国際医療福祉大学保健医療学部対策
国際医療福祉大学保健医療学部合格を目指す
受験生のための

オーダーメイド受験対策
カリキュラム

国際医療福祉大学保健医療学部はどんなところ?

国際医療福祉大学保健医療学部の特徴は以下の5点です。

・「チーム医療・チームケア」の精神とスキルを身につけられる関連職種連携教育
・5つの附属病院をはじめ多くの附属・関連施設が強力にバックアップ
・各分野の第一人者による少人数制での直接指導
・万全の体制が生む全国トップクラスの国家試験合格率
・不況下でも圧倒的な求人数と就職率

■取れる資格
看護師
保健師
理学療法士
作業療法士
言語聴覚士
診療放射線技師
視能訓練士

■進路について
企業、進学、公務員、教員など

国際医療福祉大学保健医療学部の学費

学科 入学手続時 授業料 実験
実習費
施設
設備費
4年間総額
看護学科
理学療法学科
作業療法学科
言語聴覚学科
視機能療法学科
1,600,000 900,000 【初年度】
50,000 

【2年次
以降】
250,000

350,000 6,100,000
放射線・
1,610,000
900,000
“【初年度】
50,000 

【2年次
以降】
250,000”

360,000
6,140,000
情報科学科

国際医療福祉大学保健医療学部の所在地

▼大田原キャンパス
〒324-8501
栃木県大田原市北金丸2600-1

JR「那須塩原」駅東口よりスクールバス運行路線バスも構内乗り入れ

国際医療福祉大学保健医療学部の周辺地図

国際医療福祉大学保健医療学部の受験対策 学習のポイント・勉強法

国際医療福祉大学の保健医療学部のセンター試験の得点率は6~7割です。
ですので、センター試験で出題される様な基礎的な問題を確実に解けるようにしましょう。

国際医療福祉大学保健医療学部の受験情報

【保健医療学部】
保健医療/前期A、B日程
個別学力試験 2教科(200点満点)
【外国語】コミュ英I・コミュ英II・英語表現I(100)
【小論文】(段階)
《国語》国語総合(古文・漢文を除く)(100)
《地歴》日B(100)
《数学》数I・数A(場合の数と確率・図形の性質)または数II・数B(数列・ベクトル)(100)
《理科》「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」から選択(100)
●選択→国語・地歴・数学・理科から1
備考
物理…(4)除外、化学…(5)除外、生物…(4)(5)除外
小論文は600字以内で段階評価。理は物基・物理、化基・化学、生基・生物に代えて基礎2科目の選択も可(各50点)だが、「物基・生基」の組合せは不可。放射線・情報科学科の第一志望者は数II・B、物理、化学、生物、基礎2(「物基・生基」は除く)から1つを選択

保健医療|看護、理学療法、作業療法、言語聴覚、視機能療法/後期
個別学力試験 1教科(100点満点)
【外国語】コミュ英I・コミュ英II・英語表現I(100)
【面接】(段階)
備考
面接は個人面接(約10分)で段階評価

保健医療|放射線・情報科学/後期
個別学力試験 1教科(100点満点)
【数学】数I・数A(場合の数と確率・図形の性質)(100)
【面接】(段階)
備考
面接は個人面接(約10分)で段階評価

国際医療福祉大学保健医療学部 入試科目別受験対策・勉強法

国際医療福祉大学保健医療学部の英語の出題傾向と対策は以下の通りです。

傾向
80分で大問5題。全てマーク式で、文法・語法問題2題、読解問題3題の大問構成。文法・語法問題は、[1]短文完成、[2]語句整序ともに基本的な文法事項やイディオムを問う内容。ただし[2]語句整序は空所が9個あり、問題数も10問と多く、本学の医学部入試初年度ということもあり戸惑った受験生も多いと推察される。[3]~[5]の読解問題は、いずれも850~1,000語程度の分量がある。出題内容も、空所補充や同意語句、内容真偽、文整序など、設問形式も実に多彩であり、読解力を重視した出題構成と言える。内容真偽問題などでも、選択肢が紛らわしく判断に時間が掛かる問題が含まれている。常に試験時間を意識しながら、的確な時間配分を心掛けたい。

対策
[1]と[2]は標準的な難易度であり、短時間でミスなく終わらせたい。[2]の語句整序には日本語訳が与えられているが、意訳された日本語訳の場合も惑わされることなく品詞や語法の観点から落ち着いて取り組みたい。読解問題の英文は、医療系のテーマが今後も出題されるだろう。内容は極端に難しくはないが、難語が随所に含まれており読みにくさを感じるかもしれない。医療系の語彙を強化することは勿論だが、前後の文脈から意味を類推する力も必要。[4]で出題された文整序は、前後の文脈を正しく把握した上で、選択肢の英文を並び替えるもので、難易度は高い。獨協医科大学や東海大学で出題されている文整序の過去問も活用したい。

国際医療福祉大学保健医療学部の数学の出題傾向と対策は以下の通りです。

傾向
この大学で初の医学部入試となった’17は、80分でマークシート方式の大問が4題。どの問題も解くために用いる公式や考え方は中堅~上位私大向けレベル問題集によく載っているものとなっている。しかし、設定に若干ひねりを入れ、典型問題の解法丸暗記でやってきた受験生を戸惑わせるような問題も入っている。[1]は小問題集で中堅私立大レベルの典型問題。[2]は確率、[3]はベクトル、[4]は積分で、[2]~[4]はセンター試験のような誘導形式となっており、誘導に従い幾つかの典型問題の解法を組み合わせて解かせる問題となっている。問題の難易度や制限時間が80分であることを考えるとスピードと正確さも要求されている。

対策
この大学で医学部入試の始まった’17の問題を見る限りでは、難問はなく、問題を解くのに用いる解法そのものは中堅~上位私大向け問題集によく載っている典型問題の解法がほとんどである。しかし、典型問題の設定に若干ひねりが入り解法暗記でやってきた受験生は困惑しそうな問題もあり、基本・典型問題の解法を丸暗記ではなくしっかり理解した上で使いこなせるようになっているかが問われているように思われる。難問を解くためのテクニックを覚えるよりも、まずは中堅~上位私大向けの典型問題は出題範囲のどの単元も解法を理解し速く正確に解けるよう練習しておこう。また、試験当日は解けそうな問題から手早く解いていくようにしよう。

国際医療福祉大学保健医療学部の国語の出題傾向と対策は準備中です。

国際医療福祉大学保健医療学部の物理の出題傾向と対策は以下の通りです。

傾向
大問4題で構成され、力学、電磁気、波動、熱力学が出題されている。力学は、2つの回転円盤上に乗せた棒が壁との繰り返し衝突をする問題で、無限回の衝突や単振動も含まれている。電磁気は導体棒に生じる誘導起電力とコイルの自己誘導を組み合わせた問題である。波動は復スリットによる光の干渉の問題で、スリットを傾ける問題も含まれている。熱力学は気体分子運動論で、ピストンを一定速度で動かす断熱圧縮の問題である。標準問題を中心に出題されているが、無限回の衝突、単振動、誘導起電力、スリットを傾ける、断熱圧縮などは解き慣れないために苦労した受験生もいただろう。時間にあまり余裕はないので、手早く解いていくことが大切である。

対策
今年度から入試が始まったが、典型的な問題~発展的な問題が出題されている。難問ではないので、日頃からある程度レベルの高い問題に慣れている受験生ならば、高い得点を取ることも出来ただろう。来年度のレベルが上がるか、下がるか、現状維持かは予想しずらいが、本年度の問題の内容、レベルを分析すると、レベルが上がるつもりで準備する必要がありそうである。その対策として、標準的な問題は当然解かなくてはいけないが、やや難度が高い問題も解いておくことが重要であると思う。見慣れない内容もややレベルの高い問題集なら載っている問題であったので、十分に準備しておこう。時間にあまり余裕はないので、スピードも上げておこう。

国際医療福祉大学保健医療学部の化学の出題傾向と対策は以下の通りです。

傾向
新設の私立医学部入試ということで注目が集まった。[1]では小問集合が11問であった。内容は化学結合、熱化学、反応速度論、圧平衡、元素の性質、ペプチドの構造決定問題、アセチルセルロースの合成など多岐分野にわたっていた。また小問とはいっても、単純な性質や計算を求められるのではなく、構造決定や反応速度、圧平衡など慣れていないと方針を考えている間に時間がどんどん経ってしまうような問題も多くみられた。[2]ではシュウ酸の電離平衡と酸塩基の総合問題、[3]では銅と濃硝酸での気体の製法に関する総合問題が出題された。また[4]はぺチジンの構造決定問題で、ホフマン脱離や酸化開裂が絡む問題となっており、多くの受験者は文章を読み解くのに時間がかかったと思われる。

対策
今後もこの傾向が続くことを前提としての対策を考える。まずは標準問題や受験の定番問題をきっちり仕上げることであろう。次に問題演習量を増やし、受験の定番問題を素早く正確に、問題を読んだ瞬間に方針がたつくらいに訓練をする必要がある。また[4]では一般の受験生は目にしないような内容の出題が出される。しかし知識として知らなくても、文章中に現象の説明はしっかりとされている。これをいかに早く解釈できるかが合格の鍵となる。国公立系の問題等で、文章から現象を読み解く力を養ってほしい。この3段階の演習をすれば、合格点をとることが可能であると考える。

国際医療福祉大学保健医療学部の生物の出題傾向と対策は以下の通りです。

傾向
大問4題となっているが、各大問は2または3部構成となっていて合計9問構成となっている。1問は細胞説と光学顕微鏡の使い方が出された。1問は水の性質・細胞膜を構成するタンパク質・細胞骨格が出された。1問はシャペロン・インスリンの分子量計算・DNAを切断して出来る断片の計算が出された。1問はDNAの構造と半保存的複製・ヌクレオチドが出された。1問はPCR法と計算・プラスミドが出された。1問は自律神経系の働きと体温調節とホルモンが出された。1問は心臓と血流の関係をグラフから読み取る問題と心臓から出る血液量の計算が出された。1問はバイオームが出された。1問は生産効率とバイオームが出された。

対策
大問4題であるが、小問構成となっている。しかし、内容が重なっている物も多く、分野としてはまとまっている。各問題は用語を選ぶもの、正誤問題、計算問題と変化に富んでいて、文章量も多く、時間配分に注意する必要がある。分野が少ないので、苦手分野から出題されると大きく得点を減らす事になるので、生物の全範囲を正確に覚えておく必要がある。特にDNA関係と生態系関係は必須と思われる。また、タンパク質に関する問題も多い事から、生体を構成するタンパク質や生体の機能を司るタンパク質など、重点的に覚えるようにしたい。生態系も植物関係を中心に覚えるのが良いと思う。

国際医療福祉大学保健医療学部の日本史の出題傾向と対策は準備中です。

国際医療福祉大学保健医療学部合格のための受験対策カリキュラム・学習計画を提供します

国際医療福祉大学保健医療学部合格を目指す受験生のあなたへ。ただがむしゃらに勉強をしても国際医療福祉大学保健医療学部に合格することはできません。国際医療福祉大学保健医療学部に合格するためには、国際医療福祉大学保健医療学部のそれぞれの入試科目のポイントを押さえた勉強をする必要があります。じゅけラボでは以下の3つのポイントに着目した、国際医療福祉大学保健医療学部専用の受験対策カリキュラム・学習計画を提供しています。

  • ポイント1:自分の学力レベルに適した勉強
  • ポイント2:正しい勉強法
  • ポイント3:国際医療福祉大学保健医療学部に合格するために必要な勉強

実は多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。また、受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強方法で勉強を進めることが重要です。

そして、国際医療福祉大学保健医療学部の入試科目の入試問題はどんな傾向があり、どんな受験対策が必要なのかを把握して、必要な勉強に焦点を当てて受験勉強を進めることが必要です。

じゅけラボでは、まず学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合ったカリキュラムを作成し、国際医療福祉大学保健医療学部に合格するために必要な学習計画と正しい勉強方法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。また、国際医療福祉大学保健医療学部の入試科目ごとに正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。

「国際医療福祉大学保健医療学部に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ

模試の結果が悪かった、E判定だったことで「国際医療福祉大学保健医療学部に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の学力から国際医療福祉大学保健医療学部に合格するための最短のカリキュラムを提供します。また、「高3の8月から勉強を始める場合」「高3の9月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

受験勉強を始めるのが遅くても国際医療福祉大学保健医療学部に合格できる?

国際医療福祉大学保健医療学部を目指す受験生から、「夏休みや8月、9月から勉強に本気で取り組んだら国際医療福祉大学保健医療学部に合格できますか? 「10月、11月、12月の模試で国際医療福祉大学保健医療学部がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

勉強を始める時期が10月以降になると、現状の偏差値や学力からあまりにもかけ離れた大学を志望する場合は難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

仮に受験直前の10月、11月、12月でE判定が出ても、国際医療福祉大学保健医療学部に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、国際医療福祉大学保健医療学部合格に向けて全力でサポートします。

国際医療福祉大学保健医療学部を受験するあなた!合格を目指すなら今すぐ行動です!

国際医療福祉大学の他の学部

国際医療福祉大学の受験情報・受験対策はこちら
国際医療福祉大学保健医療学部合格なら
じゅけラボの大学受験対策講座

大学別の対策については
こちらから検索できます。



地域別大学一覧はこちら


北海道・東北
関東
東海・甲信越
近畿
中国・四国
九州・沖縄

大手予備校を超える高品質カリキュラムが業界最安値

  • 入会金無料

  • 追加料金なし

  • 全科目対策で
    一律料金