信州大学入試科目別対策
信州大学の科目別の入試傾向・勉強法・受験対策
について説明します。

【英語】(試験時間90分)

信州大学(経法学部、医学部)の2018年度の前期日程における英語は大問4つで構成されています。
記述式です。

 

大問1は長文問題。設問としては、空所補充、和約、内容を理解して数十字で説明する問題があります。
大問2は長文問題。動詞を適切な名詞形に変える問題、語句整序、内容説明などの設問があります。
大問3は長文問題。英文の内容について英語で答える問題です。質問も全て英語で書かれています。
大問4は長文問題。前置詞、空所補充などの設問があります。

 

信州大学の英語は大問4つとも長文読解となっています。
その中でも大問3は初見だと戸惑う可能性があるので、過去問を利用して必ず慣れておきましょう。
長文だらけですが、センター試験レベルの語彙力があれば十分読める内容ではあると思います。
語句整序、文法、内容説明…といったように設問形式は幅広いと言えます。

 

 

【英語】(試験時間90分)

信州大学教育学部の2018年度の前期日程における英語は大問2つで構成されています。
記述式です。

 

信州大学教育学部の英語は英文読解力と英文論述力が求められる試験内容となっています。
やや独特な問題形式をしているので、必ず過去問をチェックしておきましょう。
英語で記述する自由英作文の練習をこなしておきましょう。

じゅけラボの大学受験対策講座の特徴
信州大学の学部別受験対策へ
【文系数学】(試験時間120分)

信州大学(経法学部、保健学科)の2018年度の前期日程における数学は大問4つで構成されています。
記述式です。
出題範囲は数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学B「数列、ベクトル」です。
大問1は二次関数の取り扱いに関する基礎的な力を見る問題。
大問2は確率、場合の数、整数の取り扱いに関する基礎的な力を見る問題。
大問3は平面ベクトルに関する基礎的な力を見る問題。
大問4は数列に関する基礎的な力を見る問題。
信州大学の文系数学は難易度としては標準レベルの問題が中心です。
典型的な良問もよく見られるので、そういった問題でいかに失敗をしないかがポイントとなりそうです。
ベクトル、数列、微分積分、確率あたりが頻出分野なので、これらの分野を中心に対策するのが良いと思います。

 

 

【数学】(試験時間120分)

信州大学教育学部の2018年度の前期日程における数学は大問4つで構成されています。
記述式です。
出題範囲は数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B「数列、ベクトル」です。

 

指数対数、空間ベクトル、微分積分といった分野の問題が出題されました。

 

 

【数学】(試験時間180分)

信州大学理学部数学科の2018年度の前期日程における数学は大問6つを解く形です。
記述式です。
出題範囲は数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B「数列、ベクトル」です。
大問1は解く必要がありません。
大問2は確率、場合の数、整数の取り扱いに関する基礎的な力を見る問題。
大問3は平面ベクトルに関する基礎的な力を見る問題。
大問4は数列に関する基礎的な力を見る問題。
大問5は微分積分を用いて関数を取り扱う力を見る問題。
大問6は平面上の領域に関する基礎的な理解、ならびに不等式についての基礎的な力を見る問題。
大問7は複素数、整数の性質に関する応用力、ならびに論証力を見る問題。

 

信州大学の理学部数学科の数学は難易度としては標準レベルの問題が中心ですが、試験時間180分ということで問題量が多いです。
前半の3つの大問は文系数学と同じ問題を使用しています。
最後の複素数の問題が難しいです。

 

【数学】(試験時間120分)

信州大学医学部医学科の2018年度の前期日程における数学は大問5つを解く形です。
記述式です。
出題範囲は数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B「数列、ベクトル」です。
大問1は解く必要がありません。
大問2は解く必要がありません。
大問3は平面ベクトルに関する基礎的な力を見る問題。
大問4は数列に関する基礎的な力を見る問題。
大問5は微分積分を用いて関数を取り扱う力を見る問題。
大問6は平面上の領域に関する基礎的な理解、ならびに不等式についての基礎的な力を見る問題。
大問7は複素数、整数の性質に関する応用力、ならびに論証力を見る問題。

 

信州大学の医学部の数学は難易度としては標準レベルの問題が中心ではあります。
最後の複素数の問題が難しいです。

 

【数学】(試験時間120分)

信州大学工学部の2018年度の前期日程における数学は大問4つを解く形です。
記述式です。
出題範囲は数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B「数列、ベクトル」です。
大問1は解く必要がありません。
大問2は確率、場合の数、整数の取り扱いに関する基礎的な力を見る問題。
大問3は平面ベクトルに関する基礎的な力を見る問題。
大問4は数列に関する基礎的な力を見る問題。
大問5は微分積分を用いて関数を取り扱う力を見る問題。
大問6は解く必要がありません。
大問7は解く必要がありません。

 

信州大学の工学部の数学は難易度としては標準レベルの問題が中心です。
平面ベクトルの問題がやや難しいです。

【国語】(試験時間90分)

信州大学経法学部の2018年度の前期日程における国語は大問3つで構成されています。
記述式です。
古文と漢文は出ないので、対策する必要はありません。

信州大学の国語は大問3つとも現代文となっています。
数十字で説明しないといけない論述問題が多いので、色んな国立大学の国語の過去問を解いて論述問題に慣れておくと良いでしょう。
漢字問題は書きだけでなく、読みも出ていますが、読み書き共に結構簡単な部類です。

 

【国語】(試験時間90分)

信州大学教育学部の2018年度の前期日程における国語は大問5つで構成されています。
記述式です。
大問1は漢字問題。基礎~標準レベルの漢字の読み書きです。
大問2は現代文。
大問3は現代文。
大問4は古文。
大問5は漢文。

【物理】(試験時間90分)(医学科は理科2科目で150分)

信州大学(教育学部、理学部、医学科、工学部、繊維学部)の2018年度の前期日程における物理は大問4つで構成されています。
記述式です。
問題量が多めでやや難しい問題も。

 

大問1は力学分野。運動方程式、力学的エネルギー、相対速度、放物線運動、物体の衝突を正しく理解しているかを問われています。
大問2は波動分野。屈折の法則、回折格子の干渉条件、全反射について理解しているかなどについて問われています。
大問3は電磁気分野。コンデンサーの働きとコンデンサーに蓄えられる電気量や電位の考え方などについて問われています。
大問4は熱力学分野。ピストンにかかる力のつり合い、仕事、内部エネルギー、熱量、熱力学第1法則を正しく理解しているかを問われています。

【化学】(試験時間90分)(医学科は理科2科目で150分)

信州大学(教育学部、理学部、医学科、工学部、繊維学部、農学部)の2018年度の前期日程における化学は大問4つで構成されています。
記述式です。
標準レベルの問題が中心なので、教科書レベルの基本事項を着実に身に付けることが大切です。

 

 

大問1は理論分野。コロイド溶液の性質、浸透圧の理解度、化学平衡に関する理解度を問われています。
大問2は理論と無機を絡めた問題。無機化合物に係る基礎的知識、電気分解における基礎的な理解度、および状態変化における熱化学の理解度を問われています。
大問3は有機分野。芳香族化合物を題材に、有機化合物の構造と反応性に対する理解度を問われています。
大問4は有機分野。デンプンとセルロースについての出題です。

【生物】(試験時間90分)(医学科は理科2科目で150分)

信州大学(教育学部、医学科、繊維学部、農学部)の2018年度の前期日程における生物は大問4つで構成されています。
記述式です。
標準レベルの典型的な問題が中心なので、教科書レベルの基本事項を着実に身に付けることが大切です。
また、論述問題だらけなので、100字程度の論述問題に慣れておきましょう。

 

 

大問1は、動物の生殖と発生に関する問題。
大問2は、生物多様性を脅かす4つの危機に関する基本事項についての理解を問いつつ、それぞれの事例を想定しながら論理的に答えを導く思考力を問う問題です。
大問3は、ヒトの免疫系に関する基礎的な知識を問い、その知識に基づいて免疫とヒトの病気の関係について考察させる問題です。
大問4は、光に対する応答を中心とした植物の環境応答に関する基礎知識を問う問題です。

じゅけラボの大学受験対策講座の特徴
信州大学の学部別受験対策へ

信州大学の学部別の受験対策はこちらです。

信州大学合格のための受験対策カリキュラム・学習計画を提供します

信州大学合格を目指す受験生のあなたへ。ただがむしゃらに勉強をしても信州大学に合格することはできません。信州大学合格のためには、今の学力から信州大学に合格するために必要な学習、教科・入試科目ごとの入試傾向と対策を踏まえた学習をする必要があります。

実は多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。また、受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強方法で勉強を進めることが重要です。

じゅけラボの受験対策では、まず学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合った学習内容からスタートして信州大学に合格するために必要な学習内容と学習計画でカリキュラムを作成し、入試科目別に正しい勉強法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。また、入試科目ごとに正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。

大手予備校とじゅけラボの料金・サービス比較はこちら
じゅけラボ予備校の料金はこちら

「信州大学に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ

模試の結果が悪かった、E判定だったことで「信州大学に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の学力から信州大学に合格するための最短のカリキュラムを提供します。また、「高3の8月から勉強を始める場合」「高3の9月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

科目別の受験対策を始めるのが遅くても信州大学に合格できる?

信州大学を目指す受験生から、「夏休みや8月、9月から勉強に本気で取り組んだら信州大学に合格できますか? 「10月、11月、12月の模試で信州大学がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

勉強を始める時期が10月以降になると、現状の偏差値や学力からあまりにもかけ離れた大学を志望する場合は難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

仮に受験直前の10月、11月、12月でE判定が出ても、信州大学に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、信州大学合格に向けて全力でサポートします。

信州大学を受験するあなた、合格を目指すなら今すぐ行動です!

信州大学の科目別受験対策ならじゅけラボ予備校

大学別の対策については
こちらから検索できます。



地域別大学一覧はこちら


北海道・東北
関東
東海・甲信越
近畿
中国・四国
九州・沖縄

大手予備校を超える高品質カリキュラムが業界最安値

  • 入会金無料

    入会金無料

  • 追加料金なし

    追加料金なし

  • 全科目対策で一律料金

    全科目対策で
    一律料金