鳥取大学医学部対策
鳥取大学医学部合格を目指す
受験生のための

オーダーメイド受験対策
カリキュラム

2020年度 新入試制度対応!大学入学共通テスト対策
>>詳しくはこちら

鳥取大学医学部はどんなところ?

【医学部医学科】

鳥取大学の医学部では『生命の尊厳を重んじるとともに創造性に富む医療人や生命科学者を養成する』ことを理念として掲げ、それを実現するため『限りない人間愛や高い倫理観の涵養』、『最先端の医学、生命科学、看護学、検査技術科学の創造』、『地域社会発展への貢献』、『国際的な活躍』などを目標として教育を行っています。特に、医療人のみならず最近の学生に必要不可欠なコミュニケーション能力の養成、倫理観の涵養、少人数による問題解決型教育などに力を入れて、良き医療人、良き専門的職業人の前に、良き教養人になれるように努めています。さらに、能動的学習(アクティブラーニング)を積極的に導入するため、常にカリキュラムの改善に努めています。また、実技(技術)の備わっていない医療人は、実際の臨床では困惑することが多々あることより、卒前卒後いつでも(学外者も)利用できるシミュレーションセンターを充実させるとともに、附属病院の卒後臨床研修センター、医療スタッフ研修センター、地域医療支援センターと連携して卒前卒後のシームレスな教育を実現しています。

【理念】
地域社会のみならず国際的に貢献できる個性輝く創造性豊かな人材の養成を目指す。

【医学部理念】
鳥取大学医学部は、医学科、生命科学科、保健学科がお互いに連携を取りながら、生命の尊厳を重んじるとともに創造性に富む医療人や生命科学者を養成する。

【医学部の教育目標】
鳥取大学医学部は山陰地方の歴史と伝統ある医学部として、21世紀にふさわしい医学、生命科学、保健学を修得し、これを実践できる人材を育成するための先進的な教育を行う。そして、限りない人間愛を涵養しながら、地域社会の課題を解決し、地域の発展に貢献するとともに、国際的に活躍できる個性輝く創造性豊かな人材の養成を目指す。

■医師国家試験合格率

92%

■進路について

臨床研修医など

【医学部その他学科】

鳥取大学医学部生命科学科の目的は、生命現象の基本的な真理の探究や疾患の原因を解明する研究者、またはそこから導かれる最先端の医療法を開発する研究者の育成にあります。

鳥取大学医学部保健学科は、豊かなコミュニケーション能力、いたわりの心、確かな臨床実践力を身に着け、医療・保健の分野でリーダーとして活躍できる人材を育成しています。保健学科は、今年で設置20周年を迎え、輩出した数多くの卒業生は、西日本を中心に全国各地で活躍しています。

■取得可能な資格
看護師 医(保健〈看護学〉)
保健師 医(保健〈看護学〉)
助産師 医(保健〈看護学〉)
臨床検査技師 医(保健〈検査技術科学〉)

■進路について
民間企業、進学、公務員など

鳥取大学医学部の学費

【医学部医学科】

 医学部医学科 入学金 授業料・施設料
1年 282,000円 535,800円
2年   535,800円
3年   535,800円
4年   535,800円
5年   535,800円
6年   535,800円
  3,496,800円

【奨学金】

・日本学生支援機構奨学金

・国の教育ローン (日本政策金融公庫・教育一般貸付)

・提携教育ローン(オリエントコーポレーション)

・鳥取県(医師養成確保奨学金)

・鳥取県(看護職員修学資金)

・あしなが育英会など

【医学部その他学科】

  入学金 授業料・施設料
1年 282,000円 535,800円
2年   535,800円
3年   535,800円
4年   535,800円

鳥取大学医学部の所在地

【米子キャンパス】
〒683-8503
鳥取県米子市西町86番地

●米子駅から
徒歩で約15分
タクシーで約3分
米子市循環バス利用で約8分
※米子駅から大学前までは日の丸バス利用で約4分

鳥取大学医学部の周辺地図

鳥取大学医学部の受験対策 学習のポイント・勉強法

鳥取大学の医学部の合格最低点は医学科で1600点中1246点、看護学科900点中568点で、センター試験の得点率は6~9割です。
ですので、センター試験で出題される様な基礎的な問題を確実に解けるようにしましょう。

鳥取大学医学部の受験情報

【医学部医学科】
医|医/前期
センター試験 5教科7科目(900点満点)
【国語】国語(200)
【数学】数IA・数IIB(200)
【理科】物・化・生から2(200)
【外国語】英・独・仏から1[リスニングを課す](200[-])
《地歴》世B・日B・地理Bから選択(100)
《公民》「倫理・政経」(100)
※理科は,基礎科目の選択不可
●選択→地歴・公民から1
個別学力試験 3教科(700点満点)
【数学】数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)・数III(200)
【理科】「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」から2(200)
【外国語】コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I・英語表現II(200)
【面接】(100)
個別(2次)
配点比率 44%
備考
セ試…合計が概ね80%に満たない場合は合格者となりえないことがある

医|医/後期
センター試験 5教科7科目(900点満点)
【国語】国語(200)
【数学】数IA・数IIB(200)
【理科】物・化・生から2(200)
【外国語】英・独・仏から1[リスニングを課す](200[-])
《地歴》世B・日B・地理Bから選択(100)
《公民》「倫理・政経」(100)
※理科は,基礎科目の選択不可
●選択→地歴・公民から1
個別学力試験 学科試験なし(100点満点)
【面接】(100)
個別(2次)
配点比率 10%

【推薦入試】

医-医学(II/一般枠)

募集人員
出願条件
選考方法
現浪 評定 セ試
【 20名 】 A 5-7 書、面100

医-医学(II/地域枠/県内)

募集人員
出願条件
選考方法
現浪 評定 セ試
【 20名 】 1 A 5-7 書、面100

医-医学(II/特別養成枠)

募集人員
出願条件
選考方法
現浪 評定 セ試
【 20名 】 2   5-7 書、面100

【医学部その他学科】

医|生命科学/前期
センター試験 5教科7科目(900点満点)
【国語】国語(200)
【数学】数IA・数IIB(200)
【理科】物・化・生から2(200)
【外国語】英・独・仏から1[リスニングを課す](200[-])
《地歴》世B・日B・地理Bから選択(100)
《公民》現社・倫理・政経・「倫理・政経」から選択(100)
※理科は,基礎科目の選択不可
●選択→地歴・公民から1
個別学力試験 3教科(900点満点)
【数学】数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)・数III(300)
【理科】「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」から2(300)
【外国語】コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I・英語表現II(300)
個別(2次)
配点比率 50%
医|保健<看護学>(1)/前期
センター試験 5教科6科目(700点満点)
【国語】国語(200)
【数学】数IA・数II・数IIB・簿記*・情報*から1(100)
【理科】物基・化基・生基から2(100)
【外国語】英・独・仏から1[リスニングを課す](200[-])
《地歴》世A・日A・地理A・世B・日B・地理Bから選択(100)
《公民》現社・倫理・政経・「倫理・政経」から選択(100)
※理科は,「基礎2科目」のみ選択可
●選択→地歴・公民から1
個別学力試験 1教科(200点満点)
【外国語】コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I・英語表現II(200)
個別(2次)
配点比率 22%
備考
パターン(1)または(2)から選択

医|保健<看護学>(2)/前期
センター試験 5教科6科目(700点満点)
【国語】国語(200)
【数学】数IA・数II・数IIB・簿記*・情報*から1(100)
【理科】物・化・生から2(100)
【外国語】英・独・仏から1[リスニングを課す](200[-])
《地歴》世A・日A・地理A・世B・日B・地理Bから選択(100)
《公民》現社・倫理・政経・「倫理・政経」から選択(100)
※理科は,基礎科目の選択不可
●選択→地歴・公民から1
個別学力試験 1教科(200点満点)
【外国語】コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I・英語表現II(200)
個別(2次)
配点比率 22%
備考
パターン(1)または(2)から選択

医|保健<検査技術科学>/前期
センター試験 5教科7科目(800点満点)
【国語】国語(100)
【数学】数IA・数IIB(200)
【理科】物・化・生から2(200)
【外国語】英・独・仏から1[リスニングを課す](200[-])
《地歴》世B・日B・地理Bから選択(100)
《公民》現社・倫理・政経・「倫理・政経」から選択(100)
※理科は,基礎科目の選択不可
●選択→地歴・公民から1
個別学力試験 1教科(200点満点)
《数学》数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)・数III(200)
《外国語》コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I・英語表現II(200)
●選択→数学・外国語から1
個別(2次)
配点比率 20%
備考
個別…数・外は両教科受験可。高得点教科で判定

医|生命科学/後期
センター試験 5教科7科目(900点満点)
【国語】国語(200)
【数学】数IA・数IIB(200)
【理科】物・化・生から2(200)
【外国語】英・独・仏から1[リスニングを課す](200[-])
《地歴》世B・日B・地理Bから選択(100)
《公民》現社・倫理・政経・「倫理・政経」から選択(100)
※理科は,基礎科目の選択不可
●選択→地歴・公民から1
個別学力試験 学科試験なし(200点満点)
【面接】(200)
個別(2次)
配点比率 18%
医|保健<看護学>(1)/後期
センター試験 5教科6科目(700点満点)
【国語】国語(200)
【数学】数IA・数II・数IIB・簿記*・情報*から1(100)
【理科】物基・化基・生基から2(100)
【外国語】英・独・仏から1[リスニングを課す](200[-])
《地歴》世A・日A・地理A・世B・日B・地理Bから選択(100)
《公民》現社・倫理・政経・「倫理・政経」から選択(100)
※理科は,「基礎2科目」のみ選択可
●選択→地歴・公民から1
個別学力試験 学科試験なし(200点満点)
【小論文】(100)
【面接】(100)
個別(2次)
配点比率 22%
備考
パターン(1)または(2)から選択

医|保健<看護学>(2)/後期
センター試験 5教科6科目(700点満点)
【国語】国語(200)
【数学】数IA・数II・数IIB・簿記*・情報*から1(100)
【理科】物・化・生から2(100)
【外国語】英・独・仏から1[リスニングを課す](200[-])
《地歴》世A・日A・地理A・世B・日B・地理Bから選択(100)
《公民》現社・倫理・政経・「倫理・政経」から選択(100)
※理科は,基礎科目の選択不可
●選択→地歴・公民から1
個別学力試験 学科試験なし(200点満点)
【小論文】(100)
【面接】(100)
個別(2次)
配点比率 22%
備考
パターン(1)または(2)から選択

医|保健<検査技術科学>/後期
センター試験 5教科7科目(800点満点)
【国語】国語(100)
【数学】数IA・数IIB(200)
【理科】物・化・生から2(200)
【外国語】英・独・仏から1[リスニングを課す](200[-])
《地歴》世B・日B・地理Bから選択(100)
《公民》現社・倫理・政経・「倫理・政経」から選択(100)
※理科は,基礎科目の選択不可
●選択→地歴・公民から1
個別学力試験 学科試験なし(200点満点)
【小論文】(100)
【面接】(100)
個別(2次)
配点比率 20%

鳥取大学医学部 入試科目別受験対策・勉強法

鳥取大学医学部の英語の出題傾向と対策は以下の通りです。

時間は90分、大問3で2題が長文、1題が英作文。
英作文は和文英訳。
長文読解はひとつは長めでセンターの大問6ぐらいです。
設問の多くが和訳中心。難易度はそこまで高くはないが問題が多め。
英作文は、新聞や文章からの引用なので英文にしやすい文章ではない。過去問を参考にしましょう。

鳥取大学医学部の数学の出題傾向と対策は以下の通りです。

図形と方程式 軌跡 標準
複素数平面 複素数平面 標準
ベクトル ベクトルと図形(空間) 標準
関数と極限 関数の極限 標準
微分法の応用 関数の増減と極値 標準
積分法の応用 面積 標準
数と式 命題と証明 標準
場合の数と確率 重複組合せ 標準
微分法と積分法 面積 標準

大問4で時間が120分
難易度はそこまで高くはない、記述論述の練習が必要。
グラフ問題、数列、確率が出やすい傾向にある。
記述で減点されない様な回答作成能力を養いましょう。

鳥取大学医学部の物理の出題傾向と対策は以下の通りです。

力と運動 等加速度直線運動 基礎
力と運動 運動の法則・運動方程式 基礎
力と運動 慣性力 基礎
力と運動 運動エネルギーと位置エネルギー 基礎
熱 熱量とその保存 基礎
熱 熱の利用 基礎
波動 気柱の共鳴,弦の振動 標準
電気と磁気 交流回路 標準

大問4で時間は90分。
力学が出やすい傾向にある。
難易度は標準だが前の問題の計算結果を使う問題が多いので計算ミスには注意。
基本的に答えだけを答えるだけで良いので論述の対策はいらない。

鳥取大学医学部の化学の出題傾向と対策は以下の通りです。

溶解と溶液の性質 コロイド溶液の性質 標準
化学平衡 ルシャトリエの原理 標準
化学平衡 平衡定数 標準
化学平衡 化学平衡に関する総合 標準
単体,化合物の製法 気体の製法・性質 標準
脂肪族化合物の反応 アルケンと誘導体 やや難
天然有機化合物 タンパク質,ペプチド 標準

大問が5で時間が90分。
計算問題が多めで、知識問題や反応式の記述もあり。
計算問題は計算課程も書く必要有り。
問題のレベルは基礎から標準。
論述の問題が出る確率は低め。
見て解き方が分からないような問題はでないが標準問題であれば全範囲対応できるように準備すること。

鳥取大学医学部の生物の出題傾向と対策は以下の通りです。

DNAの構造と複製 – 基礎
遺伝情報の発現(暗号) – 基礎
真核生物の遺伝情報とその発現 – 基礎
心臓と循環系 – 標準
植物の成長と運動(膨圧運動) – 基礎
植物ホルモン – 基礎
個体群の種間関係 – 標準
生態系の多様性・平衡と保全 – 標準
進化の証拠(化石・相同・相似・痕跡・大陸移動・反復説) – 標準

大問が4で時間が90分。
問題の形式は記述と論述。
論述は字数指定のものもある。
記述の知識問題の設問が多い。
論述に関しては一つ一つは短いが書く問題が多く出る。
実験やデータの問題もでるので読み取り能力や考察能力が必要。
覚えて解くのではなく、自分で考えて解ける様にすることを意識する。

鳥取大学医学部の面接の出題傾向と対策は以下の通りです。

面接の形式は個人面接で時間は10分、面接官は2名。

面接の内容

・医師志望理由
・大学志望理由
・鳥取の医療問題は何か
・医師に必要なことは何か、それを発揮したエピソードはあるか
・地域医療についてどう思うか、個人的にできること
・医師不足解消のために自身が何をできるか
・何科で働きたいか
・長所と苦手なこと
・苦手な人とどうかかわるべきか、どのようなかかわり方をしてきたか
・リーダーとサポートのどちらが向いているか、その理由
・大学でどう学んでいきたいか、挑戦したいことはあるか
・地域枠の制度について(鳥取県枠)
・アドミッションポリシーを読んだか、どんなものがあったか覚えているだけ話す
・出身地にもへき地はあるが、どうして鳥取を選んだのか

対策

ある程度、キーワードは準備しておいて、あとはその場でキーワードをつないで考えながら話すようにするとよい。事前に暗記したセリフを棒読みするのはナンセンスなので、その場で悩みながらも自分の言葉で必死に説明するように心がけよう。学校や予備校などで、あからさまに対策をしてきました、みたいな印象を試験官に与えると評価は下がると思ったほうが良い。試験官は受験生に意外な質問をしたり、突っ込んだりすることで、揺さぶりをかけてくるので、落ち着いて真摯に答えるようにすること。

新入試制度対応!大学入学共通テスト対策カリキュラム

じゅけラボ予備校の大学受験対策講座では、新入試制度に対応し、2020年度以降に受験する生徒向けに、大学入学共通テスト対策を行っています。

2020年度以降に大学受験をするあなた。新入試制度について詳しい内容を知っていますか?
新入試制度のもとで受験をするのに、内容を知らない、そのための対策の仕方を知らない状態では、素手で戦場に挑むようなものです。

まずは、こちらのページで新入試制度について確認しておきましょう!

新入試制度対応!
大学入学共通テスト対策カリキュラム

鳥取大学医学部合格のための受験対策カリキュラム・学習計画を提供します

鳥取大学医学部合格を目指す受験生のあなたへ。ただがむしゃらに勉強をしても鳥取大学医学部に合格することはできません。鳥取大学医学部に合格するためには、鳥取大学医学部のそれぞれの入試科目のポイントを押さえた勉強をする必要があります。じゅけラボでは以下の3つのポイントに着目した、鳥取大学医学部専用の受験対策カリキュラム・学習計画を提供しています。

  • ポイント1:自分の学力レベルに適した勉強
  • ポイント2:正しい勉強法
  • ポイント3:鳥取大学医学部に合格するために必要な勉強

実は多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。また、受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強方法で勉強を進めることが重要です。

そして、鳥取大学医学部の入試科目の入試問題はどんな傾向があり、どんな受験対策が必要なのかを把握して、必要な勉強に焦点を当てて受験勉強を進めることが必要です。

じゅけラボでは、まず学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合ったカリキュラムを作成し、鳥取大学医学部に合格するために必要な学習計画と正しい勉強方法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。また、鳥取大学医学部の入試科目ごとに正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。

鳥取大学医学部受験対策はいつから始めればよいか?

医学部受験は言うまでもなく、大学受験の中で最難関です。医学部受験対策を始めるのは早ければ早いほど良いと言えるでしょう。

鳥取大学医学部に現役合格するためには、少なくとも高2の春から受験対策を始めましょう。できれば高1から始める事をオススメします。中学、高1の学習範囲に抜けや漏れがある場合には、高1から始めるべきでしょう。

高2の終わりまでには、センター試験で8割得点できる実力をつけておくことが必須です。復習に加え、未習範囲の学習も必要ですから、特に英語、数学の学習を優先して、高1の終わりまでに数1A2Bと英語を一通りやっておきましょう。

鳥取大学医学部を目指す受験生から、「高2の夏から勉強に本気で取り組んだら鳥取大学医学部に合格できますか?」「高2の9月の模試で鳥取大学医学部がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

受験勉強自体を始める時期が高2の夏以降になると、現状の偏差値や学力によって難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

「鳥取大学医学部に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ

鳥取大学医学部を目指して受験勉強を始めたものの、模試の結果が悪かった、E判定だったことで「鳥取大学医学部に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の学力から鳥取大学医学部に合格するための最短のカリキュラムを提供します。また、「高1の8月から勉強を始める場合」「高2の4月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

多浪生や再受験生でも鳥取大学医学部に合格できる?

じゅけラボ予備校では、浪人生、多浪生や再受験生(仮面浪人・社会人)も、鳥取大学医学部合格へ向けて受験勉強をサポートしています。

浪人生・多浪生や再受験生、社会人の方は、現役生に比べて学習状況や習得レベルが個人個人で大きく異なるため、現状に合わせたカリキュラムが必須です。

塾や予備校でもレベルに合わせた講義を取ることができますが、浪人生・多浪生や再受験生、社会人の方が自身のレベルに合ったものを見極め、計画的に受講していくことは意外と難しいものです。

じゅけラボ予備校では、あなたの現状の学力やこれまでの学習状況に合わせて、鳥取大学医学部に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、鳥取大学医学部合格に向けて全力でサポートします。

鳥取大学医学部を受験するあなた!合格を目指すなら今すぐ行動です!

じゅけラボの大学受験対策講座の特徴

大学別の対策については
こちらから検索できます。



地域別医学部一覧はこちら