横浜薬科大学薬学部対策
横浜薬科大学薬学部合格を目指す
受験生のための

オーダーメイド受験対策
カリキュラム

横浜薬科大学薬学部はどんなところ?
横浜薬科大学薬学部の学費
横浜薬科大学薬学部の所在地
横浜薬科大学薬学部の受験対策 学習のポイント・勉強法
横浜薬科大学薬学部の受験情報
横浜薬科大学薬学部 入試科目別受験対策・勉強法
横浜薬科大学薬学部合格のための受験対策カリキュラム・学習計画を提供します
「横浜薬科大学薬学部に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ
受験勉強を始めるのが遅くても横浜薬科大学薬学部に合格できる?
横浜薬科大学の他の学部
横浜薬科大学薬学部を受験する生徒からのよくある質問
横浜薬科大学薬学部に合格する為の勉強法・自分に合う安い予備校をお探しなら

横浜薬科大学薬学部に合格するには、正しい対策、勉強法を実行する必要があります。そのために、どんな入試方式があるのか、受験できる入試科目は何か、合格最低点や合格ラインについて、偏差値や倍率、入試問題の傾向と対策など、把握しておくべき情報、データがたくさんあります。
横浜薬科大学薬学部に受かるにはどんな学習内容を、どんな勉強法ですすめるのかイメージをしながら見ていきましょう。まだ志望校・学部・コースで悩んでいる高校生も、他の大学・学部と比べるデータとして、横浜薬科大学薬学部の入試情報を見ていきましょう。

横浜薬科大学薬学部に合格するには、横浜薬科大学薬学部に合格する方法つまり戦略的な学習計画と勉強法が重要です。

あなたが挑む受験のしかたに合わせてじゅけラボ予備校が横浜薬科大学薬学部合格をサポートします。

横浜薬科大学薬学部はどんなところ?

横浜薬科大学薬学部は4つの学科で構成されています。

<健康薬学科>
健康薬学科では全学科で共通する薬学部としての講義に加えて、人の健康に関する食や生活習慣など学科固有の専門科目があります。
卒業生は薬局や製薬会社だけでなく、食品会社の機能性食品開発、化粧品メーカー、厚生労働省医薬局(麻薬取締官)など幅広い分野への進路が期待できます。

<漢方薬学科>
現代医療において漢方薬の重要性が高まり、漢方薬の知識をしっかり備えた薬剤師が求められています。
薬のプロとして漢方薬にも精通した薬剤師を育成することが漢方薬学科の目的です。

<臨床薬学科>
臨床薬学科は、全学科共通の講義に加えて、臨床現場に出た際に必要となる看護や救急医療などの学科特有の専門科目があります。
医師や看護師とパートナーシップを持ち即戦力となる薬物治療のプロの育成を目指しています。

<薬科学科(4年制)>
薬科学科では、創薬・生命科学・化粧品・食品関連など幅広い分野で活躍する人材育成を目指しています。
さらに2016年に教職課程を開設し、薬学の知識を兼ね備えた理科の教員への道も開かれています。

【横浜薬科大学薬学部の学科】

・健康薬学科(6年制)
・漢方薬学科(6年制)
・臨床薬学科(6年制)
・薬科学科(4年制)

 

【横浜薬科大学薬学部の主な取得可能資格】

≪6年制薬学部を卒業すれば取得できる資格≫
□薬剤師国家試験受験資格
□医薬部外品・化粧品・医療機器の製造販売所における責任技術者
□登録販売者の受験資格(実務経験免除)
□食品衛生監視員
□食品衛生管理者

【横浜薬科大学薬学部の卒業生の主な就職先】

≪6年制≫
薬局74%、病院19%、企業4%、公務員1%、進学1%、その他1%

[薬局]
アイセイ薬局、アイリスファーマ、イトーヨーカ堂、なかよし薬局、ウエルシア薬局、カメイ薬局、クスリのサンロード、くすりの福太郎、ココカラファイン、サカエ薬局、サンドラッグ、スギ薬局、総合メディカル、東京調剤センター、富士薬品、マツモトキヨシ、メディックスなど

[企業]
あすか製薬、アストラゼネカ、小野薬品工業、シミック、ジョンソンエンドジョンソン、第一三共、タカラバイオ、バイエル薬品、ロート製薬など

 

≪4年制≫
企業就職43%、大学院進学39%、教職7%、大学進学7%、その他4%

[薬局]
ウエルシア、エルマノ、杏林堂、クオール、サンドラッグ、スギ薬局、マツモトキヨシなど

[企業]
インフォテック、シオノケミカル、湘南ベルマーレ、スピードリンクジャパン、中北薬品、ラックコーポレーションなど

横浜薬科大学薬学部の学費

6年制(健康薬学科・漢方薬学科・臨床薬学科)

  初年度学納金 2年次以降学納金
特待生S 45万円
(入学金40万円、教育充実費5万円)
45万円
(施設充実費40万円、教育充実費5万円)
特待生A 125万円
(入学金40万円、授業料80万円、教育充実費5万円)
125万円
(施設充実費40万円、授業料80万円、教育充実費5万円)
特待生B 155万円
(入学金40万円、授業料110万円、教育充実費5万円)
155万円
(施設充実費40万円、授業料110万円、教育充実費5万円)
特別奨学生 185万円
(入学金40万円、授業料140万円、教育充実費5万円)
185万円
(施設充実費40万円、授業料140万円、教育充実費5万円)
一般学生 235万円
(入学金40万円、授業料190万円、教育充実費5万円)
235万円
(施設充実費40万円、授業料190万円、教育充実費5万円)

※上記学納金の中に実験・実習費、共用試験受験料、病院・薬局等の長期実務実習費が含まれています
※上記以外に、委託徴収費として、後援会費年額1万2千円が必要です
※学債・寄付金の要請は一切ありません

 

4年制(薬科学科)

  初年度学納金 2年次以降学納金
特待生 95万円
(入学金40万円、授業料50万円、教育充実費5万円)
89万円
(施設充実費34万円、授業料50万円、教育充実費5万円)
特別奨学生 155万円
(入学金40万円、授業料110万円、教育充実費5万円)
149万円
(施設充実費34万円、授業料110万円、教育充実費5万円)
一般学生 195万円
(入学金40万円、授業料150万円、教育充実費5万円)
189万円
(施設充実費34万円、授業料150万円、教育充実費5万円)

※学納金の納入方法は一括納入または二期分割納入が選べます
※上記以外に、委託徴収費として、後援会費年額1万2千円が必要です
※学債・寄付金の要請は一切ありません
※4年制学科で「教職課程」を受講する場合は、履修費として1万5千円/年および集中講座・実習活動・介護体験等にかかる費用(実費)について、別途必要となります

横浜薬科大学薬学部の所在地

【横浜薬科大学のキャンパス】

〒245-0066
神奈川県横浜市戸塚区俣野町601

<アクセス>

・JR「戸塚駅」からバスで約20分
・JR「大船駅」からバスで約20分
・小田急江ノ島線「湘南台駅」からバスで約15分(大学直行便あり)

※バス乗車の行き先は、「俣野公園・横浜薬大前」行きまたは「ドリームハイツ」行きに乗車して、「俣野公園・横浜薬大前」で下車してください(神奈川中央交通)。

横浜薬科大学薬学部の周辺地図

横浜薬科大学薬学部の受験対策 学習のポイント・勉強法

横浜薬科大学薬学部の2021年度入試は、一般選抜、一般プラス選抜、特待生チャレンジ選抜、大学入試共通テスト利用選抜、その他(総合型選抜や学校推薦型選抜など)があります。

横浜薬科大学の一般選抜は複数回の受験が可能となっています。
試験科目は2科目のみで、理科「化学基礎・化学」が必須科目に指定されています。
もう1科目は選択科目となっており、理科「生物基礎・生物」、数学「Ⅰ・Ⅱ・A・B(数列・ベクトル)」、外国語「英語」から1教科選択するという形です。
ゆえに、化学基礎・化学の学力を伸ばすことが大前提であり、あとは3教科のうちいずれか1教科で良いので得意科目を作っておきたいということになります。
試験問題の解答方式はマークシート式なので、マーク式の問題に慣れておきましょう。

 

横浜薬科大学の大学入試共通テスト利用選抜は、個別試験が課されません。
共通テストの得点のみで合否判定が行われますし、必要科目は2科目だけと少ないです。
こちらも一般選抜と同様に、化学が必須となっております。
「化学」+選択1科目(生物 or 数学ⅠA or 数学ⅡB or 英語)です。
選択科目の中から英語を選ぶ際は、リスニングは含まれないので、リーディングの得点のみが採用されます。
昨年度まで行われていたセンター利用入学試験においては、『概ね6割以上を目標・目安にしてください』というふうに大学側から公表されていました。
今年度から始まる大学入学共通テストにおいても、6割以上を目指すことが1つの目安になってきそうです。

【合格最低点】

非公開

【倍率】

横浜薬科大学薬学部(健康薬学科)の2019年度入試における倍率は、
一般入試=5.5倍、センター利用入試=13.5倍(2018年度は2.2倍)

横浜薬科大学薬学部(漢方薬学科)の2019年度一般入試における倍率は、
一般入試=4.6倍、センター利用入試=8.3倍(2018年度は2.4倍)

横浜薬科大学薬学部(臨床薬学科)の2019年度一般入試における倍率は、
一般入試=4.2倍、センター利用入試=4.7倍

横浜薬科大学薬学部(薬科学科)の2019年度一般入試における倍率は、
一般入試=2.0倍、センター利用入試=3.0倍

横浜薬科大学薬学部の受験情報

※2021年度(令和3年度)の入試情報

【横浜薬科大学薬学部の入試における募集人員】

・6年制:一般選抜=115人、一般プラス選抜=7人、大学入試共通テスト利用選抜=17人、総合型選抜AO=40人、総合型選抜(地元枠)=7人、学校推薦型選抜(指定校・公募)=120人

・4年制:一般選抜=10人、一般プラス選抜=2人、大学入試共通テスト利用選抜=3人、総合型選抜AO=4人、総合型選抜(地元枠)=3人、学校推薦型選抜(指定校・公募)=8人

・特待生チャレンジ選抜=34人
・総合型選抜(社会人)=若干名
・BrushUP選抜=既合格した入試区分の定員に該当

 

【横浜薬科大学薬学部の一般選抜の詳細】

●Ⅰ期(第1回~第3回)、Ⅱ期(第1回・第2回)、Ⅲ期(第1回・第2回)

<個別試験>2教科、マークシート
□理科(60分、100点) ※化学基礎・化学
□選択(60分、100点) ※理科「生物基礎・生物」、数学「数学Ⅰ・Ⅱ・A・B(数列・ベクトル)」、外国語「英語」から1教科選択
□調査書

☆配点合計:200点満点

 

【横浜薬科大学薬学部の一般プラス選抜の詳細】

<個別試験>2教科+面接
□理科(60分、100点) ※化学基礎・化学
□選択(60分、100点) ※理科「生物基礎・生物」、数学「数学Ⅰ・Ⅱ・A・B(数列・ベクトル)」、外国語「英語」から1科目選択
□面接(15分)
□調査書

☆配点合計:200点満点

 

【横浜薬科大学薬学部の特待生チャレンジ選抜の詳細】

●前期・中期

<個別試験>2教科
□理科(60分、100点) ※化学基礎・化学
□選択(60分、100点) ※理科「生物基礎・生物」、数学「数学Ⅰ・A」、外国語「英語」から1教科選択
□調査書

☆配点合計:200点満点

 

●後期

<個別試験>2教科
□理科(60分、100点) ※化学基礎・化学
□選択(60分、100点) ※理科「生物基礎・生物」、数学「数学Ⅰ・Ⅱ・A・B(数列・ベクトル)」、外国語「英語」から1教科選択
□調査書

☆配点合計:200点満点

 

【横浜薬科大学薬学部の大学入試共通テスト利用選抜の詳細】

●前期、中期、後期

<大学入学共通テスト>2教科
□理科(配点100点) ※化学
□選択(配点100点) ※生物、英語(リスニングを除く)、数学Ⅰ・A、数学Ⅱ・Bから1科目選択 ※2科目以上受験した場合は高得点科目を合否判定に採用する

☆配点合計:200点満点

横浜薬科大学薬学部の入試日程

一般選抜 Ⅰ期

願書受付期間(願書必着) 2020年12月21日(月)~2021年1月19日(火)
試験日 第1回:2021年1月24日(日)
第2回:2021年1月25日(月)
第3回:2021年1月26日(火)
合格発表日 2021年1月30日(土)

 

一般選抜 Ⅱ期

願書受付期間(願書必着) 2021年1月20日(水)~2021年2月8日(月)
試験日 第1回:2021年2月13日(土)
第2回:2021年2月14日(日)
合格発表日 2021年2月19日(金)

 

一般選抜 Ⅲ期

願書受付期間(願書必着) 第1回:2021年2月5日(金)~2021年2月26日(金)
第2回:2021年2月5日(金)~2021年3月8日(月)
試験日 第1回:2021年3月5日(金)
第2回:2021年3月13日(土)
合格発表日 第1回:2021年3月10日(水)
第2回:2021年3月17日(水)

 

一般プラス選抜

願書受付期間(願書必着) 2021年2月1日(月)~2021年2月23日(火・祝)
試験日 2021年2月28日(日)
合格発表日 2021年3月5日(金)

 

大学入試共通テスト利用選抜

願書受付期間(願書必着) 前期:2020年12月21日(月)~2021年2月5日(金)
中期:2021年1月20日(水)~2021年2月19日(金)
後期:2021年2月15日(月)~2021年3月12日(金)
試験日 大学入学共通テスト 
※横浜薬科大学独自の個別試験は課しません
合格発表日 前期:2021年2月15日(月)
中期:2021年2月25日(木)
後期:2021年3月19日(金)

 

特待生チャレンジ選抜

願書受付期間(願書必着) 前期:2020年10月19日(月)~2020年11月16日(月)
中期:2020年11月10日(火)~2020年12月6日(日)
後期:2021年2月5日(金)~2021年2月26日(金)
試験日 前期:2020年11月23日(月・祝)
中期:2020年12月12日(土)
後期:2021年3月4日(木)
合格発表日 前期:2020年11月28日(土)
中期:2020年12月18日(金)
後期:2021年3月10日(水)

横浜薬科大学薬学部 入試科目別受験対策・勉強法

【一般選抜】

試験科目:英語
試験時間:60分
解答方式:マークシート式

「横浜薬科大学薬学部の英語の傾向と対策は只今準備中です」

【一般選抜】

試験科目:数学「数学Ⅰ・Ⅱ・A・B(数列、ベクトル)」
試験時間:60分
解答方式:マークシート式

「横浜薬科大学薬学部の数学の傾向と対策は只今準備中です」

【一般選抜】

試験科目:化学基礎・化学
試験時間:60分
解答方式:マークシート式
備考:必須科目に指定されている

 

横浜薬科大学薬学部の化学基礎・化学の出題傾向ですが、基礎・標準レベルの問題ばかりで構成されています。
難問対策をする必要は無く、教科書レベルの基礎知識を叩き込むことが最重要だと言えます。
問題量は少なめなので、考える時間は十分にある問題構成です。

 

横浜薬科大学の一般選抜において合否を大きく分ける鍵となる科目が、この化学基礎・化学です。
選択科目ではあまり差は付かない(誰もが得意科目を選ぶから)ので、必須科目の化学基礎・化学の出来がそのまま合否に直結しがちです。
ハマヤク合格を目指すのであれば、是が非でも化学基礎・化学を得意にしておきたいです。

【一般選抜】

試験科目:生物基礎・生物
試験時間:60分
解答方式:マークシート式

 

横浜薬科大学薬学部の生物基礎・生物の出題傾向ですが、基礎・標準難易度の問題ばかりで構成されています。
難問対策に手を出す必要はなく、教科書レベルの基礎知識を固める作業が最優先事項となります。
問題量は少なめなので、時間不足に陥る心配はおそらく無いでしょう。

横浜薬科大学薬学部合格のための受験対策カリキュラム・学習計画を提供します

横浜薬科大学薬学部合格を目指す受験生のあなたへ。ただがむしゃらに勉強をしても横浜薬科大学薬学部に合格することはできません。横浜薬科大学薬学部に合格するためには、横浜薬科大学薬学部のそれぞれの入試科目のポイントを押さえた勉強をする必要があります。じゅけラボでは以下の3つのポイントに着目した、横浜薬科大学薬学部専用の受験対策カリキュラム・学習計画を提供しています。

  • ポイント1:自分の学力レベルに適した勉強
  • ポイント2:正しい勉強法
  • ポイント3:横浜薬科大学薬学部に合格するために必要な勉強

実は多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。また、受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強方法で勉強を進めることが重要です。

そして、横浜薬科大学薬学部の入試科目の入試問題はどんな傾向があり、どんな受験対策が必要なのかを把握して、必要な勉強に焦点を当てて受験勉強を進めることが必要です。

じゅけラボでは、まず学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合ったカリキュラムを作成し、横浜薬科大学薬学部に合格するために必要な学習計画と正しい勉強方法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。また、横浜薬科大学薬学部の入試科目ごとに正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。

大手予備校とじゅけラボの料金・サービス比較はこちら
じゅけラボ予備校の料金はこちら

「横浜薬科大学薬学部に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ

模試の結果が悪かった、E判定だったことで「横浜薬科大学薬学部に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の学力から横浜薬科大学薬学部に合格するための最短のカリキュラムを提供します。また、「高3の8月から勉強を始める場合」「高3の9月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

受験勉強を始めるのが遅くても横浜薬科大学薬学部に合格できる?

横浜薬科大学薬学部を目指す受験生から、「夏休みや8月、9月から勉強に本気で取り組んだら横浜薬科大学薬学部に合格できますか? 「10月、11月、12月の模試で横浜薬科大学薬学部がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

勉強を始める時期が10月以降になると、現状の偏差値や学力からあまりにもかけ離れた大学を志望する場合は難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

仮に受験直前の10月、11月、12月でE判定が出ても、横浜薬科大学薬学部に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、横浜薬科大学薬学部合格に向けて全力でサポートします。

横浜薬科大学薬学部に「合格したい」「受かる方法が知りたい」という気持ちがあるあなた!合格を目指すなら今すぐ行動です!

横浜薬科大学以外の薬学部・関連学部を偏差値から探す

横浜薬科大学以外の薬学部に関連する学部について、偏差値から探すことができます。あなたの志望校、併願校選びの参考にしてください。

横浜薬科大学薬学部を受験する生徒からのよくある質問

横浜薬科大学薬学部の入試レベルは?

横浜薬科大学薬学部には様々な入試制度があります。自分に合った入試制度・学内併願制度を見つけて、受験勉強に取り組んでください。
横浜薬科大学薬学部の受験情報

横浜薬科大学薬学部にはどんな入試方式がありますか?

横浜薬科大学薬学部には様々な入試制度があります。自分に合った入試制度・学内併願制度を見つけて、受験勉強に取り組んでください。
横浜薬科大学薬学部の受験情報

横浜薬科大学薬学部の科目別にどんな受験勉強すればよいですか?

横浜薬科大学薬学部の受験対策では、科目別に入試傾向と受験対策・勉強法を知って受験勉強に取り組む必要があります。
横浜薬科大学薬学部受験の入試科目別受験対策・勉強法

横浜薬科大学薬学部に合格するための受験対策とは?

横浜薬科大学薬学部に合格するためには、現在の学力レベルに適した勉強、横浜薬科大学薬学部に合格するために必要な勉強、正しい勉強法を把握して受験勉強に取り組む必要があります。
横浜薬科大学薬学部の受験対策 3つのポイント

横浜薬科大学薬学部の受験対策は今からでも間に合いますか?

じゅけラボでは、開始時期に合わせて横浜薬科大学薬学部合格に必要な学習カリキュラムをオーダーメイドで作成し、横浜薬科大学薬学部合格に向けて全力でサポートします。
横浜薬科大学薬学部の受験勉強を始める時期

横浜薬科大学薬学部に合格する為の勉強法とは?

横浜薬科大学薬学部に合格する為の勉強法としてまず最初に必要な事は、現在の自分の学力・偏差値を正しく把握する事。そして次に横浜薬科大学薬学部の入試科目、入試傾向、必要な学力・偏差値を把握し、横浜薬科大学薬学部に合格できる学力を確実に身につける為の自分に合った正しい勉強法が必要です。
横浜薬科大学薬学部対策講座

横浜薬科大学薬学部受験に向けていつから受験勉強したらいいですか?

答えは「今からです!」横浜薬科大学薬学部受験対策は早ければ早いほど合格する可能性は高くなります。じゅけラボ予備校は、あなたの今の実力から横浜薬科大学薬学部合格の為に必要な学習内容、学習量、勉強法、学習計画のオーダーメイドのカリキュラムを組みます。受験勉強はいつしようかと迷った今がスタートに最適な時期です。
じゅけラボの大学受験対策講座

高1から横浜薬科大学薬学部合格に向けて受験勉強したら合格できますか?

高1から横浜薬科大学薬学部へ向けた受験勉強を始めれば合格率はかなり高くなります。高1から横浜薬科大学薬学部の受験勉強を始める場合、中学から高校1年生の英語、国語、数学の抜けをなくし、特に高1英語を整理して完璧に仕上げることが大切です。高1から受験勉強して、横浜薬科大学薬学部に合格するための学習計画と勉強法を提供させていただきます。
横浜薬科大学薬学部合格に特化した受験対策

高3の夏からでも横浜薬科大学薬学部受験に間に合いますか?

可能性は十分にあります。夏休みを活用できるのは大きいです。現在の偏差値から横浜薬科大学薬学部合格を勝ち取る為に、「何を」「どれくらい」「どの様」に勉強すれば良いのか、1人1人に合わせたオーダメイドのカリキュラムを組ませて頂きます。まずは一度ご相談のお問い合わせお待ちしております。
高3の夏からの横浜薬科大学薬学部受験勉強

高3の9月、10月からでも横浜薬科大学薬学部受験に間に合いますか?

可能性は十分にありますが、まず現状の学力・偏差値を確認させてください。その上で、現在の偏差値から横浜薬科大学薬学部に合格出来る学力を身につける為の、学習内容、勉強量、勉強法、学習計画をご提示させて頂きます。宜しければ一度ご相談のお問い合わせお待ちしております。
高3の9月、10月からの横浜薬科大学薬学部受験勉強

高3の11月、12月の今からでも横浜薬科大学薬学部受験に間に合いますか?

現状の学力・偏差値を確認させて下さい。あまりにも今の学力が横浜薬科大学薬学部受験に必要なレベルから大きくかけ離れている場合はお断りさせて頂いておりますが、可能性は十分にあります。まずはとにかくすぐにご連絡下さい。現在の状況から横浜薬科大学薬学部合格に向けてどのように勉強を進めていくのかご相談に乗ります。
高3の11月、12月からの横浜薬科大学薬学部受験勉強

毎日の勉強時間はどのぐらいとれば良いですか?

横浜薬科大学薬学部に合格する為の勉強時間は、現在の学力・偏差値によって必要な勉強時間は異なります。じゅけラボ予備校は、生徒一人一人に最適化されたオーダーメイドカリキュラムを提供しますので、効率よく勉強でき、勉強時間を最適化できます。現在の学力が確認出来れば、横浜薬科大学薬学部入試までに最低限必要な勉強時間をお伝え出来ます。
横浜薬科大学薬学部合格に向けた受験勉強

横浜薬科大学薬学部の合否判定がE判定ですが、合格できますか?

E判定でも横浜薬科大学薬学部合格は可能です。偏差値や倍率を見て第一志望を諦める必要はありません。じゅけラボではE判定、D判定、偏差値30台から国公立大学、難関私立大学に合格する為の「勉強のやり方」と「学習計画」を提供させていただきます。
E判定、偏差値30台からの大学受験対策講座

横浜薬科大学薬学部に合格する為の勉強法・自分に合う安い予備校をお探しなら

横浜薬科大学薬学部に合格するには、横浜薬科大学薬学部の入試科目に対して苦手科目・苦手分野で合格ボーダーライン以上得点を取れるように入試傾向や現在の自分自身の成績や学力を踏まえて戦略的に勉強に取り組まなければなりません。

しかし、横浜薬科大学薬学部合格に向けて予備校や大学受験塾に行くにしても予備校代や塾代が高いだけでなく、講座ごとの申し込みになる為、合わないと思ってもすぐに辞める事が出来ない所が多いようです。

じゅけラボ予備校ではあなたが横浜薬科大学薬学部に合格する為の受験対策講座をどの予備校・塾よりも安い費用で提供しているだけでなく、毎月の月謝制で合わない場合はすぐに辞める事もできるので、お金の心配なく安い料金で安心して横浜薬科大学薬学部受験勉強に取り組む事が出来ます。

あなたが今から最短ルートの勉強で横浜薬科大学薬学部に合格する為のオーダーメイドカリキュラムを是非お試し下さい。

他の予備校・塾との費用比較

学力別×志望大学別 大学受験対策

横浜薬科大学薬学部合格なら
じゅけラボの大学受験対策講座

大学別の対策については
こちらから検索できます。



地域別大学一覧はこちら


北海道・東北
関東
東海・甲信越
近畿
中国・四国
九州・沖縄

大手予備校を超える高品質カリキュラムが業界最安値

  • 入会金無料

    入会金無料

  • 追加料金なし

    追加料金なし

  • 全科目対策で一律料金

    全科目対策で
    一律料金

×

受験対策はじゅけラボ

大手予備校を超える
高品質カリキュラム

・ ・ ・ ・ ・ ・

全科目対応で

月額12,800円〜

×

受験対策はじゅけラボ

大手予備校を超える
高品質カリキュラム

・ ・ ・ ・ ・ ・

全科目対応で

月額12,800円〜