杏林大学入試科目別対策
杏林大学の科目別の入試傾向・勉強法・受験対策
について説明します。

杏林大学の英語の出題傾向と対策は以下の通りです。

【医学部】
傾向
60分で大問4題。全問マーク式で、問題構成は’13から一貫して[1]短文完成、[2]会話文中の空所補充、[3]誤り指摘、[4]600~1,000語程度の長文2つの読解問題となっている。また、[4]の読解問題の設問は空所補充や内容真偽、同意語句など多岐に渡り、全て英問英答の形式となっている。英文のテーマは、医学系・自然科学系のものが多く、’15以降は筆者の実体験を盛り込んだエッセイ形式のものが続けて出題されている。[1],[3]の文法・語法問題や、[2]の会話文問題は標準的なレベルのものがほとんどである一方で、[4]の読解問題では難語も多く一筋縄ではいかない。60分という比較的短い試験時間であるので、読解問題にいかに多くの時間を回せるかが鍵になる。

対策
[1], [3]の文法・語法問題では、標準的なレベルの出題がほとんどであり、出題形式も短文完成・誤り指摘といった定番のもの。なるべく多くの問題演習を積み、即答できる力を身につけたい。[2]の会話文問題は、似たような選択肢が並んでいるため、前後の文脈から各選択肢を吟味して焦らず慎重に答えを選ぶこと。会話文の出題はセンター試験をはじめ、他大学医学部でも増加傾向にあるため、その過去問もぜひ活用したい。読解問題では、限られた時間の中で文意を把握する速読力が要求される。その際には背景知識の有無が大きく影響することもあるため、本学でよく出題される医学系・自然科学系の内容を扱った長文を用いて速読力を鍛えたい。

【その他学部】
大問が3つ。
文法問題、整序問題、そして長文。
文法を10分、整序を10分、最後の長文を1題20分×2のペースで解いても、制限時間の70分よりも10分も早く終わります。
時間の制限としてはさほど厳しくありません。
問題も基礎~標準レベルのものばかりなので、基本を大切にして勉強していきましょう。

対策
杏林大学保健学部の英語は、クセのある問題はほとんど出題されません。
きちんと基礎を固めていれば安定して8割以上が取れるようになるでしょう。
問題の大半が基礎問題であることを考えると、応用問題よりも基礎を固める方が得点力のアップにつながります。

じゅけラボの大学受験対策講座の特徴
杏林大学の学部別受験対策へ

杏林大学の数学の出題傾向と対策は以下の通りです。

【医学部】
傾向
最頻出単元は数学Ⅲの微分・積分だが、図形絡みの問題も目立ち、’17は[2]がベクトルと図形が絡んだ問題。ほとんどの問題が誘導形式。’15までは誘導に乗るのが難しくボリュームもあり、制限時間内に解ききる事が出来る受験生はほとんどいないだろうと思われる出題が目立ったが、’16と’17は上位私立大学受験者向け典型問題集に載っているような解法を組み合わせて解く問題で、誘導の意図も読みやすく、易しくはないがそれまでよりは素直で解きやすい問題となっている。60分という制限時間を考えると難易度・ボリュームとしては’16、’17ぐらいが入試問題として適切と思え、しばらくはこの傾向が続くのではないかと思われる。

対策
’16以降はそれまでに比べると解きやすくなっているが、誘導に乗り速く正確に解くことが要求される問題が多く、誘導の意図を読みとるのがやや難しいと思われる問題が目立つ年もあり、短い制限時間の割には時間のかかりそうな問題や考えさせる問題が目立つ年もあった。まずは私立大上位~国立大上位レベルの問題集に載っているような典型問題は一通りこなしてそのレベルでの穴をなくしつつ、それらの問題を通して速く・正確に解く練習をしておこう。その上で、頻出単元については私立難関大レベルの応用問題もこなし、過去問を通して時間配分や誘導に慣れておこう。試験当日は解きやすいものから解き「取れるものを取る」姿勢でいこう。

【その他学部】
大問が3題出題されます。
出題形式は全問マークシート方式です。
数値をマークする問題が多くを占めているが、「必要条件と十分条件」の分野からの出題で選択肢から選択する問題が出題されたこともあります。
出題範囲は数学Ⅰ・Aです。

対策
出題分野が数学Ⅰ・Aの試験では、「2次関数」がよく出題されますが
杏林大学保健学部の一般入試では、出題可能性は高くありません。
大問として、出題されたことがありますので勉強をしなくてよいとは言えませんが、マル秘作戦としては2次関数を省くことも考えましょう。
途中経過は見てもらえませんので計算ミスは絶対に避けてください。
計算練習は欠かさず、行ってください。

杏林大学の物理の出題傾向と対策は以下の通りです。

【医学部】
傾向
大問4題で構成され、力学、 電磁気、波動、原子からの出題である。力学は振り子の鉛直面内での非等速円運動が出題され、内容は典型的であるが独特な文字の設定(α、β)がなされている。戸惑った受験生もいただろうが計算自体は通常通りなので、焦らないことが大切である。電磁気は抵抗にコンデンサーやコイルを接続した直流回路と電気振動が出題され、すべて典型的な問題となっている。波動はニュートンリングの典型的な問題が出題されているが、レンズの曲面が放物線を描く点が独特である。原子はコンプトン効果の典型的な問題が出題され、現象名も問われている。試験時間に対して問題数が多いので、時間配分に注意が必要である。

対策
標準~やや難度の高い問題までをしっかり解いておくこと。全分野から出題されるので、苦手な分野ややり残した分野はなくしておくことが大切である。’08から全問マーク式になり、問題数が多くなり、さらに難度の高い問題も増えていたため時間が足りない状況になっていた。’12からは試験時間が50分になり、やや難度が下がり、’13、’14、’15、’16、’17も難度は高くはないが、問題が多めなので時間配分に注意。日頃から問題を解くスピードと正確性を上げておくことが必要である。今の難度から以前の難度まで上がることも想定して、やや難度の高い問題も解いておくほうが良いが、まずは標準問題を完璧にすることをすすめる。

【その他学部】
大問3
全分野満遍なく出る
物理基礎からの問題が多い
難易度は基礎的な問題
解き方が分からない問題などはほぼ出ない

杏林大学の化学の出題傾向と対策は以下の通りです。

【医学部】
傾向
’13以降では大問3題の出題であったが、’17では大問が4問の形式に変更された。また、大問数の増加に伴い、マーク数も’16の54カ所から62カ所と増加した。しかし問題のレベルは近年の傾向通り、標準的である。’17の出題は[1]で不純物を含む二段階中和反応に関して、実験器具や試薬の知識まで求められた。[2]では芳香族化合物の分離精製問題と高分子分野からゴム関連の問題が出題された。[3]では無機分野から二族元素の性質を中心に熱化学の理解も問われた。[4]では反応速度論が出題された。

対策
全ての問題で標準的な問題が出題されている。教科書レベルの知識と理解を持っていれば、解答することは比較的容易であろう。ただし時間があればである。杏林大学の問題はレベルこそ標準的ではあるが、数値計算問題が多い傾向にあり、計算の立式や四則演算で戸惑っていると時間が足りなくなる。また標準的な問題故、合格には高得点が必要になるだろう。したがって標準的な問題を網羅し、素早く確実に立式し計算を行う練習が必要になる。まずは確実に立式ができるように問題集で練習をし、その後素早く立式できるような練習をするという二段構えの演習をするのがよいと思われる。

【その他学部】
大問3
大問1が共通問題
化学基礎・化学は無機と有機
化学基礎は理論のみ
問題の難易度は基礎的
正誤問題や計算問題が多い
知識をきちんと身につけておく

杏林大学の生物の出題傾向と対策は以下の通りです。

【医学部】
傾向
大問3題となっている。それぞれ2か3単位に分かれているが、分野は同じなので大問3題と同じである。1題は遺伝子に関する内容で、ES細胞・ノックアウトマウス・遺伝子組み換え・キメラマウス・遺伝となっているが、それぞれ実験考察の様になっている。1題は発生と母性因子に関する内容で、卵割の様式・卵割・二胚葉性動物・中胚葉由来器官・実験考察・遺伝子の働きが出された。1題は神経と脳に関する内容で、静止電位と活動電位・電位変化のグラフ問題・眼・中枢神経・ヒトの脳が出された。実験考察や、グラフを選ぶ内容が多く、マーク式解答の為、文章量も多い。時間配分に気をつけよう。

対策
毎年のように出題方法が変わる。今までは実験中心の問題構成であったが、’16からは用語を中心とした問題へ変わり、’17は実験考察問題へ戻った。今後は何が中心となるかは不明であるが、用語を正確に覚えておく事は必要である。計算問題が出される事は通常の範囲内なので、一般的な問題は解けるように十分に練習しておこう。語句を覚えるには、問題集の空所補充問題を使って覚えると良い。計算問題も標準的な問題集に載っている内容で良いので、何度も解いて間違いなく解けるように練習しておこう。問題が易しくなるという事は、得点が上がるという事なので、少しのミスが致命的となる。気をつけよう。

【その他学部】
大問3
大問2つは共通で生物基礎の問題多め
スピードと正確な知識が重要
言葉の定義など基本的なものは押さえておく
全範囲きそは押さえる

じゅけラボの大学受験対策講座の特徴
杏林大学の学部別受験対策へ

杏林大学医学部の面接の出題傾向と対策は以下の通りです。

面接の形式は個人面接で時間は15分で面接官は2名。
面接の内容
・志望理由
・他の医学部志望者に本学を勧めたか
・高校時代の欠席理由
・部活動での役割や立ち位置
・浪人して良かったこと、悪かったこと
・苦手なタイプの人とどう付き合うか
・医学部の勉強・研修医の生活は大変だが大丈夫か
・将来的にどのように勉強していきたいか
・どのような本を読んだか
・患者が治療を拒否したらどうするか
・今の保険制度について
・iPS細胞の論文に誤りがあったことについて
・尊厳死について
・医師の数について
・どうすれば地方の医師が増えるか

対策
志望動機や理想の医師像など、典型的な質問に対する回答を準備しておけば大丈夫だと思います。そのほか余裕があれば、今回は尊厳死について意見を求められたので、保険制度や最近の医療トピックなど最低限の知識で知らないことがあれば、一度内容を確認しておくと質問をされたときに焦らずに済むと思います。

杏林大学医学部の小論文の出題傾向と対策は以下の通りです。
小論文の形式はテーマ型で時間は60分、800字程度

小論文の内容
・「さわらぬ神に祟りなし」ということわざについて
・「人生、思い通りにいかない」ということについて

対策
テーマに対する考えを述べるものなので、対策は基本的なこと(字数を守る、時間配分をするなど)で十分だと思います。テーマが抽象的であるほど、自由に書ける範囲が広がってくるので、基本事項の中でも、書くことを整理してから書き始める点を意識して取り組むとよいと思います。

杏林大学の学部別の受験対策はこちらです。

杏林大学合格のための受験対策カリキュラム・学習計画を提供します

杏林大学合格を目指す受験生のあなたへ。ただがむしゃらに勉強をしても杏林大学に合格することはできません。杏林大学合格のためには、今の学力から杏林大学に合格するために必要な学習、教科・入試科目ごとの入試傾向と対策を踏まえた学習をする必要があります。

実は多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。また、受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強方法で勉強を進めることが重要です。

じゅけラボの受験対策では、まず学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合った学習内容からスタートして杏林大学に合格するために必要な学習内容と学習計画でカリキュラムを作成し、入試科目別に正しい勉強法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。また、入試科目ごとに正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。

大手予備校とじゅけラボの料金・サービス比較はこちら
じゅけラボ予備校の料金はこちら

「杏林大学に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ

模試の結果が悪かった、E判定だったことで「杏林大学に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の学力から杏林大学に合格するための最短のカリキュラムを提供します。また、「高3の8月から勉強を始める場合」「高3の9月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

科目別の受験対策を始めるのが遅くても杏林大学に合格できる?

杏林大学を目指す受験生から、「夏休みや8月、9月から勉強に本気で取り組んだら杏林大学に合格できますか? 「10月、11月、12月の模試で杏林大学がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

勉強を始める時期が10月以降になると、現状の偏差値や学力からあまりにもかけ離れた大学を志望する場合は難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

仮に受験直前の10月、11月、12月でE判定が出ても、杏林大学に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、杏林大学合格に向けて全力でサポートします。

杏林大学を受験するあなた、合格を目指すなら今すぐ行動です!

杏林大学の科目別受験対策ならじゅけラボ予備校

大学別の対策については
こちらから検索できます。



地域別大学一覧はこちら


北海道・東北
関東
東海・甲信越
近畿
中国・四国
九州・沖縄

大手予備校を超える高品質カリキュラムが業界最安値

  • 入会金無料

    入会金無料

  • 追加料金なし

    追加料金なし

  • 全科目対策で一律料金

    全科目対策で
    一律料金