京都府立大学,京都府立大,府立大入試科目別対策
京都府立大学,京都府立大,府立大の科目別の入試傾向・勉強法・受験対策
について説明します。

京都府立大学の英語の出題傾向と対策は以下の通りです。

大問が4題、制限時間は90分。
大問1,2が和訳、大問3が長文、大問4が英作文という出題パターンは、毎年ほとんど変わっていません。
リスニング試験はありません。
どの大問も問題量が極端に少なく、時間には相当な余裕があります。
そのため入試本番での大崩れの心配は少なく、実力をつければ安定して合格点が取れるようになるでしょう。
文学部、生命環境学部、公共政策学部の3つの学部がありますが、問題は共通です。

単語や構文のレベルはセンター試験より明らかに高いです。
また和訳問題のウエートが高いので、英語の知識だけでなく日本語の語彙力・表現力も求められます。
ただ、細かな文法知識やマニアックな語彙など、いわゆる難問はあまり出題されません。
傾向も安定しているので、正攻法の勉強法を着実に進めていった受験生が、合格点を取りやすい問題形式だといえるでしょう。

【対策】
①大問1・2
和訳問題です。
読んで訳すだけと言ってしまえばそれまでなのですが、配点も高いですし、必ず対策しなければいけません。
まずセンター試験レベルの語彙・文法力がしっかりと身についているか、もう一度復習しましょう。
そして1文1文の英文を正確に読み取る力、つまり「精読力」も鍛えなければいけません。
文構造を瞬時にとらえ、文が長くなっても英文を訳せるように、トレーニングをしましょう。
理屈の上で言えば、単語と文法・構文の知識が身に付き、精読力も鍛えれば、何を出されても対応できるということにはなります。
しかし京都府立大学の和訳問題では、直訳をしたときに違和感のある日本語になってしまうことがあるんです。
英語の直訳をする「翻訳機」になるのではなく、頭の中で文を理解することが大切。

簡単な具体例を挙げてみましょう。

The news made me happy.

直訳すると、「そのニュースは私を幸せにした」となります。

この直訳の意味を、前後の文脈を考慮して、適切な形に修正しましょう。
新聞などで知ったニュースであれば、「そのニュースを見て私は嬉しく思った。」
人から聞いた話であれば、「その知らせを聞いて、私は嬉しく思った。」
という形になるでしょう。
本番はもっと難しい問題が出ますが、「構造を崩さずに、文脈に合った日本語を使う」という発想は同じです。
こうした訳し方ができるようになると、英語長文の読解力も大きく上がりますよ。
文章を「翻訳」せずに、文脈を理解して「ストーリー」として読めるようになりますからね。
分からない語彙や文が出てきても、文脈から「推測」できるようになるでしょう。

②大問3
大問3は、長文読解。
長文といっても分量はかなり少なく、大問1,2の対策でお伝えした「精読力」が鍛えられていれば、難なく読めますよ。
この大問では「文脈を理解できているか」がさらに強く問われます。
例えば「下線部 it が指している内容を日本語で答えなさい」、「~とはどういうことか、本文に即して答えなさい」など。
大切なのは1文1文をブツ切りで訳していくのではなく、文章の流れをつなげながら読んでいくこと。
文がしっかり訳せて、なおかつストーリーも追っていければ、この大問は問題なく攻略できます。
この大問でも、和訳問題が出題されます。
大問1,2との違いは、ある程度の文量がある文章中の、1文を訳すという点。
あえて長文の中で出題しているという事は、単なる和訳問題ではなく、文章の理解も問われているという事です。
和訳問題だけでなく、指示語問題など、他の設問でも同じことが言えます。
下線部だけでなく、前後の文章、あるいは文章全体からヒントを集め、回答の材料にしましょう。
日ごろから国公立向けの長文の参考書を解き、読解力と回答力を鍛えておいてください。

③大問4
最後の設問は英作文(和文英訳)。
1~数文の日本語文を、英語に直していきます。
難問・奇問の類は出題されませんが、基本的な語彙は書けるようにしておかなければいけません。
単語帳・熟語帳の中でも、前半部分に載っているような基本的な語彙は、書いて覚えるようにしておきましょう。
また少しわかりにくい構文がそのまま出題されることもあるので、「解体英語構文」など、構文集を1冊勉強しておいた方が良いですね。
お題となる日本語文は、主語が省略されていたり、抽象的であったりして、理解しにくくなっていることもあります。
「言っていることが、なんだかよく分からない・・・」となりがち。
まずは日本文を自分でかみ砕いて、しっかりと理解して、分かりやすい日本語に置き換えましょう。
その文を英語に直すことで、難易度がグッと下がりますよ。

じゅけラボの大学受験対策講座の特徴
京都府立大学,京都府立大,府立大の学部別受験対策へ

京都府立大学の数学の出題傾向と対策は以下の通りです。

大問数は、環境・情報科学科は例年4題ですが、生命分子化学科は2014年度が3題、2015年度が4題、そして2016年度、2017年度および2018年度が3題と若干の変動があります。どちらも記述式で、全体的に難易度としては標準レベルでしょう。ただし、環境・情報科学科の2016年度の大問1や2017年度の大問1、大問2のように見慣れない問題が出題されることもあるので過去問演習を怠らないようにしましょう。さらには、環境・情報科学科の2017年度の大問4(2)や2018年度の大問4(1)のように、定義に立ち返らなければならない問題も出題されています。問題演習の際には定義を言えるか確認しながら進みましょう。三角関数とベクトル、及び数列は頻出分野であり、環境・情報科学科の場合は数学Ⅲの分野もしっかり押さえておくべきです。なお、Ⅰ・Ⅱ・A・Bにおいて苦手分野がある場合は克服しておきましょう。まずは教科書に載っているような問題を一通り確認し、標準的な問題集で繰り返し演習を重ねましょう。余裕があれば、さらに一段階上のレベルの問題にも取り組んで公式や法則を上手に使いこなし、応用できる力も養っておけるとプラスアルファとして有用でしょう。
どちらの学科でも証明問題が出題されています。議論に不備があれば大きく減点されてしまう恐れがあります。論理的な解答が書けるように練習しておきましょう。

京都府立大学の国語の出題傾向と対策は以下の通りです。

2009年度までは文学部と公共政策学部とで異なる問題が利用されていましたが、2010年度以降は共通の問題となっています。
現代文、古文、漢文が1題ずつ出題されています。記述式の解答方式で、設問は説明問題がメインです。典型的な国公立大学入試の問題といえるでしょう。したがって問題演習についても、国公立大向けの問題集がおすすめです。
現代文では、題材としては評論が出題されています。作者の述べたかった主題を説明させるものの他に、抜き出し問題や組み合わせ問題、言い回しの意味を説明させる問題や漢字書き取り問題などと、様々な形式で読解力や基礎的な国語力を問うています。「筆者の主張を踏まえて」「本文の趣旨に沿って」と設問文中で指示されているように、文章全体の大きな流れをおさえることをとりわけ意識してください。また、本文や設問を的確にとらえる読解力・記述力の養成に取り組むに止まらず、自分の語彙では説明できない言い回しを見つけたときには速やかに辞書をひく訓練を重ねたいところです。
古文・漢文は、基本的な文法・単語の習得が重要です。名詞の意味・活用形や漢字の読みのように、基礎知識そのものを問う問題に加え、「主語や目的語を明確にして」といったように着目点を絞った設定での現代語訳なども出題されています。文法書で基本を身につけ、その上で実際の文章に触れながら内容理解のための演習を重ねましょう。また、2015年度には、文学史の知識を問う問題も出題されているので、便覧や参考書等を使い文学史的知識も確認しておきましょう。

京都府立大学の物理の出題傾向と対策は以下の通りです。

例年大問は4題で、力学、熱力学、波動、電磁気から万遍なく出題されており、2018年度も例年通りの傾向でした。特に衝突や単振動、共鳴、コンデンサーの出題が多いです。力学を中心に複雑な設定の問題もありますが、典型問題や基本的な内容の組み合わせがほとんどで、難易度としては基本~標準レベルと言えるでしょう。解答は、欄はそれほど大きくはないもののほぼすべて計算過程や考え方を求められる記述式です。2018年度や2014年度は一部空所補充形式で出題されていましたが、普段の演習から答だけではなく誰がみてもわかりやすい答案を作ることを意識しておきましょう。添削などを参考に、簡潔でわかりやすい導出過程が書けるように答案作成力を高めてください。また、2017年度では電磁気で電位の図を描く出題があり、過去には熱力学や波動分野では図示や波形図を描く問題も出題されていたので、教科書に掲載されているような基本的なグラフや図には目を通しておき、現象をイメージできるようにしておきましょう。2014年度は現象の説明を求められる出題もありました。2018年度には近似計算や数値計算も出題されました。普段の問題演習を通して計算に慣れておきましょう。

京都府立大学の化学の出題傾向と対策は以下の通りです。

2017年度は大問5題での出題となっていましたが、2018年度は、2016年以前と同様、4題での出題となりました。理論・無機・有機の各分野から満遍なく出題されており、(理論+無機):有機=1:1のような構成となっております。難易度は標準レベルで、出題形式は知識問題や計算問題、説明を求められる問題などと様々です。難問が出題されることはほとんどありませんが、細かい知識を必要とする問題も一部あります。教科書や資料集を十分読み、正しい知識を身につけるようにしましょう。また、計算問題は、計算過程も記すように指示がされていることがほとんどなので、ポイントを簡潔にまとめた答案を作る練習が必要です。また、論述問題は例年のように出題されています。例年、2、3題ほどの出題ですが、2016年には10題出題されたこともあるので、あらかじめ対策をしておくことが重要です。また、問題によっては40~100字ほどの字数制限も課されることがあるので、字数を意識し、要点がきちんとまとまっている答案を作る練習が必要です。日ごろ問題演習をする際には、論述問題には積極的に取り組み、制限字数以内に自分の言葉で簡潔にまとめられるように記述力を高めておきましょう。
実験に関する問題が出題される年もあり、実験操作の説明を求められたり、実験器具についても問われているため、基本的な実験は確認した上で問題演習に取り組んでください。過去には表やグラフを完成させる問題もありましたので、グラフなども合わせて教科書を確認しておくとよいでしょう。

京都府立大学の生物の出題傾向と対策は以下の通りです。

大問数は5題、難易度は標準的です。体内の恒常性に関する題材が頻出ですが、遺伝や植物生理、生態系、進化など幅広い分野から出題されます。設問そのものは典型的な知識を問うものが中心であり、テーマ自体も馴染みのある題材が多いのですが、問題によっては複数のリード文があったり、やや詳細なデータを含む込み入った図表が提示されるなど、読解に負担感があります。解答形式は計算、論述、図・グラフ作成問題などで、とくに論述問題は120字、200字といった長めのものも数多く出題されます。
教科書レベルの基礎知識は、グラフや模式図の読み取り方も含めて確実に身につけておきましょう。単純な暗記ではなく、重要事項の生物学的な意義やつながりまで体系的に理解することが重要です。実戦演習を積むことで、限られた時間内で問題文を読み解く力を養うとともに、知識事項や実験結果の読み取り内容を文章にまとめる作業に慣れておきましょう。教科書の文章を参考に、重要事項の説明文を自分で書けるようにしておくと、知識の定着と論述対策に効果的です。

じゅけラボの大学受験対策講座の特徴
京都府立大学,京都府立大,府立大の学部別受験対策へ

京都府立大学の日本史の出題傾向と対策は以下の通りです。

問題冊子には全4題が掲載されていますが、日本・中国文学科と欧米言語文化学科はそのうちの[1]~[3]のみを解答し、歴史学科のみ全4題解答することが求められています。
[1]は空欄補充問題や下線部に関しての一問一答および簡単な説明問題、[2]は解説文や史料に関する一問一答や説明問題、[3]は語句の説明問題(語群から3つを選んで説明。2015年度までは8つ、2016年度からは7つから選択でしたが、2018年度は6つから選択になりました。それぞれ70字以内)、[4]は指定語句を全て使用する論述問題、という出題が続いています。
内容としては、2018年度も2017年度以前と同様に、古代から現代まで幅広く出題されています。基本的には教科書の内容ですが、細かい出題も多々見られます。
まずは、基本・重要用語を中心にしながらも、脚注や史料も含め教科書のすみずみまで押さえましょう。その際には、人名を問う問題が非常に多いことを踏まえ、その出来事や制度・著作が誰によってつくられたのかを意識するとよいでしょう。また、過去問で出題された単語や教科書で扱われた様々な用語に関して自ら説明できるように用語集などを読み込むと[3]の対策にもつながることと思います。
選択式の問題を含めて全てが記述式の問題です。あやふやになりがちな漢字をはじめ、用語はしっかりと書いて覚えることが大切です。史料については、日頃から史料集に目を通して慣れておくことをおすすめします。その上で、一問一答の問題集や実戦的な問題集、過去問を組み合わせて、実戦的な力をつけていきましょう。歴史学科志望者は特に、論述対策も欠かせません。与えられた単語を軸に過不足なく論述できるよう、演習を重ねていってください。

京都府立大学の世界史の出題傾向と対策は以下の通りです。

問題冊子には全4題が掲載されていますが、日本・中国文学科と欧米言語文化学科はそのうちの[1]~[3]のみを解答し、歴史学科のみ全4題解答することが求められています。 [1][2]は空欄補充問題、下線部に関しての一問一答、簡単な論述問題で構成され、[3]は4~5個の指定語句のある200字論述問題が2題、[4]は4~5個の指定語句のある、字数制限が特に明記されていない論述問題、と続きます。
地域・時代とも偏りなく出題されており、主に問われる内容は人名・組織名、国家の諸都市、地名などです。中には細かい内容を問う出題もありますが、多くは教科書の内容です。ただ語句を丸暗記するのではなく、教科書の記述内容を細かくおさえていきましょう。その際、この国はだれが(どこで)建国したのか、重要人物はだれかなどを意識すると、歴史事項の因果関係や流れがしっかり頭の中に入ります。論述問題については正確な基礎知識を身につけた上で、常に制度やできごとの簡単な説明(5W1H)ができるようにしておきましょう。
アウトプットとしては、過去問や一問一答の問題集、あまり多くない字数指定の論述問題集を用いて実戦的な問題演習に取り組んでいきましょう。200字の論述対策はとても重要です。まずは用語集や教科書などを参照してどのようにまとめると良いのかを知り、それから答えなどを参照して解答の型を作っていきましょう。慣れてきたら、過去問演習に入ります。解答は必ず添削をしてもらいつつ、書き方や考え方を筋道立てていきましょう

京都府立大学,京都府立大,府立大の学部別の受験対策はこちらです。

京都府立大学,京都府立大,府立大合格のための受験対策カリキュラム・学習計画を提供します

京都府立大学,京都府立大,府立大合格を目指す受験生のあなたへ。ただがむしゃらに勉強をしても京都府立大学,京都府立大,府立大に合格することはできません。京都府立大学,京都府立大,府立大合格のためには、今の学力から京都府立大学,京都府立大,府立大に合格するために必要な学習、教科・入試科目ごとの入試傾向と対策を踏まえた学習をする必要があります。

実は多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。また、受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強方法で勉強を進めることが重要です。

じゅけラボの受験対策では、まず学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合った学習内容からスタートして京都府立大学,京都府立大,府立大に合格するために必要な学習内容と学習計画でカリキュラムを作成し、入試科目別に正しい勉強法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。また、入試科目ごとに正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。

大手予備校とじゅけラボの料金・サービス比較はこちら
じゅけラボ予備校の料金はこちら

「京都府立大学,京都府立大,府立大に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ

模試の結果が悪かった、E判定だったことで「京都府立大学,京都府立大,府立大に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の学力から京都府立大学,京都府立大,府立大に合格するための最短のカリキュラムを提供します。また、「高3の8月から勉強を始める場合」「高3の9月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

科目別の受験対策を始めるのが遅くても京都府立大学,京都府立大,府立大に合格できる?

京都府立大学,京都府立大,府立大を目指す受験生から、「夏休みや8月、9月から勉強に本気で取り組んだら京都府立大学,京都府立大,府立大に合格できますか? 「10月、11月、12月の模試で京都府立大学,京都府立大,府立大がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

勉強を始める時期が10月以降になると、現状の偏差値や学力からあまりにもかけ離れた大学を志望する場合は難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

仮に受験直前の10月、11月、12月でE判定が出ても、京都府立大学,京都府立大,府立大に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、京都府立大学,京都府立大,府立大合格に向けて全力でサポートします。

京都府立大学,京都府立大,府立大を受験するあなた、合格を目指すなら今すぐ行動です!

京都府立大学,京都府立大,府立大の科目別受験対策ならじゅけラボ予備校

大学別の対策については
こちらから検索できます。



地域別大学一覧はこちら


北海道・東北
関東
東海・甲信越
近畿
中国・四国
九州・沖縄

大手予備校を超える高品質カリキュラムが業界最安値

  • 入会金無料

  • 追加料金なし

  • 全科目対策で
    一律料金