の通りです。

小論文の形式はテーマ型で時間は45分、文字数は500字段階評価)

小論文の内容
・「手術と緩和医療の選択」
・「高齢者医療と税金の使途」

対策
特別な対策は必要ないと思われます。

関西医科大学の学部別の受験対策はこちらです。

関西医科大学合格のための受験対策カリキュラム・学習計画を提供します

関西医科大学合格を目指す受験生のあなたへ。ただがむしゃらに勉強をしても関西医科大学に合格することはできません。関西医科大学合格のためには、今の学力から関西医科大学に合格するために必要な学習、教科・入試科目ごとの入試傾向と対策を踏まえた学習をする必要があります。

実は多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。また、受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強方法で勉強を進めることが重要です。

じゅけラボの受験対策では、まず学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合った学習内容からスタートして関西医科大学に合格するために必要な学習内容と学習計画でカリキュラムを作成し、入試科目別に正しい勉強法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。また、入試科目ごとに正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。

「関西医科大学に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ

模試の結果が悪かった、E判定だったことで「関西医科大学に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の学力から関西医科大学に合格するための最短のカリキュラムを提供します。また、「高3の8月から勉強を始める場合」「高3の9月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

科目別の受験対策を始めるのが遅くても関西医科大学に合格できる?

関西医科大学を目指す受験生から、「夏休みや8月、9月から勉強に本気で取り組んだら関西医科大学に合格できますか? 「10月、11月、12月の模試で関西医科大学がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

勉強を始める時期が10月以降になると、現状の偏差値や学力からあまりにもかけ離れた大学を志望する場合は難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

仮に受験直前の10月、11月、12月でE判定が出ても、関西医科大学に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、関西医科大学合格に向けて全力でサポートします。

関西医科大学を受験するあなた、合格を目指すなら今すぐ行動です!

関西医科大学の科目別受験対策ならじゅけラボ予備校

大学別の対策については
こちらから検索できます。



地域別大学一覧はこちら


北海道・東北
関東
東海・甲信越
近畿
中国・四国
九州・沖縄

大手予備校を超える高品質カリキュラムが業界最安値

  • 入会金無料

  • 追加料金なし

  • 全科目対策で
    一律料金