名古屋市立大学薬学部対策
名古屋市立大学薬学部合格を目指す
受験生のための

オーダーメイド受験対策
カリキュラム

2020年度 新入試制度対応!大学入学共通テスト対策
>>詳しくはこちら

名古屋市立大学薬学部はどんなところ?

名古屋市立大学の薬学部は明治17年(1884)に設立された名古屋薬学校にさかのぼり、昭和59年(1984)創立100周年をむかえました。設立以来、常にこの地域における薬学研究の中心的な存在として発展してきました。従来薬学部は薬学科と製薬学科の2学科により構成されていましたが、平成18年度からは薬学教育制度の改正に伴い、6年制課程の薬学科(60名)と4年制課程の生命薬科学科(40名)からなる2学科制を導入しました。両学科とも、講義、実習、卒業研究を通じて体系的かつ実践的に専門能力を身に付けることができるようになっています。また、これまで薬学部卒業生の多くは大学院に進学し、さらに高度な創薬生命科学または医療機能薬学を身につけた上で、医薬品の開発研究者や高度医療に貢献する薬剤師として活躍しています。

【理念と目的】
薬学は、様々な基礎科学を薬に関して総合し、医療への応用を目指す学問です。
医療に不可欠な学問である薬学を志す人は、薬を通じて人類の健康と福祉の発展に貢献することが求められています。
これを踏まえ、薬学部では生命薬科学科と薬学科を設置し、薬の創製・生産・臨床応用・適正管理・適正使用のための基礎知識と創造力・研究能力を有し、世界に羽ばたける多彩な薬のスペシャリストを社会に送り出すことを目指しています。

【中期計画における重点的取り組み】
・臨床薬学研究センターの整備をはじめとする臨床薬学教育体制の充実
・医学部・看護学部と連携した臨床薬学教育プログラムの開発と展開
・創薬・生命科学分野での教育研究体制の充実にむけた薬学研究科の組織改正と重点研究拠点の整備・構築
・新しい薬学部・薬学研究科にふさわしい研究棟、教育棟の建築

■取得可能な資格
薬剤師

■進路について
企業、公務員、進学など

名古屋市立大学薬学部の学費

  入学金 授業料・施設料 検定料
1年 232,000円又は332,000円 535,800円 17,000円
2年   535,800円  
3年   535,800円  
4年   535,800円  

名古屋市立大学薬学部の所在地

【田辺通キャンパス】
〒467-8603
名古屋市瑞穂区田辺通3-1

名古屋駅から
地下鉄(桜通線) 名古屋駅(徳重行)→ 瑞穂区役所駅 約17分
瑞穂区役所駅(1番出口)から 徒歩または市バスを利用
徒歩 東へ徒歩で約15分

金山駅から
市バス 7番のりば「金山16 瑞穂運動場東行」→ 約25分「市大薬学部」下車、徒歩1分
又は 8番のりば「金山14 瑞穂運動場東行」→ 約25分「市大薬学部」下車、徒歩1分

名古屋市立大学薬学部の周辺地図

名古屋市立大学薬学部の受験対策 学習のポイント・勉強法

名古屋市立大学の薬学部の合格最低点は1100点中737点で、センター試験の得点率は8~9割です。
ですので、センター試験で出題される様な基礎的な問題を確実に解けるようにしましょう。

名古屋市立大学薬学部の受験情報

【薬学部】
薬/中期
センター試験 5教科7科目(500点満点)
【国語】国語(100)
【数学】数IA必須,数IIB・簿記*・情報*から1,計2科目(100)
【理科】物・化・生・地学から2(100)
【外国語】英・独・仏・中・韓から1[リスニングを課す](100[20])
《地歴》世A・日A・地理A・世B・日B・地理Bから選択(100)
《公民》現社・倫理・政経・「倫理・政経」から選択(100)
※理科は,基礎科目の選択不可
●選択→地歴・公民から1
個別学力試験 3教科(600点満点)
【数学】数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)・数III(200)
【理科】「化基・化」(200)
【外国語】コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I・英語表現II(200)
個別(2次)
配点比率 55%
備考
募集は中期のみ
個別…「化学基礎・化学」は、全範囲から出題する

名古屋市立大学薬学部 入試科目別受験対策・勉強法

名古屋市立大学薬学部の英語の出題傾向と対策は以下の通りです。

試験時間80分に対し大問3題の構成です。内訳は長文読解2題と文法・語法その他小問集合で1題となっています。
長文読解については、少なくとも1題は医薬分野やその関連のテーマの文章が取り上げられることが多いです。設問は下線部和訳・英訳や内容説明、空所補充選択、パラグラフ補充位置選択、言い換え選択、本文書き抜きなど様々です。文章自体の量は試験時間に対して標準~やや多めの傾向があります。文章中の語彙については、年度によっては用いられている語にやや難しいものが含まれる上に、問題によってはその意味を推測しないと正解できないものが見られる場合もあります。したがって、受験用の単語集を一冊仕上げたら、前後の文脈からの推測力を長文読解演習の中で鍛え、出てきたものから暗記したり、模試に注を付けて出されている単語も積極的に押さえたりするとよいでしょう。下線部和訳や英訳、日本語による説明問題については、英語・日本語の両方とも文脈に即した言葉の選択をすることが求められます。日本語での説明問題では、字数制限のある場合でも要点を落とさないようにする必要がありますので、記述問題への対策はしっかり行っておきましょう。
文法・語法問題は、整序英作文(2017年度は出題なし)や誤文訂正問題(2016・2018年度は出題なし)・空所補充問題・英語指示による数学文章題や論理問題などが出題されています。複雑な構造の文を用いるなど引っ掛け問題も見られますが、問題そのものは概して標準レベルです。よって、基礎となる単語・文法・構文の知識をしっかりと身につけることがとても大切になります。また、英語指示による数学文章題は2014年度から2017年度まで連続して出題されています。数量の増加・減少に加えて倍数表現を正しく読み取ることや、分数など数にまつわる表現を押さえることで余裕をもって対応できると思います。2018年度は数学問題に代わって論理問題が出題され、全体を通して正しく英文を読み、情報を処理する力が求められました。どのような問題が出ても焦らず、冷静に問題を読んで一つずつ解答していきましょう。

名古屋市立大学薬学部の数学の出題傾向と対策は以下の通りです。

図形と方程式 円と直線(円と曲線) やや難
積分法の応用 面積 標準
積分法の応用 体積 標準
数列 確率と漸化式 標準
関数と極限 無限等比級数 標準

例年、大問3題の構成で、すべて記述式です。ここ数年は広い範囲からバランスよく出題されています。難易度としては基本~標準レベルがほとんどですので、まずは学校の授業内容をしっかり身につけることから始めるとよいでしょう。教科書や教科書傍用問題集などで基礎を固めることができたら、理系標準レベルの問題集でさらに演習を繰り返して、教科書には載っていないような入試の定石を身につけてください。
数学では、じっくりと考えて試行錯誤し、自力で解ききることが重要です。こうした取り組みによって、思考力や発想力といった応用問題を解くのに必要な力を養うことができます。また、問題演習の後は、解答・解説を丁寧に読み、上手な解法やテクニックを学び取るよう心がけてください。自分の頭でよく考えることと、上手な解法を知ることの両方をバランスよく行うことが受験勉強では大切になります。2018年度は関数をグラフに表したり、状況の推移を図に描く必要のある問題ばかりが出題されました。このような作業は実際に計算をするときの指針となるので、手間を惜しまず正確に可視化することを心がけてください。

名古屋市立大学薬学部の化学の出題傾向と対策は以下の通りです。

典型元素とその化合物 12〜16族元素とその化合物 標準
化学結合とその構造 金属の結晶構造,密度と計算 標準
溶解と溶液の性質 コロイド溶液の性質 標準
単体,化合物の製法 単体,化合物の製法に関する総合 標準
化学平衡 ルシャトリエの原理 標準
脂肪族化合物の反応 カルボン酸,酸無水物 標準
芳香族化合物の反応 有機化合物の分離 標準
天然有機化合物 多糖類 やや難
天然有機化合物 タンパク質,ペプチド やや難

例年大問8題の出題で、試験時間は化学のみで80分です。(理論+無機):有機=1:1くらいの割合ですが、いずれの分野でも広い範囲から出題されます。全体的に問題量は多いですが、難易度はやや易~標準レベルですので、典型的な問題をいかに素早く正確に解けるかがポイントになります。時間配分や解答の順序にも注意を払うことで、短い解答時間を生かしきって解答を進めることができるでしょう。
出題形式は、空所補充問題や計算問題、構造式・反応式を書かせる問題のほかに、論述問題、グラフなどの作図問題も多いです。2015年度・2016年度には、化合物の構造決定問題において、いくつかの事実を読み取って、目的物質の構造が導ける理由を記述する問題も出題されました。知識に抜けがないことはもちろん、事実から適切に情報を読み取り、順序立てて説明する力が必要といえます。添削問題や問題集を解く中で、コメントや模範解答に「使える」表現があれば、積極的に自分のものにしていくと、わかりやすく端的に記述する力がついていきます。
また、年によっては実験に関する出題もされていますので、問題演習の合間などに教科書や資料集などを読み返すことも心がけてください。問題演習と教科書の通読を繰り返すことで知識がしっかりと定着し、細かい部分まで正確に理解を深めていくことができるでしょう。そして、実験考察問題などにも取り組み、知識の応用の仕方を学んでいくことで、応用力・思考力も養われます。

新入試制度対応!大学入学共通テスト対策カリキュラム

じゅけラボ予備校の大学受験対策講座では、新入試制度に対応し、2020年度以降に受験する生徒向けに、大学入学共通テスト対策を行っています。

2020年度以降に大学受験をするあなた。新入試制度について詳しい内容を知っていますか?
新入試制度のもとで受験をするのに、内容を知らない、そのための対策の仕方を知らない状態では、素手で戦場に挑むようなものです。

まずは、こちらのページで新入試制度について確認しておきましょう!

新入試制度対応!
大学入学共通テスト対策カリキュラム

名古屋市立大学薬学部合格のための受験対策カリキュラム・学習計画を提供します

名古屋市立大学薬学部合格を目指す受験生のあなたへ。ただがむしゃらに勉強をしても名古屋市立大学薬学部に合格することはできません。名古屋市立大学薬学部に合格するためには、名古屋市立大学薬学部のそれぞれの入試科目のポイントを押さえた勉強をする必要があります。じゅけラボでは以下の3つのポイントに着目した、名古屋市立大学薬学部専用の受験対策カリキュラム・学習計画を提供しています。

  • ポイント1:自分の学力レベルに適した勉強
  • ポイント2:正しい勉強法
  • ポイント3:名古屋市立大学薬学部に合格するために必要な勉強

実は多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。また、受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強方法で勉強を進めることが重要です。

そして、名古屋市立大学薬学部の入試科目の入試問題はどんな傾向があり、どんな受験対策が必要なのかを把握して、必要な勉強に焦点を当てて受験勉強を進めることが必要です。

じゅけラボでは、まず学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合ったカリキュラムを作成し、名古屋市立大学薬学部に合格するために必要な学習計画と正しい勉強方法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。また、名古屋市立大学薬学部の入試科目ごとに正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。

大手予備校とじゅけラボの料金・サービス比較はこちら
じゅけラボ予備校の料金はこちら

「名古屋市立大学薬学部に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ

模試の結果が悪かった、E判定だったことで「名古屋市立大学薬学部に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の学力から名古屋市立大学薬学部に合格するための最短のカリキュラムを提供します。また、「高3の8月から勉強を始める場合」「高3の9月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

受験勉強を始めるのが遅くても名古屋市立大学薬学部に合格できる?

名古屋市立大学薬学部を目指す受験生から、「夏休みや8月、9月から勉強に本気で取り組んだら名古屋市立大学薬学部に合格できますか? 「10月、11月、12月の模試で名古屋市立大学薬学部がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

勉強を始める時期が10月以降になると、現状の偏差値や学力からあまりにもかけ離れた大学を志望する場合は難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

仮に受験直前の10月、11月、12月でE判定が出ても、名古屋市立大学薬学部に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、名古屋市立大学薬学部合格に向けて全力でサポートします。

名古屋市立大学薬学部を受験するあなた!合格を目指すなら今すぐ行動です!

名古屋市立大学の他の学部

名古屋市立大学の受験情報・受験対策はこちら
名古屋市立大学薬学部合格なら
じゅけラボの大学受験対策講座

大学別の対策については
こちらから検索できます。



地域別大学一覧はこちら


北海道・東北
関東
東海・甲信越
近畿
中国・四国
九州・沖縄

大手予備校を超える高品質カリキュラムが業界最安値

  • 入会金無料

    入会金無料

  • 追加料金なし

    追加料金なし

  • 全科目対策で一律料金

    全科目対策で
    一律料金