横浜市立大学データサイエンス学部対策
横浜市立大学データサイエンス学部合格を目指す
受験生のための

オーダーメイド受験対策
カリキュラム

2020年度 新入試制度対応!大学入学共通テスト対策
>>詳しくはこちら

横浜市立大学データサイエンス学部はどんなところ?

横浜市立大学データサイエンス学部が育成するのは、膨大なデータの中から新たな社会的な価値を創造できる人材。データを読み解くために必要な数理や統計の基礎的な知識をはじめ、社会で不可欠なコミュニケーション能力や、イノベーションを起こす発想力、そして次世代に通用するビジネス力を学んでいきます。

【データサイエンス学部の特色】
データを読み解くために必要な数理や統計の基礎的な知識をはじめ、社会で不可欠なコミュニケーション力や、イノベーションを起こす発想力、次世代に通用するビジネス力を養成。日々データが生まれ蓄積される今、そこから新たな社会的価値を創造できる人材を育成します。
データサイエンス学部が育てるのは、文理融合の知を持った人材です。

■取れる資格
資格情報なし

■進路について
2018年開設のためなし

横浜市立大学データサイエンス学部の学費

入学金区分 市内 市外
学費
入学金 141,000 282,000
施設設備費(初年度のみ) 50,000 150,000
授業料 557,400
実験実習費(2年次以降) 16,700
初年度納付金合計 795,400 961,400

横浜市立大学データサイエンス学部の所在地

▼金沢八景キャンパス
〒236-0027
横浜市金沢区瀬戸22-2

●京浜急行線・シーサイドライン「金沢八景駅」下車徒歩5分
主な駅から京浜急行「金沢八景駅」までの所要時間
・「横浜駅」から京浜急行快特・特急で約20分
・「品川駅」から京浜急行快特・特急で約40分

横浜市立大学データサイエンス学部の周辺地図

横浜市立大学データサイエンス学部の受験対策 学習のポイント・勉強法

横浜市立大学のデータサイエンス学部の合格最低点は2000点中1388点でセンター試験の得点率は8割です。
ですので、センター試験で出題される様な基礎的な問題を確実に解けるようにしましょう。

横浜市立大学データサイエンス学部の受験情報

【データサイエンス学部】
データサイエンス/前期
センター試験 4~5教科6~7科目(1300点満点)
【国語】国語(200)
【数学】数IA・数IIB(300)
【外国語】英[リスニングを課す](500[100])
《地歴》世A・日A・地理A・世B・日B・地理Bから選択(150)
《公民》現社・倫理・政経・「倫理・政経」から選択(150)
《理科》物基・化基・生基・地学基・物・化・生・地学から選択(150)
※理科は、「基礎2科目」「発展1科目」「基礎2+発展1科目」「発展2科目」のいずれも可
●選択→地歴・公民・理科から2(理科基礎は2科目で1科目とみなす)
個別学力試験 2教科(700点満点)
【数学】数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)・数III(備考参照)(400)
【総合問題】(300)
個別(2次)
配点比率 35%
備考
記載の内容は予定
セ試…国語は「国語」全体(200点満点)または「近代以降の文章」(100点満点×2倍=200点)のうち得点率の高い方の成績を採用
個別…総合問題は図表データ、文章等の情報に基づく論説能力を問う。数の選択は、「数I・II・A・B」、「数III」、「確率分布と統計的な推測」から1

データサイエンス/後期
センター試験 4~5教科6~7科目(1300点満点)
【国語】国語(200)
【数学】数IA・数IIB(400)
【外国語】英[リスニングを課す](400[80])
《地歴》世A・日A・地理A・世B・日B・地理Bから選択(150)
《公民》現社・倫理・政経・「倫理・政経」から選択(150)
《理科》物基・化基・生基・地学基・物・化・生・地学から選択(150)
※理科は、「基礎2科目」「発展1科目」「基礎2+発展1科目」「発展2科目」のいずれも可
●選択→地歴・公民・理科から2(理科基礎は2科目で1科目とみなす)
個別学力試験 学科試験なし(200点満点)
【面接】(200)
個別(2次)
配点比率 13%
備考
記載の内容は予定
セ試…国語は「国語」全体(200点満点)または「近代以降の文章」(100点満点×2倍=200点)のうち得点率の高い方の成績を採用

横浜市立大学データサイエンス学部 入試科目別受験対策・勉強法

横浜市立大学データサイエンス学部の数学の出題傾向と対策は以下の通りです。

標準~やや難レベルの問題が中心でいろいろな分野から出題されていますが、微積分など数学Ⅲからの出題がやや目立ちます。問題や年度によって難易度に多少ばらつきがあります。2013年度は大問3題でしたが2014年度以降は大問4題で定着しています。
計算力が問われる問題が多いので、演習の際には解法の流れを理解するだけでなく、自分の手で計算して答を出すところまで実行し、ケアレスミスを減らせるように計算の工夫などを心がけましょう。例年大問Ⅰは小問集合です。答のみの問はできるだけ早く答えを出して記述式の問に時間を残したいところですが、小問だからといって必ずしも易しい問題だけが出題されている訳ではないので、本番では解けないからといって無用に焦らないことも大事です。まずは基本問題を確実に解くことが大切ですが、ハイレベルな医学部入試においてはやや難レベルの問題が解けるかどうかも鍵になってきます。日頃から多様な解法を身につけるとともに自分の頭でしっかり考えるような勉強をし、数学的な思考力を鍛えてください。2016年度に続き2017年度、2018年度も普段の演習では見慣れない問題が多く、一見すると難しく感じたかもしれませんが、誘導は比較的丁寧ですので、このような出題でも問題に従って落ち着いて考えると良いでしょう。例えば、2018年度の大問3は一見すると計算量が膨大になりそうですが、うまく誘導に乗れば時間を浪費せずに済みます。2017年度は大問4で微分方程式が出題されましたが、解が問題文の中で与えられており、完答するのは難しくありません。2019年度は数学IIIでない、大問2、大問3が難しく、それぞれ高度な計算力と論証力を問われる問題になっています。これらの問題でどれほど部分点を稼げるかが合否の分かれ目になったと思われます。困ったときには前問のほか、問題の細部(積分の範囲や係数といった、問題に出てくる値など)にヒントを求めるのも有効になってくるはずです。

新入試制度対応!大学入学共通テスト対策カリキュラム

じゅけラボ予備校の大学受験対策講座では、新入試制度に対応し、2020年度以降に受験する生徒向けに、大学入学共通テスト対策を行っています。

2020年度以降に大学受験をするあなた。新入試制度について詳しい内容を知っていますか?
新入試制度のもとで受験をするのに、内容を知らない、そのための対策の仕方を知らない状態では、素手で戦場に挑むようなものです。

まずは、こちらのページで新入試制度について確認しておきましょう!

新入試制度対応!
大学入学共通テスト対策カリキュラム

横浜市立大学データサイエンス学部合格のための受験対策カリキュラム・学習計画を提供します

横浜市立大学データサイエンス学部合格を目指す受験生のあなたへ。ただがむしゃらに勉強をしても横浜市立大学データサイエンス学部に合格することはできません。横浜市立大学データサイエンス学部に合格するためには、横浜市立大学データサイエンス学部のそれぞれの入試科目のポイントを押さえた勉強をする必要があります。じゅけラボでは以下の3つのポイントに着目した、横浜市立大学データサイエンス学部専用の受験対策カリキュラム・学習計画を提供しています。

  • ポイント1:自分の学力レベルに適した勉強
  • ポイント2:正しい勉強法
  • ポイント3:横浜市立大学データサイエンス学部に合格するために必要な勉強

実は多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。また、受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強方法で勉強を進めることが重要です。

そして、横浜市立大学データサイエンス学部の入試科目の入試問題はどんな傾向があり、どんな受験対策が必要なのかを把握して、必要な勉強に焦点を当てて受験勉強を進めることが必要です。

じゅけラボでは、まず学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合ったカリキュラムを作成し、横浜市立大学データサイエンス学部に合格するために必要な学習計画と正しい勉強方法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。また、横浜市立大学データサイエンス学部の入試科目ごとに正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。

大手予備校とじゅけラボの料金・サービス比較はこちら
じゅけラボ予備校の料金はこちら

「横浜市立大学データサイエンス学部に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ

模試の結果が悪かった、E判定だったことで「横浜市立大学データサイエンス学部に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の学力から横浜市立大学データサイエンス学部に合格するための最短のカリキュラムを提供します。また、「高3の8月から勉強を始める場合」「高3の9月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

受験勉強を始めるのが遅くても横浜市立大学データサイエンス学部に合格できる?

横浜市立大学データサイエンス学部を目指す受験生から、「夏休みや8月、9月から勉強に本気で取り組んだら横浜市立大学データサイエンス学部に合格できますか? 「10月、11月、12月の模試で横浜市立大学データサイエンス学部がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

勉強を始める時期が10月以降になると、現状の偏差値や学力からあまりにもかけ離れた大学を志望する場合は難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

仮に受験直前の10月、11月、12月でE判定が出ても、横浜市立大学データサイエンス学部に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、横浜市立大学データサイエンス学部合格に向けて全力でサポートします。

横浜市立大学データサイエンス学部を受験するあなた!合格を目指すなら今すぐ行動です!

横浜市立大学の他の学部

横浜市立大学の受験情報・受験対策はこちら
横浜市立大学データサイエンス学部合格なら
じゅけラボの大学受験対策講座

大学別の対策については
こちらから検索できます。



地域別大学一覧はこちら


北海道・東北
関東
東海・甲信越
近畿
中国・四国
九州・沖縄

大手予備校を超える高品質カリキュラムが業界最安値

  • 入会金無料

    入会金無料

  • 追加料金なし

    追加料金なし

  • 全科目対策で一律料金

    全科目対策で
    一律料金