駒澤大学経営学部対策
駒澤大学経営学部合格を目指す
受験生のための

オーダーメイド受験対策
カリキュラム

駒澤大学経営学部はどんなところ?

駒澤大学の経営学部は、人間の知識や経営化の根源を探求することで、この世界や社会を理解することを目的とし、ことばや経営学、社会や歴史、心や芸術など人経営学の諸分野を5つの学科で学びます。

【日本語日本経営学科】
経営学部日本語日本経営学科では、日本語を学問として探求し、日本語で表現された経営学を深く理解する、という2つの学びから日本語を磨きます。
また、日本語日本経営学科には、「日本語コース」と「日本経営学コース」があります。二つのコースは、密接に関連するようにカリキュラムが組まれています。日本語コースでは、日本語の音声、経営法・語彙、日本語教育・方言・表現技法を、日本経営学コースでは古代から近現代にわたる多彩な経営学について学びます。

■取得可能な、目標とする資格
・中学校教諭一種免許状( 国語 )
・高等学校教諭一種免許状( 国語 )
・日本語教員養成課程

■就職・卒業後の進路
特に「卸・小売業」や「銀行・証券・保険業」、経営学部での学びを生かして教員での活躍が目立ちます。

【英語英米経営学科】
経営学部英語英米経営学科では、社会で、世界で活躍するために、英語というコミュニケーションツールを使いこなせる人材を育てます。
英語英米経営学科では「英米経営化・経営学」と「英語学」という側面から英語圏の経営化と言葉に関する専門知識を育むとともに、ビジネス英語・英会話・TOEIC対策などの実践英語を集中的に学びます。また留学が奨励されており、短期から長期まで様々な留学プランが用意されている他、留学希望者用の特別コースが設けられています。

■取得可能な、目標とする資格
・中学校教諭一種免許状( 英語 )
・高等学校教諭一種免許状( 英語 )

■就職・卒業後の進路
特に「卸・小売業」や「銀行・証券・保険業」、「運輸・旅行・ホテル業」等のサービス業での活躍が目立ちます。

【社会学科】
経営学部社会学科では、調査データから社会と経営化の意味を解明し、発信する力を養成するため、経済や経営、福祉、教育、歴史などさまざまな分野から社会学を学びます。
また、社会学科では、1年次に、経営献の読み方からレポートの書き方までを含む大学での学び方と、インタビューやアンケートなど社会・人間・経営化を研究するために必要なさまざまな調査手法を学ぶ「研究法入門演習」と「社会調査基礎演習」を履修します。そのうえで、多彩な専門教育科目や基礎共通科目によって、自分自身の研究テーマを見つけるためのアンテナを拡げます。2年生以上必修のゼミナールでは、これらの授業で学んだことを総合して、自分自身の最も知りたいテーマの研究を進め、集大成として卒業研究を仕上げます。

■取得可能な、目標とする資格
・中学校教諭一種免許状( 社会 )
・高等学校教諭一種免許状( 公民 )
・社会調査士

■就職・卒業後の進路
「銀行・証券・保険業」や「卸・小売業」、「製造業」など幅広い企業

【人間科学科】
経営学部人間科学科では、心理学、哲学、芸術学の知を関連づけながら、理論と実践の両面から「人間とは何か」を探求することにより、社会の諸問題を多角的に捉え、柔軟に問題解決できる人材を育てます。
また、人間科学科では、思想・芸術・経営学から人間を捕らえる「人間表現領域」と心に潜む諸問題を研究する「心理臨床領域」の二領域どちらかに重点をおいて専門性を高めつつ、領域を横断して人間の在り方に総合的にアプローチします。

■取得可能な、目標とする資格
・中学校教諭一種免許状( 社会 )
・高等学校教諭一種免許状( 地歴、公民 )
・博物館学芸員
・認定心理士
・認定心理士(心理調査)

■就職・卒業後の進路
幅広い業種に就職し、「銀行・証券・保険業」や「運輸・ホテル業」での活躍が目立ちます。また「臨床心理士」の資格取得のために大学院進学をめざす学生が多くいます

【歴史経営化学科】
経営学部歴史経営化学科では、時間という縦軸と地域や経営化の横軸を理解し、特定の時代やエリアにとらわれずに歴史を探求します。
歴史経営化学科では、日本史はもちろん、西洋史、東洋史、思想史、地理学や民俗学まで学べます。国際的な感覚を養うとともに、自分たちの足元を固めて、他の歴史・経営化を探るため、身近なテーマをカリキュラムに採り入れ、地元企業やNPOの活動を紹介していきます。

■取得可能な、目標とする資格
・中学校教諭一種免許状( 社会 )
・高等学校教諭一種免許状( 地歴 )
・博物館学芸員
・GIS学術士

■就職・卒業後の進路
「卸・小売業」や「銀行・証券・保険業」、「運輸・旅行・ホテル業」等のサービス業など

駒澤大学経営学部の学費

  入学金 授業料・教育充実費 諸会費
1年 200,000円 912,000円 45,000円
2年   912,000円 10,000円
3年   912,000円 10,000円
4年   912,000円 10,000円

 

駒澤大学経営学部の所在地

【駒沢キャンパス】
〒154-8525 東京都世田谷区駒沢1-23-1

【アクセス】
■電車
東急田園都市線「駒沢大学」駅下車。「駒沢公園口」出口から徒歩約10分。
■バス
東急バス 「駒澤」停留所下車徒歩1分。「駒大深沢キャンパス前」停留所下車徒歩5分

駒澤大学経営学部の周辺地図

駒澤大学経営学部の受験対策 学習のポイント・勉強法

駒澤大学の経営学部の一般入試では、教科書や授業の範囲で扱われるような標準レベルの問題を中心に出題されています。

そのため、経営学部の受験対策は、まず、教科書や学校の授業で使用する教材の理解からスタートし、同じレベルの参考書と過去問を確実に解けるようにするのがポイントです。過去問でしっかりと出題傾向を把握し、時間配分も計画しておきましょう。また、経営学部の入試は、問題の難易度が高くないため、他の受験生が得点できる問題を落とさないことが重要です。標準レベルの問題を確実に得点する練習をしておきましょう。

駒澤大学経営学部の受験情報

入学定員

駒澤大学経営学部の入学定員は以下の通りです。

経営学部:525人
・経営学科:340人
・政治学科:185人

入試方式

全学部統一日程入学試験

駒澤大学経営学部の全学部統一日程入学試験は、下記の通り行われます。
・国語と、外国語と、選択科目の3科目300点満点で判定されます。
国語「国語総合」
外国語「コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・英語表現I」
選択科目:
地歴「世界史B」「日本史B」「地理B」
公民「政治・経済」
数学「数学I・数学II・数学A・数学B(数列・ベクトル)」
・全問マークセンス方式
・ 最大3学科(専攻)まで併願可能
・併願受験により検定料(受験料)を割引
※2~3学科(専攻)目の検定料を1学科17,000円
・全学部が2月4日に実施
・英語外部試験利用で、英語科目免除(一定以上のスコアで75点に換算)
・全国12会場で受験可能 <東京(駒沢キャンパス)・札幌・仙台・水戸・宇都宮・高崎・新潟・長野・静岡・名古屋・岡山・福岡>
・一般入試T・S方式、大学入試センター試験利用入試との併願が可能


一般入試 T方式

駒澤大学経営学部の一般入試 T方式は、下記の通り行われます。
・国語と、外国語と、選択科目の3科目300点満点で判定されます。
国語「国語総合」(※漢文を除く)
外国語「コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・英語表現I」
選択科目:
地歴「世界史B」「日本史B」「地理B」
公民「政治・経済」
数学「数学I・数学II・数学A・数学B(数列・ベクトル)」
・日程が異なれば同方式内での併願可能
・全学部統一日程入試、T方式、S方式で日程が異なる場合は、複数の学科に出願可能
・国語の出題範囲は現代文と古文で、漢文は含まない(グローバル・メディア学科は現代文のみ)
・試験はマークセンス方式と記述式の併用(英語はマークセンス方式のみ)


一般入試 S方式(市場戦略学科)

駒澤大学経営学部(市場戦略学科)の一般入試 S方式は、下記の通り行われます。
・国語と、外国語と、選択科目1科目の3科目400点満点で判定されます。
国語100点+外国語100点+選択科目1科目200点
国語「国語総合」(※漢文を除く)
外国語「コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・英語表現I」
選択科目:
地歴「世界史B」「日本史B」「地理B」
公民「政治・経済」
数学「数学I・数学II・数学A・数学B(数列・ベクトル)」
・全学部統一日程入試、T方式、S方式で日程が異なる場合は、複数の学科に出願可能
・国語の出題範囲は現代文と古文で、漢文は含まない
・数学の出題範囲は、数学Ⅰ・Ⅱ・A・B(数列・ベクトル)
・試験はマークセンス方式と記述式の併用(英語はマークセンス方式のみ)


大学入試センター試験利用入試 前期日程

駒澤大学経営学部の大学入試センター試験利用入試は、下記の通り行われます。
・外国語と、国語と、地歴公民・数学①・数学②のうちの1科目の3科目350点満点で判定されます。
外国語150点+国語100点+選択科目1科目100点
外国語「英語」「ドイツ語」「フランス語」「中国語」「韓国語」から1科目
国語(「近代以降の文章」を利用し「古文・漢文」は利用しない)
選択科目:
地理歴史・公民「世界史A」「世界史B」「日本史A」「日本史B」「地理A」「地理B」「現代社会」「倫理」「政治・経済」「倫理、政治・経済」
数学①「数学I」「数学I・数学A」
数学②「数学II」「数学II・数学B」「簿記・会計」「情報関係基礎」
理科①(2科目選択)「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」
理科②「物理」「化学」「生物」「地学」
・学科を併願する場合の制限なし
・選択科目は2科目以上受験した場合、得点の一番高い科目の点数を判定に使用
・地理歴史・公民・理科については、第1解答科目を使用
・1学科(専攻)でも2学科(専攻)でも検定料が18,000円、3学科(専攻)目以降は9,000円


自己推薦入試(総合評価型)

駒澤大学経営学部の自己推薦入試(総合評価型)は、下記の通り行われます。
・高校時代や大学入学後における活動・勉学意欲などを総合的に評価する推薦入試
・試験は小論文と面接口試


自己推薦(特性評価型)

駒澤大学経営学部の自己推薦(特性評価型)は、下記の通り行われます。
・高校までに取得した資格や、高校時代の活動など、受験生の特性を評価する推薦入試
・1次試験は書類審査、2次試験は面接口試(1次試験合格者のみ)

駒澤大学経営学部 入試科目別受験対策・勉強法

駒澤大学経営学部の一般入試の英語は、マーク式で、大問10題、各題5問の計50問の出題です。
・読解総合問題:3題(15問)
-内容一致・下線部説明・空所補充など
・会話文問題:1題(5問)
・文法・語法問題:6題(30問)
-語の定義・文法・語法・多義語・単語のアクセント・整序英作文

試験時間は60分。読解総合問題が3題ある上に、計50問と問題数が多いため、長文3題をそれぞれ10分、その他の問題を1問1分以内、計30分で解くことを意識して問題演習を行いましょう。
また、語彙練習が必須なのは当たり前ですが、言い換え問題が頻出であるため、類語についても意識して覚えておきましょう。
経営学部の入試問題では、文法・語法問題の問題数が多いため、1文1文の主語と動詞、修飾関係や接続詞など、構造を正確に把握する練習をしておきましょう。

駒澤大学経営学部の一般入試の数学は、マーク式と記述式(全学部統一日程入試はマーク式のみ)で、大問3題で構成されています。大問Ⅰのみ、独立した小問3題で構成されています。「数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学B(数列・ベクトル)」からまんべんなく出題されていますが、数学Ⅱと数学Bからの出題が比較的多くなっています。

経営学部では、基本的で平易な問題が多いため、典型問題の繰り返し演習が効果的です。一方で、グラフを描く問題も出題されているため、放物線や3次関数のグラフの凸性や形状、座標軸との交点(切片)の座標を表すなど、正確にグラフを描く練習もしておきましょう。

駒澤大学経営学部の一般入試の国語は、マークセンス方式で、現代文の大問2つの構成です。
近年の社会情勢や政治や文化を反映した、比較的新しい評論文からの出題が中心となっており、設問は、漢字の問題・空欄補充の問題・傍線部の説明問題・全体の内容把握に関わる問題が出題されます。
経営学部の国語の入試問題は、横書きでの出題で、資料・図の読み取りも必要という特殊な形式です。とはいえ、読解問題については、段落ごとの内容を理解できていれば難しくはありません。

試験時間60分に対して、2題の現代文が長文であるため、時間配分が重要です。スピード重視の読解練習が必要となります。長文の読み慣れと、段落ごとの内容把握を素早くできるようにしましょう。
また、漢字の出題もあります。

駒澤大学経営学部の一般入試の日本史は、マークセンス方式と語句の記述(全学部統一日程入試はマークセンス方式のみ)で、大問4つの構成です。
大問は古代・中世・近世・近現代に分かれ、政治・外交・文化・社会経済を大問ごとにバランスよく配分する傾向にあります。
経営学部で出題される多くの問題が語句の選択問題であり、そのほとんどが教科書に記載のある標準レベルのものです。一方で、脱文挿入問題のような独特な問題も出題されています。
また、史料問題が頻出で、教科書に掲載されている史料のほか、難易度は高くないものの初見の史料も出題されています。

経営学部では語句を問う問題が多いですが、できごとの関連性などを問う問題や、語句の意味を理解していないと対応できない問題も出題されるため、一問一答的な覚え方だけではなく、語句の意味や背景、つながりをまとめて理解する学習を意識しましょう。
出題範囲に偏りがないため、後手に回りがちな社会経済史と文化史も早い段階で対策しておきましょう。
史料問題は、史料の空欄補充問題が出題されます。史料問題集で対策と、初見の史料に備えて過去問で形式に慣れておきましょう。

駒澤大学経営学部の一般入試の世界史は、大問3つの構成です。さまざまな地域・時代から出題されていますが、東洋史では、中国史とインド史からの出題が比較的多いです。また、東南アジア史や台湾史と、中国史を融合させた問題が出題されました。西洋史は、古代ギリシア・ローマからの出題が多いですが、近現代史からの出題もあります。仏教史や、ヨーロッパ美術などの文化史からの出題もあります。

全学部統一日程入試はマークセンス方式、T方式・S方式はマークセンス方式に加え、語句の記述問題が出題されます。

基本的な語句を問われることが多いので、教科書を徹底的に読みこみ、基礎問題を解いて知識を定着させましょう。資料集を使った周辺知識や背景知識の強化をしておくと共に、国や都市の場所などは必ず地図で確認しておいてください。
ひととおり通史の学習が終了したら、文化史の対策にも取り組みましょう。文化史を学ぶときは、資料集を活用して、絵画や建築物の写真や絵を見てイメージと一緒に学習しましょう。文化はその時代の政治的・経済的背景の影響を受けるので、政治史や経済史などと関連させて学習するのがオススメです。

駒澤大学経営学部の一般入試の地理は、マーク式と語句の記述(全学部統一日程入試はマーク式のみ)で、大問3つで構成されています。系統地理・地誌両面から多岐に渡って出題されています。
大問1つにつきテーマも1つではありますが、小問の選択肢は、他分野に関する知識がなければ正誤の区別がつかないものがほとんどです。また、「資料活用能力」が必要となる問題が多く、一問一答的な暗記だけでは対処が難しい内容です。

マークセンス方式と語句の記述(全学部統一日程入試はマークセンス方式のみ)。

全体として選択問題がほとんどですが、合格点に達するためには記述対策が必須です。重要用語の具体的なイメージや背景をまとめて覚えるため、資料集や地図帳などの副教材もフル活用しましょう。

駒澤大学経営学部の一般入試の政治経済は、マークセンス方式と語句の記述(全学部統一日程入試はマークセンス方式のみ)で、大問4題の出題が続いており、1題はそれぞれ5〜7問前後の設問で構成されることがおおいです。
大問Ⅰ・Ⅱは政治分野から、大問Ⅲ・Ⅳは経済分野からの出題です。

全体的にみると標準的な難易度ですが、時事問題でやや難しい題材も出題されています。
「穴埋め問題」「正誤問題」「正しい組み合わせを選択する問題」など、記号選択がほとんどですが、文中の空欄に適する語句を記述式で解答する問題が、毎年1問程度出題されています。

<政治>
民主政治の発展と人権獲得の歴史に関する問題が頻出となっています。近代市民革命から日本における人権の広がりまでの、広範囲に渡る知識を問う問題に対応できるよう、対策を進めておきましょう。
日本の三権分立にもとづく政治機構に関する問題(内閣と国会の権限など)も頻出です。国内外の政治体制に関連する問題は、教科書や資料集の図を用いてまとめて確認しておきましょう。
資料集や標準レベルの用語集でよいので、国内の判例や法律の名称と内容・憲法の内容を確認しておくことも大切です。
また、最新の時事問題集を利用して、核・安全保障条約・地域紛争・国際情勢などについて、背景から問題を理解しておきましょう。

<経済>
日本経済や資本主義の発展の全体的な流れ・企業や株式会社の役割とその問題点・金融政策や市場のメカニズムなど、多岐にわたる種類の問題が出題されています。基本的な用語や略語をしっかりと押さえ、歴史的背景から現代の経済に至るまでの知識を資料集で確認しておきましょう。
年代順を問う問題が出されることがあるので、一問一答だけで満足せず、資料集や年表を確認して、つながりと流れを意識して学習しましょう。

駒澤大学経営学部合格のための受験対策カリキュラム・学習計画を提供します

駒澤大学経営学部合格を目指す受験生のあなたへ。ただがむしゃらに勉強をしても駒澤大学経営学部に合格することはできません。駒澤大学経営学部に合格するためには、駒澤大学経営学部のそれぞれの入試科目のポイントを押さえた勉強をする必要があります。じゅけラボでは以下の3つのポイントに着目した、駒澤大学経営学部専用の受験対策カリキュラム・学習計画を提供しています。

  • ポイント1:自分の学力レベルに適した勉強
  • ポイント2:正しい勉強法
  • ポイント3:駒澤大学経営学部に合格するために必要な勉強

実は多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。また、受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強方法で勉強を進めることが重要です。

そして、駒澤大学経営学部の入試科目の入試問題はどんな傾向があり、どんな受験対策が必要なのかを把握して、必要な勉強に焦点を当てて受験勉強を進めることが必要です。

じゅけラボでは、まず学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合ったカリキュラムを作成し、駒澤大学経営学部に合格するために必要な学習計画と正しい勉強方法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。また、駒澤大学経営学部の入試科目ごとに正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。

「駒澤大学経営学部に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ

模試の結果が悪かった、E判定だったことで「駒澤大学経営学部に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の学力から駒澤大学経営学部に合格するための最短のカリキュラムを提供します。また、「高3の8月から勉強を始める場合」「高3の9月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

受験勉強を始めるのが遅くても駒澤大学経営学部に合格できる?

駒澤大学経営学部を目指す受験生から、「夏休みや8月、9月から勉強に本気で取り組んだら駒澤大学経営学部に合格できますか? 「10月、11月、12月の模試で駒澤大学経営学部がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

勉強を始める時期が10月以降になると、現状の偏差値や学力からあまりにもかけ離れた大学を志望する場合は難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

仮に受験直前の10月、11月、12月でE判定が出ても、駒澤大学経営学部に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、駒澤大学経営学部合格に向けて全力でサポートします。

駒澤大学経営学部を受験するあなた!合格を目指すなら今すぐ行動です!

駒澤大学の他の学部

駒澤大学の受験情報・受験対策はこちら

駒澤大学経営学部と偏差値が近い関東の私立大学

駒澤大学経営学部合格なら
じゅけラボの大学受験対策講座

大学別の対策については
こちらから検索できます。



地域別大学一覧はこちら


北海道・東北
関東
東海・甲信越
近畿
中国・四国
九州・沖縄

大手予備校を超える高品質カリキュラムが業界最安値

  • 入会金無料

  • 追加料金なし

  • 全科目対策で
    一律料金