群馬大学,群大入試科目別対策
群馬大学,群大の科目別の入試傾向・勉強法・受験対策
について説明します。

群馬大学教育学部の英語の出題傾向と対策は以下の通りです。

大問が3題、制限時間は120分。

問題の傾向は毎年少し変わる。
英作文、和訳、長文読解、リスニングは固定。
どんな形式がきても対応できる力が必要です。
英文そのものの難易度はそこまで高くないがセンターの勉強だけでは厳しい。
文法もしっかりとこなす。
リスニングに関しても形式が固定ではない。
記述や要約、どんな形式が来ても対応できるように過去問で対策する。

群馬大学社会情報学部の英語の出題傾向と対策は以下の通りです。

大問が3題、制限時間は120分。

問題の傾向は毎年少し変わる。
英作文、和訳、長文読解、は固定。
どんな形式がきても対応できる力が必要です。
英文そのものの難易度はそこまで高くないが、センターの勉強だけでは厳しい。
文法もしっかりとこなす。
長文読解の設問が毎年変わる。
英作文は基本的に英文和訳。

群馬大学理工学部の英語の出題傾向と対策は以下の通りです。

制限時間は50分。

問題の傾向は毎年少し変わる。
英作文、和訳、長文読解は固定。
文法問題の形式が変わる。
どんな形式がきても対応できる力が必要です。
英文そのものの難易度はそこまで高くないがセンターの難易度で対応できる。
文法もしっかりとこなす。
英作文は基本的に和文英訳。
記述や要約、どんな形式が来ても対応できるように過去問で対策する。

じゅけラボの大学受験対策講座の特徴
群馬大学,群大の学部別受験対策へ

群馬大学の数学の出題傾向と対策は以下の通りです。

大問5で時間は120分。

難易度は基礎、標準的な問題。
設問自体は割りと融合問題も出る。
苦手範囲を作らないことが大事。
二次関数など他大学と比べて珍しい問題が出る。
分野の偏りは少ない。
記述力を鍛える。
基礎的な部分や総合力を鍛えることが大事。

群馬大学医学部の数学の出題傾向と対策は以下の通りです。

大問数が5題で、解答はすべて記述式です。標準レベルの問題が出題されます。複雑な問題は少ないですが、問題数自体が多く、面倒な計算や記述を要する問題もありますので、標準レベルの問題を素早く正確に解けるように演習を重ねておく必要があるでしょう。出題分野ですが、「図形と式」「微分・積分」「空間図形」「数列」「指数・対数」「整数問題」「確率」「複素数」といったように、幅広い分野からの出題となっていますので、全範囲について万遍なく、バランスよく対策を行っていきましょう。全体的に誘導が少ないので一から自分で解答を構築する力や発想力が必要です。問題演習の際には、別解を探したり、誘導を見ずに最後の問いだけ見て解いたりなどの工夫を通して様々な解法を身につけてください。高得点を競う医学部では抜け漏れが命取りになりますので日頃から丁寧な解答を心がけましょう。また、なかには証明問題の出題もありますので、論理的な答案が作成できるよう添削などを活用して答案作成力も鍛えていきましょう。
2018年度も、すべての問題を解くには、発想力・計算力・論証力が要求される出題となっており、普段の演習でも幅広い種類の問題に取り組むことが求められているといえます。特に大問1は見慣れない種類の証明問題でしたので解法が思い浮かばなかった人も多いでしょう。このような問題に対してもとりあえず手を動かして実験してみることが大切です。日頃から粘り強く考える癖をつけましょう。

群馬大学医学部の物理の出題傾向と対策は以下の通りです。

・傾向
化学と同様問題数がかなり多く、時間内に終わらせるのは簡単ではありません。
ですが化学と異なって全問解く必要はありません。難しい設問は無視し、前半の簡単な設問のみをミスなく得点出来れば合格できると思います。
また回答がかなり複雑な文字式になることが多く、ミスが出やすいように思いました。
分野では、毎年必ず力学と電磁気の大問があります。

・対策
基本的な問題集を1年間やり込んで下さい。
直前期では、過去問の失点原因を分析してミス対策や時間配分を考え、いかに易しい設問を確実に得点するかを意識して演習を重ねれば大丈夫だと思います。

群馬大学理工学部の物理の出題傾向と対策は以下の通りです。

時間は120分。

問題そのものは標準問題。
論述、図を描く問題、計算問題が多め。
基礎力、標準的な問題を解く力が必要。
問題が長めなので話の流れにしっかりついていくことが大事。

群馬大学医学部の化学の出題傾向と対策は以下の通りです。

・特徴
難易度はエクセル化学の発展問題を除いたレベルで、とにかく簡単です。
しかし問題数がかなり多く、考える暇もなく50~60分間ただひたすら問題を解く感じです。あまりにも易しく高得点を取るべきなので、化学を先にやって全問解き切ってしまうと良いと思います。
有機・高分子からの出題が多く、比較的細かいところまで問われます。

・対策
エクセル化学を1年間通してやり込んで下さい。それだけで8割後半~9割以上を取ることが出来ると思います。
逆に過去問演習でその得点率が取れない場合は基礎に抜けがあるので、再度Excel化学を復習すべきです。
また有機と高分子は重点的に復習しましょう。

群馬大学理工学部の化学の出題傾向と対策は以下の通りです。

大問数が5題で、120分の記述方式

特徴としては私立大入試ではあまり見ないような糖類やアミノ酸といった分野もしっかりと大問で出ていることです。
しかしひねられた問題は少なくレベルとしては教科書~標準レベルといえるでしょう。
もう一つ特徴をあげるとすれば、論述問題や化学反応式などを書かせる問題も多く単純に知識を詰め込んだだけでは太刀打ちできない問題が多いです。
論述問題は30字程度のものが多く、簡潔に正確な答案が求められるでしょう。
出題範囲は化学基礎・化学からとなっています。
どの分野からもまんべんなく出題され広く浅くといった勉強の仕方が求められるでしょう。
問題構成としては、大問1~3は理論化学(無機化学との融合問題もあり)大問4は有機化学、大問5は高分子化合物となっています。
大問1~3は大問4、5に比べて計算量も多いです。
煩雑な計算もあるので、計算ミスをしないように普段から気を付ける癖をつけておくとよいでしょう。
標準レベルの問題ではありますが典型問題といったよくある問題の形ではない問題が多々あります。
しっかりと問題文を読んで、何が問われているか正確に判断できる力が必要ともいえるでしょう。

①理想的な勉強の流れで勉強する
どの学年においても共通して言えることは基礎をしっかりと固めることです。
群馬大理工学部の化学では教科書傍用問題集でも十分に対応できます。
難易度が高くない代わりに出題範囲が多いので、知識の漏れがないように一周だけではなく何周も問題集を解いて知識をしっかりと定着させましょう。

① 基本的な知識の暗記(単語系)
② 計算を伴う問題演習
③ 実験考察などの論述練習(30字程度)
④ 過去問演習

の順番に勉強していくのが最善です。

②問題演習
上にも書きましたが群馬大理工学部の化学は基礎的な知識を問うことがほとんどです。
したがって、教科書傍用問題集の発展問題以外の問題を重点的にやりましょう。
計算を伴う問題はその過程をしっかりと残すことを心がけてください。
計算ミスを減らすとともに、過程を記さなければならない問題の練習となるためです。
力試しとして各予備校の記述式模試の問題を解くのもよいでしょう。
必ず問題集でインプットした知識をアウトプットできるようにしてください。

③過去問演習
赤本では3年分しか載っていませんが、できるなら5年分やるといいでしょう。
2015年度より前は大問5と6が選択問題となっていますが両方解いておきましょう。
2016年度から選択問題が廃止され、それまで選択問題だった2分野(糖類・アミノ酸と合成繊維)がどちらも出題されているためです。
過去問も一回だけではなく、間違いがなくなるまで繰り返しましょう。
間違えたら教科書などで確認し再度知識の定着をさせるとよいです。
論述問題は解答を覚えるのではなく、解答を見たうえで自分の言葉で再度解答を書き、できれば先生などに見てもらうとほかの受験生と差をつけることができるでしょう。

じゅけラボの大学受験対策講座の特徴
群馬大学,群大の学部別受験対策へ

群馬大学の小論文の出題傾向と対策は以下の通りです。

資料の読み取り及び自分の意見を言う内容。
普段から書く練習をしていれば対応できる。
学部学科で要求されるジャンルの文章の知識を入れることも大事。

群馬大学医学部の小論文の出題傾向と対策は以下の通りです。

2018年度も、英文読解と原因・理由の考察(2014年度以前の出題から計算問題や数式を含む考察を除いた形式)でした。一部聞きなれない語も出てきますが、全体の文脈をとらえた上で内容を理解し、まとめる力があれば十分に対応可能な問題です。大学も評価のポイントとして、「適切に推論しながら英文を読解する力があるか」「比較的長文の要点をおさえる力があるか」「社会的、医学・医療的問題について、論理的に思考し、かつ思考結果を論理的に表現できるか」の3点を挙げています。
なお2015年度は、課題文は医学分野ですが、求められる方向性は英文読解と小論文に特化し、また、400字意見論述問題がありました。2014年度以前は計算問題や数式を含む考察が求められました。
ここ数年は受験生自身の意見を問う設問が見られず、情報を整理してまとめることが重視されていますが、来年以降もこの傾向が続くとは限りません。ゆえに、課題文に対する自分の意見論述や計算・数式型の論述対策も行っておいた方が安心です。募集要項には小論文の欄に「理系と英語の能力を問うことがある」とありますが、これは教科の試験ということではなく、あくまでも小論文試験の範囲内でということで、教科の試験のように物理、化学、生物の詳しい知識が必要というわけではありません。

ただし、理科の学習をしているか否か、思考過程を数値化することに抵抗がないか、で取り組みやすさに大きな差が生じ得る課題文・設問もあります。また、先にも記した通り読解力を試すための問題が多数含まれます。自然科学や人間科学に関する文章の内容を読み取るための読解力・図表の読解力も重要です。さらに、和文でも医療系・自然科学系の文章を多く読んで幅広い知識を蓄えておくと、より取り組みやすくなることでしょう。見慣れない英単語も出てきますが、充実した訳注が準備されます。英文課題文の読解については、速読に力を入れましょう。

対策として、①過去問や小論文用の問題集を使って実際に文章を書き、第三者に添削してもらうようにするとよいでしょう。
また、②英語の学習をしっかりと行い、読解力を身につけた上で、文中の表現について100字程度で分かりやすく説明する練習をしておくとよいでしょう。センター試験対策を通して、英語の基本をしっかりと身につけておくことも大切です。

群馬大学,群大の学部別の受験対策はこちらです。

群馬大学,群大合格のための受験対策カリキュラム・学習計画を提供します

群馬大学,群大合格を目指す受験生のあなたへ。ただがむしゃらに勉強をしても群馬大学,群大に合格することはできません。群馬大学,群大合格のためには、今の学力から群馬大学,群大に合格するために必要な学習、教科・入試科目ごとの入試傾向と対策を踏まえた学習をする必要があります。

実は多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。また、受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強方法で勉強を進めることが重要です。

じゅけラボでは、まず学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合った学習内容からスタートして群馬大学,群大に合格するために必要な学習内容と学習計画でカリキュラムを作成し、入試科目ごとに正しい勉強法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。また、入試科目ごとに正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。

「群馬大学,群大に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ

模試の結果が悪かった、E判定だったことで「群馬大学,群大に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の学力から群馬大学,群大に合格するための最短のカリキュラムを提供します。また、「高3の8月から勉強を始める場合」「高3の9月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

受験勉強を始めるのが遅くても群馬大学,群大に合格できる?

群馬大学,群大を目指す受験生から、「夏休みや8月、9月から勉強に本気で取り組んだら群馬大学,群大に合格できますか? 「10月、11月、12月の模試で群馬大学,群大がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

勉強を始める時期が10月以降になると、現状の偏差値や学力からあまりにもかけ離れた大学を志望する場合は難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

仮に受験直前の10月、11月、12月でE判定が出ても、群馬大学,群大に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、群馬大学,群大合格に向けて全力でサポートします。

群馬大学,群大を受験するあなた、合格を目指すなら今すぐ行動です!

じゅけラボの大学受験対策講座の特徴

大学別の対策については
こちらから検索できます。



地域別大学一覧はこちら


北海道・東北
関東
東海・甲信越
近畿
中国・四国
九州・沖縄