山形大学,山大入試科目別対策
山形大学,山大の科目別の入試傾向・勉強法・受験対策
について説明します。

山形大学の英語の出題傾向と対策は以下の通りです。

試験時間90分に対して長文読解2題の出題ですが、2016年度から3年連続で問題指示が英語化され、この英語化と同時に設問傾向も変化しています。
2016年度から2018年度まで、設問指示はすべて英語ですが、語注は日本語です。2017年度は日本語の選択問題や本文からの語の抜き書き問題などがあった一方で、2016年度に出題されていた発音問題がないなど細部の変動がみられました。出題が続いている設問形式は、空所補充選択、言い換え選択、内容一致肢選択(正誤問題)、日本語による内容説明記述、下線部和訳、英語による記述解答などです。
注意したい問題としては、英語による記述解答が挙げられます。2016年度には、本文に関する質問に英語で答える設問や、筆者の意図を英語で要約する問題が出されていました(いずれも語数指定あり)。これらの問題は2017年度には、本文に関する質問に対して自分の意見を2文で述べるという設問になりました。さらに2018年度には分量が2~3文となっており、英語による記述解答についてはまだ細かい形式が定まらない面がみられます。解答する言語が日本語であっても英語であっても、必要な内容を過不足なく記述できるようしっかり演習を積むとともに、自らの考えを英語で述べる練習もしておくとよいでしょう。
なお、2014年度と2015年度は、設問指示は日本語です。設問内容は空所補充選択や言い換え選択、正誤判定や語句整序などに加えて、記述式解答で下線部和訳や日本語による説明問題(字数指定あり)が出題されていました。
受験者層を考えると、差がつき易いのは英語による記述問題だとみられます。選択式解答や和訳、日本語による記述問題で取りこぼしをしないように実力を高めつつ、筆者の意見や見解を英語でまとめたり、それに対する自分の意見を述べる練習を早い段階から進めておくとよいでしょう。

じゅけラボの大学受験対策講座の特徴
山形大学,山大の学部別受験対策へ

山形大学の数学の出題傾向と対策は以下の通りです。

2014年度から大問数は4題で一定です。
数学Ⅰ・A・Ⅱ・B・Ⅲの各分野からバランスよく出題されていますが、ここ4年、数列、ベクトル、数学Ⅲの微積分は頻繁に出題されているので要注意です。2018年度は複素数平面と極限の融合問題が出題されました。全ての問題に誘導がついており、難易度も標準レベルですが、問題数がやや多く、計算が煩雑になる場合もあるので素早く、そして正確に問題を解く能力が必要です。
対策としては、教科書レベルの問題をきちんと解けるように教科書傍用問題集などを用いて繰り返し演習を重ねた後、傍用問題集よりは難しめの標準的な難易度の問題集を使い、あらゆる問題に対応できるように解法の幅を広げてください。図形的考察を要求されることも多々あるので、題意を汲み取って自分で図を描く訓練もしておきましょう。繰り返しになりますが、問題の難易度は標準的なものなので、取りこぼしがないように気を付けましょう。

山形大学の国語の出題傾向と対策は以下の通りです。

現代文2題の構成で、問題文は評論と小説が出題されています。
出題内容としては、内容把握や傍線部説明の択一問題を中心に、漢字の書き取りや抜き出し問題、論述問題も出題されています。択一問題は、5つ以上の選択肢の中から適切なものを選ぶ問題も多いです。論述問題は50字前後の分量のみならず100字以上のものもあるので、字数制限に留意しつつ適宜内容をまとめていきましょう。また漢字の書き取りや語彙が問われることもあります。
対策としては、択一問題に向けた問題演習と、論述に向けた国公立大学一般の対策とが中心になるでしょう。択一問題では、紛らわしい選択肢の中から適切なものをコンスタントに選び続けることができるよう、問題文だけでなく選択肢で意味されている内容の読解にも注意して、なぜその解答になるのかを文章に即して根拠付ける演習を重ねましょう。論述問題では、文章の流れを適切につかんだうえで、問われていることに対しコンパクトで的確な解答を作成することが必要です。

山形大学医学部の物理の出題傾向と対策は以下の通りです。

例年大問3題での出題です。2018年度は例年通り力学・電磁気・波動の各分野から1題ずつ出題されましたが、2016年度は第1問が力学と電磁気の融合問題、第2問が波動、第3問が熱力学という出題でした。
出題形式は記述と穴埋めの両方がありますが、いずれにせよ過程をきちんと追うことができなければ連鎖的にミスをする原因ともなりかねませんので、穴埋めの時も過程は必ず問題用紙等に丁寧に記述していくのが良いでしょう。誘導は丁寧になされていますので、問題の流れに乗って状態を頭の中でイメージしながら解くとぐっとわかりやすくなります。
難易度は2015年度までは重要問題集レベルの易問が出ることが多かったのですが、2016年度からは入試標準レベル程度の、複雑な考察と計算を要求する問題に変わりました。しかし、時間は十分足りる程度の分量ですので、焦らず確実に解ききることが望まれます。
また、2018年度の電磁気では、自分でグラフを描く問題も出題されました。問題集等ではグラフを選択肢の中から選ぶことが多いと思いますが、自分でも描けるよう練習しておきましょう。

山形大学医学部の化学の出題傾向と対策は以下の通りです。

直近3か年は、医学部・工学部・農学部は6題すべての大問を、医学部はそのうちの指定された4題を解答する方式です。大問6題の出題分野は、理論:無機:有機=3:1:2とまんべんなく出題されており、難易度は標準です。  そのうち2018年度の医学部受験者への出題は、理論:無機:有機=2:1:1の割合でした。
まずは教科書レベルの内容をしっかりと理解し、問題集を用いて、基本・標準レベルの問題は間違えなくなるまで演習を繰り返しましょう。計算問題では計算過程が求められる場合が多いため、日ごろから答えに至るまでの簡潔な記述・正確な計算を意識して問題演習をしておくことが大切です。また、字数はそれほど多くありません(20字~50字以内)が、理由説明問題が出題されます。基本的な事項は理解し、解答の中心となるキーワードを押さえてまとめる力をつけていきましょう。資料集もこまめに参照して、図やグラフを見て理解しながら頭に入れ、用語や実験内容を説明できるようにすることがポイントです。

山形大学医学部の生物の出題傾向と対策は以下の通りです。

例年、指定された大問2題に解答する構成です。出題分野はDNA、発生、体内の恒常性が中心ですが、大問1つが関連する2~3の中問に分かれており、遺伝や集団遺伝など他分野の知識が絡む小問が含まれることもあります。解答形式は用語、正誤判断、論述が中心で、計算や図選択などもみられます。難易度はやや易~標準で、一部に考察問題も含まれますが、基本的な知識を問う設問が中心です。細かい知識を問うものや難解な題材はみられず、全体の設問数も多くないため、いかに失点しないかがポイントになるでしょう。
各分野の主要な仕組みや現象については、自分の言葉で正確に説明できるようにしておきましょう。また、各分野の重要な図表やグラフについては、問題演習を通して、数値の読み取りやそれを用いた計算に慣れておきましょう。

じゅけラボの大学受験対策講座の特徴
山形大学,山大の学部別受験対策へ

山形大学,山大の学部別の受験対策はこちらです。

山形大学,山大合格のための受験対策カリキュラム・学習計画を提供します

山形大学,山大合格を目指す受験生のあなたへ。ただがむしゃらに勉強をしても山形大学,山大に合格することはできません。山形大学,山大合格のためには、今の学力から山形大学,山大に合格するために必要な学習、教科・入試科目ごとの入試傾向と対策を踏まえた学習をする必要があります。

実は多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。また、受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強方法で勉強を進めることが重要です。

じゅけラボの受験対策では、まず学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合った学習内容からスタートして山形大学,山大に合格するために必要な学習内容と学習計画でカリキュラムを作成し、入試科目別に正しい勉強法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。また、入試科目ごとに正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。

大手予備校とじゅけラボの料金・サービス比較はこちら
じゅけラボ予備校の料金はこちら

「山形大学,山大に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ

模試の結果が悪かった、E判定だったことで「山形大学,山大に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の学力から山形大学,山大に合格するための最短のカリキュラムを提供します。また、「高3の8月から勉強を始める場合」「高3の9月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

科目別の受験対策を始めるのが遅くても山形大学,山大に合格できる?

山形大学,山大を目指す受験生から、「夏休みや8月、9月から勉強に本気で取り組んだら山形大学,山大に合格できますか? 「10月、11月、12月の模試で山形大学,山大がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

勉強を始める時期が10月以降になると、現状の偏差値や学力からあまりにもかけ離れた大学を志望する場合は難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

仮に受験直前の10月、11月、12月でE判定が出ても、山形大学,山大に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、山形大学,山大合格に向けて全力でサポートします。

山形大学,山大を受験するあなた、合格を目指すなら今すぐ行動です!

山形大学,山大の科目別受験対策ならじゅけラボ予備校

大学別の対策については
こちらから検索できます。



地域別大学一覧はこちら


北海道・東北
関東
東海・甲信越
近畿
中国・四国
九州・沖縄

大手予備校を超える高品質カリキュラムが業界最安値

  • 入会金無料

    入会金無料

  • 追加料金なし

    追加料金なし

  • 全科目対策で一律料金

    全科目対策で
    一律料金