東海大学医学部対策
東海大学医学部合格を目指す
受験生のための

オーダーメイド受験対策
カリキュラム

東海大学医学部はどんなところ?

『東海大学医学部医学科』

東海大学医学部医学科は1974年4月に開設しました。

東海大学の医学部医学科は、
模擬患者を導入した医療面接実習、基礎医学と臨床医学を横断的に学ぶ統合型カリキュラム、診療参加型臨床実習など、
かつては日本になかったスタイルを先駆的に取り入れ、日本の医学教育に大きな影響を与えて来ました。

2016年4月からは、さらに臨床能力の強化を図る新カリキュラムを導入し、また受講希望者にはハワイ大学医学部と連携したハワイ医学教育プログラムも実施しています。

 

【東海大学医学部医学科の取得可能資格】

・医師国家試験の受験資格

 

 

≪医師国家試験(2018年度)の合格率≫
大学名 受験者数 合格者数 合格率
東海大学 130 110 84.6%

 

 

『東海大学医学部看護学科』

東海大学医学部看護学科は2018年4月、健康科学部看護学科が改組によって、医学部看護学科として生まれ変わりました。

看護学科が学ぶ伊勢原キャンパス内には東海大学医学部付属病院があります。看護学科が行う実習の多くはこの付属病院で行うので、学生の移動に時間や費用を要しません。

また、看護学科の教員と付属病院看護師とのコラボレーションにより実技指導を行いますので、実技演習で技術を確実に習得できます。

 

 

【東海大学医学部看護学科の取得可能資格】

・看護師国家試験の受験資格
・保健師国家試験の受験資格
・養護教諭一種免許状
・養護教諭二種免許状(保健師の免許取得が必要)
・第一種衛生管理者免許状(保健師の免許取得が必要)

 

 

 

【東海大学医学部の主な就職先】

・東海大学医学部付属病院
・札幌医科大学付属病院
・秋田大学医学部付属病院
・筑波大学付属病院
など病院や医療センター

 

東海大学医学部の学費

医学科の学費(2019年度入学)

入学金 1年 1,000,000
授業料 1~6年 2,148,000/年
教育運営費 1~6年 632,000/年
教育充実費 1年 520,000
教育充実費 2~4年 840,000/年
教育充実費 5~6年 1,340,000/年
施設設備費 1~6年 2,100,000/年
その他の諸会費 1年 73,200
その他の諸会費 2~4年 49,000/年
その他の諸会費 5~6年 43,000/年
1年次合計 1年 6,473,200
2年次合計 2年 5,769,000
3年次合計 3年 5,769,000
4年次合計 4年 5,769,000
5年次合計 3年 6,263,000
6年次合計 4年 6,263,000

6年間の学費総額:36,306,200円

 

 

看護学科の学費(2019年度入学)

入学金 1年 300,000
授業料 1~4年 7350,00/年
教育運営費 1~4年 199,000/年
施設設備費 1~4年 370,000/年
その他の諸会費 1年 59,200
その他の諸会費 2~4年 41,000/年
1年次合計 1年 1,663,200
2年次合計 2年 1,345,000
3年次合計 3年 1,345,000
4年次合計 4年 1,345,000

(単位:円)

 

 

 

東海大学独自の主な奨学金

 
奨学金名 採用人数 奨学金額 種類 内容
医学部医学科奨学金 約25名 年額120万円 給付 2年次以上の医学部医学科生より募集を行い、応募者より人物、学業成績ともに優秀な者に対し奨学金を給付します。
医学部医学科奨学金〈ひまわり〉 約5名 年額120万円 給付 学費納入が困難な2年次以上の医学部医学科生に対し、その援助を目的に奨学金を給付します。
ワークスタディ奨学金 約250名 月額2万5千円(年額30万円) 給付 人物、学業成績に優れ、経済的理由により修学が困難な学生に対し、東海大学内での様々な学内関連業務を行うことにより奨学金を給付します。
国際交流奨学金 約50名 派遣先大学および留学期間により異なります。 給付 海外留学を希望している学生。
東海大学と協定を結んだ外国の大学への留学が許可され、人物・学業成績ともに優れた学生に対して給付します。
【松前重義記念基金】自己研鑽奨学金 個人:20名程度
グループ:5グループ:程度
個人:30万円以内
グループ:50万円以内
給付 様々な活動分野において計画し、実現に努力している学生。
文化活動、スポーツ活動、社会活動、ボランティア活動などの各分野において優れた計画を持ち、その実現に努力している学生に対し、その計画が達成できるように支援するため給付します。
【松前重義記念基金】建学記念奨学金 若干名 最優秀賞:20万円
優秀賞:10万円
入選:5万円
給付 独創力豊かな論文を書ける学生。
東海大学が指定する課題について独創力豊かな論文を提出した学生を対象に、審査の上、優秀者に対して給付します。
佐藤兼蔵貸与奨学金 若干名 医学部医学科は年額300万円を限度として貸与し、無利子長期返還する。 貸与 医学部医学科に在籍する学生で家計支持者の死亡・失職等で家計が急変し、修学が困難となった学生に対して奨学金を貸与します。

 

 

 

日本学生支援機構奨学金

区分 利子 貸与金額 特徴
第一種奨学金 自宅通学生/2万円、3万円、4万円、5万4千円

自宅外通学生/2万円、3万円、4万円、5万、5万4千円、6万4千円

の中から選択

本人の成績および経済状況で選考される
第二種奨学金 2万円~12万円(1万円単位)

の中から選択

※医学科においては月額を4万円増額することもできる(月額12万円を選択した場合に限る)

第一種の選考基準より選考が穏やか

 

東海大学医学部の所在地

【伊勢原キャンパス】
医学部、健康科学部(2018年度より募集停止)

〒259-1193
神奈川県伊勢原市下糟屋143

●アクセス

≪電車・バス≫

   小田急線「伊勢原」駅下車、バスで「東海大学病院」下車

東海大学医学部の周辺地図

東海大学医学部の受験対策 学習のポイント・勉強法

『東海大学医学部医学科』

東海大学のメイン入試である一般入試A方式で必要な教科は
医学科・・・・「英語」「数学」「物理or化学or生物」の3教科です。

第2次選考として「小論文」「面接」があります。

 

 

【合格最低点】

2018年度の医学部医学科の入試の合格最低点は、
A方式=82%/300

 

【倍率】

2018年度の医学部医学科の入試の倍率は、
A方式=32.3倍、センター利用入試(前期)=25.2倍、センター利用入試(後期)=11.5倍

 

 

 

 

『東海大学医学部看護学科』

東海大学のメイン入試である一般入試A方式で必要な教科は
看護学科・・・・「英語」「数学or国語」「化学or生物」の3教科です。

 

【合格最低点】

2018年度の医学部看護学科の入試の合格最低点は、
A方式=65%/300、B方式=71%/200

 

【倍率】

2018年度の医学部看護学科の入試の倍率は、
A方式=8.2倍、B方式=22.8倍、センター利用入試(前期)=6.7倍

 

 

東海大学医学部の受験情報

『東海大学医学部医学科の受験情報』

 

【東海大学医学部医学科の募集人員】

医学科=118名

 

 

 

【医学部医学科の一般入試A方式の詳細】

<第1次選考>
□1時限・・・・選択(70分、配点100点) ※「物理基礎、物理」「化学基礎・化学」「生物基礎・生物」から1科目選択
□2時限・・・・数学(70分、配点100点) ※数学(数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B「数列、ベクトル」)
□3時限・・・・英語(70分、配点100点)

<第2次選考>
□1時限・・・・小論文(30分、500字)
□2時限・・・・面接試験(1人10~20分程度)

 

 

 

【医学部医学科の大学入試センター試験利用入試(前期)の詳細】

<第1次選考>
□センター試験の外国語(配点250点) ※英語(リスニングを含む)
□センター試験の数学(配点100点) ※数学ⅠA
□センター試験の数学(配点100点) ※数学ⅡB
□センター試験の理科2科目(配点各100点=計200点) ※物理、化学、生物から2科目選択

<第2次選考>
□1時限・・・・小論文(30分、500字)
□2時限・・・・面接試験(1人10~20分程度)

 

 

 

 

 

『東海大学医学部看護学科の受験情報』

 

【東海大学医学部看護学科の募集人員】

看護学科=85名

 

 

【医学部看護学科の一般入試A方式の詳細】

<看護学科>
□1時限・・・・選択(70分、配点100点) ※「化学基礎・化学」、「生物基礎・生物」から1科目選択
□2時限・・・・選択(70分、配点100点) ※国語総合(古文・漢文を除く)、数学ⅠAから1科目選択
□3時限・・・・英語(70分、配点100点) ※英語外部試験のスコア利用可能

 

 

【医学部看護学科の一般入試B方式の詳細】

<2教科型>
□1時限・・・・選択(70分、配点100点) ※英語、数学(数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学B「数列、ベクトル」)、国語(国語総合[古文・漢文を除く])から1科目選択
□2時限・・・・選択(70分、配点100点) ※「物理基礎・物理」「化学基礎・化学」「生物基礎・生物」「日本史B」「世界史B」「政治経済」から1科目選択

 

 

【医学部看護学科の大学入試センター試験利用入試(前期)の詳細】

<看護学科>
□センター試験の外国語(配点200点) ※英語(リスニングを含む) ※英語は250点×0.8で換算する
□センター試験の数学(配点200点) ※数学ⅠA  ※100点×2で換算する
□センター試験の理科(配点200点) ※理科①(物理基礎、化学基礎、生物基礎から2科目選択 ※2科目をもって1科目とみなす)、理科②(物理、化学、生物から1科目選択 ※第1解答科目を判定対象とする)から1科目選択  ※①②両方受験の場合は高得点の科目を採用する  ※100点×2で換算する

 

 

東海大学医学部 入試科目別受験対策・勉強法

【医学科】

東海大学の医学部医学科の一般入試A方式(2018年度)の英語は、大問8つで構成されています。
記述式ですが、大問7と8以外は全て記号選択問題です。
大問1は長文問題。
大問2は語彙文法問題が10問。
大問3は英文の下線部の意味に最も近い語を選ぶ問題が10問。
大問4は会話文型の長文が2題。
大問5は順番がバラバラの英文を正しい順に並び替える問題が3問。
大問6はグラフを見て答える問題が4問。
大問7は日本語訳が2問です。
大問8は英語訳や2問です。
全体的に結構ボリュームがあるので、時間を計って過去問を解く練習を積みましょう。

 

 

 

【看護学科】

東海大学医学部看護学科の一般入試A方式(2018年度)の英語は、大問6つで構成されています。
記述式ですが、全て記号選択問題です。
大問1は長文問題。
大問2は語彙文法問題が10問。
大問3は英文の下線部の意味に最も近い語を選ぶ問題が10問。
大問4は会話文型の長文が2題。
大問5は順番がバラバラの英文を正しい順に並び替える問題が3問。
大問6はグラフを見て答える問題が4問。
全体的に結構ボリュームがあるので、時間を計って過去問を解く練習を積みましょう。

 

【医学科】

東海大学医学部医学科の一般入試A方式(2018年度)の数学は大問3つで構成されています。
記述式ですが、全問空欄補充型なので、答えだけを書けばOKです。
大問1は小問集合で、小問が5~6問あります。

 

 

【看護学科】

東海大学医学部看護学科の一般入試A方式(2018年度)の数学は大問3つで構成されています。
記述式ですが、全問空欄補充型なので、答えだけを書けばOKです。
大問1は小問集合で、小問が5~6問あります。

 

医学部では国語の試験を指定されていません。

【医学科】

東海大学医学部医学科の一般入試A方式(2018年度)の物理は大問4つで構成されています。
大問1と2は記述式、大問3と4は解答群から選択するマーク式です。
全体的な難易度はやや高めなので、解ける問題を計算ミスせず確実に点数につなげることが最重要です。

【医学科】

東海大学医学部医学科の一般入試A方式(2018年度)の化学は大問5つで構成されています。
記述式とマーク式の併用です。
全体的に標準レベルの難易度といえるので、少しでも多く正解を積み重ねたいです。

 

 

【看護学科】

東海大学医学部看護学科の一般入試A方式(2018年度)の化学は大問6つで構成されています。
記述式とマーク式の併用です。
知識問題、化学式や構造式を書く問題、計算問題がまんべんなく出ており、論述問題は出ていません。

【医学科】

東海大学医学部医学科の一般入試A方式(2018年度)の生物は大問5つで構成されています。
記述式です。
知識問題、空所への語句挿入、論述、記号選択、計算問題とあらゆるタイプの設問が散りばめられています。
難しい問題も出ますが、典型的な標準レベルの問題が中心ではあるので、解ける問題から確実に処理していきましょう。

 

 

【看護学科】

東海大学医学部看護学科の一般入試A方式(2018年度)の生物は大問5つで構成されています。
記述式とマーク式の併用です。
知識問題、空所への語句挿入、論述、記号選択、計算問題とあらゆるタイプの設問が散りばめられています。

 

医学部では日本史の試験を指定されていません。

医学部では世界史の試験を指定されていません。

医学部では地理の試験を指定されていません。

医学部では公民の試験を指定されていません。

【面接】

東海大学医学部医学科の面接は、個別面接の形で行われます。
受験生1人に対して面接官2人。
面接時間は10~20分程度のようです。

 
面接において頻出の質問である「医学科を志望する理由は?」「なぜ東海大学に入りたいのか?」などに関してはちゃんと答えられるようにしておきたいです。
これからの大学生活でやりたいことや、どのような医師になりたいか、自身の性格について、なども聞かれる可能性が十分あるので、意識はしておきましょう。

 

 

【小論文】(試験時間:30分)

東海大学医学部医学科の小論文は例年、500字以内で論述する形式なので、新聞やニュース番組で取り扱っているトピックに対して自分の意見を30分以内に500字でまとめる練習を積んでおくと良いでしょう。

過去に出たテーマは、AIに対する自身の考えを述べる内容や、好きな曲について述べる内容、詩・絵本を読んで感じたことを述べる内容など、さまざまなタイプのテーマが出ています。

東海大学医学部合格のための受験対策カリキュラム・学習計画を提供します

東海大学医学部合格を目指す受験生のあなたへ。ただがむしゃらに勉強をしても東海大学医学部に合格することはできません。東海大学医学部に合格するためには、東海大学医学部のそれぞれの入試科目のポイントを押さえた勉強をする必要があります。じゅけラボでは以下の3つのポイントに着目した、東海大学医学部専用の受験対策カリキュラム・学習計画を提供しています。

  • ポイント1:自分の学力レベルに適した勉強
  • ポイント2:正しい勉強法
  • ポイント3:東海大学医学部に合格するために必要な勉強

実は多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。また、受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強方法で勉強を進めることが重要です。

そして、東海大学医学部の入試科目の入試問題はどんな傾向があり、どんな受験対策が必要なのかを把握して、必要な勉強に焦点を当てて受験勉強を進めることが必要です。

じゅけラボでは、まず学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合ったカリキュラムを作成し、東海大学医学部に合格するために必要な学習計画と正しい勉強方法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。また、東海大学医学部の入試科目ごとに正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。

大手予備校とじゅけラボの料金・サービス比較はこちら
じゅけラボ予備校の料金はこちら

東海大学医学部受験対策はいつから始めればよいか?

医学部受験は言うまでもなく、大学受験の中で最難関です。医学部受験対策を始めるのは早ければ早いほど良いと言えるでしょう。

東海大学医学部に現役合格するためには、少なくとも高2の春から受験対策を始めましょう。できれば高1から始める事をオススメします。中学、高1の学習範囲に抜けや漏れがある場合には、高1から始めるべきでしょう。

高2の終わりまでには、センター試験で8割得点できる実力をつけておくことが必須です。復習に加え、未習範囲の学習も必要ですから、特に英語、数学の学習を優先して、高1の終わりまでに数1A2Bと英語を一通りやっておきましょう。

東海大学医学部を目指す受験生から、「高2の夏から勉強に本気で取り組んだら東海大学医学部に合格できますか?」「高2の9月の模試で東海大学医学部がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

受験勉強自体を始める時期が高2の夏以降になると、現状の偏差値や学力によって難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

「東海大学医学部に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ

東海大学医学部を目指して受験勉強を始めたものの、模試の結果が悪かった、E判定だったことで「東海大学医学部に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の学力から東海大学医学部に合格するための最短のカリキュラムを提供します。また、「高1の8月から勉強を始める場合」「高2の4月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

多浪生や再受験生でも東海大学医学部に合格できる?

じゅけラボ予備校では、浪人生、多浪生や再受験生(仮面浪人・社会人)も、東海大学医学部合格へ向けて受験勉強をサポートしています。

浪人生・多浪生や再受験生、社会人の方は、現役生に比べて学習状況や習得レベルが個人個人で大きく異なるため、現状に合わせたカリキュラムが必須です。

塾や予備校でもレベルに合わせた講義を取ることができますが、浪人生・多浪生や再受験生、社会人の方が自身のレベルに合ったものを見極め、計画的に受講していくことは意外と難しいものです。

じゅけラボ予備校では、あなたの現状の学力やこれまでの学習状況に合わせて、東海大学医学部に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、東海大学医学部合格に向けて全力でサポートします。

東海大学医学部を受験するあなた!合格を目指すなら今すぐ行動です!

東海大学医学部合格なら
じゅけラボの大学受験対策講座

大学別の対策については
こちらから検索できます。



地域別医学部一覧はこちら


北海道・東北
関東
東海・甲信越
近畿
中国・四国
九州・沖縄

大手予備校を超える高品質カリキュラムが業界最安値

  • 入会金無料

  • 追加料金なし

  • 全科目対策で
    一律料金