東京大学,東大入試科目別対策
東京大学,東大の科目別の入試傾向・勉強法・受験対策
について説明します。

東京大学の英語の出題傾向と対策は以下の通りです。

120分、計5問(リスニング問題を含む)、全問記述式。

【傾向】
例年、大問1で要約問題と文補充、大問2で英作文、大問3でリスニング、大問4で誤文訂正と英文和訳、大問5は長文読解という構成になっています。リスニングは試験開始45分後に開始され、約30分程度続きます。そのため、時間に対する分量は多く、時間が足りないと言う受験生も少なくありません。精読と速読をバランス良く鍛えることが合否を分けると言えるでしょう。
また、問題のジャンルが豊富なので、バランス良く学習する必要があります。例えば、長文や和訳の学習ばかりして、英作文やリスニングへの学習が疎かになるようではいけません。しかし、そうは言ってもあまりに要領悪く勉強すると、どれも合格水準に達しないまま試験日を迎えてしまうということにもなりかねません。日頃から、ダラダラと勉強することなく、短時間で習得することを目標に頑張りましょう。
英作文は和文英訳ではなく自由英作文形式なので、その点も注意が必要です。また、私大でよく出題される4択形式の文法問題は出題されないものの、大問4では誤文訂正問題が出題されるので、文法力も必要となります。
すなわち、全ての技能が要求されると言っても過言ではなく、逆に言うと、どのような大学の過去問演習をしても東大対策になると考えることもできます。幅広い問題演習を通じて、自分の苦手単元を極力減らし、バランスの取れた英語力をつけましょう。

●要約
大問1の(A)問題では、要約問題が毎年出題されています。短めの長文を読んで、日本語で要約を書きます。語数は70~80語となっている年もあれば、100~120語となっている年もあります。
長文は抽象的で分かりにくい文章が多く、ざっと読んだ程度では意味がつかめないことが多いので、このような長文を読み慣れておかなければなりません。こうした難解な長文を読むときに重要なのは、一文一文を訳すことに焦点を当てるのではなく、段落単位で広く意味をつかむように心がけることです。また、段落をまたいだ言い換え表現に気付けるようにすることも重要です。このようなことに気づくことができれば、要約がしやすくなります。
●文補充
大問1の(B)問題では、文補充問題が出題されます。長文の中にある空所に入れるべき適切な文を選ぶ形式の問題ですが、選択肢が一文だけという年もあれば、選択肢が複数の文で構成されている場合もあり、年度によって、多少傾向が変わります。ただ、いずれにしても問われている技能は同じで、文章の論理展開が理解できているかどうかがポイントとなります。
また、このような問題を解くときには消去法を使うことも効果的です。東大の英語は分量が非常に多いため、効率良く解くという要領の良さも重要なカギを握ります。
●英作文
大問2は英作文問題です。自由英作文形式の問題なので、和文英訳問題とは異なります。また、英検などで見られる、エッセイ形式の英作文ではないので、序論→意見→具体例→結論のような、形式ばった書き方を覚えなければならないタイプでもありません。大問2の(A)問題は、写真を見て、それについて意見を書く形式の問題で、(B)問題は、与えられた文に対する考えを答えたり、文章の一部を読んで、それに続く文を書かせるなど、様々な形式となっています。
難解な言い回しを駆使する必要はないので、基本単語を中心に適切な内容の英文を書くことを心がけましょう。
●リスニング
大問3はリスニング問題です。開始45分後にリスニングが30程度行われます。この間に何をやるかということも重要なので、事前にシミュレーションを立てておきましょう。例えば、長文を読んでいる最中にリスニングで中断されてしまい、終わった後に戻ったら、内容が頭から抜けていたなどというのは最悪です。できれば、リスニング開始5分前にはリスニング問題の先読みをしておきたいものです。
大問3の中で(A), (B), (C)の3つに分かれており、(A)は講義やラジオ番組など長い音声の聞き取り問題で、(B)はそれに関連した会話を聞く問題となります。(C)は独立した会話や講義などのリスニングとなっています。
ある程度の長さの、ナチュラルな速度のリスニングが出題されます。また、内容的にもアカデミックな内容が問われることが多く、簡単なものではありません。そのような意味で、センター試験よりむしろ、TOEFLのリスニングの方が近い傾向と言えるでしょう。以上から、リスニング対策をしていない人にとっては難しいと思われます。
●誤文訂正
大問4の(A)問題は、誤文訂正問題です。長文の中にいくつか下線が引いてあり、その中で誤っているものを選ぶ形式です。可算・不可算名詞や動詞の語法など、幅広く英文法・語法の知識を養う必要があります。難問・奇問の類に手を出すのではなく、基本を完全に押さえましょう。ここでいう完全というのは、4択問題が単に正解できるだけではなく、和文英訳でスラスラと書けたり、整序問題で出題されても自在に答えたりできるレベルです。
また、長文を読むのが遅いと、そもそも文法力以前に問題を解くのに時間がかかってしまいます。素早く読み解く力も要求される問題です。
●英文和訳
大問4の(B)問題は、英文和訳問題です。一部の大学の英文和訳問題は、非常に難解な語彙が含まれていたり、英文構造が異様に複雑だったりすることがありますが、東大の問題では、そのような難問・奇問はほとんど出ません。その代わり、言われてみれば簡単だけれども、一見すると気づきにくい構文や文法項目などが含まれているため、正確に訳出することは容易なことではありません。ここでもやはり、基本が徹底的に会得できているかがポイントとなります。
●長文読解
大問5は長文読解問題です。一般的な国公立レベルの長文の難易度で、特に難しい単語が出て来るわけではなく、超難関大学の中では比較的読みやすい文章が多い印象を受けるのではないかと思います。問題は選択式の問題と記述式の問題の両方があります。長文そのものの難易度はそこまで高くありませんが、しっかりと長文の内容を理解できていなければ答えられないような設問なので、読解力が必要です。ただし、読解力と言っても、いわゆるSVOCの文構造が複雑だということではないので、誤解しないようにしてください。本試験では、短時間で文章の流れがきちんとつかめるようにすることが求められます。

【対策】
1 単語と文法の基礎を固める
東大の英語では、スピーキング以外の全技能が問われると言っても過言ではありません。そして、全てにおいてスタンダードな良問が出題されます。長文問題を解くにしても、英作文を書くにしても、基本となるのは、単語と文法です。東大の英語は難単語があまり出てくるわけではないので、語彙力を高めれば良いというものではありません。ただ、もちろん一般的な大学入試で必要とされる水準の単語は必須です。長文と一体化した単語帳に取り組むのもお勧めです。

2 長文問題に取り組む
単語と文法力がある程度ついてきたと思ったら、長文問題に取り組みましょう。長文はある程度数をこなして、素早く正確に読み、問題を解けるようになっておく必要があります。自分のレベルに合わせたレベル別の長文問題集などを利用しましょう。余裕を持って素早く正確に解けるようにするためには、少し上のレベルの問題にも挑戦しておくべきです。

3 リスニング問題に取り組む
長文とともに、リスニングにも取り組んでいただきたいのですが、リスニングは大量に問題を解くというよりも、毎日聞くことを心がけましょう。リスニングが苦手だという原因の最も大きなものが、聞いている時間が短すぎるということにあります。通学途中や寝る前など、隙間時間を利用して毎日聞く習慣をつけてください。

4 英作文に取り組む
東大の英作文は、いわゆる和文英訳形式ではないのですが、自分の力で正しい英文を書けるようにするという意味では、和文英訳も無駄になるものではありません。また、文法対策で紹介した問題集を解いた後で、和訳を見て英語を書いてみるといった学習も有効です。闇雲に過去問に取り組むのではなく、まずは基本レベルの英語をある程度書けるようになることが、基礎となります。ある程度の英文を書ける実力がついたら、自由英作文の対策を開始してください。

5 英文和訳に取り組む
他の国公立大学と同様に、東大でも英文和訳問題が出題されるので、この対策も怠ることのないようにしましょう。ただし、英文和訳問題の参考書の中には英文構造が非常に難解な問題が含まれていることが珍しくありません。ところが、東大ではそこまで文構造が複雑なものが出て来る訳ではないので、あまり深みにはまって時間を奪われないように気をつけましょう。難解だと感じる問題は、ある程度考えたら解答を読む、あるいは読み飛ばしても構いません。

6 過去問・模擬試験を用いた演習
以上の対策が一通り終わったら、過去問や模擬試験を通じて実戦力をつけましょう。各種予備校が行っている模試を受けて、時間配分を確認することも大切です。過去問は東大のものだけでなく、東北大学、名古屋大学、九州大学、大阪大学、お茶の水女子大学など国公立大学の問題も解いておきたいものです。要約や和文英訳などを中心に問題傾向が似た問題が数多く入手できるはずです。

当然のことですが、過去問や模試を受験した後は、復習が重要です。解きっぱなしにならないようにしましょう。誤答をまとめておくのも良いでしょう。

じゅけラボの大学受験対策講座の特徴
東京大学,東大の学部別受験対策へ

東京大学の数学の出題傾向と対策は以下の通りです。

試験時間 理系150分・文系100分  配点   理系120点・文系80点
【文系数学】
東大の文系数学では大問4つに分かれており、1問20点であることが予想されています。もちろんのことですが難易度は高く、高得点は難しいでしょう。
しかし、合格者と不合格者を分ける大きな科目が数学であることは変わりないので、絶対に捨て科目にするのはやめてください。
基本的には完答できるものはしておき、あとは部分点を集めていく作業になります。2完半できれば数学に関しては大丈夫でしょう。

●対策
東大の文系数学では、「苦手分野を作らない」ことが重要です。
文系数学は理系数学とは違って範囲も狭いので高校3年間で習ったことのほぼすべてが出題されます。なので苦手分野を作ってしまうとそこが出題される可能性も高いのです。
下に頻出範囲を示しておくのでこの分野は重点的に勉強してもらえればと思います。

✔微分・積分

✔図形と方程式(領域の最大最小など)

✔漸化式(確率・整数との複合問題)

漸化式は必ずと言っていいほど他の分野と複合されます。勉強するときには意識しておいてください。

【理系数学】
東大の理系数学は大問が6つあり、文系数学と同じく1問の配点は20点です。傾向としては複雑な積分が毎年のように出題されます。
文系数学とは違い6問もあるので完答できそうな問題をいち早く見つける能力が必要になってきます。すべての問題を完答しようとしても時間は絶対に足りません。
感覚としては2完半~3完半できれば十分と言えるでしょう。毎年1~2問は簡単なのでまずはその問題を解いてしまいましょう。

●対策
東大の理系数学では、最後まで解ききるということをいつもの問題演習から意識しておくことがとても大事になってきます。
理系数学では文系数学のような基礎的な問題はあまり出題されず、しっかりと考えないと解けず、計算も複雑なものが3~4題は出題されるでしょう。
なので常に思考力、計算力をつけるためにも問題を解く際は答えをすぐに見ずに、最低でも1問15分は考えるように意識してください。
答えを見て解法暗記だけで合格できるほど東大数学は甘くはありません。自分の中で解答を作り上げていくことが重要です。
下に頻出分野を挙げておくので参考にしてください。

✔微分・積分(計算が煩雑)
✔確率(漸化式との融合問題)

✔整数問題

東京大学の国語の出題傾向と対策は以下の通りです。

東京大学教養学部の国語の出題傾向と対策は以下の通りです。

試験時間 文系150分 理系100分   配点   文系120点 理系80点

【現代文】
現代文では第1問~第4問までが字数制限のない記述問題、第5問が字数制限のある記述問題、第6問が漢字の書き取り問題となっています。
東大の問題では記述問題が多いのですが、そのほとんどがいわゆる本文の丸写しでは点数がもらえないようになっています。
問題文をまず理解し、要点を自分の言葉で説明しなおす能力が要求されています。また漢字問題も難易度は高いので対策を怠らないようにしましょう。

●対策
現代文についての対策法としては常に解答を作るときは根拠をもって答えるということを意識してください。
なぜこのような答えになるのか、どのような思考をすれば正解にたどり着けるのかをいつも以上に考え、そして時間をかけて解答を作っていきましょう。
おすすめの対策方法としてはセンター試験の過去問を選択肢なしで解くことをしてほしいと思います。センター試験は良問揃いなので自分の実力を上げていく最短の方法です。

【古典】
東大の古典は基本的には和訳問題や内容説明が中心となってきます。文法事項を聞いてくることはほとんどありません。
難易度としては易化傾向にあります。難解な短歌や和歌の内容を説明させたりすることもなく、基礎が完成されていれば解ける問題がほとんどです。
漢文については、現代文や古文よりもさらに簡単な問題なので文系では7~8割、理系でも6割は得点できるくらいの実力をつけておきましょう。それだけ取れるようになれば漢文に関しては大丈夫と言えます。

●対策
古典の対策法としては日本語に正しく訳していくことができるかということを常に意識しましょう。

東大の古文は意外と基礎事項が分かっていれば解けることが多いです。なので自分の文法力、単語力の確認を今一度行い、抜けている部分があれば覚えなおしましょう。

内容説明や要約に関してはとにかく過去問をこなしていけば慣れていくことができるので心配する必要はないでしょう。

漢文に関しても同様で句形と漢字の意味を完璧に抑えていれば内容説明はそこまで難しくないので、とにかく暗記を重視するように心がけてください。

東京大学の物理の出題傾向と対策は以下の通りです。

東大の物理は大問3つから構成されています。第1問は力学、第2問は電磁気、第3問はその他の分野(波・熱力学・原子)から出題されます。
下に各分野の頻出箇所を挙げておきます。

力学  円運動・単振動

電磁気 電磁誘導・直流回路

その他 光の干渉・熱力学第一法則

●対策
東大物理の対策法としては微分積分を使って問題を解いてみるということをおすすめします。

高校物理においては微積を使わなくても一応解けるようになっています。しかし、東大ほどのレベルになってくると微積をマスターしていないと理解して解いていくのが難しい問題も出題されます。

力学や電磁気は微積を理解していることで問題設定が複雑になっていても簡単に解いていくことが可能になるのです。数Ⅲの知識があれば微積物理も理解できるでしょう。

東京大学の化学の出題傾向と対策は以下の通りです。

東大化学は大問3つで構成されています。しかし、各大問ごとに2分割されていることがほとんどなので、実質的には6問の問題を解くことになります。各大問では「理論化学」「無機化学」「有機化学」の発展問題が出題されます。
下に各分野の頻出事項について挙げておくので参考にしてください。

理論化学 単位格子・蒸気圧・化学平衡

無機化学 酸化還元反応・電池の分解

有機化学 構造決定問題

●対策
化学で大事なことは、東大に限らないことなのですが有機化学を速く終わらせてしまうということです。
有機化学の構造決定問題は理論化学、無機化学とは違ってパズルのように問題を解いていくことになります。計算や暗記はそれほど必要にはなってきません。
どれだけ練習を重ねるかが有機化学の点数に直結してくるので、とにかく問題数をこなしてほしいと思います。東大化学は問題数も多いので有機化学で時間を節約していきましょう。

東京大学の生物の出題傾向と対策は以下の通りです。

東大の生物は毎年大問が3つ出題され、動物分野から1問、植物分野から1問、遺伝や進化の分野から1問出題される可能性が高いです。
特徴としては単なる知識を答えさせるものではなく、問題ごとにある長い問題文を読ませてそこから考察させるという問題がほとんどになっています。なので形式としては記述式が多いです。

●対策
生物は東大レベルになってくるとレベルに見合った問題集が見つからないというのが現状です。なので教科書で基本的な知識が身に付いたらどんどん過去問を解いていきましょう。
どれだけ問題のパターンを経験してきたかは本番の点数に直結してきます。間違った問題をノートなどにまとめておいて復習をしていくのも効果的です。

じゅけラボの大学受験対策講座の特徴
東京大学,東大の学部別受験対策へ

東京大学の日本史出題傾向と対策は以下の通りです。

東大の日本史では古代・中世・近代・近現代の4つも分野から大問が4つ出題されます。回答は世界史・地理とは異なっていてすべてが論述式となっています。
各大問には小問がついていることもありますが、その問題も90~150文字程度の論述です。
出題テーマは政治外交史、社会経済史、文化史など多様で、まとまった量の史料を読ませた上でこれらを各時代背景と結びつけて考察させるものが多いです。

●対策
東大の日本史で高得点を取るにはとにかく教科書を読み込むということを行いましょう。
東大の日本史といえど、全く知らない単語の意味や誰も知らない人物の名前を聞いてくることはまずありません。すべて教科書に載っている知識で大丈夫です。
ただ、教科書を読むときはただ単語を覚えるのではなくその時代の背景を考えてみましょう。「なぜこの文章が使われたのか」「なぜこの事件が起きたのか」など常に頭を使っていきましょう。
また、教科書を読み込んだら早めに過去問に手を付けてください。最初は全く解けないですが、どのような問題が出やすいのかを知っているだけでも勉強の方針を決めるのに役立ちます。

東京大学の世界史の出題傾向と対策は以下の通りです。

東大の世界史は大問が3つ出題されます。第1問は450~600字の大論述が出題され、第2問は短文の論述、第3問は単語問題がメインとなってきます。
基本的には第1問の論述はかなり難しいので第2,3問に力を注いでください。第1問はチャレンジ問題くらいに捉えておいても大丈夫です。

●対策
現在高1・2の人は、まずはとにかく早く教科書を終わらせることを意識して勉強していきましょう。
世界史の範囲は量が尋常ではないので、呑気に勉強していては東大対策をする時間が無くなってしまいます。また論述問題も出題されますが、その際に意識してほしいことは次の2つです。
・世界史の流れや、同時代に何があったかという「横のつながり」を意識して暗記する。
・模範解答を読んで答案の作り方や、どのような内容を書けばいいかを理解する。

最初は論述問題に手も足も出ないかもしれませんが、問題を解くごとに模範解答をじっくり読んで模範解答までの道のりや自分の解答との違いを確認しておきましょう。

東京大学の地理の出題傾向と対策は以下の通りです。

東大地理は60点満点で大問が3個です。
それぞれの大問が設問Aと設問Bに分かれていて更に各設問3~5個の小問があります。大学側から配点に関する情報開示がないので予想ですが、恐らく各大問20点満点でしょう。 東大の社会は、二科目合わせて150分です。地理の場合、問題数が多いため瞬時に答えを出して書き始めないと時間が足りなくなってしまいます。
どの問題も意外と字数制限が厳しいので書きたい内容を簡潔に書く練習が必要です。

●対策
センター地理であろうと二次試験であろうと大事なのは、知識のインプットです。
東大地理で必要とされる知識はセンターで8割後半から9割取れるレベルで十分です。そのためインプットは、センター対策を完璧に行うことが一番の策です。参考書等を使って暗記を進めましょう。おすすめの参考書は後でご紹介します。
このインプットの段階でどれだけ知識を固められるかが、その後の伸びに大きく関わってきます。
より効率的なインプットの方法として理屈も一緒に覚えるというものがあります。詳しくは、このあとお伝えします。
地理で大事なのは理屈を覚えることです。二次試験の問題では理由を聞かれる問題が多く、闇雲に用語を覚えるだけの学習では歯が立たないでしょう。
東大の地理に対応しようと思ったら日頃から理解をした上での暗記が大事です。
また、原因を理解することでより関連する知識がより定着しやすくなるというメリットもありますよ。
東大の地理では、時事的な問題もしばしば出題されています。下に2017年度の過去問を載せました。
こういった問題はニュースなどを見ている人が有利です。
日頃から世間の動きに注目して生活することで時事対策を行いましょう。
東大地理でも統計の読み取り問題は必ず出題されています。いわゆる客観問題ですね。東大の統計問題は選択肢があり、難易度もセンターレベルです。
ここでの失点は致命傷になりかねないので、満点を狙いましょう。
対策としては、統計本を買って頻出統計を中心に丸暗記することです。
この時でも闇雲に暗記するのではなく、順位が 高い国、低い国についてその原因を色々と考えてみると覚えやすいかと思います。
地理の勉強で資料集や地図帳をちゃんと使っていますか?資料集は、参考書や教科書よりも情報量が多く上手く使えば非常に有効的です。
コラムなどでまとめられている最新のトピックは、いかにも東大が好みそうなものです。
また資料集だけでなく、地図帳を使うことも大事です。地図を知ることで地理的思考力も磨かれるでしょう。
私は、参考書・資料集等で学んだ事柄を地図帳の該当地域に書き込み、地図とその地域の重要事項を一体化して暗記していました。とても効率的な勉強法だと思うのでぜひ真似してみてください。
東大地理はセンター地理の延長だという話をしましたが、センター地理の過去問は二次対策にとても有効です。東大では、センター試験の正解の選択肢を記述で書くような問題が出たこともあります。
過去問は15年分を正解の選択肢を覚えるくらいまでやり込みましょう。
東大地理の論述問題は60字~90字がほとんどです。短い字数制限の中、簡潔に解答ポイントを入れるという作業は慣れないでしょう。これは過去問を解く中で身につけるしかありません。
また、与えられた資料から論理的に考える力が必要ですが、これは日頃の勉強と過去問演習で完成するものです。

東京大学,東大の学部別の受験対策はこちらです。

東京大学,東大合格のための受験対策カリキュラム・学習計画を提供します

東京大学,東大合格を目指す受験生のあなたへ。ただがむしゃらに勉強をしても東京大学,東大に合格することはできません。東京大学,東大合格のためには、今の学力から東京大学,東大に合格するために必要な学習、教科・入試科目ごとの入試傾向と対策を踏まえた学習をする必要があります。

実は多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。また、受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強方法で勉強を進めることが重要です。

じゅけラボの受験対策では、まず学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合った学習内容からスタートして東京大学,東大に合格するために必要な学習内容と学習計画でカリキュラムを作成し、入試科目別に正しい勉強法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。また、入試科目ごとに正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。

大手予備校とじゅけラボの料金・サービス比較はこちら
じゅけラボ予備校の料金はこちら

「東京大学,東大に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ

模試の結果が悪かった、E判定だったことで「東京大学,東大に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の学力から東京大学,東大に合格するための最短のカリキュラムを提供します。また、「高3の8月から勉強を始める場合」「高3の9月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

科目別の受験対策を始めるのが遅くても東京大学,東大に合格できる?

東京大学,東大を目指す受験生から、「夏休みや8月、9月から勉強に本気で取り組んだら東京大学,東大に合格できますか? 「10月、11月、12月の模試で東京大学,東大がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

勉強を始める時期が10月以降になると、現状の偏差値や学力からあまりにもかけ離れた大学を志望する場合は難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

仮に受験直前の10月、11月、12月でE判定が出ても、東京大学,東大に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、東京大学,東大合格に向けて全力でサポートします。

東京大学,東大を受験するあなた、合格を目指すなら今すぐ行動です!

東京大学,東大の科目別受験対策ならじゅけラボ予備校

大学別の対策については
こちらから検索できます。



地域別大学一覧はこちら


北海道・東北
関東
東海・甲信越
近畿
中国・四国
九州・沖縄

大手予備校を超える高品質カリキュラムが業界最安値

  • 入会金無料

    入会金無料

  • 追加料金なし

    追加料金なし

  • 全科目対策で一律料金

    全科目対策で
    一律料金