東京都市大学環境学部対策
東京都市大学環境学部合格を目指す
受験生のための

オーダーメイド受験対策
カリキュラム

東京都市大学環境学部に合格するには、正しい対策、勉強法を実行する必要があります。そのために、どんな入試方式があるのか、受験できる入試科目は何か、合格最低点や合格ラインについて、偏差値や倍率、入試問題の傾向と対策など、把握しておくべき情報、データがたくさんあります。
東京都市大学環境学部に受かるにはどんな学習内容を、どんな勉強法ですすめるのかイメージをしながら見ていきましょう。まだ志望校・学部・コースで悩んでいる高校生も、他の大学・学部と比べるデータとして、東京都市大学環境学部の入試情報を見ていきましょう。

東京都市大学環境学部に合格するには、東京都市大学環境学部に合格する方法つまり戦略的な学習計画と勉強法が重要です。

あなたが挑む受験のしかたに合わせてじゅけラボ予備校が東京都市大学環境学部合格をサポートします。

東京都市大学環境学部はどんなところ?

東京都市大学の環境学部は、農学や工学、経営学の観点から、環境問題をはじめとする地球規模の課題の改善や解決に貢献できる人材を育成します。
 
環境問題に特化した2学科を設置し、環境問題を多角的に捉え専門性の高い学修を行います。
 
また、国内外におけるフィールドワークプログラムを多数用意しており、環境問題を体験的に学習することができます。
 
学部共通のプログラム ・グローバル・地域連携教育プログラム ・生態環境プログラム ・都市環境プログラム ・環境経営プログラム ・環境政策プログラム
 
 
【環境創生学科】 生態環境と都市環境を融合させ、人と自然の共存を実現する専門家を養成します。
 
「生体」と「都市」の2つの視点から自然科学の基本を学び、教育・研究だけでなく、実習・演習の科目も充実しており、最新の分析機器により環境情報の可視化技法や環境測定分野について学ぶこともできます
 
環境創生学科のプログラム ・海外プログラム ・生態環境プログラム ・都市環境プログラム など
■取得可能な資格 ・測量士補 ・自然再生士補 ・ビオトープ管理士2級 ・技術士(環境・建設部門) ・生物分類技能検定 ・環境計量士 ・公害防止管理者 ・GIS学術士 ・環境アセスメント士(自然環境) ・環境緑化樹木識別検定 ・造園施行管理技士 など
 
 
【環境経営システム学科】 環境マネジメントに必要な分野を学び、人、組織、社会への持続可能な発展へと導いていける人材を育成します。
 
環境配慮キャンパスで、最先端の環境教育を実践するフィールドとしても機能し、エコキャンパスで社会科学をベースに理工学も学習し、環境コミュニケーション能力も身につけていきます。
 
環境経営システム学科のプログラム ・環境経営プログラム ・環境政策プログラム など
 
■取得可能な資格 ・社会調査士 ・環境マネジメント審査員 ・公害防止管理者 ・環境サイトアセッサー ・環境管理士 ・宅地建物取引士 ・技術士補(環境部門)
 
 
 
■就職・卒業後の進路 企業( 営業、事務職など )、建設、情報サービス、製造、不動産、卸売・小売、運輸、公務員(地方・国家)など

東京都市大学環境学部の学費

  入学金 授業料 後援会等費
1年 240,000円 1,250,000円 60,000円
2年   1,250,000円 60,000円
3年   1,250,000円 60,000円
4年   1,250,000円 60,000円

東京都市大学環境学部の所在地

横浜キャンパス】環境学部・メディア情報学部 〒224-8551 神奈川県横浜市都筑区牛久保西3-3-1
 
横浜市営地下鉄ブルーライン「中川(東京都市大 横浜キャンパス前)」駅下車 徒歩5分

東京都市大学環境学部の周辺地図

東京都市大学環境学部の受験対策 学習のポイント・勉強法

東京都市大学の環境学部は、偏差値が47.5、合格最低点が6割前後となり、他の学部の中で一番偏差値が低い学部となります。倍率はどちらの学科も3~4倍前後となり、中期、後期日程では7倍に上がります。環境学部は一般入試で英語が必須科目となり、他は指定科目の中からの選択科目となります。メディア情報学部、都市生活学部と試験内容が似ており、マーク式と記述式併用や記述式問題となっているため、他学部の過去問演習もして対策をしておきましょう。

東京都市大学環境学部の受験情報

募集人員 

 
環境学部 160人(入学定員) (環境創生学科 90人、環境経営システム学科 70人)
 
 
一般入試 前期日程 ・前期3教科型 環境創生学科 38人、環境経営システム学科 30人
 
中期日程 ・中期2教科型 環境創生学科 10人、環境経営システム学科 17人
 
後期日程 ・後期2教科型 環境創生学科 3人、環境経営システム学科 2人
 
センター利用入試 前期日程 ・前期3教科型/前期5教科基準点型(合わせた人数) 環境創生学科 12人、環境経営システム学科 10人
後期日程 ・後期3教科グループディスカッション型:全学科あわせて1人
 
 
一般入試 前期日程 【前期3教科型】 ・英語、選択科目①、選択科目②の合計3教科300点満点で合否判定を行います ・英語100点、選択科目①100点、選択科目②100点 ・選択科目①は、理科または地理歴史から1教科 ・理科は「物理基礎・物理」3題、「化学基礎・化学」3題、「生物基礎・生物」3題の合計9題のうち、任意に3題を選択し解答 ・地理歴史は「世界史B」「日本史B」のどちらか ・選択科目②は「数学Ⅰ・Ⅱ・A・B」または「国語総合(現代文のみ)」から1教科
 
 中期日程 【中期2教科型】 ・英語、数学または国語の合計2教科200点満点で合否判定を行います ・英語100点、数学または国語100点 ・数学は「数学Ⅰ・Ⅱ・A・B」 ・国語は「国語総合(現代文のみ)」
 
後期日程 【後期2教科型】 ・英語、数学または国語の合計2教科200点満点で合否判定を行います ・英語100点、数学または国語100点 ・数学は「数学Ⅰ・Ⅱ・A・B」 ・国語は「国語総合(現代文)」
 
 
センター利用入試 前期日程 【前期3教科型】 <環境創生学科 理系重点> ・センター試験の数学、選択科目高得点2教科の合計3教科600点満点で合否判定を行います ・数学200点、選択科目高得点2科目各200点 ・数学は「数学Ⅰ・A」「数学Ⅱ・B」 ・選択科目は、地理歴史・公民、国語、英語、理科から高得点2教科 ・地理歴史・公民は「世界史A」「世界史B」「日本史A」「日本史B」「地理A」「地理B」「現代社会」「倫理」「政治・経済」「倫理、政治・経済」から1科目 ・地理歴史・公民は、2科目受験した場合は第1解答科目を判定対象とする ・国語は「国語総合(近代以降の文章)」 ・外国語は、英語+リスニングテスト ・理科は「物理」「化学」「生物」「地学」から高得点1科目 ・理科は「生物基礎」「地学基礎」「物理基礎」「化学基礎」は判定対象とはならない
<環境経営システム学科 文系重点> ・センター試験の外国語、選択科目高得点2教科の合計3教科600点満点で合否判定を行います ・外国語200点、選択科目高得点2科目各200点 ・選択科目は、地理歴史・公民、国語、理科、数学から高得点2教科 ・地理歴史・公民は「世界史A」「世界史B」「日本史A」「日本史B」「地理A」「地理B」「現代社会」「倫理」「政治・経済」「倫理、政治・経済」から1科目 ・地理歴史・公民は、2科目受験した場合は第1解答科目を判定対象とする ・国語は「国語総合(近代以降の文章)」 ・外国語は、英語+リスニングテスト ・理科は①または②を選択 ①「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」から2科目 ②「物理」「化学」「生物」「地学」から1科目 ②を選択し、2科目受験した場合は、第1解答科目を判定対象とする ・理科の①および②を受験した場合は高得点グループを判定対象とする ・数学は①と②を解答 ①「数学Ⅰ」「数学Ⅰ・数学A」から1科目 ②「数学Ⅱ」「数学Ⅱ・数学B」から1科目 ①および②を受験した場合は高得点グループを判定対象とする
 
【前期5教科基準点型】 <環境創生学科 理系重点> ・センター試験の5教科理系重点配点800点満点で各学科に定められた「合格基準点」で合否判定を行います ・地理歴史・公民100点、国語100点、外国語100点、理科200点、数学200点 ・県境創生学科の合格基準点は「560点」 ・地理歴史・公民は「世界史A」「世界史B」「日本史A」「日本史B」「地理A」「地理B」「現代社会」「倫理」「政治・経済」「倫理、政治・経済」から1科目 ・地理歴史・公民は、2科目受験した場合は第1解答科目を判定対象とする ・国語は「国語総合(近代以降の文章)」 ・外国語は、英語+リスニングテスト ・理科は「物理」「化学」「生物」「地学」から高得点1科目 ・理科は「生物基礎」「地学基礎」「物理基礎」「化学基礎」は判定対象とはならない
 
<環境経営システム学科 文系重点> ・センター試験の5教科文型重点配点800満点で各学科に定められた「合格基準点」で合否判定を行います ・地理歴史・公民200点、国語200点、外国語200点、理科100点、数学100点 ・環境経営システム学科の合格基準点は「560点」 ・地理歴史・公民は「世界史A」「世界史B」「日本史A」「日本史B」「地理A」「地理B」「現代社会」「倫理」「政治・経済」「倫理、政治・経済」から1科目 ・地理歴史・公民は、2科目受験した場合は第1解答科目を判定対象とする ・国語は「国語総合(近代以降の文章)」 ・外国語は、英語+リスニングテスト ・理科は①または②を選択 ①「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」から2科目 ②「物理」「化学」「生物」「地学」から1科目 ②を選択し、2科目受験した場合は、第1解答科目を判定対象とする ・理科の①および②を受験した場合は高得点グループを判定対象とする ・数学は①と②を解答 ①「数学Ⅰ」「数学Ⅰ・数学A」から1科目 ②「数学Ⅱ」「数学Ⅱ・数学B」から1科目 ①および②を受験した場合は高得点グループを判定対象とする
 
【後期3教科グループディスカッション型】 <環境創生学科 理系重点> ・センター試験の数学、選択科目高得点2教科の合計3教科600点満点と、グループディスカッション140点満点の合計740点満点で合否判定を行います ・数学200点、選択科目高得点2教科各200点、グループディスカッション140点 ・数学は「数学Ⅰ・A」「数学Ⅱ・B」 ・選択科目は、地理歴史・公民、国語、英語、理科から高得点2教科 ・地理歴史・公民は「世界史A」「世界史B」「日本史A」「日本史B」 「地理A」「地理B」「現代社会」「倫理」「政治・経済」「倫理、政治・経済」から1科目 ・地理歴史・公民は、2科目受験した場合は第1解答科目を判定対象とする ・国語は「国語総合(近代以降の文章)」 ・外国語は、英語+リスニングテスト ・理科は「物理」「化学」「生物」「地学」から高得点1科目 ・理科は「生物基礎」「地学基礎」「物理基礎」「化学基礎」は判定対象とはならない
<環境経営システム学科 文系重点> センター試験の英語、選択科目高得点2科目の合計3教科600点満点と、グループディスカッション140点満点の合計740点満点で合否判定を行います ・地理歴史・公民は「世界史A」「世界史B」「日本史A」「日本史B」「地理A」「地理B」「現代社会」「倫理」「政治・経済」「倫理、政治・経済」から1科目 ・地理歴史・公民は、2科目受験した場合は第1解答科目を判定対象とする ・国語は「国語総合(近代以降の文章)」 ・外国語は、英語+リスニングテスト ・理科は①または②を選択 ①「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」から2科目 ②「物理」「化学」「生物」「地学」から1科目 ②を選択し、2科目受験した場合は、第1解答科目を判定対象とする ・理科の①および②を受験した場合は高得点グループを判定対象とする ・数学は①と②を解答 ①「数学Ⅰ」「数学Ⅰ・数学A」から1科目 ②「数学Ⅱ」「数学Ⅱ・数学B」から1科目 ①および②を受験した場合は高得点グループを判定対象とする

東京都市大学環境学部の入試日程

共通テスト利用入試 前期3教科型、前期5教科基準点型
出願期限 インターネット受付のみ:2020年(令和2年)12月21日~2021年(令和3年)1月15日21:30まで
試験日 個別試験は課さない
合格発表 2021年(令和3年)2月12日
共通テスト利用入試 後期3教科グループディスカッション型
出願期限 インターネット受付のみ:2021年(令和3年)2月22日~3月9日21:30まで
試験日 2021年(令和3年)3月14日(グループディスカッション)
合格発表 2021年(令和3年)3月19日
一般選抜 前期3教科型、前期2教科型
出願期限 インターネット受付のみ:2020年(令和2年)12月21日~2021年(令和3年)1月22日21:30まで
試験日 2021年(令和3年)2月1~3日(試験日自由選択制)(学外試験場は2月1・2日のみ)
合格発表 2021年(令和3年)2月12日
一般選抜 中期3教科型、中期2教科型
出願期限 インターネット受付のみ:2020年(令和2年)12月21日~2021年(令和3年)2月13日21:30まで
試験日 2021年(令和3年)2月20日
合格発表 2021年(令和3年)2月25日
一般選抜 後期2教科型
出願期限 インターネット受付のみ:2020年(令和2年)12月21日~2021年(令和3年)2月26日21:30まで
試験日 2021年(令和3年)3月4日
合格発表 2021年(令和3年)3月9日

 

東京都市大学環境学部 入試科目別受験対策・勉強法

東京都市大学環境学部の一般入試の英語は、大問5題で構成され(年度による)、マーク式と記述式併用です。 各大問では、下記のような問題が出題されています。
 
・長文読解問題:3題 -内容一致、空欄補充問題など ・会話文問題:1題 ・整序英作文問題:1題
 
長文読解問題 出題難易度は標準レベルとなります。本文は500語ほどの長文となるため、速読力を身に付けましょう。出題は和訳問題、内容一致選択問題、空欄補充問題などがみられます。和訳問題では、シンプルな構造の英文が課題となり、文法・語法・構文をしっかりとおさえていれば問題ありません。内容一致問題では、キーワードに注目して解答しましょう。空欄補充問題では、文法・語法問題の要素が強くなっています。長文のテーマは多岐にわたり、基本単語を深く理解していれば問題なく読解できます。
 
会話文問題 センター試験でもみられるような出題となるため、過去問演習と同時に、センター試験対策の問題集などで勉強していきましょう。
 
整序英作文問題 ここでは東京都市大学でしか見られない出題となります。日本語の会話文から、設問に整序英作文で解答するという出題になっているため、過去問演習で出題形式に慣れておきましょう。
東京都市大学環境学部の一般入試の数学は、記述式です。
 
出題範囲は、数学Ⅰ・Ⅱ・A・B(数列、ベクトル)となり、全分野からまんべんなく出題されます。出題難易度は基本から標準レベルで、記述式問題となるため、教科書の基本事項は素早く正確に解答できるようにしましょう。文系学部では数学Ⅱが特に頻出となっており、不等式で表された領域の図示をするような問題も出題されています。普段からグラフを書く練習をしておきましょう。東京都市大学の小問集合問題は、計算過程も書かなければいけないため、部分点が取れるように書きましょう。
東京都市大学環境学部の一般入試の国語は、大問2題で構成され(年度による)、マーク式と記述式併用です。
 
出題範囲は、現代文のみとなり、テーマは学部の内容に沿った題材が多くみられます。大問2題とも本文は5,500字から5,900字の分量で、試験時間は90分と時間に余裕があります。読解力や倫理的判断力があるかどうかがみられるため、日ごろからさまざまなテーマの文章を読みましょう。設問は漢字、接続詞、語句の意味や空欄補充問題、内容説明など。出題難易度は標準レベルとなっているため、過去問演習で出題形式に慣れておきましょう。
東京都市大学環境学部の一般入試の物理は、マーク式と記述式併用です。
※「物理」3題、「化学」3題、「生物」3題の合計9題のうち、任意に3題を選択し解答 ※入試日程により、4題のときもあり、生物の選択がないときもあります
 
 
物理の出題範囲は、物理基礎・物理、大問1,2題目は小問集合問題です。小問集合問題は、力学・電磁気・波動・熱・原子からの出題となり、各分野からまんべんなく出題されます。力学と電磁気については頻出となっており、力学では、運動方程式、力学的エネルギー保存の法則、運動量保存の法則はマスターしておきましょう。電磁気では、教科書などで用語の定義をしっかりと確認しておきましょう。
東京都市大学環境学部の一般入試の化学は、マーク式と記述式併用です。
※「物理」3題、「化学」3題、「生物」3題の合計9題のうち、任意に3題を選択し解答 ※入試日程により、4題のときもあり、生物の選択がないときもあります
 
化学の出題範囲は、化学基礎・化学となり、大問2題はマーク式、大問1題は記述式の問題です。マーク式の問題は、理論・無機・有機分野の小問集合問題で、全範囲からまんべんなく出題されますが、理論分野からの出題がやや多くみられます。出題形式はセンター試験の問題に似ているため、センター試験対策をしておけば問題ありません。記述式の問題はマーク式問題に比べるとやや難しめです。一つの題材から理論・無機・有機分野の知識が問われ、理由を説明したり、図を用いて論述するものや、有機化合物の構造式を書くなどの問題もみられます。過去問演習で出題形式に慣れておきましょう。
東京都市大学環境学部の一般入試の生物は、マーク式と記述式併用です。
※「物理」3題、「化学」3題、「生物」3題の合計9題のうち、任意に3題を選択し解答 ※入試日程により、4題のときもあり、生物の選択がないときもあります
 
生物の出題範囲は、生物基礎・生物となり、マーク式と記述式併用です。マーク式の問題ではセンター試験の似たような出題がみられ、記述式問題ではマーク式の問題よりやや難しめとなっています。センター試験対策と同時に、過去問演習で出題形式に慣れておきましょう。
東京都市大学環境学部の一般入試の日本史は選択科目となり、マーク式です。
 
出題範囲は日本史Bで、出題難易度は基本から標準レベルです。比較的解きやすい問題が多く、センター試験問題や過去問演習で出題形式に慣れておきましょう。
東京都市大学の一般入試の世界史は選択科目となり、マーク式です。
 
出題範囲は世界史Bで、出題難易度は基本から標準レベルです。比較的解きやすい問題が多く、センター試験問題や過去問演習で出題形式に慣れておきましょう。
東京都市大学環境学部のセンター利用入試の後期日程で、後期3教科グループディスカッション型があります。
 
センター試験の指定3教科以外に、本学試験でグループディスカッションがあります。2019度入試では、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを題材に、ハンディキャップを持った人々に対して「どのような対応が必要か」を考える問題がでます。技術的、文化的、政策的なものなど、各自のアイデアを意見交換し、グループの結論を時間内に出すことができるかがみられます。意見交換の中でアイデアを融合したり、新しいアイデアを思いついたりすることができるか、自分のアイデアに固執していないかなどを気にしましょう。

2022年度(令和4年度)に東京都市大学環境学部に合格するための受験対策カリキュラム・学習計画を提供します

2022年度(令和4年度)入試で東京都市大学環境学部合格を目指す受験生のあなたへ。ただがむしゃらに勉強をしても東京都市大学環境学部に合格することはできません。東京都市大学環境学部に合格するためには、東京都市大学環境学部のそれぞれの入試科目のポイントを押さえた勉強をする必要があります。じゅけラボでは以下の3つのポイントに着目した、2022年度入試に対応した東京都市大学環境学部専用の受験対策カリキュラム・学習計画を提供しています。

  • ポイント1:自分の学力レベルに適した勉強
  • ポイント2:正しい勉強法
  • ポイント3:東京都市大学環境学部に合格するために必要な勉強

実は多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。また、受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強方法で勉強を進めることが重要です。

そして、東京都市大学環境学部の入試科目の入試問題はどんな傾向があり、どんな受験対策が必要なのかを把握して、必要な勉強に焦点を当てて受験勉強を進めることが必要です。

じゅけラボでは、まず学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合ったカリキュラムを作成し、2022年度入試で東京都市大学環境学部に合格するために必要な学習計画と正しい勉強方法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。また、東京都市大学環境学部の入試科目ごとに正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。

大手予備校とじゅけラボの料金・サービス比較はこちら
じゅけラボ予備校の料金はこちら

「東京都市大学環境学部に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ

模試の結果が悪かった、E判定だったことで「東京都市大学環境学部に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の学力から東京都市大学環境学部に合格するための最短のカリキュラムを提供します。また、「高3の8月から勉強を始める場合」「高3の9月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

受験勉強を始めるのが遅くても東京都市大学環境学部に合格できる?

東京都市大学環境学部を目指す受験生から、「夏休みや8月、9月から勉強に本気で取り組んだら東京都市大学環境学部に合格できますか? 「10月、11月、12月の模試で東京都市大学環境学部がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

勉強を始める時期が10月以降になると、現状の偏差値や学力からあまりにもかけ離れた大学を志望する場合は難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

仮に受験直前の10月、11月、12月でE判定が出ても、東京都市大学環境学部に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、東京都市大学環境学部合格に向けて全力でサポートします。

東京都市大学環境学部に「合格したい」「受かる方法が知りたい」という気持ちがあるあなた!合格を目指すなら今すぐ行動です!

東京都市大学の他の学部

東京都市大学の受験情報・受験対策はこちら

東京都市大学以外の環境学部・関連学部を偏差値から探す

東京都市大学以外の環境学部に関連する学部について、偏差値から探すことができます。あなたの志望校、併願校選びの参考にしてください。

東京都市大学環境学部を受験する生徒からのよくある質問

東京都市大学環境学部の入試レベルは?

東京都市大学環境学部には様々な入試制度があります。自分に合った入試制度・学内併願制度を見つけて、受験勉強に取り組んでください。
東京都市大学環境学部の受験情報

東京都市大学環境学部にはどんな入試方式がありますか?

東京都市大学環境学部には様々な入試制度があります。自分に合った入試制度・学内併願制度を見つけて、受験勉強に取り組んでください。
東京都市大学環境学部の受験情報

東京都市大学環境学部の科目別にどんな受験勉強すればよいですか?

東京都市大学環境学部の受験対策では、科目別に入試傾向と受験対策・勉強法を知って受験勉強に取り組む必要があります。
東京都市大学環境学部受験の入試科目別受験対策・勉強法

東京都市大学環境学部に合格するための受験対策とは?

東京都市大学環境学部に合格するためには、現在の学力レベルに適した勉強、東京都市大学環境学部に合格するために必要な勉強、正しい勉強法を把握して受験勉強に取り組む必要があります。
東京都市大学環境学部の受験対策 3つのポイント

東京都市大学環境学部の受験対策は今からでも間に合いますか?

じゅけラボでは、開始時期に合わせて東京都市大学環境学部合格に必要な学習カリキュラムをオーダーメイドで作成し、東京都市大学環境学部合格に向けて全力でサポートします。
東京都市大学環境学部の受験勉強を始める時期

東京都市大学環境学部に合格する為の勉強法とは?

東京都市大学環境学部に合格する為の勉強法としてまず最初に必要な事は、現在の自分の学力・偏差値を正しく把握する事。そして次に東京都市大学環境学部の入試科目、入試傾向、必要な学力・偏差値を把握し、東京都市大学環境学部に合格できる学力を確実に身につける為の自分に合った正しい勉強法が必要です。
東京都市大学環境学部対策講座

東京都市大学環境学部受験に向けていつから受験勉強したらいいですか?

答えは「今からです!」東京都市大学環境学部受験対策は早ければ早いほど合格する可能性は高くなります。じゅけラボ予備校は、あなたの今の実力から東京都市大学環境学部合格の為に必要な学習内容、学習量、勉強法、学習計画のオーダーメイドのカリキュラムを組みます。受験勉強はいつしようかと迷った今がスタートに最適な時期です。
じゅけラボの大学受験対策講座

高1から東京都市大学環境学部合格に向けて受験勉強したら合格できますか?

高1から東京都市大学環境学部へ向けた受験勉強を始めれば合格率はかなり高くなります。高1から東京都市大学環境学部の受験勉強を始める場合、中学から高校1年生の英語、国語、数学の抜けをなくし、特に高1英語を整理して完璧に仕上げることが大切です。高1から受験勉強して、東京都市大学環境学部に合格するための学習計画と勉強法を提供させていただきます。
東京都市大学環境学部合格に特化した受験対策

高3の夏からでも東京都市大学環境学部受験に間に合いますか?

可能性は十分にあります。夏休みを活用できるのは大きいです。現在の偏差値から東京都市大学環境学部合格を勝ち取る為に、「何を」「どれくらい」「どの様」に勉強すれば良いのか、1人1人に合わせたオーダメイドのカリキュラムを組ませて頂きます。まずは一度ご相談のお問い合わせお待ちしております。
高3の夏からの東京都市大学環境学部受験勉強

高3の9月、10月からでも東京都市大学環境学部受験に間に合いますか?

可能性は十分にありますが、まず現状の学力・偏差値を確認させてください。その上で、現在の偏差値から東京都市大学環境学部に合格出来る学力を身につける為の、学習内容、勉強量、勉強法、学習計画をご提示させて頂きます。宜しければ一度ご相談のお問い合わせお待ちしております。
高3の9月、10月からの東京都市大学環境学部受験勉強

高3の11月、12月の今からでも東京都市大学環境学部受験に間に合いますか?

現状の学力・偏差値を確認させて下さい。あまりにも今の学力が東京都市大学環境学部受験に必要なレベルから大きくかけ離れている場合はお断りさせて頂いておりますが、可能性は十分にあります。まずはとにかくすぐにご連絡下さい。現在の状況から東京都市大学環境学部合格に向けてどのように勉強を進めていくのかご相談に乗ります。
高3の11月、12月からの東京都市大学環境学部受験勉強

毎日の勉強時間はどのぐらいとれば良いですか?

東京都市大学環境学部に合格する為の勉強時間は、現在の学力・偏差値によって必要な勉強時間は異なります。じゅけラボ予備校は、生徒一人一人に最適化されたオーダーメイドカリキュラムを提供しますので、効率よく勉強でき、勉強時間を最適化できます。現在の学力が確認出来れば、東京都市大学環境学部入試までに最低限必要な勉強時間をお伝え出来ます。
東京都市大学環境学部合格に向けた受験勉強

東京都市大学環境学部の合否判定がE判定ですが、合格できますか?

E判定でも東京都市大学環境学部合格は可能です。偏差値や倍率を見て第一志望を諦める必要はありません。じゅけラボではE判定、D判定、偏差値30台から国公立大学、難関私立大学に合格する為の「勉強のやり方」と「学習計画」を提供させていただきます。
E判定、偏差値30台からの大学受験対策講座

東京都市大学環境学部に合格する為の勉強法・自分に合う安い予備校をお探しなら

東京都市大学環境学部に合格するには、東京都市大学環境学部の入試科目に対して苦手科目・苦手分野で合格ボーダーライン以上得点を取れるように入試傾向や現在の自分自身の成績や学力を踏まえて戦略的に勉強に取り組まなければなりません。

しかし、東京都市大学環境学部合格に向けて予備校や大学受験塾に行くにしても予備校代や塾代が高いだけでなく、講座ごとの申し込みになる為、合わないと思ってもすぐに辞める事が出来ない所が多いようです。

じゅけラボ予備校ではあなたが東京都市大学環境学部に合格する為の受験対策講座をどの予備校・塾よりも安い費用で提供しているだけでなく、毎月の月謝制で合わない場合はすぐに辞める事もできるので、お金の心配なく安い料金で安心して東京都市大学環境学部受験勉強に取り組む事が出来ます。

あなたが今から最短ルートの勉強で東京都市大学環境学部に合格する為のオーダーメイドカリキュラムを是非お試し下さい。

他の予備校・塾との費用比較

学力別×志望大学別 大学受験対策

東京都市大学環境学部合格なら
じゅけラボの大学受験対策講座

大学別の対策については
こちらから検索できます。



地域別大学一覧はこちら


北海道・東北
関東

国公立大学

私立大学

東海・甲信越
近畿
中国・四国
九州・沖縄

大手予備校を超える高品質カリキュラムが業界最安値

  • 入会金無料

    入会金無料

  • 追加料金なし

    追加料金なし

  • 全科目対策で一律料金

    全科目対策で
    一律料金

×

受験対策はじゅけラボ

大手予備校を超える
高品質カリキュラム

・ ・ ・ ・ ・ ・

全科目対応で

月額12,800円〜

×

受験対策はじゅけラボ

大手予備校を超える
高品質カリキュラム

・ ・ ・ ・ ・ ・

全科目対応で

月額12,800円〜