中京大学スポーツ科学部対策
中京大学スポーツ科学部合格を目指す
受験生のための

オーダーメイド受験対策
カリキュラム

中京大学スポーツ科学部はどんなところ?

中京大学スポーツ科学部は、「スポーツ健康科学科」「競技スポーツ学科」「スポーツ教育学科」の3つの学科で構成されています。近年スポーツを核とする市場はますます拡大し、国民のスポーツに対する期待やニーズも多様化・複雑化しています。これに応え、スポーツの新たな可能性を追究するためには、「人文科学」「社会科学」「自然科学」のアカデミックな視点から、総合的かつ専門的に研究をする必要があります。そこで中京大学では、半世紀に及ぶスポーツ科学分野における多様な研究の蓄積をもとに、2011年4月、「スポーツ科学部」を開設。スポーツアカデミズムの世界的な総合研究拠点として研究が行われています。

【スポーツ健康科学科】
スポーツ健康科学科は、スポーツと健康との関係について、医学、心理学、社会学など科学的な視点から幅広く研究していきます。そして、生涯スポーツや障害者スポーツなどの中でも、とくに健康づくりを目的とするスポーツの指導者をはじめ、健康をテーマとする商品やサービスの開発者、企業や公共機関の衛生管理者など多様な分野で、健康社会の実現に貢献する人材の育成を目指しています。

■取得できる資格
・中学校教諭一種免許状(保健体育)
・高等学校教諭一種免許状(保健体育)
・社会教育主事(現代社会学部開講)
・司書
・司書教諭(文学部開講)
・学芸員(現代社会学部開講)
・レクリエーション・インストラクター
・日本体育協会公認スポーツ指導者
・初級障がい者スポーツ指導員
・第1種衛生管理者

■目標とする資格
・レクリエーション・コーディネーター(受験資格取得可)
・健康運動実践指導者(受験資格取得可)
・健康運動指導士
・日本体育協会公認アスレティックトレーナー(A.T.)

■就職・卒業後の進路
スポーツ関連企業、健康・医療・福祉、官公庁

【競技スポーツ学科】
競技スポーツ科学科では、医学や健康科学、解剖生理学といった幅広いスポーツ科学の基礎を充実させながら、個人の目標に応じた専門分野の「理論」と「実技」を複合的に学ぶ体系的なカリキュラムを展開。身につけた科学的な視野と専門性とともに、競技スポーツの実践で培った高い自己管理能力や豊かなコミュニケーション能力を活かし、スポーツ界のみならず幅広い分野で活躍しうる人材の育成を目指しています。

■取得できる資格
・中学校教諭一種免許状(保健体育)
・高等学校教諭一種免許状(保健体育)
・社会教育主事
・司書
・司書教諭(文学部開講)
・学芸員(現代社会学部開講)
・スポーツ指導者(講習免除)

■目標とする資格
・レクリエーション・コーディネーター(受験資格取得可)
・健康運動実践指導者(受験資格取得可)

■就職・卒業後の進路
スポーツ関連企業、健康・医療・福祉、官公庁

【スポーツ教育学科】
保健体育科教員養成に特化したカリキュラムを展開していき、特に3年次から始まるゼミナールでは、教員として働く上で欠くことのできないコミュニケーション能力やレポート作成能力等、高い教養を身につける機会を提供していきます。子どもたちの未来を預けるにふさわしい指導力と教育力、そして確かな実技力をあわせもつ保健体育科教員の育成を目指します。

■取得できる資格
・中学校教諭一種免許状(保健体育)
・高等学校教諭一種免許状(保健体育)
・小学校教諭二種免許状(玉川大学通信課程受講)
・社会教育主事課程
・司書
・司書教諭
・学芸員
・レクリエーション・インストラクター
・初級障がい者スポーツ指導員

■目標とする資格
・レクリエーション・コーディネーター(受験資格取得可)
・健康運動実践指導者(受験資格取得可)

■就職・卒業後の進路
スポーツ関連企業、健康・医療・福祉、官公庁

中京大学スポーツ科学部の学費

入学金 200,000円
納付金 1年 1,475,100(入学金含む)円
2年 1,295,100円
3年 1,295,100円
4年 1,295,100円

 

中京大学スポーツ科学部の所在地

【豊田キャンパス】
〒470-0393 愛知県豊田市貝津町床立101

アクセス

名鉄豊田線「浄水」下車 スクールバス10分

愛知環状鉄道線「貝津」下車 徒歩8分

中京大学スポーツ科学部の周辺地図

中京大学スポーツ科学部の受験対策 学習のポイント・勉強法

中京大学スポーツ科学部の一般入試は学部間で共通の問題が出題されており、スポーツ科学部も例外ではありません。全体的な傾向としては、基礎レベルの問題を中心に構成されていて奇をてらった問題はほとんど見られませんが、出題範囲が幅広いため、中学から高校の教科書レベルの基礎を漏れなく学習することが大切です。スポーツ科学部の対策としては、過去10年分の過去問をしっかりやりこんで傾向をつかんでおきましょう。

また、他学部と同様にスポーツ科学部にも多様な試験方式が採用されています。前期A方式と前期M方式の2教科型では、高得点科目を2倍にして計算するため、苦手科目があったとしても、得意科目に力を入れた受験勉強をしていくことで合格の可能性は高まるでしょう。

中京大学スポーツ科学部の受験情報

入学定員

スポーツ科学部:645人
スポーツ健康学科:195人
競技スポーツ学科 :270人
教育スポーツ学科:180人

入試方式

中京大学スポーツ健康科学部の一般入試は、3教科型と2教科型を有する【A方式】と、全問マークシート方式の【M方式】、【得意科目重視型センタープラス方式】、【センター試験利用方式】の4種が前期日程として設けられており、自分自身の得意な方式を選択することが可能です。後期日程は英語・国語・数学から2科目を受験する【F方式】、センター試験の結果のみで合否を判定する【センター試験利用方式】がありますが、倍率は前期日程に比べ、非常に高くなっています。
主な入試方式は以下の通りです。
【A方式】
・3教科型、2教科型があります。3教科型は入試成績優秀者給付商学金対象入試、2教科型は高得点科目の得点が2倍になります。どちらも1日の受験で複数学科・専攻間および3教科型・2教科型で併願が可能です。中京大学でもっともスタンダードな入試方式と言えるでしょう。
【M方式】
・全問マークシート形式で、3教科型と2教科型を実施。2教科型は高得点科目の得点が2倍。どちらも1日の受験で複数学科・専攻間および3教科型・2教科型で併願が可能です。
【得意科目重視型センタープラス方式】
・センター試験2教科に加え、大学独自試験1科目で受験する方式。400点満点のうち300点が1つの科目で受験可能。英語重視型・国語重視型・数学重視型の3つから選択。A方式との同日併願が可能。
【センター試験利用方式】
・センター試験結果のみで合否を判定。3科目型・4科目型・5科目型があります。
【F方式】
・2科目型と1科目型があります。英語・国語・数学から2科目を受験。数学のみ1科目型として選択可能です。
※【A方式】【M方式】【得意科目重視型センタープラス方式】は前期日程、【F方式】は後期日程のみ。
その他AO入試、グローバル特別入試、広大接続入試など多様な入試方式があります。

 

【スポーツ科学部/前期A方式・3教科型、前期M方式・3教科型】
3教科3科目(300点満点)

外国語 「コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II」 100点
国語 「国総・現文B・古典B ※漢文は古文との選択問題」 100点
地歴
公民
数学
「世界史B」「日本史B」
「政治・経済」
「数I・数II・数A(場合の数と確率、図形の性質)」
1科目選択 100点

 

【スポーツ健康科学部/前期A方式・2教科型、前期M方式・2教科型】
(300点満点)

外国語 「外国語:コミ英I・コミ英II・コミ英III・英表I・英表II」
「フランス語」「中国語」「韓国語」
  100点
国語 「国総」「現文B」「古典B」 ※漢文は古文との選択問題。 1科目選択 100点
地歴 「世界史B」「日本史B」
公民 「政治・経済]
数学 「数I」「数II」「数A」

※外国語と選択科目のうち得点の高い科目を2倍し、200点満点とする。

 

【スポーツ科学部/前期M方式・2教科型〈理系型〉】
(300点満点)

数学 数学:数I・数II・数III・数A・数B ※数Aは場合の数と確率、図形の性質。数Bは数列、ベクトル 100点
外国語 「コミ英I」「コミ英II」「コミ英III」「英表I」「英表II」 1科目選択 100点
理科 「物基・物」「化基・化」

※数学と選択科目のうち得点の高い科目を2倍し、200点満点とする。

 

【スポーツ科学部/後期F方式】
(200点満点)

外国語 「コミ英I」「コミ英II「コミ英III」「英表I」「英表II」 外国語は必須。国総・現文B、数I・数II・数Aから1科目選択 外国語(100点)
選択科目(100点)
国語 「国総」「現文B」(漢文を除く)
数学 「数学Ⅰ」「数学A」「数学Ⅱ」

 

中京大学スポーツ科学部 入試科目別受験対策・勉強法

中京大学スポーツ科学部の英語の入試問題は、毎年問題形式が変わるのが特徴の1つです。

2017年度の入試では6つの大問で構成されていました。内訳は、長文読解(400から500字程度)、英文によるメール文(150語程度)、語彙、文法・語法の選択問題、記述式の同意文完成問題、整序問題、英作問題でした。

全体的に、文法や語法の基礎をしっかり押さえられているかが問われます。文法・構文問題集で同じ問題を繰り返し演習し、素早く正確に解く練習をしましょう。動詞を中心とした品詞・句・節の文法を捉えた上で、文構造の把握を心がけましょう。難易度が標準的であるため、高得点獲得が合格の必須条件となります。

【長文読解】
歴史や経済、環境や時事問題、比較文化論など、長文読解のテーマは毎年多岐に渡ります。そのため、社会問題や一般常識など、日頃から様々なトピックに触れておくこともポイントの一つ。2017年度のテーマは「カナダ国家の改正への賛否」、「旅行についての詳細を知らせる顧客への英文メール」でした。同意語句を正しく選択するには、英語での言い換え表現を選ばないといけないので、単語や慣用句を覚えるときには、日本語の意味だけでなく、英語での言い換え表現も同時に覚えておきましょう。下線部訳などの記述式問題や説明問題が出題されるので、文構造の把握と単語・熟語・構文の確実な知識が大切です。さらに、内容を問う設問文の本文における対応箇所の特定練習を、中京大学の過去問や長文問題集などで積んでおく必要があります。

【条件英作文問題を対策しよう】
全体的に基礎的な問題が多い文、語句整序問題や英作文問題で点差がつくと考えられます。語句整序から始め、自分で英文を書く練習をしましょう。語法を正確に応用できることも大切です。英作文で狙われる定番の表現は英作文問題集などで頻出の表現とされている例文を覚え、使いこなせるようにしましょう。さらに、広告の表現、商品の紹介の表現、簡単な挨拶文、日常会話の表現などを自然な英語で表現できる力をつけておくこともポイントです。

基礎知識固めは必要に応じて中学レベルからしっかりやっておきましょう。わからない問題があれば潔く飛ばして見直し時間に当てましょう。

中京大学スポーツ科学部の数学の入試問題の出題範囲は数学I・II・A(工学部以外)であり、問題数は大問2題で構成されます。第1問はマークシート方式の独立小問集合が3問、第2問が論述式の独立小問集合が2問です。論述式の方は、マークシート方式の問題と比較すると難易度は高くなります。
【マークシート方式】
まずは教科書レベルの基本公式の使い方に慣れることから始めましょう。その後は、過去問題や、入試標準の問題集を用いて、基本公式が応用問題のなかでどのように活用されているのかを理解し、勉強していきましょう。また、中京大学のマークシート方式小問は、センター試験のように一連の長い流れのなかで問題の誘導に乗りながら解答を完成させるような問題ではなく、一問一問が短問形式のマークシート方式問題です。つまり、同じマークシート方式という理由でセンター試験向けの問題集に取り組むよりも、マークシート方式でなくてもよいので普段の学習で使用している問題集の小問に取り組んだ方が対策としては有効であるでしょう。中京大学では異なる日程で同じような問題が出題されることが度々ある。よって、複数の日程で受験をする場合にはある日程で出題された問題の類題に、次の日程までに取り組んでおくとよい。

【論述形式】
論述形式はマーク形式に比べ、難易度が高くなります。論述式問題は数学IIの図形と方程式、指数関数・対数関数、微分法・積分法からの出題が多くなっています。図形と方程式では、領域および円に関する出題が多くなっており、指数関数・対数関数では方程式に関する出題が多くなっています。微分法・積分法では面積に関する出題が多くなっており、なかでも放物線と直線(または放物線と放物線)で囲まれる部分の面積に関する問題がよく出題されています。論述形式の答案を書く練習をしておくとよいでしょう。高校や塾・予備校の先生に添削してもらい、言いたいことが伝わっているか確認しましょう。

中京大学では異なる日程で同じような問題が出題されることがあります。ですので、複数の日程で受験をする場合には、他の日程で出題された問題の類題に、次の日程までに取り組んでおくと、効率良く対策ができるでしょう。

中京大学スポーツ科学部の国語の入試問題は、以下の大問3問で構成されています。
第1問現代文、
第2問古文、
第3問古文または漢文の選択(ただし、スポーツ科学部は現代文2題のみ)

第1問現代文
評論か随筆1題と、小説の2題で構成されます。文章量は各2000字前後で、評論・随筆では、論旨展開・趣旨が明確で読みやすいものが多く、本文をしっかり読解することで正解にたどり着くことができます。設問は、漢字の読み書き・本文からの抜き出し・空欄補充・傍線部の内容説明・主旨判定・脱文補充など、入試に頻出のものが中心です。しかし、傍線部や空欄の前後の文脈だけで解答できる問題ばかりではなく、文章全体の構造を把握することを前提とした問題や、設問の指示をきちんと守らなければ解答を絞りきれない問題もあります。そのため、やみくもに問題数をこなすよりは、論旨展開を意識して文章を読んだり、設問で問われていることを正確に把握することにも配慮しながら対策をする必要があります。

第2問古文
2017年度では、「徒然草」が出題されました。難易度としては基礎〜標準レベルです。比較的難易度は低めなので、スピーディーに解き進めることで、その他の問題や見直しに時間を使うことができるようにしましょう。

第3問漢文・古文どちらかを選択
漢文か古文かどちらかの選択になります。こちらも基礎〜標準レベルの問題です。問題数は比較的多いですが、文章自体はそれほど長くなく、落ち着いて正確に回答することが重要でしょう。

中京大学スポーツ科学部の世界史の入試問題は古代〜中世、近現代からバランス良く出題されています。また、西洋史と東洋史のバランスも拮抗しており、特に傾向らしい傾向はありません。つまり、世界史全体について幅広く学習しておく必要があるといえるでしょう。
また、文化史や主要国から外れた地域の歴史が出題されることもあります。苦手な分野を徹底的になくしておくことで、高得点獲得につなげていきましょう。

また、年号や期間を問う問題、地理的な知識を問う問題の出題も考慮し、普段から年号や期間を出来事と一緒に覚える習慣を付けるとともに、地図の確認も怠らないようにしましょう。

中京大学スポーツ科学部の公民(政治経済)の入試問題は大問4問で構成されています。
出題単元は、2017年度にも出題があった「間接民主制と選挙制度」「寡占市場と独占禁止法」「新旧憲法の内閣の違い」は頻出となっています。問題の難易度は標準程度ですが、幾つかの選択肢から選択する問題だけでなく、書き込みが必要な問題もあります。ケアレスミスや覚え間違いのないよう、正確に語句を覚えておく必要があります。
政治経済の勉強では、まず政経資料集を参照しながら基礎レベルの参考書を繰り返し読み、基本知識を身に付けます。次に、中級~上級レベルの参考書を使って要点部分の暗記を行います。この段階でも政経資料集を参照しながら進めましょう。頻出問題対策は過去問演習

中京大学スポーツ科学部合格のための受験対策カリキュラム・学習計画を提供します

中京大学スポーツ科学部合格を目指す受験生のあなたへ。ただがむしゃらに勉強をしても中京大学スポーツ科学部に合格することはできません。中京大学スポーツ科学部に合格するためには、中京大学スポーツ科学部のそれぞれの入試科目のポイントを押さえた勉強をする必要があります。じゅけラボでは以下の3つのポイントに着目した、中京大学スポーツ科学部専用の受験対策カリキュラム・学習計画を提供しています。

  • ポイント1:自分の学力レベルに適した勉強
  • ポイント2:正しい勉強法
  • ポイント3:中京大学スポーツ科学部に合格するために必要な勉強

実は多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。また、受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強方法で勉強を進めることが重要です。

そして、中京大学スポーツ科学部の入試科目の入試問題はどんな傾向があり、どんな受験対策が必要なのかを把握して、必要な勉強に焦点を当てて受験勉強を進めることが必要です。

じゅけラボでは、まず学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合ったカリキュラムを作成し、中京大学スポーツ科学部に合格するために必要な学習計画と正しい勉強方法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。また、中京大学スポーツ科学部の入試科目ごとに正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。

大手予備校とじゅけラボの料金・サービス比較はこちら
じゅけラボ予備校の料金はこちら

「中京大学スポーツ科学部に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ

模試の結果が悪かった、E判定だったことで「中京大学スポーツ科学部に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の学力から中京大学スポーツ科学部に合格するための最短のカリキュラムを提供します。また、「高3の8月から勉強を始める場合」「高3の9月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

受験勉強を始めるのが遅くても中京大学スポーツ科学部に合格できる?

中京大学スポーツ科学部を目指す受験生から、「夏休みや8月、9月から勉強に本気で取り組んだら中京大学スポーツ科学部に合格できますか? 「10月、11月、12月の模試で中京大学スポーツ科学部がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

勉強を始める時期が10月以降になると、現状の偏差値や学力からあまりにもかけ離れた大学を志望する場合は難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

仮に受験直前の10月、11月、12月でE判定が出ても、中京大学スポーツ科学部に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、中京大学スポーツ科学部合格に向けて全力でサポートします。

中京大学スポーツ科学部を受験するあなた!合格を目指すなら今すぐ行動です!

中京大学の他の学部

中京大学の受験情報・受験対策はこちら
中京大学スポーツ科学部合格なら
じゅけラボの大学受験対策講座

大学別の対策については
こちらから検索できます。



地域別大学一覧はこちら


北海道・東北
関東
東海・甲信越
近畿
中国・四国
九州・沖縄

大手予備校を超える高品質カリキュラムが業界最安値

  • 入会金無料

    入会金無料

  • 追加料金なし

    追加料金なし

  • 全科目対策で一律料金

    全科目対策で
    一律料金