筑波大学の化学対策勉強法
入試傾向・難易度・問題別配点から勉強法を考察

筑波大学の化学の概要

筑波大学化学対策

筑波大学の理科は2科目で120分、1科目あたり60分の時間配分となっています。

化学は大問3つの出題で、大問は内容的に関連したさまざまな小問から構成されています。

ほとんどの問題が記述式で、計算問題の量が多目であるのと、字数制限つきの論述問題が増えてきているのが特徴です。

2022年度筑波大学入学試験の化学出題傾向

理論・無機・有機から一題ずつ大問が出題されますが、 向きは理論との融合で出題されることも多く、理論科学の比重が大きいといえます。

理論分野では化学平衡に関する問題が電離平衡を含めてよく出題されます。有機では構造推定が頻出で、高分子分野からの出題も見られます。高分子からは教科書レベルの出題が多く、確実に得点できるようにしておきたいところです。

筑波大学入学試験の化学難易度

標準的な問題が中心で、 やや難問も見られますが、まずは教科書レベルの内容をしっかりと解けるようにすることが必要です。

ただ試験時間に比して設問数が多く、計算問題や論述問題が多いため余裕はありません。2科目で120分であることを考えると、他の科目でどれだけ短い時間で解き化学にあてるかなどの戦略を考えておくと良いでしょう。

標準レベルの問題を素早く解き、差がつく問題に時間を回セルかどうかがポイントです。

筑波大学化学・物理・生物・地学の中から化学を選ぶメリットデメリット

上述通り、試験時間に比して設問数が多く、計算問題や論述問題が多いため余裕がないのがデメリットといえるでしょう。もう一つの科目でどれだけ時間を稼げるかや、無機化学などで出題される暗記で解答できるような問題を少ない時間で解答できるかが鍵になってきます。

筑波大学化学の学習のポイント

内容は標準的なものが多く、まずは教科書レベルの問題を確実にマスターしておくことが必須です。

そのうえで演習を重ねることが必須ですが、計算問題の量が多いのと、字数制限付きの論述問題に対応する必要があるため、重点的に対策をしましょう。論述問題は学校の先生などに添削してもらうなどをして、精度を高めていく工夫が求められます。

過去問から分析できる筑波大学合格に求められる化学の学力

基本的には教科書レベルの標準問題が中心です。

各大問はさまざまな分野の小問で構成されるため。幅広い分野を学習し、取りこぼしのないようにしましょう。差がつきやすい難問以外のところで落としてしまうと致命傷になりかねません。

無機理論の融合問題、計算問題、字数制限付の論述問題対策は確実にしておくことが求められます。練習を積み重ねましょう。

筑波大学に合格する為に、化学の受験対策カリキュラム・学習計画を提供します。

筑波大学合格を2022年度(令和4年度)入試で目指す受験生のあなたへ。化学に苦手意識がある場合、受験戦略なしにただがむしゃらに化学を勉強しても筑波大学合格に必要な化学のボーダー点をとる事は出来ません。化学で合格点を取るためには、自分自身の今の化学の学力をしっかりと把握して、筑波大学の入試傾向と対策を踏まえた学習をする必要があります。

実は多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。また、受験勉強では時間が命。限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強方法で勉強を進めることが重要です。

じゅけラボ予備校の受験対策では、まず学力テストであなたの現状の学力レベルを化学だけでなく受験に必要な全ての科目で把握します。 そして、レベルに合った学習内容からスタートして筑波大学に合格するために必要な学習内容と学習計画でカリキュラムを作成し、化学だけでなく全ての入試科目別に正しい勉強法を提供します。

また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。あと化学だけでなく全ての入試科目ごとに正しい勉強方法が具体的に示しますので、塾なしで独学受験勉強する場合にも最適です。

大手予備校とじゅけラボの料金・サービス比較はこちら
じゅけラボ予備校の料金はこちら

化学が苦手でやる気と自信をなくしている筑波大学受験生へ

模試で化学の結果が悪かった、または化学が大きな原因でE判定だったことで「筑波大学に受かる気がしない」とやる気と自信をなくしてしまっている筑波大学学受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。

じゅけラボでは、現状の化学の学力から、筑波大学入試で化学の合格点をとるための最短のカリキュラムを提供します。もちろん化学以外の入試科目も全てカリキュラムを提供しますので安心してください。また、「高1の冬から勉強を始める場合」「高2の夏から勉強を始める場合」「高3の8月、9月から勉強を始める場合」など、化学の受験勉強を始める時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。

筑波大学の化学対策の勉強はいつから始める?

筑波大学を目指す受験生から、「化学が全然できないのですが高3の夏休みや8月、9月から勉強に本気で取り組んだら筑波大学に合格できますか? 「化学が足を引っ張って模試で 筑波大学の合格判定がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。

勉強を始める時期が高3の10月以降になると、化学の偏差値や学力が筑波大学の化学の合格ラインからあまりにもかけ離れている場合は現役合格が難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずは一度ご相談ください。

筑波大学に受かるには必勝の勉強法が必要です。化学はもちろんの事、化学以外の筑波大学の志望学部の入試科目全ての科目に対して、筑波大学に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、筑波大学合格に向けて全力でサポートします。

以下、受験勉強を始める時期に応じた大学受験対策のポイントをご紹介しますのでこちらも参考にしてください。

大学受験対策いつから始める?学年・時期別の勉強のポイント

大学受験勉強を始める時期は早ければ早い方が有利です。ただ、始めるのが遅いからといって志望校合格をあきらめるのはまだ早いです。また、時期によって最適な勉強方法は変わります。高1~高3冬まで、時期に応じた大学受験対策のポイントをご紹介します。

筑波大学の化学以外の科目別対策勉強法

筑波大学の化学以外の他の入試科目別勉強法はこちらから見る事ができます。

筑波大学学部別受験対策

筑波大学の学部別受験対策はこちらから見ることができます。

筑波大学に合格する為の化学の勉強法・安い予備校をお探しなら

化学の力をつけて筑波大学に合格するには、化学で合格ボーダーライン以上得点を取れるように、化学の入試傾向や現在の自分自身の化学の学力を踏まえて戦略的に勉強に取り組まなければなりません。 しかし、筑波大学合格に向けて予備校や塾に行く場合、化学だけ受講するにしても予備校代や塾代は高く、筑波大学の入試科目全てを受講する場合かなり高額になる所が多いようです。

じゅけラボ予備校ではあなたが筑波大学に合格する為の受験対策講座をどの予備校・塾よりも安い費用で提供しているだけでなく、毎月の月謝制で合わない場合はすぐに辞める事もできるので、安心して筑波大学受験勉強に取り組む事が出来ます。

あなたが今から最短ルートの勉強で筑波大学に合格する為のオーダーメイドカリキュラムを是非お試し下さい。

他の予備校・塾との費用比較

学力別×志望大学別 大学受験対策

筑波大学の科目別受験対策ならじゅけラボ予備校

大学別の対策については
こちらから検索できます。



地域別大学一覧はこちら


北海道・東北
関東

国公立大学

私立大学

東海・甲信越
近畿
中国・四国
九州・沖縄

大手予備校を超える高品質カリキュラムが業界最安値

×

受験対策はじゅけラボ

大手予備校を超える
高品質カリキュラム

・ ・ ・ ・ ・ ・

全科目対応で

月額12,800円〜